25日2012プロ野球ドラフト会議が行われ、注目された大阪桐蔭の藤浪晋太郎投手はオリックス、千葉ロッテ、東京ヤクルト、阪神との競合の末、阪神が交渉権を獲得した。大学球界NO.1右腕の亜細亜大学の東浜巨投手は横浜、埼玉西武、福岡との競合の末福岡が交渉権を獲得した。その他1年間浪人した菅野智之投手は巨人が単独1位指名で交渉権を獲得し、メジャー挑戦を表明していた花巻東の大谷翔平投手は北海道日本ハムが指名した。これで2012プロ野球ドラフト会議が終了し競合した選手と複雑な指名が入り混じったドラフトとなった。 ... もっと読む