オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:林遣都

5
12月18日公開の映画「私をくいとめて」を観賞した。 この作品は綿矢りさ原作の「私をくいとめて」を実写化した作品で、31歳のおひとりさまライフを送る女性が頭の中に相談役とやり取りしながら日々の暮らしを送るが、そこに年下の男に恋した事でこれまでの生活が変わってい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
9月21日公開の映画「コーヒーが冷めないうちに」を観賞した。 この作品はある喫茶店の席に座るとコーヒーが覚めない間にその店で起きた過去に戻れるストーリーである。その店で起きた事以外は未来を変える事はできない条件をどう捉えるべきだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「グッドモーニングショー」は朝のワイドショーの番組でメインキャスターをしている男が番組打ち切りを告げられた挙句にアシスタントとの交際をばらされそうになるが、立てこもり犯との交渉役に指名され交渉する事になる劇場型ワイドショーである。ワイドショーは視聴率が全てをいう事を改めて痛感する事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「僕だけがいない街」は事件を解決しないとリバイバルが起きる男が小さい時に起きた事件と向き合い真犯人を追いかけるストーリーである。事件の真相を辿るうちに真実に辿り着きそして運命を変えてしまうストーリーには誰を助け誰かが犠牲になるという事も考えないといけない事を痛感する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「悪の教典」(R15+指定)は貴志祐介原作の「悪の教典」を映画化した作品で、学校では人気者の教師が裏ではサイコパス(反社会的人格障害)の持ち主で、様々な事に対して容赦ない殺人を繰り返し、それが生徒たちを巻き込んだ大量殺戮事件へと発展して行くストーリーである。刑法上は死刑以外に有り得ないが、この人物がどうしてこのような殺戮事件を起こすに至ったのか?そしてこの人物から生徒たちは逃れる事ができるのか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
15日公開の映画「ラブファイト」を鑑賞した。 この映画はケンカの弱い男とケンカが滅法強い女の幼馴染の2人が ボクシングを通じて次第に距離が縮まっていくストーリーである。 内容としては強い女が弱い男を守る図式から 次第に男が強くなっていく姿を描いているが、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「バッテリー」はあさのあつこさん原作の映画で1人の天才投手が野球を通じて友情と絆を深めていくストーリーである。日本では国民的スポーツである野球を通じて色々なドラマを1つ1つ丁寧に描いたストーリーは観終わった後に感動を残してくれるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ