オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:川相昌弘

3
19日巨人は17日に辞意を表明していた原監督の退任を正式に受理して2次政権10年、1次政権2年の計12年に渡る原政権は幕を下りた。 原監督は2002シーズンに長嶋終身名誉監督の後任として監督に就任し1年目でいきなり日本一に輝いたが翌シーズンは中継ぎ崩壊で3位に終わりフロントとの確執から人事異動で一時堀内前監督に2年間監督職を任せたが2年でチームは更に崩壊し2006シーズンに再び監督に復帰した。復帰1年目こそ様々な屈辱に屈したが2007シーズンからリーグ3連覇を達成し、2009シーズンには第2回WBC監督として世界一を達成しその年日本一で監督キャリア最高のシーズンとなった。その後2シーズン3位に甘んじたが2012シーズンからリーグ3連覇を達成し、2012シーズンにはアジアシリーズも制した。しかし2014シーズンから深刻な得点力不足に陥り3割打者が1人もいないなどチームの停滞も目立ち始め次の時代へ進むために自らの夢の続きに終わりを告げた。 これで巨人は10年続いた原政権から新政権に向けて新たな1歩を歩み出す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
25日巨人は来季のコーチ人事で広島と巨人で活躍した 川口和久氏を投手総合コーチに、 今季まで中日の2軍監督だった川相昌弘氏が 2軍監督に就任する事を発表した。 川口新投手総合コーチは広島で長くプレーしたあと 1995年にFAで巨人に移籍し1996年のリー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
15日中日ドラゴンズの川相昌弘選手が今季限りでの引退を表明し、来季から中日の内野守備走塁コーチに就任する事になった。川相選手は2003年に1度引退を表明したが、巨人の原監督辞任にともない引退を撤回し、落合監督が就任した中日に移籍して3年間中日のリーグ優勝とチームのレベルアップに貢献した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ