オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:木下隆行

3
「戦力外捜査官」第5話は自宅謹慎を言い渡された千波と設楽は設楽の道場の子供たちを連れて遊園地にヒーローショーを観に行く事になった。ヒーローショーで盛り上がる中千波が迷子になるとその先で殺人事件に遭遇してしまい、設楽を呼んで現場を現況のままにした上で応援を呼んだ。そして現場検証をすると犯行の状況から犯人は4人に絞られた。1人はマネージャー、1人は公演責任者、そして後輩のアクター、イケメン俳優にも犯行のチャンスがあり4人の中に犯人がいると睨んだ千波はビデオカメラの映像から犯人を割り出し、千波の推理で犯人は後輩アクターである事を割出し、見事に事件をスピード解決させたが、アクターが不在になったために設楽が代役としてヒーローを演じるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「戦力外捜査官」第4話は千波は正式に現場参加が認められた。しかしこれには意図があり、千波の失敗を期待してのものだった。千波は商店街で起きた会長事務所の強盗事件を捜査する事になった。重要参考人である和菓子屋の店主は数日までに起きた殺人事件の重要参考人でもあった。そんな中千波は和菓子屋の店主に聞き込みをして悪い事をしていないと告げられる。そして捜査を続けると家の周りには落書きやごみが投げ込まれており、これを消したり、処理したりして店主との距離を縮める事から千波は始めた。そしてそこで設楽が殺人事件の凶器を発見し、そこである男が意味深なコメントをするのだった。それを怪しいと感じた千波がその家へ向かい、そこで参考人の男が殺しの犯人とわかり設楽が逮捕し殺人事件は解決した。しかし一度お店の信用を失った状況では再び商売を再会する事が難しい中千波は名誉回復に動くが店主が最後の最後で強盗事件を自首したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「戦力外捜査官」第3話は戦力外として捜査に参加させてもらえない千波は設楽を連れて勝手にパトロールを行っていた。そんな中千波と設楽はピエロに襲われ、設楽が殴られ入院する事になる。この事態がネットで流された事でネットではピエロマンとしてヒーロー扱いされていた。この事件に警察も捜査するがサーバー管理人はただ貸しているだけだと逮捕できない。そんな中千波がピエロを発見し追いかけるもピエロを取り逃がしてしまい謹慎を命じられた。諦め切れない千波は絶対犯人を捕まえると自宅から捜査を開始する。そして動画が追いかけられた形跡があり、そこから自転車での撮影を掴んだ千波は自宅のパソコンからピエロマンに挑戦状を叩きつけてピエロマンを逮捕する挑発に出る。これにマスコミは騒いだが、川萩係長がマスコミ規制を敷き、犯人確保に万全を期すが、ピエロの仮面を被った人が多数現れ、千波はピンチに陥るが、そこに入院していた設楽が駆けつけピエロマンを逮捕し、サーバーの管理人は千波が逮捕したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「戦力外捜査官」第2話は戦力外とされた千波と設楽はさらに監視を強められ、警察のオレオレ詐欺の芝居公演に借り出される。しかし千波はある看護師が自殺した事件に興味を持ち、その看護師が勤務していた病院に仮病で入院し、捜査する。着実に聞き込みをする中で、この病院で以前ある高校生が亡くなった医療事故があり、その事故に看護師が絡んでいるという事を知る。その看護師は亡くなった高校生と親しくなかったが、葬式にはこの病院から唯一参加していた。そして現場に残されていたレアチーズケーキが2つあった事からこの事件はその医療事故に関係していると気づいた千波はオタク推理を発揮し、この事件は自殺だったものの主治医から再三医療事故の事実を隠すよう止められていた事実が明らかになったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「戦力外捜査官」はキャリアとして警部となった女性が配属先で戦力外を通告されるも、推理オタクとしての頭脳で次々と事件解決へと導いていくストーリーである。キャリアとして警部となった先で戦力外と通告されながらも刑事としての事を学んでいく事によって刑事として成長して行く姿が描かれる事になるだろうし、刑事として実力を身につけていく事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「LOVE まさお君が行く!」は2000年からテレビ東京系で放送されていた長寿番組「ペット大集合!ポチたま」の人気コーナー「まさお君が行く!ポチたまペットの旅」の実話を映画化した作品で、売れない芸人松本くんが1番ギャラの安い動物ドジ犬まさお君のおバカコンビが番組を通じて騒動を起こしていくものの、その光景が次第に反響を呼び愛されるようになり2人の絆も深まっていくストーリーである。実話を元に制作された映画だけれど、元々はギャラが安いところから始まっており、元々ヒットするとは思っていなかった番組が反響を呼んだ事で映画化され、松本くんとまさお君の行く先で起きる騒動に笑い、最後には涙を誘う展開に思わず涙せずにはいられなくなるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ