オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:村田修一

5
26日横浜スタジアムでDeNA対巨人戦が行われ、 6対3で巨人が勝利し、広島が阪神に敗れた為に3年連続36回目のリーグ優勝を果たした。 今シーズンの巨人は得点力下位に低迷し、 投手陣も菅野投手以外に好調な投手不在ながらも 総合力とここという試合で ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
3日プロ野球日本シリーズ2013東北楽天対巨人第7戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、3対0で東北楽天が美馬投手の好投を2番手則本投手、最後は前日160球で完投した田中投手の暴挙に出てまで抑え初優勝を果たし、巨人は40年ぶりに連覇を目前で逃した。試合は東北楽天先発美馬投手、巨人先発杉内投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が2死満塁までチャンスを広げるも6番坂本選手が凡退してチャンスを逃すと、その裏東北楽天が5番マギーの打球をショート坂本選手がエラーして先制を許すと、2回に東北楽天は2アウトから1番岡島選手のタイムリー2ベースでリードを広げられると巨人は杉内投手を諦め2番手澤村投手を投入した。しかし東北楽天は4回に9番牧田選手のホームランでさらにリードを広げられると、巨人は2回以降チャンスらしいチャンスを作れず迎えた土壇場9回に東北楽天が前日160球投げている田中投手をマウンドに送る暴挙に転じ、これに奮起した巨人打線が最後の粘りを見せて2死1,3塁まで持ち込むも最後は代打矢野選手が三振に倒れて巨人は40年ぶりの連覇を果たす事ができなかった。これで巨人は田中投手にシーズン初の黒星をつけたものの最後は田中投手に抑えられて連覇の夢を阻止されてシーズンを終えた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
31日プロ野球日本シリーズ2013巨人対東北楽天第5戦が東京ドームで行われ、延長10回2対4で東北楽天が則本投手の気迫の投球で勝利し初の王手を掛けて無敵のエース田中投手に日本一を託し、巨人は無敵のエースを打たなければ日本一は無くなった。試合は巨人先発内海投手、東北楽天辛島投手の投げ合いで始まり、3回に東北楽天が1番岡島選手、3番銀次選手のタイムリーで2点を先制する。巨人は先発辛島投手の前に5回までに1安打に抑えられるが、6回から2番手に第1戦で先発した則本投手が登板するも7回に巨人は5番村田選手のホームランで1点差にすると、土壇場9回に5番村田選手の内野安打とタイムリーで同点に追いついたが勝ち越しする事ができず、延長10回に4番手西村投手が9番則本投手に四球を与えるとピンチを広げてしまい、3番銀次選手の勝ち越しタイムリー、4番ジョーンズのタイムリーで勝ち越しを許した。最終回は則本投手の前に反撃できず、東北楽天は3勝2敗で王手を掛けた。これで巨人は東北楽天に王手を掛けられ第6戦で無敵のエース田中投手を攻略しなければ日本一の道が無くなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
30日プロ野球日本シリーズ2013巨人対東北楽天第4戦が東京ドームで行われ、6対5で巨人が4番ジョーンズの3ランで先制を許すも、東北楽天の投手陣の乱調を捉えて逆転して逃げ切り対戦成績を2勝2敗のタイに持ち込んだ。試合は巨人先発ホールトン、東北楽天先発ハウザーの投げ合いで始まり、初回に東北楽天が1死1,2塁から4番ジョーンズの3ランで楽天が3点先制するが、その裏巨人は5番村田選手のタイムリーで1点を返すも、2回に東北楽天は2番藤田選手のタイムリーでリードを広げられる。巨人は4回に無死1,2塁から1番長野選手のタイムリーで1点を返し、4番阿部捕手の犠牲フライで1点差とし、5回に巨人が1番長野選手の2点タイムリー2ベースで逆転に成功した。しかし東北楽天も6回に8番聖沢選手のタイムリー2ベースで同点に追いつかれた。しかし巨人は7回に1死1,2塁から2番寺内選手のタイムリーで勝ち越したがその後追加点を奪えなかった。しかし巨人はその後3番手マシソン、4番手山口投手が東北楽天打線に反撃を許さず対戦成績を2勝2敗のタイに持ち込んだ。これで巨人は2勝2敗のタイに持ち込み第5戦で王手を掛けて田中投手、則本投手が待つ仙台に向かいたい。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
26日プロ野球日本シリーズ2013東北楽天対巨人第1戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、0対2で巨人が1番長野選手のタイムリー、4番村田選手のホームラン、レフト亀井選手のファインプレーで東北楽天に最後までホームを踏まさず勝利し、先勝した。試合は東北楽天則本投手、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、4回まで両チームともチャンスを作っても得点できずに迎えた5回巨人は1死1,3塁から1番長野選手のタイムリーで先制するもその後が続かず1点止まりになった。東北楽天もチャンスを広げようとするがチャンスを広げられず潰してしまう。内海投手は6回まで1回を除いて全て走者を出したものの無失点に抑えた。7回から2番手マシソンが上がるもピンチを招いたが2番藤田選手を三振に抑えると、8回に巨人が4番村田選手のホームランでリードを広げるがその裏東北楽天は2アウトから連続ヒットでチャンスを広げるも7番松井選手の打球はレフト亀井選手のファインプレーで抜けず得点できない。9回には抑えの西村投手がピンチを広げるも最後は3番銀次選手を抑えて巨人が追い込まれながらも逃げ切った。これで巨人は連覇へ向けて貴重な1勝目を上げて無敵の田中投手攻略に挑む! ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
16日セントラルリーグクライマックスシリーズ13ファイナルステージ第1戦 巨人対広島戦が東京ドームで行われ、 3対2で巨人が村田選手の決勝タイムリーで競り勝ち対戦成績を2勝0敗として 日本シリーズ出場に大きく前進した。 試合は巨人先発内海投手、広 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
22日巨人対広島戦が東京ドームで行われ、 試合中に阪神が東京ヤクルトに敗れたために 2年連続リーグ44度目のリーグ制覇が決まった試合で 2対1で広島に競り勝ち勝って原監督の胴上げをした。 今シーズンの巨人は投打にバランスの取れた戦力が揃い、 W ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
14日巨人対東京ヤクルト戦が東京ドームで行われ、 2対0で巨人が阿部捕手、ボウカーのタイムリーを 内海投手ら3人のリレーで逃げ切り週間勝ち越しを決めた。 試合は巨人先発内海投手、東京ヤクルト先発八木投手の投げ合いで始まり、 3回に巨人が4番阿部捕 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
13日巨人対東京ヤクルト戦が行われ、 3対1で巨人が菅野投手の好投で勝利し連勝を2に伸ばした。 試合は巨人先発菅野投手、東京ヤクルト石川投手の投げ合いで始まり、 4回に巨人は7番ロペスの内野ゴロの間に1点を先制すると 7回に4番阿部捕手のタイムリ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
12日巨人対東京ヤクルト戦が東京ドームで行われ、 8対3で巨人が得点イニングチーム新記録を更新してしまったものの 止まってから打線が大爆発し連敗を2で止めた。 試合は巨人先発ホールトン、東京ヤクルト先発ロマンの投げ合いで始まり、 初回に東京ヤクル ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7日巨人対中日戦が東京ドームで行われ、8対6で巨人が乱打戦を制して引き分けを挟んで開幕7連勝と伸ばした。試合は巨人先発内海投手、中日先発山内投手の投げ合いで始まり、2回に中日は7番谷繁捕手のホームランで先制するもその裏巨人は8番矢野選手の内野ゴロの間に同点に追いついた。そして4回に巨人は5番村田選手の2ランで勝ち越しに成功するが5回に中日は5番クラークの逆転3ランでリードされるもその裏巨人は4番阿部捕手の逆転3ランで再びリードを奪い返すと7回に1番長野選手のホームラン、4番阿部捕手が通算1500本安打を放ち、5番村田選手のタイムリーでリードを広げた。中日も9回に2点を返したが最後は西村投手が抑えて巨人が開幕からの連勝を7に伸ばした。これで巨人は開幕から8試合で引き分けを挟んで7連勝となり首位を独走体制に入った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
30日巨人対広島戦が行われ、 1対1でルーキー菅野投手が7回1失点に抑えたものの 両チーム決定的なチャンスを作れずに今シーズン初のドローに終わった。 試合は巨人先発菅野投手、広島先発久本投手の投げ合いで始まり、 4回に広島が6番松山選手のタイムリ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
29日プロ野球がセパ同時開幕し巨人対広島戦が東京ドームで行われ、 4対3で巨人が脇谷選手の復活逆転タイムリーで開幕戦を勝利で飾った。 試合は巨人先発宮國投手、広島先発バリントンの投げ合いで始まり、 先発宮國投手は初回から走者を出し続けるものの後続を ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
31日プロ野球日本シリーズ2012北海道日本ハム対巨人第4戦が札幌ドームで行われ、 1×0で北海道が延長12回に飯山選手のサヨナラタイムリー2ベースで勝利し、 巨人は4番阿部捕手が欠場した事とチャンスを活かし切れなかった事が響いて 2勝2敗で対戦成 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
22日セントラルリーグクライマックスシリーズ12ファイナルステージ第6戦 巨人対中日戦が東京ドームで行われ、 4対2で巨人が8番寺内選手、1番長野選手のタイムリーで3点を先制し、 6番村田選手のダメ押しホームランで中日を振り切り 3年ぶり33度目 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
19日セントラルリーグクライマックスシリーズ12ファイナルステージ第3戦 巨人対中日戦が東京ドームで行われ、 4対5で中日が延長戦の接戦を制して3連勝とし、 巨人は後がなくなり原監督の解任まであと1敗となった。 試合は巨人先発宮國投手、中日先発山 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
5日巨人対横浜戦が東京ドームで行われ、 8対1で巨人が阿部捕手の3打点の活躍と 先発内海投手の15勝目となる勝利で2年連続最多勝を決定づけた。 試合は巨人先発内海投手、横浜先発国吉投手の投げ合いで始まり、 初回に横浜が3番筒香選手のタイムリーで先 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1日巨人対中日戦が東京ドームで行われ、 7対5で巨人が中日の猛攻は抑えて同一カード3連勝で首位に浮上した。 試合は巨人先発笠原投手、中日先発山内投手の投げ合いで始まり、 2回に巨人が代打矢野選手のタイムリー2ベースで2点を先制し、 1番長野選手の ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日巨人対東京ヤクルト戦が行われ、 7対4で巨人が初回の3点のビハインドを逆転して勝利し再び貯金を10に乗せた。 試合は巨人先発澤村投手、東京ヤクルト先発村中投手の投げ合いで始まり、 初回に東京ヤクルトが3番川端選手のタイムリーで先制すると、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
22日巨人対東京ヤクルト戦が長野オリンピックスタジアムで行われ、 2対5で東京ヤクルトがバレンティンの2本のホームランで勝利し、 巨人はリーグ再開を勝利で飾れなかった。 試合は巨人先発内海投手、東京ヤクルト先発赤川投手の投げ合いで始まり、 4回に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9日巨人対埼玉西武戦が東京ドームで行われ、 4×対3で巨人が村田選手のサヨナラタイムリーで勝利し 交流戦のカード負け越しを阻止し交流戦優勝へ大きく前進した。 試合は巨人先発東野投手、埼玉西武平野投手の投げ合いで始まり、 初回に埼玉西武が4番中村選 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日巨人対中日戦が東京ドームで行われ、 5対1で巨人が村田選手のチーム今シーズン初ホームランで勝利し引き分けを挟んで2連勝とした。 試合は巨人先発ゴンザレス、中日先発中田投手の投げ合いで始まり、 初回に中日が5番和田選手のタイムリーで先制を許す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
10日巨人対中日戦が東京ドームで行われ、 6対6で9回時間切れ引き分けに終わり、巨人は10試合連続ホームランなしの記録を更新した。 試合は巨人先発ホールトン、中日先発雄太投手の投げ合いで始まり、 初回に中日が4番ブランコの犠牲フライで先制するも、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
8日プロ野球巨人と横浜DeNAは今季それぞれのチームで 4番を務めた巨人ラミレスの横浜DeNA入団、横浜村田選手の巨人入団を発表した。 ラミレスは2008年に東京ヤクルトから巨人に入団し 2年連続MVPを獲得する活躍を見せたが 今季不振で4年間で過去最低の成 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7日第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本ラウンド勝者ステージ日本対韓国戦が東京ドームで行なわれ、14×対2で日本がイチローの復活猛打賞でチームは勢いに乗って打線が天敵金広鉉を打ち崩して大爆発し宿敵韓国に7回コールド勝ちという歴史的大勝で第2ラウンド進出を決めた。試合は日本先発松坂投手、韓国先発金広鉉の投げ合いで始まり、初回に日本が1番イチローがヒットで出塁すると、2番中島選手が繋いで、3番青木選手のタイムリーで先制すると、2アウトから6番内川選手の2点タイムリーで3点を先制したが、その裏韓国は4番金泰均の看板直撃の2ランで1点差になるが、その裏日本は先発金広鉉を攻め続け、1番イチローが絶妙なセーフティバントで満塁にすると、2番中島選手が押し出しを選んで1点を追加し、3番青木選手の併殺崩れで追加点を上げると、4番村田選手の3ランで5点を奪い先発金広鉉をKOした。日本の猛攻は止まらず、4回から7回まで8番城島捕手のホームランなどで得点を積み重ね、最後は4番手岩田投手が7回を抑えてまさかのコールド勝ちで歴史的勝利を収めて第2ラウンド進出を決めた。これで日本は第2ラウンド進出を決めて1位通過を掛けて日本ラウンド決勝を戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
5日第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本ラウンド開幕戦日本対中国戦が東京ドームで行なわれ、4対0で日本が5番村田選手の2ランで流れを決定付けて完封勝ちで次の勝者ステージへ駒を進めた。試合は日本先発ダルビッシュ、中国先発李晨浩の投げ合いで始まり、初回に日本は1死2,3塁のチャンスを作るが、4番稲葉選手,5番村田選手が凡退し先取点を取れない。2回も8番城島捕手の併殺打でチャンスを潰す嫌な展開も3回の守備でライトイチローが抜けそうな打球を捕球し流れが日本に傾くと、3回に2番中島選手の四球からリレードスチールで2塁を陥れると、3番青木選手のセンター前タイムリーで先制し、2死3塁から5番村田選手の2ランで流れを完全に日本に持ち込んだ。先発ダルビッシュは4回46球で中1日での登板できる状態で交代し、2番手涌井投手、3番手山口投手、4番手田中投手、5番手馬原投手と繋ぎ、6回に日本が中国のボークで1点を追加した。最後は守護神藤川投手が試合を締めて次の勝者ステージへ駒を進めた。これで日本は次の7日の試合で韓国か台湾の勝者と第2ラウンド進出1番乗りを掛けて戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ