オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:広末涼子

4
大河ドラマ「龍馬伝」第9話は再び江戸に出た龍馬は佐那を2年8カ月も待たせた事で佐那は怒っていた。そんな中半平太は攘夷を目指し各藩の有力者と意見交換するが、各藩の地位の高さに半平太は自らの力のなさを感じるのだった。そして事件が起きて山本琢磨が商人の持ち物を拾った事で訴えられたのだった。それを知った半平太は琢磨に切腹を命じたが、龍馬が仲裁に入り、龍馬は琢磨を逃がし命の大切さを説くシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「龍馬伝」第8話は江戸で学問修行をしていた弥太郎は父瀕死の知らせに急ぎ土佐へ引き返した。そこで知ったのは奉行所の弥太郎の父の一方的な罪だった。その奉行所の裁きに納得のいかない裁きに意を唱えるが下級武士では何も相手にしてもらえない。そんな中龍馬は吉田東洋に直訴する事を弥太郎に告げる。そして直訴に成功するが力のない者には何もできないと一喝されてしまった。そこで弥太郎は奉行所の門に落書きをするが、それが見つかり投獄されてしまうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「龍馬伝」第7話は江戸から戻ってきた龍馬が黒船の襲来で土佐の情勢が大きく変化していた。そんな中弥太郎は江戸へ行ける事を龍馬が知り、その中で加尾にふられた事も知る。そんな中龍馬は川田小龍と出会い、川田から世界の広さとその情勢を聞いて龍馬は世界の広さを知るのだった。そんな中弥太郎は江戸へ旅立ち、龍馬の父八平が倒れる。八平の最期に龍馬は壮大な夢を語るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「龍馬伝」第6話は千葉道場を飛び出した龍馬を佐那が戻るように説得を受けた。その頃ペリーが再び来航し江戸幕府に開国を申し出て交渉に当たり、アメリカの条件を飲んでついに日本は開国した。その頃龍馬は小五郎に吉田松陰に合わせてほしいと頼んだが、松陰は旅で何処にいるかわからないと答えるのだった。しかし数日後手紙が来て松陰が黒船に乗り込んでアメリカへ行こうとたくらんでいる事を知り松陰を止めに小五郎と龍馬が向かうが、松陰はそれでも行くというと龍馬も行かせてほしいと申し出るが、松陰はお主には他にやる事があるだろうと説いて止めたのだった。そして龍馬はその松陰の言葉に目覚め再び千葉道場で修行に励み土佐へ戻るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「龍馬伝」第5話は浦賀に黒船が来航した事で混乱する江戸・・・龍馬はこの目で観るために警備を抜けて浦賀へ向かおうとするが、その途中で龍馬は黒船を間近で観てその大きさに圧倒された。それを観てから龍馬は剣術修行の意味を見いだせなくなっていた。そんな中で桂小五郎にこれからの日本について議論するが、このままではいけないという気持ちでは一致した。しかし剣術は無意味と言ってしまった事で龍馬は道場を追い出されてしまうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
大河ドラマ「龍馬伝」第4話は江戸についた龍馬は早速千葉道場に入門するが、入門早々千葉定吉の娘の佐那の素早い剣に打ち込まれてしまい、完敗した龍馬は厳しいけいこを始めた。一方で江戸の街を見る事も目的としたが、厳しいけいこの前ではなかなか見る時間もない。しかしある日龍馬は溝渕に飯屋に連れて行かれ、そこで桂小五郎と出会い世界の広さと説かれる。そして龍馬はけいこに励んでいた1853年6月・・・龍馬は佐那よりも強くなっており、龍馬は佐那に本当の戦ではやられているという一言に剣術だけではない戦いを知るのだった。そして浦賀に黒船が来航するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「龍馬伝」第3話は龍馬が江戸へ向けて旅立つ時が来た。その道中で弥太郎と道中を共にする事になり弥太郎と道中を共にするが最後の関所で手形がばれてしまい龍馬に迷惑は掛けないために龍馬と共に旅をしていない事にしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
大河ドラマ「龍馬伝」第2話は龍馬は江戸行きを父と兄に願い出るが、土佐も知らぬものが世間を知れる訳がないと龍馬に堤防工事の差配役を命ずるのだった。早速堤防工事を仕切るが村同士のいさかいで喧嘩となり龍馬は頭を痛めるのだった。しかしそんな龍馬は自ら動く事により農民たちを動かそうと奮闘した結果農民は次第に心を開き、堤防工事は進んだ。そして父から龍馬に江戸へ行く納得いく理由を書くように告げられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
大河ドラマ「龍馬伝」は幕末に活躍した坂本龍馬の生涯を追ったストーリーで1835年に生まれてから1867年に暗殺されるまでの33年間の生涯で日本を動かした坂本龍馬の生き様を描いていく。明治維新礎を築いた坂本龍馬は時代の常識に捉われず、新しい事に対して積極的に学びそして対応して実践したその生き方は今の時代において何を伝える事ができるのか注目したい。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
14日公開の映画「ゼロの焦点」を鑑賞した。 この映画は松本清張原作の「ゼロの焦点」を映画化した作品で、 お見合い結婚したばかりの夫が突然失踪して、 妻となった女性が夫の赴任地だった金沢へと向かい そこで出会う人たちが次々と殺されて事件に巻き込まれるストー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」は太宰治原作の映画で、小説家の妻が小説家の不祥事を謝罪したり、働く事になり献身的に支えるが小説家は妻を疑い自らも愛人に溺れて自殺未遂をするがそれでも小説家を妻は支えるストーリーである。ダメな夫を持ってもなお支え続ける妻の姿にどうしてダメな夫ほど支えたくなるのかを考えてしまう事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1日公開の映画「GOEMON」を鑑賞した。 この映画は紀里谷和明監督2作目の映画作品で 1582年に信長が本能寺の変で自害してから 秀吉が天下を獲って一時の平和が訪れた時代に 天下の大泥棒石川五右衛門が盗みを働いた先で 秀吉の重大な秘密を知り、自らの運命と戦っ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「おくりびと」はチェロ奏者の主人公がオーケストラの解散で職を失って故郷の山形へ帰郷した先で就職活動をしていたが、ひょんな事から納棺師の仕事に就職する事になり最初は戸惑いながらも次第に納棺師としての仕事を理解して行き亡くなられた人たちを送り出していくストーリーである。高齢化社会の今需要が増え、誰もが避けて通れない出来事でもあるが、世間の理解力がまだまだな中でいかにこの仕事に対して理解を得るのか?そしてどう伝えて亡くなられた人たちをおくりだすのかを確り描いた今季最高クラスの作品として絶賛されるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「Little DJ〜小さな恋の物語」は1977年を舞台に病気で入院した少年が病院でディスクジョッキー(DJ)をやる事になり、その中で1人の少女に恋をする切ないストーリーである。冒頭は1993年の大人になった少女の回想から始まり、今の職業に付くキッカケになったあの時の出来事を思い出しながら少年の思いを辿っていく事で少年の思いを知っていく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ガリレオ」第3話は失踪した夫を探しにある家に入り込むが、そこで原因不明の揺れでホルターガイスト現象と思い込んだが、そこには事件のカギを握るものが隠されてたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「バブルへGO!!〜タイムマシンはドラム式〜」は2007年時点で日本の借金が800兆円の破産寸前の日本を止める為にバブル絶頂期の1990年に洗濯機型のタイムマシンでタイムスリップしバブル崩壊を食い止めようとするコメディタッチのストーリーである。1990年当時の時代背景を比べる事はできるもののその時代にいい思いをしなかった世代には泡のような世界に映るだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ