オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:柴咲コウ

3
「〇〇妻」最終話はひかりと正式に入籍した正純は新居に引っ越して新生活をスタートさせた。入籍当初は正純の母親から反対されるも美登里、実結がこれまで助けれくれたひかりを家族と認めた事で久保田家は1つに纏まり、正純とひかりは挙式へ幸せな時間を過ごしていた。そんな結婚式前日に正純とひかりはガラの悪い高校生たちに注意するも逆に暴力を振るわれ、正純を助ける為にひかりは正当防衛する。しかしその直後高校生たちの反撃で2人は土手から転げ落ちてひかりは正純を庇って頭を強く打って病院へ運ばれた。しかしひかりの容態は予断を許さない状況である中で、ニュースライフの板垣が番組出演を依頼し、正純は覚悟を決めてニュースライフに出演した。そして出演したニュースライフで事件の経緯、さらにひかりの過去についても語り、自分はそれらを全て逃げずに受け入れて結婚した事を語り、事件についても熱く語った。しかしその直後ひかりは息を引き取り正純はひかりが残した言葉を見てひかりこそ最愛妻だった事を知ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第9話はニュースライフを休養している正純を吹っ切るように仕事に励むひかりだったが、どうしてもニュースライフが気になるが正純は復帰できずにいた。そんな中正純はニュースライフの降板を迫られていた。正純は抵抗するも、復帰条件が現行通り読むという条件に正純は反発する。その夜に愛が正純の下を訪れ説得するも、そこで愛が怪我をしてしまいひかりの病院に駆け込む。そこを見られた正純とひかりはあるブログにその事と過去のひかりの事を書き込まれ拡散されたのだった。ニュースライフの直前でその事を知った正純は番組から降ろされそのまま降板となった。そしてひかりもまた病院でその事を知られていられなくなり千春と共に郡山へ行く事になったが、その直前で大輝と成美から電話が掛かってきて正純が外国へ行く事を告げられるとマンションに駆けつけるもそこには正純がおり、ひかりは正純から6年前に渡せなかった婚約指輪を渡されるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第8話は正純と別れたひかりは愛を選んだ正純に絶望し一度は自殺しようとするが母千春に間一髪救われる。そんな中でひかりは千春の看病と並行して看護師に復帰する。そんな中病院に美登利の息子大輝が自殺を図り運び込まれてくる。ひかりはどうして自殺しようとしたのか尋ねると大輝は家族崩壊を語り出した。美登利が現れひかりに関わるな!と退けるが、その直後大輝は自殺をほのめかす暗号を妹の成美がひかりに伝え間一髪大輝を助ける。そして大輝を助けたのはかつて死なせた子供と同じ名前だと明かしたのだった。その直後今度は正純自身が入院してきて番組を降ろされそうだと言い出す。そんな中で愛が現れてどうしたら良いのかと相談されるが、ひかりは愛をビンタして2人は本来の姿でいるべきだと追い返すがその直後母千春の前で泣き崩れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第7話はひかりが正純の下から去って縁を切ろうとするも正純の事を忘れられない。一方正純もひかりがいなくなった事でこれまでのコメントができずひかりの存在の大きさを痛感する。一方でひかりの事を気に掛けていたのが実結だった事に驚きを感じるが、実結は自分の境遇を思えばひかりは正純と出会えた事で救いがある事を伝えるが今のひかりには届かない。一方正純はひかりとの離婚を発表するようにテレビ局から迫られていた。そしてそんな中で愛が正純に久保田正純でなければ自分自身が悲しいと迫った事で正純は愛の言葉を受け入れる。その場で隠れていたひかりは直接現場を見てしまった事でショックを受けてトラックに飛び込もうとしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第6話はひかりの過去を知った正純はひかりとどう接して良いのか思い悩む。そんな中でも正純はひかりとの結婚を決意し婚姻届けを渡す。ひかりも1度サインをして役所に届けようとするが直前で出せずじまいになる。一方正純はこの悩みでキャスターとしての切れを失っていた。それを愛に知られてしまい正純はますます思い悩む。そんな事を察したひかりは正純との別れを決意し、その直後正純にはひかりがかつて保護責任者遺棄致死の過去をスタッフたちが知るところとなり、正純は降板を言い出すもそれを愛が止める発言を行うが、その頃ひかりは正純のマンションを出て正純に別れの電話をしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第5話はひかりは作太郎に昔人を殺したと告白した事で事態は深刻度を増した。しかし正純にはまだその事を話しておらず理由を知らないままだった。そんな中作太郎が危篤状況になり正純は母親から作太郎が暴力を振るった理由を聞かされるが納得いかないまま作太郎は息を引き取った。そして正純は作太郎の葬儀が終わるとひかりに過去を話すように諭した。そうするとひかりは18歳の時にかつて愛した人の子供を妊娠して出産したが、愛した人には逃げられ、両親からも相手にされず孤独の中で子供を育てていたが育児ノイローゼに陥った事で一度逃げ出した直後子供は暑さが原因で亡くなり保護責任者遺棄致死罪で少年院に入っていた過去とその直後自殺しようとして入院していた頃に正純さんと出会った事を話したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第4話は酔った勢いで正純は愛にひかりとは契約妻だという事を言ってしまう。そんな中でひかりはこれまで通りの振る舞いを見せるが逆に正純は荒れるだけだった。そんな中正純の父作太郎はひかりに自分と同じようだと意味深な事を語る。そんな中で正純は愛との2ショットを週刊誌に撮られてしまい謝罪する事になった。そして翌日愛はひかりの前に現れ正純を好きになったらどうします?とひかりに問うがひかりはその時は正純をよろしくお願いしますと語り愛は驚く。そして正純は強行手段に打って出るも拒絶され愛の元へ走る。そんな直後ひかりはかつて殺人を犯した事を作太郎に語るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第3話は引き続き3年契約を交わした正純とひかりだったが、以前のようにひかりに接する事ができない。そんな中で正純は仕事に集中力を無くして行き、父親作太郎に対する恨みが爆発して作太郎に詰め寄るが、作太郎はひかりにしか心を開かない。そんななか本番直前に正純が行方不明になるもひかりが過去に行った場所を思い出して正純をテレビ局へ連れて行ったが、正純にひかりは劇薬をお見舞いし、正純は何とか放送をやり遂げたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第2話はひかりは正純が契約書を破棄した事により正純の元から去るのだった。これに動揺した正純はひかりのいない家で親族が多数押しかけてとても落ち着いて仕事に打ち込める状況ではなく、そんな中で正純の元にひかりの知り合いが訪れて、ひかりの行方を聞き出そうとするが、知らないと言われてしまう。そんな中で正純は痛恨のミスを犯してしまい主婦層から批判の嵐を受ける。そんな中ひかりが現れ、再び契約したいと申し出るも、それがどうしてかわからず思い悩む正純だったが、ひかりの過去に壮絶な経験をした事が語られ、藁にも縋る思いでひかりと再び3年契約を更新し、正純の周りは上手く回り出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」は家政婦のミタのスタッフが再集結して制作されたドラマで、完璧な妻として人気ニュースキャスターを支える妻が完璧な行動を行いながらもある秘密を持っている完璧な妻を演じるストーリーである。完璧な妻にどんな秘密があるのか?そしてその妻は一体どんな過去があったのか?それを追っていく事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
映画記事に引き続き音楽記事のマイベストを選びたいと思いますが、 今年は殆ど音楽関連のレビューはしておりません。ツイートで多少したかなという位ですが、 現実問題音楽についてはもうCDの時代は終わり 配信中心にしてから早6年になるので1年に1度買うか買 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」最終話はサブローが信長でない事を知った恒興はサブローに出て行け!と叫ぶ。そんな中浅井、朝倉軍が最後の決戦に備え集結していた。しかしサブローはこの合戦を回避すべく和睦を結ぼうとするが浅井方で交戦派に押されて和睦を断り合戦となる。そして合戦では数で勝る信長軍が圧倒し、浅井久政を討ち取り、市の救助後サブローは長政を助けるべく小谷城へ向かうも長政はサブローに市やその後の事を託して自害した。そしてサブローは織田家を去ろうとしたが、信長と恒興の意向でサブローはこのまま信長を続ける事になるが、その裏で半兵衛が本物の信長、偽者の秀吉に暗殺されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第10話は延暦寺の件でサブローはどうやって説明して良いのか途方に暮れるが、何とか開き直って説明するも自分を偽るような心境だった。そんな最中でサブローが信長でない事を周りが気づき始め、恒興がついにサブローが信長でない事を知る。そんな中ゆきが刺客の盾となり亡くなる。それをみた恒興はついにサブローに偽物を知っていたと打ち明け、サブローに出て行けと言い放つ。そんな状況で秀吉も半兵衛が偽者だと気づいたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第9話はサブローはキリシタンの布教を認めるが、それにより存続の仏教の寺院の反発を受けることになる。そんな中当時最大の勢力であった武田信玄率いる武田軍が上洛へ動いて織田家は揺れる。そんな中家康が先鋒を務めたがあっけなく敗れ、サブローにとって風前の灯火だったが、信玄が亡くなった事で回避された。 一方比叡山延暦寺の反乱を光秀ならぬ信長に対応を任せたが、信長は秀吉の助言により比叡山延暦寺を焼打ちにする。それを知ったサブローはショックを受けて自らの目指す天下から大きく離れて行ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第8話はサブローは商人が自由に商売できるように座を廃止し自由に商売をできるように改革した。これにより織田家の財力は向上し街も活気付いてきた。そんな中サブローは森可成に宇佐山城下の街造りを任せることにした。しかしその中摂津の三好氏と交戦していた松永久秀から援軍の要請を受けて援軍へ向かうが、その隙に浅井、朝倉が宇佐山を攻めてくる。即引き返したサブローだったが、森可成の奮戦で何とか宇佐山は守られたが森可成は戦死し改めてこれが戦国だと思い知らされるシーンがメインだった ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第7話はサブローは朝倉の罠に掛かり、浅井に裏切られた事で窮地に陥る。命からがら逃げきったと思ったが直前で撃たれて瀕死の重傷で死の淵を彷徨う。辛うじて命は取りとめたものの、自らの死の恐怖を感じた事でこれまでのサブローの方針とは違ってくる事になる。そしてサブローを撃ったのがゆきである事にショックを受けたサブローは姉川で浅井、朝倉連合軍と戦う事を決意する。そして戦は見事に浅井、朝倉連合軍に勝利したもののサブローは戦国の裏切りについて傷を負ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第6話はサブローは上洛しようとするも上洛するための作法を知らず思い悩むが、ここは家臣とした信長=明智光秀が代役を務めて難を逃れた。しかしその直後義昭との会見で天下を狙うと発言した事で義昭の怒りを買い、信長包囲網を敷かれる。これにより窮地に陥ったサブローはそれでも朝倉と同盟を結ぼうと模索するが、そこで浅井長政の協力を得て、朝倉と会見する事になったが、これが完全な罠と知りそれでも長政を信じたかったがこの現実を受け止めるしかなくサブローは戦国の厳しさをまざまざ痛感したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第5話はサブローの前に本物の信長が現れ、明智光秀と名乗っている事を知らされた。しかしその場で利家に見つかり、利家は本物の信長を連れて行った。そこで信長はこれまでとムードの違う家臣たちや帰蝶らに戸惑いながら軍議を行い、市を浅井へ嫁がせる事を了承させる。しかし信長が去ると今度はサブローがその事を知り、猛反対し直接同盟を結ぶために浅井と交渉するが納得されない。そんな状況を見た市は自ら嫁ぐと言い出すも、サブローは最後まで粘る。しかし恒興の説得で市は浅井へ嫁ぐ事になり、サブローも渋々了承して市が浅井へ嫁いだシーンがメインだった ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第4話天下を取るためにはまず美濃を通って京を目指さなければならないと言われたサブローはまず美濃の攻略へと向かうが、その前に松平元康が同盟のために訪れた。のちの家康の同盟により東の脅威は無くなった。これにより美濃攻めが可能になったが、美濃攻略は一筋縄ではいかなかった。その前に竹中半兵衛が立ちはだかり、それに対して織田軍は苦戦を強いられていた。そんな中で半兵衛が訪れてきて、サブローは半兵衛を味方に付けんと交渉するが、半兵衛は簡単には降らない。そんな中でもサブローは戦いのない世を造る理想を半兵衛に問いかけて、半兵衛はサブローの言葉に感銘を受けて、墨俣一夜城は完成して美濃攻めの足掛かりとなり美濃を攻略したが、その直後本物の信長が現れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第3話は今川義元が上洛するために尾張に攻め込んできた。4万の大軍に対してわずか3千の兵しかいない織田軍に勝ち目はない。そんな中決断を迫られたサブローは出陣か籠城か迫られたがどちらも選択する事無く逃げ出す。逃げ出したサブローだったが運悪く桶狭間の今川領へ行ってしまった。そこで落馬し村人に助けられるが信長とわかると捕まってしまい処刑されそうになる。しかし恒興が直前で駆けつけて難を逃れたが今川軍は目の前まで迫っていた。そこに村人が殺さなかった事で加勢に加わる事となり、桶狭間で奇襲する事で一か八かの賭けに出る。賭けに出たサブローは運の良いタイミングで奇襲し今川義元を討ち取りこの難局を逃れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第2話はサブローは信長として装う。しかし今度は斉藤道三と会見する事となりさすがにサブローも怖気づく。しかしサブローは覚悟を決めて学生服で道三と会見するが、その道三もまさかの現代人だった事を知らされる。しかし道三がタイムスリップしてきたのは約40年前とかなり時代が昔だ。そんな中でサブローは道三との距離が接近するも、道三は帰蝶を武田を嫁がせようとする。それは信長が偽物と知ったからであったが、そんな最中道三は義龍が謀反を起こしてその数で道三は圧倒的不利な状況で勝ち目はない。そんな中でもサブローは道三の援軍に向かい、それを知った道三はサブローに帰蝶を託す事を決断し、サブローは道三の遺言で信長として生きて行く事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」は石井あゆみ原作のドラマで修学旅行に来ていた高校生が突然戦国時代にタイムスリップしてそこで織田信長を演じる事となり訳が解らないまま時代を生き抜いていくストーリーである。歴史を良く知っている人はその後の展開が読み易い作品でもあるけれど、歴史と一味違ったストーリーをどう感じて観る事になるだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「青天の霹靂」は劇団ひとりが書き下ろした小説を自ら監督と出演して映画化した作品で、もうすぐ40歳目前の売れないマジシャンがある日父が亡くなったと警察から連絡を受けて自分の存在の意味を見いだせない中で突然雷に打たれ、自らが生まれる半年前にタイムスリップして自らの出生、生い立ちと経緯を知っていくストーリーである。人は時として生まれた生い立ちを知らぬまま生きている事がある。しかし生まれた生い立ちを知った時それぞれの見る人によって見方が変わってくるのかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」最終話はARX IX − THE LAST QUEENの暴走を止めるべくロイドはARX IX − THE LAST QUEENとの最後の戦いに挑んでいく。七瀬が一度はARX IX − THE LAST QUEENに致命的なダメージを与えたがそれでも破壊するに至らず逆に麻陽たちがピンチに陥る。そんな中ロイドは最後の手段に出る。果たしてロイドはARX IX − THE LAST QUEENを倒せるだろうかというシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「47RONIN」は忠臣蔵を海外から観た視点で解釈して制作したリメーク作品で浅野内匠頭が吉良上野介の策略で斬ってしまった事で切腹となり領地が吉良上野介の物になった事により浪人となった大石内蔵助らが吉良上野介を討つために47人の同志と共に吉良上野介の命を狙うストーリーである。ストーリーは外国の解釈されているものの本筋はそれほど変わらないが、忍者が妖怪になるなどハリウッド要素が加わっているためにこの内容を受け入れられるかは観る人次第になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第9話は七瀬が多重人格者と診断された事で強制入院してしまうものの、それを謎の美少女レイコに奪われてしまった。実はレイコは七瀬が作り出したもう1人の人格だった。その人格は黎士を超えるものだった。そして謎の美少女は黎士の助手たちに魔の手を伸ばす。偶然七瀬のパソコンをハッキングした星と葦母は助手たちが襲われるのを察知して助けに向かった。しかし既にその場に助手と謎の美少女は消えており、七瀬のパソコンからアンドロイドのデータを駆使して作り出そうとするが今度はレイコに2人が襲われ、隔離されてしまう。そしてそこでレイコが黎士と比較された事により格差を感じてもう1つの人格を作り出してしまった。しかしそれに星が1番の理解者は七瀬だった事を告げられていた事を知るとレイコはこれまでの行動が間違いだったと悟るも既に謎の美少女を止める術を失っていた。それを完治したロイドだったが以前の戦いで瀕死の重傷を負ったがサプリによって何とか復旧したものの戦う術が残っている状況じゃなかったが、サプリ、カドシロの協力で助手たちと星たちを助け出しロイドは謎の美少女と決戦に挑むシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第8話はロイドは見事にシステムが復活したもののどうしても記憶だけが戻らなかった。その為に色々な手段を探そうとするも何の手段も見つけられず麻陽らは途方に暮れる。そんな中で麻陽を襲う謎の美少女が現れるも、その美少女はロイドよりはるかに優れた最新型のアンドロイドだった。同じシステムのバージョンが上のシステムをインストールされているだけにロイドは全く相手にならない。そんな矢先本来消されたはずのカクシロがデータとしてぬいぐるみに残っていた。それに気づいた刺客たちは麻陽の部屋に押し入るも押し入った間にカドシロが5Dソフトをインストールし、そのシステムでアプリを復活させてさらにはロイドの感情のソフトを再インストールし、それで記憶を取り戻したロイドは今度はアプリの記憶と感情の再インストールを行い、さらにカドシロも復活させロイドはアプリとカドシロの3人で麻陽を守る体制が整い、カドシロから麻陽に驚愕の真実を知ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第7話はロイドが再起不能までになっても麻陽を守ろうとしたが、致命的なダメージのためにロイドは起動しなくなる。それを見た葦母は麻陽と共にロイドは麻陽の部屋に運び入れるも2人ではどうする事もできず麻陽は星を頼る事になる。その星は警視庁に呼ばれ、そこで星は警視庁が100年後に繋がっている事を知る。星は警視庁からロイドを殺すように暗殺ウイルスを渡される。そして星は麻陽の部屋に到着すると、そこでかつて黎士に言われた言葉を思い出した星はそこでロイドが必ずしも暗殺ロボットでない事を知る。何者かに作られた刺客ロボットである事を知った星と麻陽はロイドを復活させようとするが、そこで100年後からのメールと復旧データが送られそこでロイドが修復されるも、それに察知した未来の敵が警視庁に動くよう要請しSITが迫る。それを知った麻陽は捨て身の手段に打って出るも、間一髪ロイドが復活し麻陽と未来の敵に警告を送る。しかしロイドは以前の記憶を失っていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第6話はサプリを失ったロイドはサプリが残した感情プログラムでこれまでの無表情から感情が埋め込まれた。そんな中麻陽は母親から余命わずかと告げられ、花嫁衣装だけでも見せようとロイドを黎士として結婚写真を撮る。しかしそれが嘘とわかるとロイドはその場から消えた。ロイドが消えてから麻陽は星にロイドは人間じゃないと告げられてそれを認め、葦母もまたロイドを追った。そしてロイドは2113年にアクセスするもそれはわずかな空間からのアクセスだった。そしてそのクライアントこそ100年後の黎士からであり、そのアクセス先も黎士から送られた情報に基づいて麻陽を守るように黎士の意思として送られた情報だった。そしてロイドは自らの修復の為に未来からある修復ロボットを送り申請をして密かに送られた。それを察知した2113年では黎士の脳を破壊しそれを阻止したように思われたがロイドは麻陽のお願いを受け入れて葦母を殺さず刺客であるアンドロイドを始末しシステムダウンしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第5話は親友の暗殺者との攻防からロイドと麻陽との間にそれぞれ消せない大切な記憶がある事知り、麻陽がロイドと呼び始める。そして麻陽は未来から送られてきたと思われるプログラムをインストールしそれは色々な機能を埋め込む事が可能らしい。そんなロイドにアプリが嫉妬しロイドの修理を拒否する。そんな中ロイドが人間でない事を見抜き始めた葦母や星はその行方を追い始める。しかし麻陽の前に突然現れたサプリに麻陽は色々な質問をぶつけるが、麻陽はそれでもロイドを信じると答える。しかし麻陽の前に再び刺客が現れ絶体絶命の中でロイドのシステムは限界に達していた。それでも麻陽を守ろうとロイドは瀕死の中で戦うが守れない。それをみたサプリがロイドを守るために自らの体を犠牲にしてロイドに感情と修復のプログラムをインストールしサプリの犠牲の上でロイドは刺客を倒すシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ