オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:木村文乃

5
11月23日公開の映画「火花」を観賞した。この映画は又吉直樹原作の火花を映画化した作品でお笑い芸人として頂点を目指した2人の芸人の夢と現実を追い続けた10年間のストーリーである。 芸人として10年以上活動する事がいかに難しいのかを良く描かれた作品として観ると良いと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「追憶」はかつての友人3人がある事件をキッカケに別れてから25年の月日を経て再び再会した3人だったが1人の友人が殺害された事で25年前の事件が再び向き合う事になるストーリーである。過去の過ちを3人はどう向き合い、そしてどう今を向き合うのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
19日ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」最終話を視聴した。 今回は壮大が壇上記念病院を売ろうとしていた事が発覚して病院を追放された。 その直後壮大が姿を消したが深冬の手術の時は刻一刻と迫っていた。 万全の準備をして挑んだ沖田だったが専門ではないために腫瘍を取り ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」第8話は深冬の病状を榊原に告発された事で深冬の父虎之介は激怒するも沖田が説明しその場を抑えた。そんな中沖田の父一心が心臓の疾患で突然倒れ、その手術は当初羽村部長が行う予定だったが一心が息子を指名し沖田が執刀する事になる。そんな中で深冬の手術は4日後に決まり、その3日前に一心の手術を執刀する事になった沖田だったがそこでミスで手が震えるトラブルが起きるもミスを乗り越えて手術は成功させた。しかしその直後に深冬が急変したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」第6話は深冬の病状が悪化し始めていた中で病状を知った深冬はこの現実を受け止められない。そんな中で顧問弁護士の榊原が実の父の手術を申し出るもその条件は井川先生が執刀する事だった。榊原と実の父は離婚により犬猿の仲だったのだ。見殺しになっても良いという意図を感じながらもどこかで助かってほしいという気持ちもある榊原の意図を井川は受けながらもこれまで経験のない手術をする。そしてその手術の前に井川は柴田とシュミレーションをして手術に挑んだがここでトラブルが発生するも助手として付いた沖田に促された井川を意を決して手術を進めて手術は無事成功したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」第5話は深冬が倒れ病状が進行していた。そんな中で沖田と壮大が衝突してしまう。冷静になれない壮大だったが、提携話を再び持ち出している。そんな中部長の羽村が心臓外科医の権威である恩師の名前があり驚くも、その患者が現在沖田の患者として見ており沖田の診断だと手術ミスの可能性が高いとされた。その中で壮大は手術ミスの事実を黙っているように壮大は沖田に進言するが、それでも沖田は手術を行って医療ミスを発見して無事患者の手術は成功した。しかし羽村は沖田に口止めしようとするが羽村の制止を振り切り患者に説明した。それにより壮大と羽村は口論となるがその後恩師の言葉に羽村は冷静になった。そして沖田は深冬に真実を話すが既に深冬はこの状況を把握して現実を受け止められなかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」第4話は壮大が片山関東病院との提携話を院長に内緒で進めようとしていた。院長の耳に入れば当然反対するのは当然だっただけに壮大は脳外科手術ができる病院が必要だった。そして難易度の高い患者も来るという事で経営的にも安定する。そんな中で沖田は由紀をオペナースに連れていく事を条件として連れていく事になった。しかしそこで沖田の指示は正しいのに相手の医者は違った器具を要求して関係が悪化した。その責任を由紀に負わせた。由紀はそれを知り病院を辞めると言い出す。事情を知らず辞めると言い出した由紀に沖田は辞めれば?と言ってしまう。しかし事情を知り沖田は後悔する。そして井川が由紀に色々事情を知ると由紀は医者になりたかったがお金がなく医者になる事を断念して看護師資格を取得した経緯が話された。そして沖田もまた深冬の話を受けて自らの言葉で由紀に言い過ぎたと謝罪し由紀は復帰して沖田の手術で絶妙なコンビをみせた。その直後深冬は沖田の前で倒れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」第3話は論文を書こうとする深冬は難関といわれる小児外科の指導医の認定を目指していた。そんな深冬に腹痛を訴える患者が訪れた。その症状から1年前に手術を受けた事による原因で手術が必要とわかり、手術の準備を行うが、その患者は以前診察した医師が小児外科治療学会のトップだった事から手術は行うなと院長が命じる。それにより沖田は病院を辞めると言い出すが、壮大が沖田に条件付きで手術を認める。その直前に深冬は沖田に直訴して手術を執刀し沖田の手助けにより手術は見事に成功し患者の命を救ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」第2話は院長に頼まれた患者を担当する事になった井川は自信過剰で患者の手術を行った。沖田はそれに対して忠告したものの井川は聞き入れない。そんな中で井川が担当した患者が右手が痺れると訴えたが井川は手術が原因じゃないと取り合おうとしない。そんな中で患者が自殺未遂を起こして病院は家族から訴えられる瀬戸際に立たされていた。そんな中で沖田は井川に医者失格と言い放ち、自らは患者と向き合って本当の原因を突き止めて患者に丁寧に説明した事で患者は治るなら手術は受けると承諾し、病院が和解で済まそうとする姿勢に沖田は真っ向から否定し手術は無事成功して井川と病院の失態を取り戻したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「A LIFE〜愛しき人〜」は10年間シアトルで外科医として経験を積んだ医者が10年ぶりに院長の手術をする為に帰国してある事情でその病院に10年ぶりに復帰し様々な患者と向き合っていくストーリーである。医療現場において失敗は許されないが、色々な経験を経て初めてわかる事とできる事があるという事を知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「スキャナー記憶のカケラをよむ男」は手のひらで過去の記憶を読み取れる男がある事件に巻き込まれ、その事件から真犯人を追跡していくストーリーである。お笑い芸人で活かせなかった能力はのちにその能力を信じた人を助ける事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「イニシエーション・ラブ」は合コンで知り合った女性と付き合う事になった鈴木という男が社会人となって直後転勤になり遠距離恋愛をする事になるが、遠距離恋愛故のまさかの展開が待っているストーリーである。 この時代だからこそ成立したストーリーでもあるけれど、当時を知らない人にとっては当時の時代背景を理解した上で観るとこの時代の男女関係が見えてくるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「くちびるに歌を」は長崎の五島列島の島を舞台に故郷に戻ってきた音大出身のピアニストがある事情を抱えながら生徒たちに合唱を教えるが当初はバラバラになりながらも次第に1つになって合唱コンクールを目指すストーリーである。15歳の生徒たちが色々な葛藤や境遇そしてピアニスト本人も困難を乗り越えた先に待っていたのは誰かの為に自分がいるというみんなの合唱に涙する事だろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」最終話はドンキが川島夫妻との縁組が決まり、ポストは朝倉家に通って瞳との親子になり切った関係を続けていた。そんな中ピア美は実の父親と一緒に暮らす事になったが、ピアノをこれからも続けなさい!そして通ってきなさいとピアノを諦めようとしていたピア美に希望を照らす。一方ボンビは念願だった東條夫妻がボンビを里子として引き取りたいと申し出るもボンビが突然拒否するが、ボンビは現実に里子になる事で不安を思えたがそれを東條夫妻が受け止めて里子になった。残ったオツボネは看護学校進学を決め、ポストは朝倉夫妻の元で瞳を演じ切っていた。しかしそれを知った魔王が朝倉夫妻の元へ行って養子縁組に署名を求めるが、そこで魔王がポストを指して瞳にこの子は本当の子供ですか?と問い、瞳は現実を受け止めた。そしてポストはオツボネ、ロッカーと共にコガモの家で暮らし続ける事になり、ポストは魔王の里子として生きていく事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第8話はポストは臨時教師の妻の娘を演じる事でその娘のようになり、ポストにとって両親がいる幸せを感じ取っていた。一方ドンキは川島夫妻とのお試しの日々を過ごすうちに本当に幸せとは何なのかに苦しんでいた。そんな中ピア美がピアノ発表会本選の日を迎えて、本番に挑む直前ポストは以前の発表会で父親が観に来ていた事告げるとピア美は会場を探し始める。そして本番になるとピア美は演奏を始めるが途中でピア美は演奏を止めてしまい突然パパと一緒がいい!と泣き出す。それでも幸せを願い会場を去ろうとする父親だったが魔王の言葉に促されてピア美の下に駆けつけて抱きしめるのだった。そんな中今度はドンキの母親がやってきて1人になったから引き取ると言い出す。ドンキは母親の言葉に従いコガモの家を出ようとした。それを知ったロッカーが川島夫妻を連れてきて最後のあいさつをさせる。ドンキの心は揺れる。そんな姿を見た魔王はドンキの母親に土下座して私はコウノトリです。この子の親をもう1度探すチャンスを与えてくださいと語り出し、叶もまた私はコウノトリですと語り、ドンキは自らの意思幸せを教えてくれた川島夫妻の下に駈け出してぬくもりに飛び込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第7話はポストのクラスに代理の教師が赴任してきて、その教師の家の手伝いに行く事になったポストはそこで病気療養している奥さんと対面するも、その奥さんはポストの事を娘の名前で呼び、ポストは驚く。一方ボンビは東條夫妻に気に入られようと髪を切って男の子のふりをしてまで頑張るも、それをドンキが告げ口して壊してしまう。ドンキはロッカーの事件以降人が変わったようになり、不審な行動をするようになる。一方でポストはその教師の妻があのようになった事情を知り、現実を受け入れられない姿を目のあたりにする。そんな中ドンキの行動を魔王が問い質すとどうしてかドンキは階段から落ちて逃げ出し、行った先が魔王の元妻香織のところだった。そしてそこで魔王が香織を助けるために子供を諦めた苦渋の過去が語られた。そしてポストは自殺しようとした教師の妻を自らその娘を演じて救ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「小さいおうち」は中島京子原作の作品を山田洋次監督で映画化した作品で、田舎から都会に出てきた女性が女中としてある小さなおうちに奉公し、そこで起きた出来事を亡くなる直前にノートに残したエピソードを綴っていくストーリーである。当時は都会にお金持ちの家に奉公するのが当たり前だった時代にその家で起きていた出来事に今の人たちはどう捉えどう感じるのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第6話はロッカーがドンキとコガモの家へ戻る途中で女性に暴力を振るう男性を発見してその暴力を止めようと殴った事で警察に捕まってしまう。それを見たドンキはどうしてもその時の衝撃が大きく女性を助けたよりも男性を殴った事を伝える。それからポストとオツボネ以外はロッカーの事を恐怖に感じて避けるようになる。そんなロッカーはかつて暴力を振るう父親に暴力で耐える日々を送っていた。しかしその時に母親が庇っていた時に父親を突き飛ばし一見死んだと見えたが、その後ロッカーが逃げた後に父親は立ち上がりロッカーを追うつもりだった父親を母親が刺して殺したのだった。長く病気で意識を失っていた母親は意識を取戻し、そこでその真実を告げられてロッカーはこれまで自分が殺したという抱えていた気持ちを吐き出した。そんな中コガモの子供たちはロッカーに出て行ってほしいと声を上げるが、ここで魔王が子供たちに枕を抱かせて講義を始めて、子供たちに臭い物に蓋をする大人になるな!これまで信じていた人を信じてあげる事を解き、さらに可哀そうという奴が可哀そうな人と説き、世間の目を気にするような人にならないように説いた。そしてその講義は子供たちにとって今後の人生に大きく刻まれる講義になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日ドラマ「明日、ママがいない」第5話はピア美が学校である女性から声を掛けられた事により演奏会に出場する事になった。その為にポストを連れて夜の音楽室で練習するピア美だった。その頃ドンキが再び以前のお試しの家へ行く事となり、今度こそという気持ちになる。そんな頃パチが行ったお試しの家ではお菓子と大好きなシャンプーの匂いの家で楽しく過ごしていた。そしてピア美が演奏会でピアノを披露しているとピア美の父が現れ、ポストは止めるもピア美の父は一緒に暮らせないと語る。そして魔王がその理由を述べるとポストは暮らしたくても暮らせない辛さを感じてピア美に父が来た事を伝えなかった。そしてポストもまたパチが里子に行く事を決意した事によりパチを涙で送り出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第4話をはボンビがお試しに行く事になり行ったものの、そこで倒れてしまいボンビは戻ってきた。どうしてボンビが倒れてしまったのかを調べるポストはボンビが両親が死んだ事だけは知っていた。しかし本当の理由を知ろうとボンビのお試し先、さらにボンビの親戚まで向かったが、そこで知ったのはボンビの両親は遺体が見つからないまま認定死亡とされていた。そしてボンビの親戚が母親と双子であり、双子の親戚の人がどうして引き取れなかったのか?など色々と考えさせられるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第3話は年齢不問のいて座生まれが条件でいて座生まれのポストとオツボネが里親候補の夫婦の家へ行った。そこでは多忙で家にいない両親がテレビモニターを通じてこの家の車いすの子の手助けにという事で里子を探したようだ。そんなオツボネはかつて母親に殴られた時に左目を失明した過去を持ち、その目はその時に傷が残っていた。そんなオツボネは施設長から出ていけ!と言われ、捨てた母親のところへ戻る。一方ポストは1度は拒否した車いすの子と次第に距離を縮めていく。そこで車いすの子が体操の事故で車いすとなりさらに両親が離れ離れで愛情に飢えていた。そんな姿を見たポストは車いすの子が歩けるように手助けする。そしてようやく立てるまでに回復した。一方オツボネは戻ったもののそこに居場所はなかった。母親は母親じゃなく、オツボネはロッカーに助けられて再びコガモの家に戻った。そしてポストは車いすの子と仲良くなった矢先、車いすの子が両親の離婚を告げられ、絶望して足を傷つけて絶望したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第2話は新しい里親候補を見せられたポストたちはパチ、ドンキがお試しで里親候補の下へ行く事になった。そんな中でパチは何時もママの匂いがするシャンプーを手放さない。その理由は虐待を受けても忘れられない子供の本能だった。そんな中ピア美は行くはずだった里親候補のところにドンキに譲り、自らはポストと共にイケメンの御曹司のパーティーに出席した。そこでピア美は上手な腕前のピアノを披露するが、それを出席した子供たちが嫉妬しそれを見たポストが先に手を出した女の子にピア美の代わりに喧嘩するのだった。一方代わりに行ったドンキは里親候補のやさしさに涙が出てしまい、優しさゆえの辛さを感じるのだった。一方パチは里親候補のところへ行ったが、叶が里親候補にパチの生い立ちを話し、パチはパチンコ依存の母親により虐待を受けて、熱いところに死の淵まで追い込まれた過去があった。それを聞いた里親候補はその嫌な想い出を忘れさせようと張り切るが、子供の心はそんなに簡単なものでなく、それでも母親のシャンプーの匂いを忘れられないパチはシャンプーを捨てようとする里親候補の女に強制的に取り上げられた事で嫌な想い出がフラッシュバックして倒れる。嫌な予感がしていたポストたちはパチの里親候補先へ行ってそこでパチが倒れているのを見たポストが駆けつけて体を張ってパチを守ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」は児童施設に預けられた子供たちが親から捨てられ、その中で過酷な現実は子供ながらに知る事で現実を生きていくストーリーである。児童施設で3万人が暮らすという現実、そして里子になった子供たちが里親から受ける虐待などこの問題を真剣に考える事で子供たちにも選ぶ人権が必要ではないかと考えていく事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「すべては君に逢えたから」は東京駅を舞台に12月24日のクリスマスイブの出来事を6つのストーリーを同時進行で描かれるストーリーである。毎年この時期になると恋人同士と過ごすシーンが描かれるけれど、時には偶然に、時には必然に、そして最後のクリスマスを迎える人たちの想いが12月24日には秘められていた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
19日ドラマ「雲の階段」最終話は三郎は事故で重傷を負った亜希子を救った後警察に逮捕された。三郎は一貫して騙していたと主張するも島の人たちは正直に彼のこれまでの経緯を証言していた。そして証言台では村木所長が島の実態を証言し、自らが三郎をニセ医者に育てたと証言し、三郎に詫びる。一方田坂総合病院は雄一郎が嘘の会見を開くも妻の芳江がもう一度1からやり直そうと田坂総合病院を売却し三郎がやろうとしていた救急センターは継続事業として残る事となり雄一郎は芳江から離婚届を突きつけられた。そして裁判は進み三郎の判決の日が近づく前に洋平が密かに署名活動を行っており、それを明子に託した。亜希子は三郎に離婚届を渡して野上とやり直す事を決めた。そして判決が言い渡され懲役1年執行猶予3年の判決が言い渡された。事実上の減刑だった。しかし出所直後に全てを失った雄一郎に刺されたが三郎はその後海外で医師活動を続けているシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「雲の階段」第8話は田坂総合病院で成功していたものの1つの手術の失敗で無資格医と発覚して一切の医療行為を禁止された三郎は失意の中で美琴島に戻った。そこで三郎はこれまでの事を振り返りながら島で三郎はこれまでの事を振り返っていた。そんな中島の人たちに出迎えられ、村木も一度は一喝するも戻ってきてくれた事を嬉しく思っていた。そんな矢先これまでの仕業は洋平だった事を直接告げられた三郎はそこで医師の道を完全に閉ざそうとしたが、明子が駆けつけて身代わりとなり防いだ。その直後村木の容態が悪化して緊急手術を要する事となり三郎は戸惑うも村木の後押しで三郎は緊急手術で見事に成功させるも、東京で残した事をやり遂げるために再び田坂総合病院に戻ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「雲の階段」第5話は明子が行方不明になってからも三郎は田坂総合病院で働き続けていた。亜希子からは婚約を迫られ迷い、さらには亜希子の友人たちの生活にギャップを感じ一度は断ろうとしたが、亜希子に命の恩人と言われた事で亜希子との結婚する決意をする。しかし三郎は周りに無資格医である事がばれた時にはただでは済まないリスクが残っていたが、それでも三郎は結婚式を済ませて難しい急患の手術を成功させるも、その翌日明子が田坂総合病院に勤務し始めた事を知ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「雲の階段」第4話は美琴島を離れた三郎は東京の田坂総合病院を訪れた。そこで待っていたのは亜希子だった。亜希子は父に頼んで三郎に田坂総合病院で働いてほしいと破格の好条件を提示される。さらに亜希子と結婚して婿養子になって病院を継いでほしいと頼まれるのだった。一方島からいなくなった事で明子は不安な日々を送るが、そんな時明子は三郎の子を妊娠している事を知る。それを知った洋平は明子にその子を自分の子として育てようとプロポーズをするが・・・一方三郎は亜希子の後押しもあり田坂総合病院で働く決意を固め、三郎は契約書にサインしその報告に1度島に戻り村木に田坂総合病院で働く事を報告し動揺されるも三郎は押し通し、三郎は明子と最後の別れをする。そして三郎はいきなり難しい手術を担当する事になるが見事な手捌きで手術を成功させる。しかしその直後洋平から連絡が入り明子が行方不明になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「雲の階段」第3話は帰島した三郎は明子から村木所長が倒れて新たな医者が着任したと告げられた。三郎は今まで働いた通りには行かず事務員として通常業務を行っていた。そんな中帰京したはずの亜希子が現れ三郎に手術のお願いをする。手術のお願いを聞いた三郎はそのお願いを聞いて手術を執刀する。そして手術は無事に成功する。しかしその直後今度は村長の孫娘が盲腸で運ばれてきて本物の医者が診察し、執刀するも全く何もできず明子は三郎にその事をお願いして違法行為承知で医者はその執刀を託す。そして三郎はその手術を行い、見事に成功する。そして三郎はこの事をキッカケに東京へ上京するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「雲の階段」は渡辺淳一原作の「雲の階段」をドラマした作品で無免許の男が過疎の島で無免許で医療行為を行い島民を救うもある女性との出会いで次第に運命が左右されていくストーリーである。無免許で医療行為をする事はもちろん許される事ではないがこのドラマを通じて医師の不在の厳しさと誰もいない時にどうやって人を救うのかを考えさせられるストーリーでもあるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ