オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:柴咲コウ

3
「ガリレオ」第4話は心臓麻痺した女性の死に疑問を抱いた内海が湯川に皮膚が壊死した事から事件の真実に迫り、そこで現れた湯川が一目を置いていた大学院生が事件のカギを握るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ガリレオ」第3話は失踪した夫を探しにある家に入り込むが、そこで原因不明の揺れでホルターガイスト現象と思い込んだが、そこには事件のカギを握るものが隠されてたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ガリレオ」第2話は子供が幽体離脱して遠くの車が見えたという証言を科学的に実証するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ガリレオ」は科学者と女刑事が科学的な実証をしながら事件を解決していく刑事ドラマである。変わり者科学者と強気の女刑事とのコンビは月9として久しぶりの刑事ドラマとして毎回事件解決シーンと立証シーンが楽しみだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
「舞妓Haaaan!!!」は宮藤官九郎脚本の映画で、舞妓しか愛せない男が夢の野球拳をするためだけに、何でもあり〜の勝つだけにこだわり続けて野球拳までに辿り着くストーリーである。故植木等さんの遺作となったこの作品にご冥福をお祈りしますと断わった上で、結果的に勝つ事しか知らない男が勝つ事だけに執着していく転落を描かれている。なおここから先は宮藤官九郎ファンの方は読まれない事をお薦めいたします。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「お・ま・え ローテンションガール」は16日公開の映画「舞妓Haaaan!!!」主題歌として流れる曲である。グループ魂のヒット曲は思い浮ばないものの、柴咲コウが参加しているという事で最大のヒット曲になりそうなインパクトは感じるナンバーだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「プリズム」は6月2日公開の映画「その時は彼によろしく」の主題歌として流れる曲である。6月の柴咲コウは歌手に主演映画に大忙しの6月なだけに6月は柴咲の月となりそうだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「嬉々」は柴咲コウ3枚目のアルバムで昨年の連続ドラマ「タイヨウのうた」の主題歌などタイアップ曲が多数収録されている。昨年は大ヒット映画に恵まれた柴咲コウだが、音楽でも女優に負けないほどのヒット曲を提供し続けている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ひと恋めぐり」はTBSテレビ系ドラマ「砂時計」主題歌として流れる曲である。柴咲得意のバラードソングという事で確り聴き入る事のできるバラードになるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「どろろ」(PG-12指定)は手塚治虫原作の映画で体の48箇所を魔物に獲られて、その体を取り戻す為の48の魔物を倒す旅をしているストーリーである。手塚作品は過去アニメ化や映画化されたが、その中でも制作規模の違う作品として注目されている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「actuality」はサントリースパークリングワイン「フレシネ」CMタイアップソングとして流れている。柴咲コウ初のクリスマスソングで注目されている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
Kaoru Amane(沢尻エリカ)の「タイヨウのうた」はTBS系連続ドラマ「タイヨウのうた」挿入歌として沢尻エリカ演じる雨音薫が歌っている曲である。映画版同様に太陽に浴びると死んでしまう病気を持つヒロインが奏でるmoonsingerの曲と言えるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「invitation」はTBS系ドラマ「タイヨウのうた」の主題歌として流れている。柴咲作品では珍しいアップテンポなナンバーに新鮮さを感じる1曲となっている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
15日公開の映画「日本沈没」を鑑賞した。 この映画は33年前に映画化された 「日本沈没」を33年ぶりに再映画化した作品である。 タイトル通り日本が沈没する光景を描くのだが、 この映画を通じて未来にありえる事と 地震、津波、洪水など未曾有の事態を より考え ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ