オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:柴田恭兵

5
7月23日公開の映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」を観賞した。 この作品は2018年4月期に放送され、2019年5月に公開された劇場版の続編となる作品で、シンガポールを舞台に10兆円を超えるお宝をゲットする為に侵入するが、そこでは数多くの困難な状況が待ち構えてい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「さらば あぶない刑事」は1985年に放送されたあぶない刑事シリーズの最後の作品で定年間近の鷹山と大下が命がけの最後の大きな山に挑むストーリーである。30年以上に渡るシリーズ最後の作品で30年間の想いが詰まった最後を見届ける事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第32話は官兵衛が毛利と備中との国境の選定に当たっていた時に秀吉は家康と戦い、池田恒興らを失う大敗を屈する。官兵衛は家康は精鋭で強く寄せ集めの秀吉軍では今は太刀打ちできないと読んでいたが、その通りの結果となった。それでも秀吉は再び家康と戦う事を模索するも官兵衛は何度も説得しようやく秀吉は家康との戦いを止めて四国攻めに取り掛かり官兵衛が四国を平定した。これにより秀吉は常に官兵衛の恐ろしさを感じる事になる。その頃官兵衛は新たな領地となった播磨山崎を嫡男長政に任すも上手く領民を束ねられず苦労していた。そんな中祖父職隆が黒田家のこれまでの流れと黒田家の教えを長政に説いた。その直後官兵衛が戻ると長政を叱責し、長政は祖父の教えられた事を思い出し、領民に詫びるのだった。そしてその直後職隆は息を引き取りこの世を去るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第31話は光秀に勝利し天下へと大きく近づいた秀吉は清須会議で三法師を担ぎ出して勝家を追い込んだ。しかし勝家は市と婚姻し、織田家を守ろうと必死になる。そんな中で官兵衛は後ろを固めるために義昭と隆景を囲って後ろの備えをしていた頃にかつて幽閉した村重が茶人として利休と共に現れる。かつてだしらを見捨てた村重を当初は官兵衛は許せなかったが、次第に村重も苦渋の決断をするしかなかった事を感じ亡くなった人たちの分のためにこの乱世を終わらせようと決意する。そして翌年秀吉は官兵衛と共に勝家を賤ヶ岳の戦いで破り織田家の後見人の地位を不動のものにしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第30話は秀吉が姫路に到着し光秀との決戦に備え1日の休息を取っていた。その頃光秀は見方につけようと各大名へ書状を送るも良い返事を受け取る事ができなかった。そんな中で官兵衛は士気を下げない為にあえて光にも合わない徹底ぶりをして兵を城内に宿泊させる。そんな官兵衛は池田恒興、高山右近、丹羽長秀、そして織田信孝を味方につける事に成功し、光秀は体制が整わない中で天王山で戦う事となり、秀吉は光秀に勝利し天下人へ大きく前進したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第29話は官兵衛は秀吉に天下の好機と進言した直後恵瓊に信長は光秀に討たれた事を告げる。恵瓊は驚いたが、官兵衛はこの状況で無益な戦をするよりも光秀を討って秀吉が天下を取った方が良いと上手く丸め込む。そして秀吉はすぐさま備中から引き返す準備を始めた。一方隆景は突然の和睦に驚くが、ここで戦って多くの犠牲が出るよりも宗治の自害で領土を安堵された方が良いと考える。そして宗治は自害して和睦は成立したが、その直後光秀が信長を討ったという知らせに計られたと後悔する。しかし直後に官兵衛が再び訪れ、ここで秀吉を追撃する事は義に背くと語り、隆景を見事に説き伏せて備中高松城から見事な引き上げを見せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第28話は光秀が本能寺に信長を討たんと謀反を起こした。信長は本能寺でわずかな手勢しかおらず、信長は奮戦空しく濃姫と共に本能寺の灰となった。二条城の信忠も討たれ織田家は総崩れになる。一方それを知った家康は包囲網を掻い潜り三河に戻る決死行を決める。一方長浜城のおねは当面雲隠れするため長浜城を放棄した。一方官兵衛は秀吉と備中高松城水攻めの真っ只中にあった。そこに書状が届いた官兵衛はこの状況に秀吉が天下を獲るチャンスと捉え、秀吉に天下を獲る機会と進言し、秀吉の天下取りに動き出す事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第27話は備中高松城を水攻めを実行した官兵衛は毛利に清水宗治の切腹と5か国以上の明け渡しを条件に和睦を進める。小早川隆景と安国寺恵瓊との会談で概ね合意に至ったが、清水宗治は寝返りではなく切腹を選択する。一方安土では光秀が家康との接待を仰せつかっていたが、信長は光秀の態度が気に入らず、尽くダメ出しをする。そしてついに光秀は信長からある言葉を受けた事で信長に謀反をする事を決意し本能寺を目指すシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第26話は秀吉は毛利攻めのために備中に入り備中高松城調略に入った。しかし清水宗治が降伏を拒否し、官兵衛は秘策のために周辺を調査する。一方信長は甲斐の武田氏を滅ぼし、次は北条攻めを目指すが信長は国師の寺を焼き払った事で朝廷から怒りを買う。そして長政の初陣となった事により長政も無事初陣を果たす。そして官兵衛は宗治が降伏しない事により水攻めを敢行するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第25話は秀吉の配下になってから官兵衛は順調に秀吉の軍師として全うしていた。そんな中官兵衛は光秀と会談し、今になって信長の恐怖で村重が謀反を起こした気持ちがわかると告げ、官兵衛に自らの配下にならないか?と問われたが、官兵衛は秀吉の配下である事以外に興味が無く断る。そして信長は朝廷から官位の打診を受けるが断れる。それにより信長は光秀に不信感を抱く事になった。一方官兵衛は宇喜多直家から息子秀家を託され、直家は息を引き取った。そして官兵衛にも新たに光が第2子を懐妊した事を告げられ喜び、そして長政が元服したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第24話は戦線に復帰した官兵衛は早速2年間籠城戦をしている三木城の別所長治の降伏に成功させる。一方裏切った小寺政職は御着城を逃げ出し、途中で官兵衛に捕まるも官兵衛は政職を斬っても何もならないとそのまま逃げした。一方石山本願寺は10年に渡る争いに決着が着くも、佐久間信盛らを追放する処分を下す。一方官兵衛は秀吉が播磨を収めるに当たり姫路城を献上した。それらの功績により官兵衛は晴れて1万石を加増され一大名として独立したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第23話は官兵衛が救出されて家臣、光、そして松寿丸との再会を果たし、秀吉の計らいで信長と面会し、信長は裏切っていなかった事を詫び、そして半兵衛の遺言で松寿丸を匿っていた事を知り、自らの判断ミスを認めた。 一方捕まっただしらは信長の怒りを買っており、信長はまず村重の見せしめとして目の前で女子供を処刑し、さらにだしらも三条河原で処刑された。一方有馬温泉で療養していた官兵衛だったが元に戻らない足に一度は絶望し、土牢の夢にうなされるも、松寿丸が半兵衛に預けられた軍配を官兵衛に渡すと、官兵衛は自らに託された使命を感じ、再び戦線復帰を果たしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第22話は幽閉された官兵衛を救出しようと善助らが時を伺っていた。そんな中半兵衛は秀吉に松寿丸は生きていると告げて官兵衛に後を託すと言い残してこの世を去った。そんな中秀吉は宇喜多直家を味方につける事に成功すると村重は自ら毛利に援軍を求めて有岡城を単独で抜け出したが、結局援軍が来ない事がわかると村重は何処かに逃げ去り、城主のいなくなった有岡城は落城し、官兵衛は善助らに助けられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第21話は村重に捕らわれた官兵衛はだしの手助け空しく土牢へ幽閉されてしまった。その間に織田軍が有岡城を総攻撃掛けるも大敗し、この原因が官兵衛が村重についてからだと思い込んだ信長が官兵衛の息子松寿丸を殺すように半兵衛に命じた。しかし半兵衛は松寿丸を殺さず自らの故郷に匿った。一方松寿丸が殺されたと伝えられた官兵衛は信じられず、光も憔悴し切っていたがおねから手紙が届き松寿丸は無事という暗号の扇子を送ったのだった。そして官兵衛もまただしの献身的な支えによって何とか命を繋いでいたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第20話は村重に捕えられた官兵衛は牢に入れられ幽閉される事になった。一方信長は戻ってこない官兵衛は裏切ったのではないかという事になるが、秀吉、半兵衛が必死で裏切る事は無いと信長を説得し、全てが判明するまで処分を先送りにする。一方官兵衛が戻らない黒田家は職隆が黒田家をまとめる。一方幽閉された官兵衛に村重の正室だしが官兵衛を救出しようと試みるも失敗し、官兵衛は更に環境の悪い土牢に幽閉される事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第19話は村重の謀反により小寺政職も毛利に寝返り、黒田家は一気に厳しい立場に陥った。秀吉と光秀が説得に向かったものの結局説得できずもはやどうする事もできなかった。そんな中官兵衛もまた苦渋の選択をしなければならなかった。ここで毛利につけば松寿丸の命が危ない。官兵衛は苦渋の決断で政職に村重を説得できれば小寺が孤立するという事を告げて一旦は納得させるも、秀吉、半兵衛が行く事を止めるが、官兵衛の強い決心に秀吉が行く事を承諾した。しかし1人で乗り込んだ有岡城で官兵衛は政職の裏切りを知り、村重に捕まってしまったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第18話は村重が播磨の一件で信長に事情説明をした。この件で信長は村重を許し事なきを得る。一方官兵衛は再び宇喜多直家に面会し、ここで信長に付く事を進言するが、直家はまだ返事をしないと回答した。一方石山本願寺に兵糧を村重の配下の兵が運び入れている事を知った村重は動揺する。この噂を聞いた信長は光秀を派遣しその真意を確かめるが村重は否定する。しかしますます疑念を持たれた村重はさらに不安が増大し、ついに毛利の書状を受けた事でついに村重は謀反を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第17話は上月城が落城寸前となり秀吉は信長に援軍の直談判をするが、信長は上月城を見捨てよと戦略的な命を下し、秀吉はそれに従うしかなかった。援軍が来ないとわかった官兵衛だったが信長の命に従うしかない秀吉の苦悩も理解した。上月城の尼子勝久、山中鹿之助に降伏を伝えに官兵衛が向かい、その命を伝えると山中鹿之助は官兵衛に礼を言って降伏し毛利に殺された。一方官兵衛は毛利にこれ以上攻められないように調略を仕掛け、毛利軍は宇喜多直家が裏切るか否かの疑心暗鬼にさせる事に成功し、毛利軍は撤退した。これにより播磨で毛利に味方した城主たちは孤立し、櫛橋左京進も自害して果てた。しかしこの時に村重の行動に問題があり、村重は信長から鹿之助のように捨てられるのではないか?と疑心暗鬼になる。そして小寺家でもお紺が亡くなった事で播磨は再び緊張に包まれたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第16話は播磨が分裂し、毛利が上月城を攻めるために5万の軍勢を動かした。これに秀吉、官兵衛はとても籠城する事は難しいと信長に援軍を要請する。信長は既に村重を援軍に向かわせていたが、村重の態度がどうも腑に落ちない。そんな中信長は信忠を大将に援軍3万を派遣し、まず三木城を落とす事を優先し、上月城は秀吉、官兵衛が援軍としていく事となった。その頃光が櫛橋家が絶える事を案じ、自ら兄の下へ説得に向かうが、兄は首を振らなかった。秀吉は最後の手段として信長に直訴したが、信長は上月城を見捨てよという命を秀吉に下したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第15話は播磨を平定した秀吉は毛利攻めのために信長に出陣を申し出る。信長はそのためには石山本願寺を始末するために村重は石山本願寺に和議を申し出たが、石山本願寺は最後まで戦うと返答した。これにより村重の立場は悪くなり、信長は村重に毛利攻めのために秀吉の配下になれと命じたのだった。一方播磨では毛利の安国寺恵瓊が播磨の城主たちに寝返りの調略を計っていた。それを知らず秀吉は官兵衛らと毛利攻め軍議が開かれたが、ここで半数に渡る武将たちが毛利に寝返ると言い出し、これを止めようと櫛橋左京進を説得しようとするも失敗し、播磨は分裂したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第14話は秀吉は福原城を攻略し次に上月城攻略に動こうとしていた。そんな中上月城には光の姉力がいるために骨肉の争いになろうとしていた。それを踏まえ官兵衛は自ら先陣を切って上月軍と戦うが、そこに宇喜多軍が援軍に駆けつける。しかし半兵衛は予めこの事を想定し山中鹿之助ら尼子残党軍に援軍依頼しており、これにより形成は逆転し上月軍は籠城戦に持ち込んだ。攻略しようとする官兵衛の下に上月景貞が家臣の裏切りにより暗殺されたのだった。これにより籠城していた力を官兵衛は救出した。力はその後子供を光に預けて自らは出家した。一方この頃官兵衛は宇喜多直家と面会し、今回の籠城戦の経緯が直家の入れ知恵である事を知った官兵衛はやり切れない想いになる。そんな官兵衛には身近なところで裏切りの空気が流れてきたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第13話は姫路に入った秀吉に官兵衛は姫路城そのものを秀吉に献上して忠誠を示した。そして官兵衛は早速別所、小寺に秀吉に謁見するように申し出るが、それぞれ長年の敵対関係だった事もありなかなか腰を上げない。そんな中で各地侍たちが秀吉に謁見するも小寺、別所は当主が自ら謁見しないままだった。その頃石山本願寺を攻めていた村重は信長から攻め落とせない事を責められていた。官兵衛は何とか政職に謁見させようとするもどうしても動こうとしない。これに半兵衛が官兵衛に葉っぱを掛けて官兵衛は秀吉にある秘策を進言し、官兵衛は政職に秀吉を紹介し、まさか自ら出向いてくるとは思わなかった政職は驚き、秀吉の官兵衛を貸してほしいという申し出に政職了承し、これにより官兵衛は秀吉の配下として中国攻めに向かうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第12話はようやく信長が秀吉に中国攻めを命じた事によりようやく播磨に秀吉が来る事になる。しかしその直前に大和の松永久秀が謀反を起こし、これにより松永の人質が処刑されてしまう。これを契機に信長は別所、赤松、小寺に人質を出すように要求する。しかし小寺政職は病弱な一人息子に難色を示すが、このままでは信長に謀反ありと疑う事になる。苦渋の決断を迫られた官兵衛は考え抜いた末に嫡男松寿丸を人質に出す事を決断する。しかし光がこれに反発し話が纏まらない状況だったが松寿丸が自ら人質となると告げて、その覚悟を知った官兵衛は松寿丸を人質として信長に謁見し、信長は松寿丸を秀吉に託し、秀吉は姫路に入場するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第11話は官兵衛は織田の援軍を待っていたが、信長は謙信が動いたという事で北陸に兵を向ける事にする。それにより官兵衛は援軍を期待できなくなったが、半兵衛が訪れ、半兵衛に宇喜多直家を調略せよという命を受けて直家に面会するも直家は数々の裏切りを繰り返してきた男故に簡単には調略できなかった。一方秀吉は勝家と謙信との戦いで方針が合わず、自らの判断で兵を長浜へ引き上げる。一方官兵衛もまた秀吉が謹慎になったという事で慌てて秀吉の下へ向かうが、秀吉はどんちゃん騒ぎをしており、これは信長に謀反の疑いなしというアピールという事を半兵衛に告げられ、官兵衛はまた秀吉の本音を聞いて改めて秀吉の言葉に嘘はないと見抜く。そして秀吉は信長から播磨へ兵を進めるように告げられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第10話は毛利が大軍の水軍を率いて播磨に上陸する。これを迎え撃つ官兵衛だったが別所、赤松の援軍は期待できず、織田軍の援軍も送れない状況だった。そんな中官兵衛は相手が大軍という事で油断していると知り、それを利用して朝の霧を利用して奇襲攻撃を掛けて援軍が来たように見せかけて毛利軍を退けた。その頃織田軍は石山本願寺と戦っていたが門徒衆の抵抗は激しく攻略が難しい状況に陥った。そんな中で官兵衛勝利の知らせに信長は官兵衛の働きを褒め称える。一方秀吉は幾度なる浮気でおねからお灸を据えられた。一方官兵衛は1度は毛利に降った女子衆を再び受け入れるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第9話は官兵衛は半兵衛に播磨を纏めてみよという言葉に躍起になり、これまで対立していた別所、赤松と小寺3氏が揃って信長に謁見する事になるなら上洛するように小寺政職に約束をこぎつける。官兵衛はその足で別所を説き伏せると、長年の敵対関係だった赤松も説き伏せた事で政職も上洛せざる得ない状況になったが、直前になり政職が行かないと言い出し困った官兵衛だったが、そこに村重の大軍がやってきて織田の軍勢の強さと多さを見せつけた。これにより政職も腰を抜かして上洛を決断し、上洛を果たす。しかし官兵衛はこれが全て半兵衛の計り事である事を知り半兵衛に転がされていた事を痛感する。そんな中石山本願寺との本格的な衝突、並びに毛利が水軍を率いて攻め入ってきたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第8話は官兵衛は信長に謁見し信長に播磨を抑えれば中国攻めが有利になると論じ、信長も官兵衛の考えと自身の考えが一致した事で官兵衛に名刀を与え、秀吉に播磨平定の命を下す。一方初めて秀吉と出会った官兵衛は秀吉の人柄に多少戸惑いながらも秀吉の魅力に引き込まれていく。低調なおもてなしを受けた官兵衛は秀吉と意気投合して行く。一方秀吉の配下である竹中半兵衛は官兵衛を試そうとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第7話は武田信玄が死去して勢いに乗る織田信長は浅井、朝倉を破り、武田氏も長篠の合戦で打ち破った事で勢力を西の伸ばそうとしていた。そんな中で播磨では西の毛利か?東の織田か?でどちらに付くかで揺れていた。そんな中義理を重んじる毛利につく城主が多く、姫路も安国寺恵瓊が訪れ毛利に付くように説得を受ける。しかし官兵衛は直に織田軍の力を見ているだけに簡単には毛利について良いものか?と思案する。そんな中父職隆の一言で迷いは振り切り官兵衛は小寺政職に織田に付くように進言し説得し、自ら使者として信長に謁見するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第6話は信長包囲網を敷かれた信長は義昭が兵を上げるのを待つ作戦に出た。その間に信玄が上洛を目指して遠江の徳川領を攻める。それでも動かない信長は近江の陣を秀吉に任せる。一方官兵衛は黒田家の結束の為に善助、太兵衛に義兄弟の契りを交わすように命じる。その頃義昭が兵を上げた事で出陣した信長はその途中で村重に摂津攻略を任せる。そして摂津一国の国主となった村重に官兵衛が駆けつけて信長の戦いぶりを聞くも左京亮が亡くなったためその戦いぶりは善助、太兵衛に見てくるよう命じ、黒田家は信長が義昭を追放した事で西の毛利、東の信長どちらにつくか迫っていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第5話は信長が京へ上洛を果たした頃、播磨は赤松が姫路を攻めて攻防を繰り返していた。そんな中官兵衛に待望の嫡男が誕生しこれがのちの黒田長政となる。小寺氏は守備を黒田家に任せたが、今度は自ら出陣し、赤松を待ち受ける。しかし赤松軍の奇襲にあってしまい、小寺氏はアッサリ退却し、黒田勢だけで赤松軍と戦う事になった。数で劣る黒田勢は必死に抵抗するも次第に押され次々と死傷者を出してしまう。しかし官兵衛は1日目が終わると休む事をせず動ける者だけで赤松軍に攻め込み多数の犠牲の下、赤松軍を退けたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ