オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:松嶋菜々子

5
1月31日公開の映画「AI崩壊」を観賞した。 この映画は2030年AIが生活に浸透した社会で突然AIが暴走して世界は混乱の渦に陥る中でその原因を探ってAI暴走を阻止しようとする天才開発者が阻止しようとするストーリーである。 AIの暴走原因は何なのか?そして暴走した先に見る ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
6月7日公開の映画「町田くんの世界」を観賞した。 この作品は安藤ゆき原作の漫画を実写化した作品で町田一という不器用だが愛される青年に周りが翻弄されていくストーリーである。町田くんが周りに与える世界とはどんな世界なのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1月27日公開の映画「祈りの幕が下りる時」を観賞した。 この映画はドラマ新参者シリーズの最後となる作品で自らの過去と向き合う事になった加賀恭一郎は腐敗して見つかった女性の殺害事件を追っていくうちに自らの母の最期を知っていくストーリーである。日本橋で長年離れな ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「思い出のマーニー」は心を閉ざした少女が夏休みに自然の多い田舎で過ごす事で自分のルーツを知り自分の存在意義を取り戻していくストーリーである。誰もが生まれたルーツがあり、そのルーツを知る事で自分がどんな家系で生まれ育って来たのかを知るキッカケになると思う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「藁の楯」は木内一裕原作の藁の楯を映画化した作品で、少女連続殺人事件で仮出所中の犯人が再び少女を殺して逮捕されるも、殺された祖父に当たる人物が殺したら10億円の懸賞金を広告で発表した事で日本中がパニックとなり未遂でも1億という金額に次々と凶悪犯に対する魔の手が忍び寄る。その凶悪犯を護送すべくSPが守る価値のない凶悪犯を命がけで守り抜くストーリーである。 戦時であり軍人でない限り平時では人殺しは認められない事であるが、金に目が眩んでしまった日本国民の常軌に逸した姿と、この犯人を本当に生かしていく意味のなさ、そしてどうやってこの犯人を死に追いやるべきなのかを考えさせられる内容となっている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブンスペシャル」は2012年1月期に放送されたラッキーセブンの続編で、今回はラッキー探偵社の7人がある男性の事救ってほしいと依頼され、そこから数多くの詐欺行為をする天才経済学者の悪事を暴いていくストーリーである。何時もの駿太郎と新田の喧嘩から始まり、最終的には息の合ったコンビで事件を解決していく姿はやはりラッキー探偵社は7人揃っての探偵事務所だという事を示してくれた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」最終話は瞳子が何者かに捕われて警察に捜査を依頼するが警察は動かない。そんな中瞳子の携帯からメールが届き、そこに手帳を渡すように脅迫してくる。それに乗った駿太郎たちは手帳にGPS機能をつけて追跡するがそこは船の中だった。瞳子救出のために向かった駿太郎と飛鳥は潜入し、瞳子を救出しようとするも途中で囲まれ駿太郎も追い込まれるが、そこに輝が現れ、このピンチを救う。輝からの情報で黒幕は八神コーポレーションでかつて瞳子の父が関わった住民運動の相手だった。そして手帳から決定的な証拠と場所を見つけ、そこで八神コーポレーションに潜入捜査をする事になった7人はそこで八神コーポレーションでの決定的な証拠となる鍵を見つけて、そこで八神コーポレーションの談合が明らかとなり瞳子の事件は解決したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」第9話は16年前の事件について輝が気づいた事に瞳子は16年前の事件を知られるのを気にしていた。そんな中駿太郎はストーカーのボディーガードをする事になった。最初は何もなく過ぎたものの、その間に淳平が由貴に呼び出され、16年前の事件について聞かれる。そんな中瞳子は部屋が荒らされた事を感じて16年前の事件をが動いている事を感じるも駿太郎、淳平、飛鳥には伝えなかった。そんな中駿太郎はボディーガードをしていた女性がストーカーに襲われ、駿太郎は犯人を取り逃がすも、後日女性と再会した直後女性が事務所に忍び込んでいる所を尾行して取り押さえたが、ストーカーだった女性の仲間が現れ、格闘になるも見事に撃退したが、瞳子が連れ去られるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「ラッキーセブン」第7話は昔の恋人が幽霊で出るということで調べてほしいという老女の依頼が来たものの、さすがに幽霊の調査はできないと最初は断る。その頃淳平がお見合いをする事になりそれを尾行した駿太郎と飛鳥はお見合いを妨害し、お見合いは破断する。しかし翌日その事を謝罪しに伺った淳平は再度アタックする。その話の中で駿太郎は老女の依頼を思い出していた。事務所に戻った淳平は瞳子から老女の依頼はさすがに酷だろうと依頼を断りましょうと言われる。しかし淳平はそんな事を受けて老女の依頼を自費で受ける事にした。その調査で老女の恋人の所在がわかり報告に向かう淳平と駿太郎はそこで多額の通帳を見せられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」第5話は輝が指名手配され、ラッキー探偵社が営業停止に追い込まれそうになっていた。輝がどうして逃亡したのかを調べ出した瞳子たちは依頼主であった人物がかつて探偵事務所をやっていた事を知る。その証拠を探し始めた中でついに流失ルートが携帯カメラだという事が判明し、調査の結果週刊誌とのやり取りはメールだけで人物の顔は全く見ておらず輝が犯人じゃなく、その人物が実は週刊誌に売り渡した犯人だという事が判明し行方を追うが行方が全く掴めない。瞳子は週刊誌のターゲットとなった事務次官に輝が何を言ったのかを確認しに行ったが、瞳子は16年前の事件に何か絡んでいるという事だけが描かれた。事件は突然警察が犯人を逮捕したものの、犯人はただ操られていただけで黒幕は全く掴めず、ラッキー探偵社は営業停止処分は避けられ、輝も指名手配が解かれた。ただ輝はこれを機会に事務所を去り、駿太郎に後を任せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」第4話は輝が張り込みをして依頼主の調査をしていた。そんな中輝が撮ったと思われる写真が週刊誌に掲載され、その事がキッカケにターゲットの屋敷から盗聴器が見つかった事でラッキー探偵社が家宅捜索を受けて開店休業状態になる。輝が指名手配された事で動揺する駿太郎たちはどうして輝がこのような行動をしたのか思い当たる節が無い。そんな中輝が発見され駿太郎が輝を追うが駿太郎は輝の真意を聞き出せなかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」第3話は結婚詐欺を疑う男性がラッキー探偵社に訪れ、早速調査を開始する。しかし対象の女性の警戒心が激しく尾行すら撒かれてしまう。そんな中駿太郎は犬の世話をしていると、10歳の子と親しくなり、その母親が調査対象の女性だった。それがわかり身元があっさり発覚したものの、その事情を知るにつれ駿太郎は悩むが、瞳子のお互い理解する事が必要だと言われた事で駿太郎はその子を依頼主として母親のやった事を解決してほしいと頼まれ、駿太郎は見事にそれを解決して見せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」第2話はバイオ研究をしている会社から研究者の素行調査をしてほしいという依頼を受けて輝が研究室への潜入捜査を開始した。最初は変わり者の研究者というところだったが、次第にライバル企業との密会がわかり報告する。しかしその研究者は金で動く人じゃないと感じた輝たちは奥さんに直撃するもそこで依頼人と研究者の関係を知り、輝は再調査すると、その真実は依頼者に報告すべきと瞳子が語り、輝は駿太郎と一緒に依頼者へ研究者の報告をして、依頼者と研究者は再び打ち解けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」は探偵事務所ラッキー探偵社に入社した1人の男が探偵として数々の事件の調査をして事件を解決して行くストーリーである。自由人をしていた男が突然スカウトされ、そこで出会った探偵たちとタックを組んで事件を解決して行く展開には月9にないスリリングな展開となる事だろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家政婦のミタ」最終話は希衣がミタにお母さんになってと業務命令したら承知しましたと語り、ミタは結たちのお母さんになるも、なった途端に食事は質素になり、厳しい物言いと現実を突きつけた行動に結たちは戸惑いを見せた。恵一には婚姻届を渡す用意周到に恵一も戸惑ったがその直後恵一は倒れ入院したら、そこに義之がうららが結婚を決めて式の日取りすら決めた事に悩む。その翌日ミタが突然うららの前に現れ、ミタはうららに結たちの母親になりましたお幸せにという言葉を残してその場を去る。あまりの変わり様に結たちはどうするか話し合ったが、ミタは嫌なら出て行きなさいと突き放した。そしてうららに助けを求めた結たちは自らの結婚式を投げ捨てて、うららはミタにクレームをつけるが、ミタは人の家に口出しするな!と言われ、結たちも抗議すると、今度はミタはうららを選ぶか私を選ぶかを迫り、結はうららを選び、ミタはその場を去ったが、うららがその後を追いミタにわざとやっているでしょうと問うと、ミタは突然うららを叩き始め、怒ったうららがミタに詰め寄ると、ミタはうららに怒る時は怒り、泣く時は泣き、笑う時は笑って保護者にはなれると告げてうららはこれまで抱えていた心が晴れた。そして最後の日ミタは阿須田家のみんなと食事をし、恵一の笑ってくださいという業務命令にミタは承知しましたと告げて、精一杯の笑顔で接して、ミタは翌日希衣に本心のメッセージを渡して阿須田家を去り次の派遣先へ旅立ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家政婦のミタ」第10話は再び阿須田家で家政婦をする事になったミタは以前になかった幸せだった時の夫と息子の幻想を見るようになる。そんな中海斗が授業参観でお母さんへの感想文を書く事となるが、どうしてもお母さんが自殺だという事で書く事ができない。ミタは晴海所長に自分の思った事を言えばいいとアドバイスされる。そんな中うららが突然お見合いをする事になり、阿須田家は不思議に思う。そんな中でミタは海斗からどうしたら良いと聞かれるもそれは自分で決める事と言うが、参観日前日になった夜にミタが突然海斗がお父さんへの感想文を書こうとしたら感想文を切り、ミタは死のうとした経験からお母さんは自殺じゃなく事故だったと語り、そして4人への想いを述べる。そしてそれは他人が決める事じゃなく自分たちが決める事と語り、これまで抱えていた遺書と離婚届を燃やした。翌日海斗はお母さんへの感想文を読み、その想いを語った。それを聞いた担任が何も言えず腰を抜かした。ミタはその日に希衣が手伝うと料理を手伝わせたが、希衣が火傷しミタはその責任を痛感する。翌日ミタは幸せだった頃の遊園地での出来事を思い出しながら涙するが、そこに結たちが現れ、過去の事ではなく未来をみて幸せを取り戻そうと言われるも、ミタは過去には戻れないんですと語る。その頃うららはお見合いしたで恵一は理由を尋ねるが、その理由がうららが恵一を好きになってしまったためだったと語り恵一は何も言えなかった。そしてその夜結たちはミタにお母さんになってというお願いにミタは希衣が渡した石を見て承知しましたと告げたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家政婦のミタ」第9話はお暇を頂いたミタを何とか戻ってきてほしいと恵一が晴海所長に頼むも、翌日来たのはミタはミタでも三田違いだった。そのミタは隣の皆川家の家政婦として雇われていた。個人情報を徹底的に排除したミタは徹底的に皆川家の家政婦を徹する。何とかミタに来てもらおうと翔、海斗、希衣は工作するも尽く失敗する。そんな皆川家の真利子は夫が浮気をしていると感じており、真利子はミタに尾行させる。そしてミタは夫が不倫相手とごフルを楽しんでいる写真を真利子に見せて、それに逆上した真利子は夫と一家心中すると言い出し、ミタに一家心中の準備を業務命令する。そして3人揃った皆川家でミタは灯油を撒き、真利子は夫の不倫を追及しているうちに真利子は本当にミタが火をつけると思わず、ミタに自分が死ねと命じ承知したミタは自分に火をつけようとするが、それを結たちが決死の覚悟で止めに入るとミタは感情を露わにして命じられるがままの家政婦なら命令された事だけをやっていればよいと言って死のうとした過去を話し結たちはミタを止めた。しかしミタは警察に逮捕されたが、夫婦げんかという事で釈放され、恵一は再び家に来てほしいと頼み、翌日ミタは再び阿須田家で家政婦として赴任した。そして恵一たちを見送った後うららがミタに恵一の事が好きだと告白し、ミタは幸せだった頃の幻想を見るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家政婦のミタ」第8話はミタの事を知ろうと結たちは色々な事で聞き出そうとするが、尽くミタの強さの前になす術がない。そんな中義之が怪我を追って入院し、恵一らは駆けつけるが、帰れ!と怒鳴られ、さらに希衣の石を飛ばすなど全く話を聞いてもらえない。そんな中結たちはミタに母親の物マネで義之を説得してほしいと頼み、ミタは承知しましたと業務命令として受ける。そしてミタは義之の前で母親=娘の声そっくりに話し始め、義之は動揺するが、恵一とうららが駆けつけた事でミタとわかり義之はミタを殴る。それにミタはあなたは理解してもらえず怯えており、それで怒鳴っていると語り、さらに失った人を知るから解ります。あなたはまだ幸せにするチャンスがあると話し、心に突き刺さった義之は鼻水を流しながら涙したのだった。そして義之は娘の仏壇を購入して阿須田家に納入した。結たちはミタに希衣の頼みで一緒にテーブルに座り、そこで自らの過去を語り出し、その壮絶な過去に結たちは涙し、ミタはお暇を頂きますと言ってその場を去ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家政婦のミタ」第7話は夫と子供を殺したと告白された結たちはその事が気になって仕方なく晴海所長のところへ事情を聞きに行く。しかしその直後訪れたミタにその事を聞き出したらおひまを頂くと断固拒否する。そんな中恵一が美枝の事で同僚を殴ってしまい会社を解雇される。解雇された恵一はこんな状況では希衣のお遊戯会に行く事もできないとミタにお遊戯会を延期してほしいと頼み、ミタは承知する。そして翌日悪夢を見た恵一はミタに辞めるように電話するが既に手遅れと言われ、恵一は幼稚園に行って脅迫電話が掛かってきたと知り私がやったと言って警察に厳重注意を受けた。何もかも失った恵一は妻が死んだ川に入っていくが、そこに結たちが現れ、希衣がお遊戯会の主役を降ろされた事を聞かされ、まだ希衣のお遊戯会は終わっていないと話し、恵一は自宅で希衣のお遊戯会は初めて観てこれまで自分が子供たちへの気持ちへの覚悟が足りなかった事を痛感し涙ながらに土下座で愛さなくてもいい!でも俺はお前たちを愛したいと言ってミタが恵一が無くした石を差出し、恵一は結と共に義之に養子を断りに行ったがやはり勝手にしろと言って認めず、結たちはミタの過去を聞き出そうとしたがミタは夫の母親から二度と死ぬまで笑うなと言われた事を思い出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家政婦のミタ」第6話は結たちの元に義之が養子になるように言われる。しかし翔、海斗、希衣は養子になる事に反対し、結もどうしたら良いのかわからずその場はうららに止められて事なきを得た。翌日翔と海斗はミタに恵一にその意思を聞いてきてほしいと頼み、恵一にその趣旨を問うも、どうしても美枝への未練とその事による踏ん切りがつかない気持ちが先行してしまい何も言えないと回答する。それを聞いた翔と海斗は結にその事を言うと、結はどうしたら良いのかわからず勝手にしたらと言ってその場を立ち去る。そして翌日先輩と駆け落ちをしようとしたが裏切られ、恵一と翔、海斗らが結を探している時に結はうららに飛び降りようとしたところを止められ、結を家まで送るが、結はミタに私を殺して!と言ってミタは承知しましたと了承し結を殺しに掛かるが、結はミタに包丁を向けて死のうとした事があるの?と問うと、あります。と答え、さらに死のうとしたいのはあなたが幸せだからです。と答え結は恵一、翔、海斗、希衣に愛されている事を身を持って知った。そして結たちは養子にならない事を決めたが。ミタが死のうとした事があるという事に結たちが興味を持ち始めるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家政婦のミタ」第5話は家を追われた恵一はミタに結たちを託して家を出た。一方恵一のいなくなった家では結、翔、海斗、希衣の4人は誰も纏められない中でミタが誰の命令を優先したら良いのか尋ねる。翔が真っ先に名乗り出るが、最終的には結が優先権を持つ。そんな中翔は感情を抑える事ができず、バスケ部のメンバーに八つ当たりしたり、家に戻ると結と口論になってさらにはバスケ部のメンバーには見放され、ゲーセンで暴れて警察沙汰となる始末だ。そんな恵一も不倫相手の事が忘れられずさらには同僚からも見放され、さらに義之から翔たちを養子縁組しろと迫られ自分自身が良くわからなくなってしまう。そんな翔はさらにミタにやらせろ!と言ってミタは承知しましたと言って服を脱ぎ出すが結が来てその場は事が収まる。街を歩いて戻った翔は隣の真利子から嫌味を言われてついにミタに業務命令で真利子の家を壊してほしいと命令し、翔は俺の気持ちがわかるのか?と問われミタはわかりますと壁にスプレーで家族を守りたいと書き、それを見た真利子は警察に通報して被害届を出すと言い出したが駆けつけた恵一の土下座で何とか事が収まり翔は本当に大切な事を身をもって痛感するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家政婦のミタ」第4話は家を出た結たちは義之とうららの家に身を寄せたが居心地が悪く、何とか出たいと思うも如何せん恵一なしで暮らせる状況になる現実問題に直面する。一方恵一はミタを解雇してプロジェクトも降りて、左遷される。そんな中で希衣はどうしたら良いのか考えるが、ミタを雇うためには2時間4,250円必要だった。そんな中で希衣はうららからお金を借りてミタを5時間雇って希衣は自らミタに誘拐される事を提案し、ミタは恵一と結に希衣を誘拐した事を告げて、恵一と結たちが仲直りする事を条件にする。そして希衣がそれができなければ家に火を付けると言って全員家に集まってミタに希衣はどこだ!と尋ねると全員家の中を探し希衣はベランダにいたのを見つけるが、希衣はベランダから落ちるもミタが100万馬力の腕で受け止め、希衣は恵一に打たれて心配させるなと言われる。そして希衣の質問にわからないと答えたあと義之が現れ、お前を殺すと首を絞め始めたが、結たちがそれを止めてさらに結は義之の家に行かないと宣言し、恵一に出ていけ!と宣告し、恵一はミタに結たちを託して家を出たシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家政婦のミタ」第3話は結は恵一がミタに妻が自殺した事を打ち明けているところを聞いてしまい、その原因が恵一の不倫だと知りさらに激怒し情緒不安定になる。結はその事が許せない。そんな中翔、海斗、希衣はミタの正体を探ろうと尾行するもミタは遊園地で食事を頼んだきり微動だにしない姿に何を思うのだろうか?そして尾行し続けたものの見事に撒かれてしまった。そして結はミタに恵一の不倫を会社にバラしてほしいと頼み、ミタは業務を引き受け、ミタは恵一の会社で不倫を知らせるビラを配り恵一は会社に不倫がバレてしまいプロジェクトのメンバーから降ろされ左遷が確実となる。そんな中結は恵一の事実を翔、海斗、希衣に教え、こんな人父親じゃないと軽蔑して4人を家を出て行った。そして恵一はミタにどうしてこんな事ができるのか?心はないのか?と問われたミタは「ありません!」とキッパリ答えるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家政婦のミタ」第2話は何事もなかったかのように通常業務をするミタは頼まれた事はできる範囲で何でもこなしてしまう。そんな時海斗が学校のいじめっ子の標的となり、万引きさせる手伝いをさせられる事になってしまい、困った海斗はミタにいじめっ子をやっつけてほしいと頼み、ミタは万引きしようとしたいじめっ子をこれでもかと殴り続けた。学校に呼び出された恵一は学校でいじめはないと担任に言われ、生徒たちも何もなかったと言って海斗の言い分が認められない。そんな中海斗はうららの余計な介入でいじめっ子の更なる標的となりいじめっ子から来なかったら殺すと言われ、困った海斗はミタにいじめっ子を殺してほしいと頼み、ミタはいじめっ子の首を絞めつけているところに海斗が止めろ!と叫びミタはいじめっ子の首を絞めるのを止めた。そして海斗はいじめっ子にこんな事をして殺しても何もならないと言っていじめっ子を撃退した。解雇されるはずだったミタは海斗と希衣らのお願いもあり雇用継続する事を決めたが、翌日妻と離婚する事を秘密にすると離婚届をミタが燃やそうとしたがそれを聞いていた結が燃やすのを止めて恵一を問い詰めるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「家政婦のミタ」は家政婦の三田灯が派遣先で依頼主の業務命令なら何でも実行し全て完璧にこなすが、表情を1つも変えずその三田の行動と表情が家族の絆の大切さを思い出していくストーリーである。初回からかなりのインパクトがあり、できる業務命令なら完璧に業務を遂行し、その完璧さに依頼主が驚き、その行動が時として大きな過ちに気づかせていくその様は自分ができない事が現実になってしまう事で本当の正しい事と間違った事に気づかせてくれる事になっていくのかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11月13日公開の映画「ゴースト もういちど抱きしめたい」を鑑賞した。 この映画は1990年に公開された 映画「ゴースト ニューヨークの幻」をリメークした作品で ある日偶然出会った陶芸家の男と起業家の女が恋に落ちて結婚するが、 ある事件で女が亡く ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「眉山」はさだまさし原作の映画で末期がんの母とその娘が互いに言えなかった、聞けなかった事を次第に解り合えるようになっていく過程を徳島を舞台に描かれたストーリーである。色々な親子関係があると思うけれど、ここで出てくる2人の母娘の絆は観終わった後に多くの感動と涙を流す事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「犬神家の一族」は30年前に角川映画第1弾として公開された「犬神家の一族」のリメークした作品で日本最大のミステリーとして豪華キャストが話題である。90歳を越えてなおメガホンを取った市川崑監督も凄いが、30年前の作品をリアルタイムで知らない世代には日本映画の最骨頂を観る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ