オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:市川猿之助

3
9日ドラマ「半沢直樹」第4話を視聴した。 今回は電脳の粉飾決算を突き止めた半沢はこの融資が実現したら東京中央銀行に多額の損失を出す事になる事を突き止めた。それを阻止する為に様々な裏を取りながら進めると三笠副頭取、伊佐山らが粉飾決済を知りながらこの融資を進め ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
2日ドラマ「半沢直樹」第3話を視聴した。 今回はスパイラルが電脳に買収されそうになった状況で半沢はファックスをスパイラルが買収する事を提案し、記事をリークする事でスパイラルは電脳を買う事でこの買収を阻止しようとする。しかしここに金融庁が突然の査察に来た事に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
26日ドラマ「半沢直樹」第2話を視聴した。 今回は東京中央銀行が電脳雑技集団がスパイラルを敵対的買収するという事で半沢はスパイラルの社長の親友だった森山と共に防衛策を話し合う交渉をする事になる。 その中でフォックスという会社がホワイトナイトとして登場し、株式 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
19日スタートのドラマ「半沢直樹」を視聴した。 このドラマは2013年7月期に放送された半沢直樹の続編となり、今回は東京セントラル証券に出向となった半沢直樹が様々なトラブルに立ち向かっていく姿が描かれる。 出向させられた半沢はどうやって再び東京中央銀行へ戻ろうと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日ドラマ「ブラックペアン」最終話を視聴した。 今回は佐伯教授が過去に封印していた患者のペアンの秘密について語られ、そこでペアンを残した意味と渡海は佐伯教授から真実を語られたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
27日ドラマ「ブラックペアン」第6話を視聴した。 今回は突然渡海の母春江が病院を訪れるも突然倒れて搬送され緊急手術が行われた。しかし手術で取り除けなかった腫瘍が残り再手術が必要となった。そこで高階が手術支援ロボット・ダーウィンを用いた手術を提案するがまだ日本 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
13日ドラマ「ブラックペアン」第4話を視聴した。 今回はスナイプ手術を成功させたことで東城大はスナイプを大量に導入する事になった。後は論文に記する最高責任者の名前だけという状況の中で高階はある患者にスナイプ手術をしようとしていたが、その成功確率は限りなく低か ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
29日ドラマ「ブラックペアン」第2話を視聴した。 今回はスナイプ手術に失敗した高階はリベンジのチャンスを伺っていた。そんな中で救急搬送されてきた患者に世良はミスにより患者の命の危険を晒してしまい渡海からダメ出しを受けてしまう。そんな中で患者は佐伯教授の手術を ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
4月22日スタートのドラマ「ブラックペアン」を視聴した。 このドラマは海堂尊原作のブラックペアンをドラマ化した作品で、腕は立つが論文は書かずに身分の低い外科医が金と引き替えに難易度の高い手術で医者たちを失脚させていくストーリーである。 人を救う医者が金で人を ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「花戦さ」は戦国時代に生け花の華道で信長、秀吉と渡り合った花僧が花を武器に戦いに挑んでいく姿を描いたストーリーである。戦国時代において茶道、華道は大名のたしなみとされた時代に茶道の千利休、華道の池坊家はこの時代において茶と花だけで互角に渡り合った姿が描かれている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「天地明察」は江戸時代前期に暦の改暦という重大な命を受けた安井算哲が算術と星の尺度で暦の改暦に挑むが様々なしがらみに阻害されながらも改暦を成し遂げるストーリーである。江戸時代前期は既に戦乱の世が終わり太平の世となった時代であり、その時代だからこそ成し得た偉業でもあり、様々なしがらみの中で暦を証明して行く姿は未知なる挑戦への意欲を感じさせてくれる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ