オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:東山紀之

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第45話は美和は生糸の製造を習い始めたが、そんな折生糸の相場が暴落する事態が起きたい。暴落の理由が粗悪品が混じった事で安定した品質を確保できない事が問題だった。それを解決しようと向き合う素彦はこれまでの常識を疑う農業方法を行う船津伝次平と出会いこれまでに常識に捉われない改革に取り掛かる。しかしこれまでやってきたやり方が無くなる事で反発する者たちが続出して素彦は自ら何度も説得し続けたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第44話は群馬に教育を根付かせようと素彦と美和は奔走するもなかなか理解を得られない。素彦は群馬の実態を知るべく自らの足で群馬各地を回ったら学校が近くになく子供たちがいく事ができないという実態が浮き彫りになった。その為に素彦は近くに学校を新設する事によって対処しようとした。一方美和もまたせいを何度も訪ねて根気強く説得に当たる。そんな中1人の女が旦那の借金を繰り返すため字を読めない借用書を書かされ、それでは何も変わらないと美和が強く言った事がキッカケでせいは美和の教育を認めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第43話は前原が萩で反乱を起こして美和は萩へ戻るが素彦は寿の具合が悪く東京へ向かった。しかし萩の乱はわずか10日で鎮圧され、前原は処刑され、叔父の玉木文之進は切腹した。止められなかった美和と素彦は悲しみの中再び群馬の混乱に身を投じていくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第42話は群馬に赴任して早々素彦らはよそ者の洗礼を受ける。県令就任早々この土地の難しさを痛感した素彦だったが、美和も同様の仕打ちを受けていた。そんな中素彦は生糸をアメリカで会社を作って売りたいという者と出会いその気持ちはかつて松陰が抱いた気持ちそのものだった。しかし説得には県庁を実質的に仕切る阿久沢権蔵を説得する必要があった。素彦は説得に向けて訪れるがそこに美和も訪れ共に説得して県からの支援を了承してもらえる事を約束された。一方美和の元には敏三郎の危篤の知らせを受けたが敏三郎は死去し、その思いを松陰の刀と共にアメリカへ向かう新井領一郎に託したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第41話は前原ら新政府に不満を持つ士族が集まり反乱を起こそうとしていた。それを知った美和たちは血相を変えるが、そこで更に寅次郎らも関わっていることを知り更に不安を覚える。そんな中素彦の前に木戸が訪れ、素彦に群馬県令になってほしいと引き受けるように説得するが素彦は1度断る。しかし村人がその事を知り素彦に群馬県令になって国の為に尽くしてほしいと頼まれた素彦は群馬県令になる事を決意する。しかし妻の寿の具合が悪く寿は美和に一緒についてきてほしいと頼まれ、美和は寿と共に未知の地群馬へ旅立ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第40話は突然美和のもとに玄瑞の忘れ形見の子・秀次郎が辰路から引き取ってきていた。素彦の依頼で探していたがようやく見つかって辰路が渡したのだった。秀次郎を引き取り育てる決意をした美和だったが秀次郎のやんちゃぶりに手を焼く。それでも次第に字を覚え、礼儀も覚えてきた秀次郎だったが、そんなある日辰路が秀次郎の様子を見に来た。それを見かけた美和は話しかけるが自ら働くために手放したと告げる。しかし美和は今必要なのは自分よりも辰路であると感じ辰路に秀次郎を返す事にしたのだった。そして日本は再び内乱が起きようとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第39話は敬親が死去して中央政府の廃藩置県により長州藩の億御殿は閉じられる事となった。それにより美和は萩に戻り銀姫と別れを告げて隠居した素彦と共に新しい生活を始める。しかし過去の政の影響により素彦を快く思わない人も多かった。しかし常に人々の身分問わず助け合いながらという姿勢を導いてきた事で次第に理解を得られる。一方美和は京にいると思われた玄瑞の子供が突然現れて困惑するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第38話は版籍奉還で領地を朝廷に返上し元徳が知藩事となったが、その直後に財政問題の難題が降りかかり頭を悩ます。その為にこれまで兵士を多く雇っていた兵士2000人の解雇を家臣の意見で元徳は楫取の助言を無視して実行した。しかし楫取の不安は的中して解雇された兵士たちは反乱を起こして楫取は話し合いで解決しようとするが、元徳は鎮圧を選択する。しかし事態はこう着状態となり中央政府が乗り込んでくる事を知った楫取は最後の手段として敬親にこの事態を治めてもらう事に掛ける。元徳も自らの判断を悔やんで話し合いを持ったが時既に遅く政府軍が反乱軍と交戦となり政府軍が鎮圧して楫取は大きな責任を感じるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第26話は長州藩の復権を掛けて京へ向かった玄瑞たちだったが、情勢はさらに悪化していた。その頃文は新居を探していたが玄瑞の行動で長州藩がピンチである事を理由に貸してくれない。しかし文は反論して対抗する。一方長州藩は伊之助が長崎で外国艦隊が下関に向かっている事を知り、長州藩の存亡が掛かった状況だった。そんな状況の中玄瑞は決断を迫られたが既に進撃する意見を止める事ができず玄瑞は死を覚悟して出陣したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第25話は晋作が脱藩の罪で投獄された。その責任として伊之助が長崎に左遷されたが、そこで伊之助はグラバーと武器の交渉をしていた。そんな中京では薩摩藩が会津藩と仲違いした事を知った長州藩はこの機会はチャンスと名誉挽回に動こうとするがそんな動きを察知した新撰組が池田屋を襲撃して多くの藩士を失う結果となった。事件を知った玄瑞は同志の暴走を抑えながらも仇を討たんと京へ出陣したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第15話は安政の大獄を実行に移した井伊直弼はその刃を松陰へ向けようとしており、その証拠を探し始めた。それを察知した桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞らはうかつには動けないと今は動かない事を決める。しかし松陰は納得せず動くように手紙で伝えるも、これ以上は藩の存亡にかかわるような事態と判断した伊之助が手紙を一切止めるようにする。しかし塾生だったもの達が松陰の志に動かされようとしていた。しかし文らは松陰の暴走を止めようとするも、松陰は死して志を継ぐ者がいると語り松陰は死を覚悟したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」最終話はひかりと正式に入籍した正純は新居に引っ越して新生活をスタートさせた。入籍当初は正純の母親から反対されるも美登里、実結がこれまで助けれくれたひかりを家族と認めた事で久保田家は1つに纏まり、正純とひかりは挙式へ幸せな時間を過ごしていた。そんな結婚式前日に正純とひかりはガラの悪い高校生たちに注意するも逆に暴力を振るわれ、正純を助ける為にひかりは正当防衛する。しかしその直後高校生たちの反撃で2人は土手から転げ落ちてひかりは正純を庇って頭を強く打って病院へ運ばれた。しかしひかりの容態は予断を許さない状況である中で、ニュースライフの板垣が番組出演を依頼し、正純は覚悟を決めてニュースライフに出演した。そして出演したニュースライフで事件の経緯、さらにひかりの過去についても語り、自分はそれらを全て逃げずに受け入れて結婚した事を語り、事件についても熱く語った。しかしその直後ひかりは息を引き取り正純はひかりが残した言葉を見てひかりこそ最愛妻だった事を知ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第9話はニュースライフを休養している正純を吹っ切るように仕事に励むひかりだったが、どうしてもニュースライフが気になるが正純は復帰できずにいた。そんな中正純はニュースライフの降板を迫られていた。正純は抵抗するも、復帰条件が現行通り読むという条件に正純は反発する。その夜に愛が正純の下を訪れ説得するも、そこで愛が怪我をしてしまいひかりの病院に駆け込む。そこを見られた正純とひかりはあるブログにその事と過去のひかりの事を書き込まれ拡散されたのだった。ニュースライフの直前でその事を知った正純は番組から降ろされそのまま降板となった。そしてひかりもまた病院でその事を知られていられなくなり千春と共に郡山へ行く事になったが、その直前で大輝と成美から電話が掛かってきて正純が外国へ行く事を告げられるとマンションに駆けつけるもそこには正純がおり、ひかりは正純から6年前に渡せなかった婚約指輪を渡されるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第8話は正純と別れたひかりは愛を選んだ正純に絶望し一度は自殺しようとするが母千春に間一髪救われる。そんな中でひかりは千春の看病と並行して看護師に復帰する。そんな中病院に美登利の息子大輝が自殺を図り運び込まれてくる。ひかりはどうして自殺しようとしたのか尋ねると大輝は家族崩壊を語り出した。美登利が現れひかりに関わるな!と退けるが、その直後大輝は自殺をほのめかす暗号を妹の成美がひかりに伝え間一髪大輝を助ける。そして大輝を助けたのはかつて死なせた子供と同じ名前だと明かしたのだった。その直後今度は正純自身が入院してきて番組を降ろされそうだと言い出す。そんな中で愛が現れてどうしたら良いのかと相談されるが、ひかりは愛をビンタして2人は本来の姿でいるべきだと追い返すがその直後母千春の前で泣き崩れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第7話はひかりが正純の下から去って縁を切ろうとするも正純の事を忘れられない。一方正純もひかりがいなくなった事でこれまでのコメントができずひかりの存在の大きさを痛感する。一方でひかりの事を気に掛けていたのが実結だった事に驚きを感じるが、実結は自分の境遇を思えばひかりは正純と出会えた事で救いがある事を伝えるが今のひかりには届かない。一方正純はひかりとの離婚を発表するようにテレビ局から迫られていた。そしてそんな中で愛が正純に久保田正純でなければ自分自身が悲しいと迫った事で正純は愛の言葉を受け入れる。その場で隠れていたひかりは直接現場を見てしまった事でショックを受けてトラックに飛び込もうとしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第6話はひかりの過去を知った正純はひかりとどう接して良いのか思い悩む。そんな中でも正純はひかりとの結婚を決意し婚姻届けを渡す。ひかりも1度サインをして役所に届けようとするが直前で出せずじまいになる。一方正純はこの悩みでキャスターとしての切れを失っていた。それを愛に知られてしまい正純はますます思い悩む。そんな事を察したひかりは正純との別れを決意し、その直後正純にはひかりがかつて保護責任者遺棄致死の過去をスタッフたちが知るところとなり、正純は降板を言い出すもそれを愛が止める発言を行うが、その頃ひかりは正純のマンションを出て正純に別れの電話をしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第7話は寅次郎を牢から出そうと文たちは色々な手段を考えていた。そんな中久子の助言で男衆たちを取り込む事でその道が開けると助言された文は寅次郎の意見書を伊之助に渡してそれを桂小五郎らを通じて寅次郎を牢から釈放するような流れとなっており外部からも圧力をかけてもらう事に成功し、寅次郎は敬親の寛大な決断により牢から自宅蟄居に決まる。しかし寅次郎は牢から出る事を拒んだ。それ故文らは再び寅次郎を牢から出るように説得し、囚人たちが寅次郎を牢から出てここで学んだ事を活かしてほしいと別れの句を読んで寅次郎を説得し寅次郎は牢から出る決意を固めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第5話はひかりは作太郎に昔人を殺したと告白した事で事態は深刻度を増した。しかし正純にはまだその事を話しておらず理由を知らないままだった。そんな中作太郎が危篤状況になり正純は母親から作太郎が暴力を振るった理由を聞かされるが納得いかないまま作太郎は息を引き取った。そして正純は作太郎の葬儀が終わるとひかりに過去を話すように諭した。そうするとひかりは18歳の時にかつて愛した人の子供を妊娠して出産したが、愛した人には逃げられ、両親からも相手にされず孤独の中で子供を育てていたが育児ノイローゼに陥った事で一度逃げ出した直後子供は暑さが原因で亡くなり保護責任者遺棄致死罪で少年院に入っていた過去とその直後自殺しようとして入院していた頃に正純さんと出会った事を話したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第4話は酔った勢いで正純は愛にひかりとは契約妻だという事を言ってしまう。そんな中でひかりはこれまで通りの振る舞いを見せるが逆に正純は荒れるだけだった。そんな中正純の父作太郎はひかりに自分と同じようだと意味深な事を語る。そんな中で正純は愛との2ショットを週刊誌に撮られてしまい謝罪する事になった。そして翌日愛はひかりの前に現れ正純を好きになったらどうします?とひかりに問うがひかりはその時は正純をよろしくお願いしますと語り愛は驚く。そして正純は強行手段に打って出るも拒絶され愛の元へ走る。そんな直後ひかりはかつて殺人を犯した事を作太郎に語るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日大河ドラマ「花燃ゆ」第5話は寅次郎が牢獄に入れられて寅次郎はその間に本を読んで学問を学ぶ意欲に向ける。一方その頃江戸では伊之助が文から受けた手紙通り寅次郎が読みたがっている本を探していた。そんな中寅次郎と密航しようとした金子重輔が病に掛かり危篤状況の中で重輔の母と文は面会した。しかし文は何とかしようとするも何もできずに重輔は亡くなった。それを文から聞かされた寅次郎は自分の無力を呪ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第3話は引き続き3年契約を交わした正純とひかりだったが、以前のようにひかりに接する事ができない。そんな中で正純は仕事に集中力を無くして行き、父親作太郎に対する恨みが爆発して作太郎に詰め寄るが、作太郎はひかりにしか心を開かない。そんななか本番直前に正純が行方不明になるもひかりが過去に行った場所を思い出して正純をテレビ局へ連れて行ったが、正純にひかりは劇薬をお見舞いし、正純は何とか放送をやり遂げたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第2話はひかりは正純が契約書を破棄した事により正純の元から去るのだった。これに動揺した正純はひかりのいない家で親族が多数押しかけてとても落ち着いて仕事に打ち込める状況ではなく、そんな中で正純の元にひかりの知り合いが訪れて、ひかりの行方を聞き出そうとするが、知らないと言われてしまう。そんな中で正純は痛恨のミスを犯してしまい主婦層から批判の嵐を受ける。そんな中ひかりが現れ、再び契約したいと申し出るも、それがどうしてかわからず思い悩む正純だったが、ひかりの過去に壮絶な経験をした事が語られ、藁にも縋る思いでひかりと再び3年契約を更新し、正純の周りは上手く回り出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」は家政婦のミタのスタッフが再集結して制作されたドラマで、完璧な妻として人気ニュースキャスターを支える妻が完璧な行動を行いながらもある秘密を持っている完璧な妻を演じるストーリーである。完璧な妻にどんな秘密があるのか?そしてその妻は一体どんな過去があったのか?それを追っていく事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「TRICKトリック ―劇場版― ラストステージ」は2000年に連続ドラマでスタートし劇場版4作目となるTRICKシリーズの最後の作品で赤道直下の国で謎の死を巡る事件に山田と上田が関わり、その部族に伝わる習わしを巡るトリックに挑んでいく。14年続いたシリーズもこれが最後となり最後の相応しいオチで終わる事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「源氏物語 千年の謎」は平安時代に活躍した作家、歌人紫式部の「源氏物語」を映画化した作品で、紫式部が藤原道長に依頼されて書き始めた源氏物語を執筆していくうちに紫式部に込められた思いが原作の主人公光源氏の運命を翻弄して行くストーリーである。1000年前に掛かれた最古の小説は1000年の時を経ても日本人に愛されているが、1000年前の公家の出来事を記した作品として最後まで興味深く観る事ができるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日俳優で少年隊の東山紀之さんと女優木村佳乃さんが 23日に入籍し結婚した事を発表した。 2人は2008年の舞台での共演で知り合い これまで交際が公になっていたが、 2年の交際期間を経てゴールインした。 東山紀之さんは1979年にジャニーズ事務所に入り ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ