オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:椎名林檎

3
2014年12月31日に放送された第65回NHK紅白歌合戦を視聴した。今回の紅白ではオープニングから妖怪ウオッチのジバニャンが占拠し、後半からは花子とアンの生ドラマで吉高さんが涙するシーンもあり、アナと雪の女王では劇中歌で盛り上がり、中森明菜が5年ぶりに公の場で歌を披露し、サザンオールスターズが31年ぶりに紅白出場を果たした。優勝は白組が勝利して幕を下ろした。大物の出場もあったものの同じようなグループの乱立で質が落ちたのも否めず出場する歌手やグループはそれぞれに個性を求められる事になりそうだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
30日NHKは大みそかに放送される「第62回NHK紅白歌合戦」の出場歌手計55組を発表した。注目は今年大活躍した天才子役芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんの出演したドラマ「マルモのおきて」で役名で歌った薫と友樹、たまにムック。の「マル・マル・モリ・モリ!」で史上最年少となる7歳で出場を決めたほか、韓国ユニットのKARAと少女時代が文句なしの実績で初出場を決め、東日本大震災の甚大的な被害をキッカケに福島出身者で結成された猪苗代湖ズ、NHK朝の連続ドラマの主題歌を歌う椎名林檎がデビュー13年目で初出場となり、松田聖子の娘の神田沙也加が親子共演で初出場する。一方復活、復帰組では2009年を最後に活動を休止していた絢香が2009年の紅白以来2年ぶりに復帰するほか、松田聖子、郷ひろみ、松任谷由実、長渕剛、西田敏行、千昌夫らが長いブランクを経て復帰した。その他懸念された暴力団排除条例による出演拒否はなかった。これで紅白歌合戦は天才子役芦田愛菜ちゃん、鈴木福くん以外は復活、復帰組が紅白を盛り上げ今年1年東日本大震災で暗く沈んだ日本に勇気の歌声を伝える事になりそうだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ