オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:木村拓哉

3
「HERO」を第6話は遠藤事務官が合コンの最中に殺人現場に出くわしてしまい逮捕されてしまう。遠藤事務官の逮捕に城西支部は騒然となる。事務官の逮捕という事で特捜部が出てきて事態はさらに厄介になるが、それでも久利生たちは遠藤の無実を証明しようと慣れない聞き込みに奔走する。そんな中掴んだのが特捜部はある人物を匿っているという事だった。そしてその人物は刺された被害者であり、どうも腑に落ちない。そんな中掴んだのが赤い服の男だった。警察に確認すると遠藤は赤い服の男を見たと証言していた。そして赤い服の男を追うも見つからない。そんな中遠藤がLINEで送った写真に赤い服の男が写っており、それを警察に見せると指定暴力団の男だと判明する。その男はあっけなく逮捕され遠藤事務官の無実は証明されたが、何も謝罪しない特捜部に久利生が謝罪すべきでしょう!と語り特捜部を謝罪させたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第5話は川尻部長が他の担当検事の仕事が一杯一杯という事で置き引き事件の担当になったが、久しぶりの取り調べをするも久しぶりな事と強面な顔故に一向に聴取が進まない。しかも目撃者の多くは小学生以下と捜査は難航を極める。小学生の女の子に事情聴取するも何も答えてくれず、目撃したと思われる子供に聞き込みするも逆に恫喝してしまい泣き出される始末だった。一方久利生は橋落下事故の検証を続けていたが、その中で久利生は川尻部長に子供たちがより自然に聞ける環境を提示する。それは社会見学だった。そしてそこで川尻部長は子供たちに真剣に検事の仕事の事を熱く語り、そして1人の少女が川尻部長の熱意に言えなかった事を勇気を持って話し、置き引き犯の容疑者の容疑はさらに恐喝という罪を加えて起訴し事件を解決したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第4話は現在は京都地検に在籍する中村美鈴が京都と東京で起きた事件を追って城西支部を訪れた。久しぶりの再会に久利生も喜ぶ。そんな久利生には麻木がかつて知り合いだった男の取り調べを行っていた。その男は麻木がかつてヤンキーだった時代の知り合いだったがその時代だけの付き合いでもあった。余罪はマンホールを1人で盗もうとした初犯だったが、マンホールを1人で盗む事の難しさと不可解な大量の嘆願書に疑念を抱く。麻木の過去を知り、麻木は過去と向き合うように嘆願書を書いた全ての人から事情聴取し、そこで浮かんだのが本当に助けたい気持ちで嘆願書を書いた人が少なかった事だ。そしてさらに調査をすると近くで遊具が盗まれる事件と殺人事件があった事を発覚した。その直後麻木が襲われたが久利生が身を持って守り、久利生は容疑者を舐めている奴に真剣にやっている奴に言う言葉はないと一喝したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第3話は久利生の担当事務官の麻生は毎日残業でストレスを溜めてしまうほどだった。そんなある日に覚せい剤で逮捕された客室乗務員の女性の聴取を始めるが、久利生は即起訴する事はしなかった。一方そんな中で被疑者死亡により不起訴となった事件で、被害者遺族は真実が知りたいと担当検事だった田村に迫るも、不起訴になった事でやり切れない被害者遺族がそこにいた。久利生は覚せい剤事件を起こした女性の職場でこれまでの働きなどを聞き込みし、久利生は覚せい剤の犯罪がいかに重大な事なのかを確り認識させた上で起訴に踏み切った。一方田村検事も久利生の姿勢に触発され、被害者遺族に事件の真実を伝えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第2話は強姦わいせつ事件の取り調べになった久利生は過去起訴された経験のない初犯の男を取り調べていた。そんな中で容疑者は弁護士を呼び寄せて被害者との示談を持ちかける。当初は容疑者に対して徹底抗戦を見せていた被害者だったが、容疑者からの多額の示談金と被害者がキックボクシングをしていた事もあり、逆に正当防衛で追った怪我を盾に容疑者は泣き寝入りの示談をしていたのだった。当初からこの事件に違和感があった久利生と麻木は現場に行って状況を見直すと色々な矛盾点が発生し、もう1件起訴寸前だった強姦わいせつ事件で不備が見つかり、その被害者から容疑者の過去の行為が明らかになり、逆転起訴で犯罪を立証したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」は2001年1月期に視聴率全話で平均30%越えを記録した検察が舞台のドラマで、検事久利生公平が独自の視点で事件の真実を追求して行くストーリーである。劇場版から7年、連続ドラマから13年の月日を経て久利生公平は一体私たちに何を問いかけるのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」最終話はARX IX − THE LAST QUEENの暴走を止めるべくロイドはARX IX − THE LAST QUEENとの最後の戦いに挑んでいく。七瀬が一度はARX IX − THE LAST QUEENに致命的なダメージを与えたがそれでも破壊するに至らず逆に麻陽たちがピンチに陥る。そんな中ロイドは最後の手段に出る。果たしてロイドはARX IX − THE LAST QUEENを倒せるだろうかというシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第9話は七瀬が多重人格者と診断された事で強制入院してしまうものの、それを謎の美少女レイコに奪われてしまった。実はレイコは七瀬が作り出したもう1人の人格だった。その人格は黎士を超えるものだった。そして謎の美少女は黎士の助手たちに魔の手を伸ばす。偶然七瀬のパソコンをハッキングした星と葦母は助手たちが襲われるのを察知して助けに向かった。しかし既にその場に助手と謎の美少女は消えており、七瀬のパソコンからアンドロイドのデータを駆使して作り出そうとするが今度はレイコに2人が襲われ、隔離されてしまう。そしてそこでレイコが黎士と比較された事により格差を感じてもう1つの人格を作り出してしまった。しかしそれに星が1番の理解者は七瀬だった事を告げられていた事を知るとレイコはこれまでの行動が間違いだったと悟るも既に謎の美少女を止める術を失っていた。それを完治したロイドだったが以前の戦いで瀕死の重傷を負ったがサプリによって何とか復旧したものの戦う術が残っている状況じゃなかったが、サプリ、カドシロの協力で助手たちと星たちを助け出しロイドは謎の美少女と決戦に挑むシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第8話はロイドは見事にシステムが復活したもののどうしても記憶だけが戻らなかった。その為に色々な手段を探そうとするも何の手段も見つけられず麻陽らは途方に暮れる。そんな中で麻陽を襲う謎の美少女が現れるも、その美少女はロイドよりはるかに優れた最新型のアンドロイドだった。同じシステムのバージョンが上のシステムをインストールされているだけにロイドは全く相手にならない。そんな矢先本来消されたはずのカクシロがデータとしてぬいぐるみに残っていた。それに気づいた刺客たちは麻陽の部屋に押し入るも押し入った間にカドシロが5Dソフトをインストールし、そのシステムでアプリを復活させてさらにはロイドの感情のソフトを再インストールし、それで記憶を取り戻したロイドは今度はアプリの記憶と感情の再インストールを行い、さらにカドシロも復活させロイドはアプリとカドシロの3人で麻陽を守る体制が整い、カドシロから麻陽に驚愕の真実を知ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第7話はロイドが再起不能までになっても麻陽を守ろうとしたが、致命的なダメージのためにロイドは起動しなくなる。それを見た葦母は麻陽と共にロイドは麻陽の部屋に運び入れるも2人ではどうする事もできず麻陽は星を頼る事になる。その星は警視庁に呼ばれ、そこで星は警視庁が100年後に繋がっている事を知る。星は警視庁からロイドを殺すように暗殺ウイルスを渡される。そして星は麻陽の部屋に到着すると、そこでかつて黎士に言われた言葉を思い出した星はそこでロイドが必ずしも暗殺ロボットでない事を知る。何者かに作られた刺客ロボットである事を知った星と麻陽はロイドを復活させようとするが、そこで100年後からのメールと復旧データが送られそこでロイドが修復されるも、それに察知した未来の敵が警視庁に動くよう要請しSITが迫る。それを知った麻陽は捨て身の手段に打って出るも、間一髪ロイドが復活し麻陽と未来の敵に警告を送る。しかしロイドは以前の記憶を失っていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第6話はサプリを失ったロイドはサプリが残した感情プログラムでこれまでの無表情から感情が埋め込まれた。そんな中麻陽は母親から余命わずかと告げられ、花嫁衣装だけでも見せようとロイドを黎士として結婚写真を撮る。しかしそれが嘘とわかるとロイドはその場から消えた。ロイドが消えてから麻陽は星にロイドは人間じゃないと告げられてそれを認め、葦母もまたロイドを追った。そしてロイドは2113年にアクセスするもそれはわずかな空間からのアクセスだった。そしてそのクライアントこそ100年後の黎士からであり、そのアクセス先も黎士から送られた情報に基づいて麻陽を守るように黎士の意思として送られた情報だった。そしてロイドは自らの修復の為に未来からある修復ロボットを送り申請をして密かに送られた。それを察知した2113年では黎士の脳を破壊しそれを阻止したように思われたがロイドは麻陽のお願いを受け入れて葦母を殺さず刺客であるアンドロイドを始末しシステムダウンしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第5話は親友の暗殺者との攻防からロイドと麻陽との間にそれぞれ消せない大切な記憶がある事知り、麻陽がロイドと呼び始める。そして麻陽は未来から送られてきたと思われるプログラムをインストールしそれは色々な機能を埋め込む事が可能らしい。そんなロイドにアプリが嫉妬しロイドの修理を拒否する。そんな中ロイドが人間でない事を見抜き始めた葦母や星はその行方を追い始める。しかし麻陽の前に突然現れたサプリに麻陽は色々な質問をぶつけるが、麻陽はそれでもロイドを信じると答える。しかし麻陽の前に再び刺客が現れ絶体絶命の中でロイドのシステムは限界に達していた。それでも麻陽を守ろうとロイドは瀕死の中で戦うが守れない。それをみたサプリがロイドを守るために自らの体を犠牲にしてロイドに感情と修復のプログラムをインストールしサプリの犠牲の上でロイドは刺客を倒すシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第3話は七瀬にロイドがアンドロイドである事を伝えた麻陽だったが、逆にロイドに七瀬を殺すと宣言され、麻陽は生前黎士が言っていた言葉を思い出して先を読んで行動してロイドの行動を阻止する。そして自らの命を守る事を前提としている事を逆手にとって七瀬を殺さないように従わせる。一方ロイドは麻陽の家に転がった事で電気を使えず不便を被る。ロイドを破壊しようとしたが逆にDVで警察に連行される。しかし留置所の中でも麻陽を襲う状況であり、ロイドは何時も麻陽の身近にいる。一方刑事の葦母はロイドが普通の人間じゃないと睨んで捜査を続ける。しかし証拠を掴む前に取り逃がしてしまう。そして麻陽の前に七瀬が訪れるも七瀬は送り込まれた刺客でロイドはその刺客を麻陽から守り通した。そして七瀬から100年後からのメールを黎士がやり取りしていたらしいという連絡を受けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第2話は麻陽を救ったロイドだったが麻陽の自暴自棄に手を焼く。一方その間にも麻陽を狙って次の暗殺者が麻陽を狙ってきていた。ロイドはサプリによって修復作業を行っていたが途中で切り上げて緊急の処置で短時間で動けるエネルギーを注入して麻陽と七瀬を狙った刺客をアッサリ消し去った。しかしこれにより麻陽はますます混乱し七瀬にも目撃され、さらに刑事にも見つかってしまった事で麻陽はその場の嘘をつけない。一方で刑事はこの事をマスコミにリークしてロイドが黎士は生きていたとされてしまい状況はますます混乱する。そしてその中で次の刺客が着実に麻陽を狙っていた。そんな中あの謎の女が邪悪な正体を見せつけたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」は100年後の未来からある人を守るために送り込まれたアンドロイドがある人の依頼で命を守り続けるストーリーである。内容はSF的でありミッションは解り易いもののその目的や組織は謎だらけだけに果たしてこれらの謎がどう明らかになるのかがドラマとしての見所になりそうだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」最終話はミラクルが全員辞めて金田一の元に集まった。それを見た金田一はさすがに動揺し、これからどうすべきか考える。そんな中統一郎は自らの行動を悔いていた。そして統一郎は金田一の元へ向かい、これまでの真実を明かして金田一が自分の腹違いの弟だという事を告げると、金田一はそれを知ったらとても耐えられなかったと告げる。そして行方を暗ました統一郎に代わり、ミラクルの再建に全力を尽くす金田一だったが社員は集まらない。そんな金田一は会社名じゃなく、人とやる事の大切さをそれぞれの社員に説き始めたら社員が集まり出して次第にミラクルは危機的状況から立て直し、金田一は統一郎に社員名簿を渡して、会社総会で金田一は自ら社長には統一郎にし、統一郎は貧乏を経験して初めて人の大切さを知り、統一郎は金田一が自分の弟と話すと周りは次第に納得し始めて纏まり、金田一らはミラクルの再建に目途が立つとミラクルを去り次の仕事を探しに旅立ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第9話はハピネス魔法瓶は順調に業績を伸ばして新オフィスへ移ったものの、そこでミラクルが特許権侵害を盾にして訴えてきた。当然販売差し止めを受けてハピネスは窮地に追い込まれる。打開策を探すも広瀬の和解案すら統一郎は飲もうとせずもはや勝ち目がない状態だった。このまま関連会社全員を路頭に迷わす訳に行かないと感じた金田一は自ら統一郎の元へ出向き関連会社全員を救済する代わりにハピネス魔法瓶を解散する苦渋の決断を伝えたのだった。一度はそれに了承した統一郎だったが、統一郎は取り込んだハピネス魔法瓶の関連会社の人たちを左遷しリストラを進める約束破りを断行した。これにミラクルの社員全員の不満が大爆発し全員辞表を出して金田一の元へ向かったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第8話はハピネス魔法瓶を立ち上げオフィスも準備した金田一だったが、そこに彩矢がいなかった。彩矢は自らの失敗を責めて金田一の元を去り、再びミラクルで働く事にした。そんな中で金田一は魔法瓶の生産が古い機械のために生産がストップしてしまい困った。そこで金田一は広瀬に頼んでハピネス魔法瓶を売り込もうとレセプションパーティーへの参加を提案され、参加するが最初から金田一のレセプションは周りから見ると失敗続きに見えたが、金田一は次第にレセプションの相手の心を掴み、金田一はレセプションを勝ち抜いたものの、統一郎に阻止され契約できなかったがレセプション相手は良い2日間だったと絶賛した。そしてそれを知った彩矢は今度は自ら辞めて再び金田一の元で働く決意を固めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第7話はハピネス魔法瓶を立ち上げて作った究極の魔法瓶は返品の山で途方に暮れていた。一度はリサイクルショップへ売り払う事を決めた金田一たちだったがその日に注文が殺到し究極の魔法瓶は次々と注文が殺到したのだった。その要因が経済誌に掲載された事だった。それから金田一の元には注文が殺到し裁ききれないほどになった。そこで金田一は模合らとこれまで付き合いのあった町工場の会社に協力を要請し増産を始める事にした。それを知った統一郎は全く動じない。そんな中究極の魔法瓶は次々と売れていく。そんな中工程を組んだ彩矢は無理な工程で町工場の社長たちから不満が出始めた。それを模合が調整するも町工場の社長たちの仲を取り持っていた。そんな中納品遅れが生じて金田一は謝罪に向かう。その責任を彩矢は重く抱え込んでしまった。それを金田一は工程が無理だった事を修正しようと提案し、再び生産は動き出して納期の遅れを取り戻した。しかしそんな中彩矢はこの状況に責任を感じ自ら去る決意を固めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第5話は金田一はラーメン屋の屋台でホットドック屋を始めようと提案する。ホットドック屋を始めるに当たり以前からお世話になっていたキングスコートの藤沢にホットドックの作り方を教えてもらった。そして早速ホットドック屋を開店するとその場所はミラクル魔法瓶の前だった。最初は社員は抵抗があったものの1人が名乗り出るとみんなが行列を作り好評の内の終わる。しかしその頃ミラクル魔法瓶は主力商品だったミラクル魔法瓶の撤退を決めていた。それを知った金田一はそのミラクル魔法瓶で何かをやろうと考えていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第4話は金田一は公園で前会社の同僚だった榎本やってきて以前やっていた企画が実現しそうだという報告を受けた。そんなところに何時もいるはずの命の恩人ゲンさんが見当たらず探すと体調を崩していた。そこで金田一は榎本に薬を買わせて水と食料を差し入れた。 そんな中榎本の紹介で金田一は下請けの仕事を短期で受けてみる事にした。しかしそんな中大屋敷社長がコストカットで下請けを切るように模合に通告するが、模合は何とかしようと無茶な注文を発注した。それを知った金田一は無茶なノルマを達成するために各地から人手を集める。材料費も工面して発注分を見事に達成した。それを達成した会社は見逃してほしいと模合は出たが大屋敷社長は金田一が絡んでいる事を理由に却下し、これに激怒した模合は社長を辞めるべきはあなただと会社を辞めた。そして模合は金田一のいる幸福荘へ転がり込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第3話は金田一と彩矢は同じ部屋で暮らす事となりこれから何で稼ぐか思案していた。そんな中たまたま寄ったラーメン屋でフィギュアを見せた事でラーメン屋で働けることになった金田一はその店でバイトをするが、閑古鳥の鳴くお店に愕然とする。その店主は昔は味の上手いお店だったらしいが体を壊してから味もサッパリらしい。そんな中金田一はこの店の最後の日にお客を呼ぼうと彩矢と貫太、両太で奮闘するもお客が全く来ない中、最後の客は自分たちにする事を決めてラーメンなどを食べて店主のお店の話を聞いたが、そこに模合が現れ昇進祝いの一杯を飲むもビール一杯で帰ってしまった。そして金田一は店主から屋台のラーメン屋を受継ぐシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第2話はクビにされた金田一は寛太、両太兄弟と幸福荘で暮らし始めた。しかし毎日500円を稼ぐ事の難しさを知るが、その中でも寛太、両太兄弟からお金の稼ぎ方をいろいろと教えてもらう。そんな中彩矢は金田一がカラ出張をしたのではないだろうか?と疑っていたが、領収書を調べたらそれが嘘でない事を確認し模合に証明してもらうように説得するが、模合が見つからず社長に見つかり、社長が再調査すると話したが、逆にこれに嗅ぎまわった彩矢が左遷される。そんな中寛太がコンビニに捕まり金は払ったというが、それを彩矢が証明しようと経理の実力を発揮して会計での金額を証明してみせたが、左遷に納得がいかない彩矢はさらに金田一の事を調べるが模合に接触する事ができず、情報漏えいを理由に彩矢も解雇された。そして行き場を失った彩矢は金田一のいる幸福荘へ転がり込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」はある企業の企画開発営業部の課長が突然身に覚えのない情報漏えいで懲戒解雇となり、さらに家まで何ものかに爆破された事で一文無しとなるが、一文無しになった事でお金を稼ぐ苦労を知り、お金のありがたみ、さらに人との繋がりの大切さを知っていくストーリーである。初回からいきなり解雇から始まり、さらに初回から衝撃的な事実を知る回となったがここからどうやって主人公が這い上がっていくのか注目したいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」最終話は再び南極大陸へ向かった岳志は犬たちが生存しているわずかな希望を持って向かった。2度の航海で様々な対策が取られ空路で岳志は昭和基地へ降り立った。そしてそこで息絶えた犬たちを発見して打ちひしがれる。そしてリキもわずか数日前に息を引き取ったいた事だった。絶望的と思われた中で岳志は遠く彼方で2匹の犬を見つける。それはタロ、ジロだった。奇跡的な再会に岳志はタロとジロの側へ行き、その報告は日本中で歓喜に沸いた。そしてリキたちを南極の海へ沈めて日本へ帰国したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「南極大陸」第9話は再び南極観測隊を結成する事になったものの、今回は1次、2次隊から除外するという項目があった。白崎はそれでは南極では対応できないと必至の説得を試み、氷室もそれに応えて説得する。一方岳志は北海道でリキたちの事を伝えた後宗谷の改修に向かい、そこで改修作業を手伝う。そして第3次越冬隊に白崎と氷室の説得により岳志が同行できる事となり再び南極へ向かうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第8話は宗谷で無念の帰国をする事になった倉持は日本で待っていたのは犬たちを置き去りにした非難だった。倉持はその責任を感じて大学を辞める。一方政府は第3次南極観測を再検討する事になり、白崎隊長らが継続を必至で訴える。そんな中倉持は北海道へ向かい、そこで犬たちを借りた家々を回るが最初は非難や門前払いを受けてしまいその事の重さを痛感する。それでも倉持の犬たちと過ごした経緯を教授に説明し、そして犬たちも同じ仲間として生きた事を綾子や遥香に伝えるのだった。そして政府の再検討で第3次南極観測隊が結成される事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第7話はタロ、ジロたちを置いたまま宗谷に戻った岳志たちだったが、予想以上の悪天候にセスナすら飛ばせずこのままでは宗谷も脱出できない状況に追い込まれていた。岳志は何とか犬たちを救おうと願い出るが、白崎隊長は苦渋の決断で宗谷を沖まで避難する事を決断する。しかし燃料がわずか1日しか持たないと知り最後の望みに掛けるも悪天候のために苦渋の決断で救助を断念して帰国するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第6話はボツンヌーテンの帰還途中に遭難した岳志たちはリキ、タロ、ジロを放ち救助を待つ事にした。もうだめかと思われた時に鮫島、内海が雪上車でリキ、タロ、ジロたちを発見して間一髪命を救われた。そして越冬が終わろうとした中で今度は宗谷が遭難し、これ以上自力での接岸は無理と救助を要請して何とか接岸した。しかしブリザードが酷く上陸が困難とセスナを飛ばして岳志たちは救助したもののリキ、タロ、ジロたちは残していく事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第5話は越冬から半年が経過した南極越冬隊は岳志が悲願だったボツンンヌーテンへの登頂を目指して犬ぞりだけで目指す事にした。最初は氷室も反対していたが、過去を決別するために同行する事を決める。一方日本では再び第2次観測隊が向かうために宗谷改造などを目指していたが想像以上に作業が難航する。一方南極では岳志がボツンンヌーテンを目指したものの途中でブリザードに襲われるなど厳しい気象環境に遭遇してしまう。数日遅れでボツンンヌーテンに到達し登山に成功したものの帰還中に再び遭難して生死寸前になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ