オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:松井愛莉

5
2月15日公開の映画「フォルトゥナの瞳」を観賞した。この作品は飛行機事故で奇跡の生還を果たした少年が大人になり死ぬ直前の人が透けて見えるという特殊な能力を持ちながら運命の人と出会い運命の人を守るために行動していくストーリーである。 人の死が見えるとなった時何 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「青空エール」は甲子園の応援に憧れて吹奏楽部に入部した初心者の女子高生が思いを寄せる野球部の青年を応援し気持ちの大切さを伝える応援ストーリーである。誰かのためにエールを送るという意味をうまく表現しており、改めて応援するという意味を知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「映画 ビリギャル」 は「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の実話を映画化した作品で高校2年時に偏差値30で学年ビリだったギャルがわずか1年で偏差値を40以上上げて慶應大学に合格するストーリーである。実際にあった話しなのでどうしてそれが可能だったのかを確り認識しながら物事には現実無くして夢はない事語っていきたい。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「想いのこし」は亡くなった4人の人物がこの世に想いのこした事を亡くなった原因を作ったダメ男に実行してもらうストーリーである。ストーリーとしてはいい話でまとめられているが、設定を踏まえるともう少し何とかならなかったものかと感じてしまうところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「GTO」第2話はADHD(注意欠陥多動性障害)を持つ生徒を父親が転校させようとしてそれを知った生徒が自暴自棄になり暴れ出す。事情を知った鬼塚だったが家庭の問題故なかなか介入できない。しかし鬼塚は生徒の事を理解してもらおうとクラスの生徒たちに、そして母親に理解を求めた。マラソン大会で完走するために鬼塚自ら特訓する事となり特訓の日々が始まる。そして本番当日生徒は最後まで走り切りやり切るという事を経験したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「GTO」は2012年に復活したGTOの続編で今回は鬼塚の母校である湘南の高校を舞台に鬼塚が今の生徒たちの授業を繰り広げるストーリーである。2年ぶりに戻ってきた鬼塚が果たしてどんな授業をするのか注目だ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ