オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:松井大輔

5
12日サッカー国際親善試合韓国対日本戦がソウルW杯競技場で行われ、 0対0でスコアレスドローとなったが、 両チーム持ち味を発揮してザックジャパンの2試合を終えた。 試合は前半から両チームとも激しい攻防が続き、 前半14分にDF駒野が負傷退場するアクシデン ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日サッカー南アフリカW杯E組デンマーク対日本戦が ロイヤルバフォケングで行われ、 1対3で日本がMF本田の無回転FK、MF遠藤のFKがさく裂し FW岡崎のダメ押しゴールで2位で決勝トーナメント進出を決めた。 試合は前半から勝たなければならないデンマー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
14日サッカー南アフリカW杯E組日本対カメルーン戦が フリーステートで行われ、 1対0で日本がFW本田のゴールを組織的守備で守り切り アウエーでのW杯で初の勝ち点3を手にし 予選リーグ突破へ大きな勝利を手にした。 試合は前半から両チームとも持ち味を消され ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
3日アジアカップ予選日本対バーレーン戦が行われ、2対0で日本がFW岡崎、MF本田のゴールで勝利した。試合は前半36分MF中村のクロスからFW岡崎が決めて先制するが、その後日本はバーレーンのゴールを割れず前半を終了する。後半になるとバーレーンのカウンター攻撃に苦しむがFW森本の投入などで流れを変えようとしたがあまり変わらず、後半ロスタイムMF本田がようやくゴールを決めて勝利した。これで日本代表は海外組最後の招集で何を得られたのかハッキリしないまま終了した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
10日サッカー国際親善試合キリン・チャレンジカップ日本対スコットランド戦が日産スタジアムで行われ、2対0で日本がスコットランドのオウンゴールとMF本田のゴールで勝利して新戦力の底上げの試合としては及第点となった。試合は前半からスコットランドのサイドチェンジとカウンターに苦しむ展開となり、思うようにボールを前へ運べない。サイド攻撃からチャンスを作るも尽くDFにクリアされて前半は0対0で折り返した。後半になると注目のFW森本を投入すると流れは次第に日本に傾き、後半37分に途中出場のDF駒野のクロスをスコットランドDFがオウンゴールを誘って先制すると、後半43分にはFW森本のシュートのこぼれ球をMF本田が落ち着いて決めて突き放して勝利した。これで日本は新戦力起用の試合で各選手がアピールを確り行えた試合となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
17日サッカーW杯アジア最終予選第10節オーストラリア対日本戦がメルボルン・MCGスタジアムで行われ、2対1でオーストラリアがMFケーヒルの2ゴールで日本を逆転し日本はDF闘莉王のゴールでオーストラリアの無失点記録を破ったものの欧州組の差は大きく大きな課題を残して敗れて2位でW杯予選を通過した。試合は前半からオーストラリアのフィジカルの前に日本は突破を阻まれ、ゴールは遠い、オーストラリアも高さを活かした攻撃で日本ゴールを脅かすが、前半40分CKからDF闘莉王のヘッドが決まって前半を1点リードして終わる。後半になるとオーストラリアは日本に攻め込まれるシーンが目立ったが、後半14分FKからMFケーヒルのヘッドが決まって同点に追いつかれると、後半31分にもCKからMFケーヒルに押し込まれ逆転を許す。日本は最後までゴールを目指したが守りを固めたオーストラリアのゴールを破れず日本は欧州でプレーする選手中心のオーストラリアに力の差を見せつけられ破れた。これで日本は1年後のW杯へ向けて大きな課題を残してW杯予選を締めくくった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
10日サッカーW杯アジア最終予選第9節日本対カタール戦が日産スタジアムで行われ、1対1で日本は相手の一人相撲に救われ南アフリカへの一歩は盆戦という収穫なしの消化試合で終わった。試合は前半開始早々3分に右SBの内田のクロスを相手DFのオウンゴールで幸運の先制点を上げるが、消化試合の日本は動きが悪くミスを連発するがカタールのミスに救われ前半をリードのまま終わる。後半になっても日本は動きが悪く、後半9分にパスミスからDF中澤のファウルでPKを献上し、後半9分にMFヤハヤがPKを決めて同点に追いつかれた。その後日本はMFに松井、FWに興梠、MFに本田を投入するが決定機を決める事ができずそのまま終了し、日本はA組1位をオーストラリアとの直接対決で決める事になった。これで日本は南アフリカへ向けて収穫らしい収穫の無い消化試合でスタートした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2日2010年南アフリカW杯アジア3次予選、日本対オマーン戦がホーム日産スタジアムで行われ、3対0で日本がセンターバック中澤と闘莉王、MF中村俊輔のゴールなどの活躍で勝利しアウエー戦へ向けて大きな勝利となった。試合は前半から日本が中盤を支配し、前半10分にCKからDF中澤のヘッドで先制すると、前半22分にはDF闘莉王のオーバーラップで落としたところをFW大久保が決めて前半は2対0で折り返す。後半になっても日本が主導権を握り後半5分にMF中村俊輔のゴールで追加点を上げると、日本は終始試合を支配し続けて勝ち点3を手にした。これで日本は次節のアウエーオマーン戦で2位以上を確実にしたいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
27日キリンカップ日本対パラグアイ戦が埼玉スタジアム2002で行われ、0対0で両チーム決め手を欠いてスコアレスドローに終わった。試合は前半から日本が圧倒的に支配するがパラグアイの固い守備にシュートをなかなか打てずに前半を終了する。後半になるとパラグアイの決定的チャンスをGK楢崎が防ぎ得点を許さない。結局最後までチャンスを活かす事ができずに0対0で終わった。これで日本は決定力不足のままオマーン戦を迎える事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日キリンカップ日本対コートジボワール戦が豊田スタジアムで行われ、1対0でFW玉田の復帰ゴールで勝利しW杯予選へ収穫のあるゲームを展開した。試合は序盤からコートジボワールの速い攻撃に苦しみ、前半9分にFKのピンチを献上するも、GK楢崎が防ぎ事なきを得る。攻撃ではDF闘莉王、MF長谷部、松井を軸に攻撃を展開し、前半20分MF長谷部のクロスをFW玉田のボレーが決まり先制する。前半はバックパスでミスを連発しピンチの連続もDF陣が防ぎ前半を終了する。後半になると運動量の落ちた日本がコートジボワールの個人技に翻弄されるシーンも目立ったが、最後まで防ぎ切り勝利した。これで日本は1週間後のW杯予選へ弾みをつける勝利を上げた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日、オーストリア・クラーゲンフルトで3大陸トーナメントスイス対日本戦が行われ、3対4で日本が中村俊輔のPK2本1アシスト、途中出場の矢野貴章の決勝ゴールで強豪スイスに大逆転勝利を上げた。試合は序盤から日本がスイスの攻撃にさらされ、前半11分にCKからDFマニンに決められると、前半13分にはPKからFWヌクフォのゴールで2点を先制される苦しい展開も次第に日本は調子を掴みかけて前半を終了した。後半になると日本は積極的に攻撃に出て後半8分にPKからMF中村俊輔が決めて1点差にすると、後半21分セットプレーのチャンスからMF中村俊輔のキックをFW巻がヘディングを決めて同点に追いつく。勢いに乗る日本は後半31分にFW巻がPKを獲得しMF中村俊輔が決めて逆転に成功した。しかしその直後の後半34分にCKからDFジュールーのゴールで再び同点に追いつく。終盤は両チーム激しい攻防の中ロスタイムに日本がこぼれ球をFW矢野の代表初ゴールで勝ち越しに成功しそのまま逃げ切った。日本はアウエーで強豪スイスに大逆転勝利を上げた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
7日(日本時間8日)サッカー日本代表が出場している3大陸トーナメントがオーストリア・クラーゲンフルトで行われ0対0で90分で決着が付かずPK戦の末3対4で敗れた。試合は前半から日本が中盤を支配するが、前半22分FW田中達のシュートがポストに当りチャンスを逃すと、前半終了間際にはMF中村俊のシュートが止められ前半を0対0で折り返す。後半も反撃に出たものの両チーム共に決定力を欠きPK戦で日本は4人目今野、5人目中澤が外して敗れた。欧州遠征初戦はスコア上はドローという結果に終わった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ