オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:杏

3
11日ドラマ「偽装不倫」最終話を視聴した。 今回は丈が鐘子に記憶を失ったと嘘をついた。鐘子はショックを受けるが実は丈は記憶は失っていなかったが脳腫瘍の後遺症でカメラマンとしては致命傷の後遺症を残していた。これでは鐘子を不幸にしてしまうと嘘をついていた丈だっ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
28日ドラマ「偽装不倫」第8話を視聴した。 今回はついに独身である事を告白する事にした鐘子はLINEでメッセージを送ったが送った事を後悔する。一方葉子は風太との不倫を継続していたがついに賢治に不倫がバレてしまい険悪なムードになる。 その頃丈は残された時間を写真に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
14日ドラマ「偽装不倫」第6話を視聴した。 今回は駅で再会した丈と鐘子だったが、丈が突然倒れた事で鐘子は丈を病院まで付き添う。丈は脳腫瘍を隠してタダのめまいがしたとごまかしたが、それが縁で鐘子は丈の姉灯里に店に招待される。 一方葉子は風太との不倫がエスカレー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
7日ドラマ「偽装不倫」第5話を視聴した。 今回は岩手旅行へ行くはずだった鐘子は駅で賢治と一緒にいた所を観られてしまいショックを受けていた。そんな中1人で岩手旅行へ行った丈はそこで喫茶店の女性に絡まれるも残された時間で旅行をしていた。 そんな中鐘子はまさ子とや ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
31日ドラマ「偽装不倫」第4話を視聴した。 今回はまたも丈に独身である事を打ち明けられずに終わった鐘子は葉子の不倫アリバイ工作を手伝った事によりなんとかその場を取り繕う。 そんな鐘子は丈と岩手旅行を約束し心を躍らせる。しかしそれが鐘子の嘘を更に積み重ねていく ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日ドラマ「偽装不倫」第3話を視聴した。 今回は葉子が結婚記念日に不倫相手の賢治を見舞うために鐘子を使って会いに行く事を持ち掛けてきた。鐘子は指輪を無くした手前仕方なく協力する。協力した鐘子だったが、そこで不倫相手の賢治とバッタリ会ってしまった。しかし鐘子 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
17日ドラマ「偽装不倫」第2話を視聴した。 今回は指輪を忘れてきた鐘子は葉子に無くしてしまった事を謝罪する。指輪を取り戻そうとするが相手を見つけるにはSNSを使い以外に手段が見つからない。そんな中で葉子が若い男と浮気しているところを見てしまった鐘子はあっけなく ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
7月10日スタートのドラマ「偽装不倫」を視聴した。このドラマは東村アキコ原作の「偽装不倫」をドラマ化した作品で、婚活に付かれた32歳独身の派遣社員がひとり旅で出会った年下の男と突然恋に落ちてその時に既婚者と偽り不倫関係を続けていくストーリーである。 未婚の32歳 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「オケ老人!」は教師の仕事をしている女性がかつてオーケストラをやりたいという気持ちになり入団した交響楽団が老人ばかりの交響楽団に間違って入ってしまった事から次々と奇想天外な展開になるも次第に1つになっていくストーリーである。交響楽団として体を成すには1つにならなければならない事を示されているし、目標を持ってやる事と何かの為にやる事が必要だと知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2最終話は大手建設会社が倒産し融資をしていた東京第一銀行も大きな損失を出す事になった。その中で臨店班が堂島専務に呼び出され建設会社から数十億円の裏金の内1億が東京第一銀行に流れていたという告発メールが届く。そしてその調査の結果その賄賂を貰っていたのが真藤常務である事が判明し相馬と花咲舞は驚く。しかし真藤常務はその件は認めるも、その真実を語ろうとはしなかった。しかし真藤常務の妻から花咲舞の夫の真実を明らかにしてほしいと頼まれ、花咲舞は相馬と共に調査するとある驚愕な事実を知る。そして堂島専務に促されて始まった取締役会で臨店班はあるマスコットを提示してここでこの裏金を指示した張本人は頭取である事を告発し、この勇気ある告発に真藤常務が真実を語り出し、堂島専務の頭取解任決議で満場一致で頭取は解任され、真藤常務は責任を取り子会社へ出向となり、堂島専務が頭取に就任したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2第8話は川崎支店の支店長が何者かに襲われる事件が発生し臨店班の相馬と花咲舞が調査する事になった。川崎支店の支店長はかなり怒鳴り散らすような人物で周りが恐れる存在だった。故に数多くの恨みを持っている可能性があり、恨みによる犯行ではないかと推測できたが、そこ直後に武蔵小杉支店の支店長も襲われ、2人の接点は7,8年前に同じ虎ノ門支店の融資課で働いていたという事だった。そしてそこからかつて虎ノ門支店の融資課で働いていた銀行員に事情聴取して当時川崎支店の支店長が融資課長だった時に左遷されられていた事を知る。しかしその銀行員は既に退職していた。そして相馬はここで当時の虎ノ門支店の実態を調査するとその時の支店長は真藤常務である事を知り、川崎支店の支店長は部下だった事を知る。そして真実を知った相馬と花咲舞は元銀行員の暴走を阻止するために間一髪真藤常務を守ったものの当時の経緯を人事部に報告して川崎支店、武蔵小杉支店の各支店長に降格、訓告処分を真藤常務が下し、元銀行員への被害届を取り下げたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2第7話は財務情報の漏洩で五反田支店へ臨店する事になった相馬と花咲舞はその担当が松木だった事を知り松木から事情を聞くと稟議を上げる為に自宅へ持ち帰ろうとしていた事を聞かされる。無くした事を思い出そうとするが、松木は融資課長に捕まって設定に付き合わされた事で付き合わされた先を調査すると融資課長と立ち寄ったキャバクラで紛失した可能性が高い事がわかった。そしてそこで挙動不審だった女が五反田支店の顧客とわかり調査するとその顧客の残高はカツカツで何故か20万が振り込まれている事がわかる。融資課長の顧客の愛人とはわかるが証拠がない。そこであえて取引現場で女を拘束して融資課長の顧客も確保する作戦に出て見事成功し、そこで融資課長のデス発言で犯行に及んだ事がわかり花咲舞がお言葉を返して撃退したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2第6話は相馬と花咲舞は検査部の与信検査の応援をする事になった。しかしこの応援には相馬が事前に検査部主任が賄賂をもらっているという情報を得ており、その調査の為だった。噂の主任は舞台となった深川支店では融資法違反の案件が発覚してそれが支店長決算である事が判明し、支店長と検査部主任の不正を相馬と花咲舞は暴こうとした。そして調査の結果支店長の出資法違反の証拠を入手し、検査部主任の賄賂の受け渡しの決定的な現場の証拠を突き止めて支店長と検査部主任の不正を暴いたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2第5話は相馬の長年の友人と同窓会で再会しそこから融資のお願いをされた事で相馬は松木に融資を担当させる事にした。しかしいざ調べると友人の会社は経営が厳しく倒産寸前だという事が発覚する。しかも決算書を偽造された形跡もあり、相馬は真実を確かめるべく直接友人に問うとそのお金がないと妻が闇金の連帯保証人になっているという事実を聞かされ相馬は最終手段として自己破産をさせて相馬自ら闇金に乗り込み自らの失態にケリをつけたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2第2話は花咲舞と相馬は五反田支店に事務処理ミスを始動していたところにかつて相馬の部下だった融資課の松木に出会う。松木はある悩みを抱えており、担当している融資先の融資額1億を回収するように支店長命令を受けていたのだった。その融資先はスーパーで半年前に新規参入してきたスーパーに押されたものの持ち直しており、黒字を確保していた。しかし支店長判断で将来性がないという事で引き上げるという事に納得できない松木は相馬に頼んで調査を依頼すると進出してきたライバル店のスーパーは融資先不適合で本店は融資を見送る判断を下されていた。それを知った相馬は裏で支店長が賄賂をもらっているのではないか?と調べると架空の口座がある事を突き止めて支店長室に忍び込み支店長の通帳を見つけて決定的証拠を手にし、五反田支店長を花咲舞は融資回収撤回並びに支店長懲戒解雇にしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2第1話は前回から1年後となる東京第一銀行本部・臨店班を舞台に相馬と花咲舞のコンビが様々な問題に対して解決して行くストーリーである。前回から1年という短いスパンで再び戻ってきた花咲舞の活躍からまたまた目が離せない展開になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」最終話はついに30歳の誕生日を迎えた依子はいつも通りに過ごそうとするも落ち着かず周りに電話するもみんな忙しいと断られた。そんな中依子はバスに乗り込むとそこに巧が乗り合わせてきてそこでこれまでの事を話すが、その途中で携帯に巧の母留美が倒れたとの連絡を受けて2人は飛んで戻ると、そこは依子の誕生日を祝うパーティーだった事が発覚する。それに一度は我を忘れて起こった依子だったが母留美が倒れた事が嘘だと知るとこのような祝われ方をしてこなかった事もあり驚く。そんな中で依子と巧が何時までも意地を張る姿を見て一度は鷲尾も佳織もそれぞれの告白を受け入れようとしたが、結局1番のお似合いなのは巧と依子だという事になり、2人は契約結婚に向けて再びデートを繰り返していくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第9話は結納を取りやめた依子と巧はどういう訳か結婚式場にいた。そんな依子と巧はその1か月間の間に依子は鷲尾と巧は佳織とデートをしたものの、お互いぎこちない中で過ごしていた。そんな中で3月15日に式場を予約していた。しかし1か月前に結納を取りやめたために穴が開きそうになるが、そこは巧の両親が挙式する事で埋める事になった。そして2人の挙式は無事終わるも、依子と巧のお互いの気持ちはまだ終わっていなかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第8話は依子と巧は結納を交わす事となり、その日がバレンタインデーに決まった。しかし形に拘る依子に対して堅苦しい事が苦手な巧は全く上手く話せない。しかも依子はバレンタインデーはイベントに過ぎないとそっけないが依子は昔にこのイベントで苦い思い出があった。一方巧はバレンタインデーでチョコを貰ったが、こちらは文学の読み過ぎで全く関心なかった。そして結納になるも話がぎくしゃくして依子はその場を離れるが、実は依子は恋をしてみたかったと巧に打ち明けたが、結納は結局なかった事になった。しかしその直後依子と巧を佳織に託して鷲尾に恋を教えてほしいと頼み込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第7話は巧の母留美が入院する事になり慌てる巧だったが、依子は冷静にこれはチャンスと巧との結婚へ向けて結婚契約書の作成をする。そして巧に色々な条件を突きつけるが、尽くNo!を突きつけ話し合いにならない。そんな中巧の母留美が入院した事により巧は母留美を失うという絶望感に襲われる。そんな中で依子は巧の父を連れてきた事で巧の怒りは爆発し、依子が書いてきた婚姻届を破り捨てて結婚破棄を宣言する。その直後巧の母留美の手術はあっさり終了しここで巧も知らなかった両親が実は会っていた事を知らされ知らなかった巧は愕然とする。そして依子もまた巧を忘れられず巧もまた依子に再度結婚を考え直すシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第6話は新年のあいさつに訪れる事になった巧が緊張でなかなか行く事ができない事に依子は交際終了宣言で脅しに掛かる。すると巧は家族の後押しで何とか依子の実家へ向かうも体調を崩してしまう。そんな中依子の父と対面した巧だったが失敗の連続に自信を失ってしまう。依子の父には本当に依子の事を考えていないなら別れてくれと念を押されるが、依子は実家の正月料理を巧に作らせる努力をさせる。そしてその料理は実家の母の味だった。それに感動した依子の父だったが実は依子は父を悲しませたくない為にあえてその味を作らなかったのだ。そして2人は初詣で絵馬に願いを書き込むシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第5話は大晦日のカウンタダウンパーティーで巧は依子を誘ってキスをする企画に誘うように促すがなかなか決断できない。そんな中依子と巧は初体験を目的としたデートを行うもやはりどちらも上手くいかず邪魔が入る。そして迎えた大晦日依子は携帯を忘れて取りに向かうと巧からの留守電が入っておりそれを知り巧が参加しているパーティーへ向かうもお互いのキス直前にそれぞれキスを別の相手に強奪される事件に襲われたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第4話は再びデートをする事になった依子と巧はクリスマスイブにデートを行うが、不慣れな2人は上手くデートができない。そんな中巧が風邪を引いてしまい巧の家まで依子が運んだ事で巧の母留美や仲間たちとクリスマスパーティーを付き合う事になり、どうして巧が高等遊民になってしまったのかの経緯を知る。それを知った依子は彼女なりに巧が社会復帰できるような資料をプレゼントするが逆に巧のプライドが傷つく。それでも巧は仲間たちの後押しで依子の宿舎へ忍び込むが逆にそこには依子の父がおり2人とも逮捕されてしまい、依子は巧を恋人と偽って釈放してもらい巧から肩たたきをしてもらったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第2話はデートを継続する事になった巧と依子は遊園地へと向かうが、人込みに慣れていない2人は全く楽しめない。そんな中でも無理して楽しもうとする2人だが、そんな中巧の経歴に疑惑を持った鷲尾が巧を調べ始め、巧がニートである事を知ると依子にその事を知らせに向かった。そんな中巧は依子に結婚を申し込もうとサプライズをするが、全く無反応の依子は巧がニートだと知ると人以下呼ばわりしてデートを終了したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」は恋愛不適合者同士のぎこちないデートをする事になり次第に意気投合していくストーリーである。デートはそれなりに話が噛み合わないと難しいものだと感じるだろうし、話が合わないとその先の結婚もない事を痛感して行く事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
26日朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」で夫婦役で共演した女優杏さんと俳優東出昌大さんが元日に結婚する事が決まった。女優杏さんは俳優渡辺謙さんの娘でモデルとしてデビューし女優としても大河ドラマ天地人、平清盛に出演し、朝の連続テレビ小説ごちそうさんで不動の人気を得た。俳優東出昌大さんはモデルとしてデビューし2012年映画「桐島、部活やめるってよ」で映画デビューすると一躍注目され、その後数多くの映画、ドラマに出演し朝の連続テレビ小説ごちそうさんで不動の人気を得た。8月には杏さんの父親渡辺謙さんとも共演しその時に謙さんに認められた結婚に至ったそうだ。 これで2人は揃って夫婦となりますますの俳優人生での飛躍が期待される。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」最終話は伊丹グループの1万人分の給与データが紛失し東京第一銀行は大騒ぎになっていた。相馬と花咲舞はこの事件の調査委員に選ばれるが各部署の縄張りを主張し思うように事件は進展しない。そんな中マスコミに東京第一銀行のシステム障害というニュースが流れてさらに大事となった。このままだと銀座再開発プロジェクトの幹事どころかプロジェクトにすら参加できなくなる。さらに調査を進めた相馬と花咲舞はある防犯カメラの中で不自然に動く人の動きを発見する。その人物は以前新宿支店で不祥事を起こして人事部に異動となっていた伊丹グループの御曹司だった。証拠を掴んだ相馬と花咲舞は御曹司を追求し、ついに御曹司は白状したが反省の色はない。そんなところに伊丹会長が登場し息子を殴りなんて馬鹿な事をしたのか!と一喝しこの事件は御曹司の起こした事件だという事が確定した。しかし世間的には行員の不手際として扱われ対象者が飛ばされ、さらに東京第一銀行が銀座再開発プロジェクトの幹事を勝ち取ったと発表された。その発表に間違っていると感じた花咲舞は相馬の後押しもあり、本部長にあなたは間違っていますと最後まで黙らず自ら間違っている事を変えていきますと宣言したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」第9話は花咲舞が新宿支店に応援に向かった。テラーの仕事ができるという事で強盗訓練を本物の強盗と間違うほどの生き生きした仕事ぶりだったが、そんな中で融資課に所属する大グループの御曹司が強引な要求を突き付けて花咲舞は激怒する。翌日無事に応援は終了したものの、その御曹司が黒字を続けている会社の融資をしなかった事によりその会社が赤字倒産の危機に陥る。融資を見送る理由がない会社だっただけに、これが問題になれば支店長の首が飛ぶほどの大事だった。相馬はかつて新宿支店に勤務経験があり、その取引先も良く知っていた。相馬と花咲舞はその会社を救うために新宿支店の行員らと共同作業で本店までに掛け合って稟議を通し会社の赤字倒産を回避した。この行動を招いた御曹司に反省の色が無いのを見た花咲舞は怒りのお言葉を返したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」第8話はテラー時代のお客が預金していた銀行が破たんし、預けていた預金の内1000万は戻ってこない状況となった。何とか取り戻せないかと相談を受けた花咲舞だったが他行の事ゆえできる事は限られていた。しかし銀行員に預けた預金が事前に銀行が破たんしそうだと知っていたらしいという情報を入手した花咲舞はその行員から事情を聞くと突然怒り出し、何かおかしいと調べ始めると担当した行員が株に手を出していた事を突き止める。行員が株をやる事は禁じられており、行員はお客から騙し取ったお金で株に投資していた事を確信した花咲舞と相馬はその行員をおびき寄せて見事に御用にし、お客の預金を取り戻したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」第7話は同僚に紹介されたお店で花咲舞は男前の人と出会うも、そのお店のシェフから当行行員に賄賂を渡した事を調べてほしいという依頼を受ける。そのお店は最近業績が伸びて一時期の経営危機を乗り越えていたが、突然の業績の伸びに疑問を感じていた。身辺調査をすると品川支店の副支店長が個人的にお店に融資していた事を知るが、その理由を掴めない。そんな中相馬と花咲舞は仕入れ先や元店員から事情を聞くと、実はこのお店で提供していた食品が偽装されていた事が発覚し、副支店長は白状し、花咲舞は偽装したオーナーに経営者として間違っていますとお言葉を返したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ