オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:川口能活

5
3日Jリーグ10ナビスコカップ決勝 ジュビロ磐田対サンフレッチェ広島戦が行われ、 5対3で延長戦まで戦いFW前田の同点ゴール、 延長後半試合を決めるダメ押しゴールで MVPを獲得しジュビロ磐田が 12年ぶり2度目のナビスコカップ優勝を果たした。 試合はこ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
10日サッカー日本代表は南アフリカW杯で戦う23選手を発表し、 怪我などで長期離脱していたGK川口能活、 混迷を極めたFWに高さとフィジカルが強く 前線の守備ができるFW矢野貴章が予想に反して選ばれた。 GK枠では第3GKに広島の西川が有力だったが 経験 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
26日2010年南アフリカW杯アジア3次予選、日本対バーレーン戦がアウエーバーレーン国立競技場で行われ、0対1で日本は後半32分の失点で敗れ、グループ2位に後退した。試合は前半から両チームとも慎重な立ち上がりとなり、それぞれ決定力を欠いて前半を終了した。後半になるとホームのバーレーンに押し込まれ、後半2分にゴールポスト直撃のシュートの大ピンチを迎えた。日本もセットプレーで攻めるがチャンスらしいチャンスを掴めず、後半32分にカウンターからFWA・フバイルに決められ先制点を許す展開となり、日本も攻勢に出るが、攻め手を欠いてアウエーで敗戦となった。これで日本代表は1位突破へ苦しい状況となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
21日アジア・カップ準々決勝日本代表対オーストラリア代表の試合がハノイで行われ、1対1のまま延長戦でも決着が付かずPK戦でGK川口が2本を止めて4対3で勝利し準決勝進出とW杯のリベンジを果した。試合は前半からオーストラリアは高さを活かしたサッカー、日本が中盤のパス回しを活かしたサッカーを展開し、両チームとも決定機を作れず前半が終了した。後半になると疲れで動きの遅くなったオーストラリアがパワープレー、日本が支配率を活かしたサッカーを展開し、試合が動いたのは後半24分オーストラリアのFWアロイージにCKから先制点を許すが、その直後の後半27分クロスボールをオーストラリアがクリアミスをFW高原のスーパーゴールで同点に追いつく。後半30分にオーストラリアは退場者を出して数的不利となり日本が中盤を圧倒的に支配したが、90分で決着が着かず延長戦となり、日本はFWに佐藤寿人、矢野貴章を投入するが、それでも決着が着かずPK戦となり、1人目のFWキューウェルをGK川口のファインセーブで止めると、2人目のDFニールも止める連続セーブで日本は3人目DF駒野まで全て成功し最後は5人目DF中澤が決めて激戦に終止符を打った。これで日本は3連覇の掛かったアジア杯制覇へ大きく前進しオーストラリアにリベンジを果した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
13日アジア・カップ1次リーグB組第2戦が日本代表対UAE代表の試合がハノイで行われ、日本代表がFW高原の2ゴールでMF中村俊輔のPKで3対1で勝利し勝ち点4に伸ばした。試合は前半早々UAEのカウンターを食らう場面がありピンチを迎えるがGK川口のセーブなどで切り抜けると、前半22分MF中村俊輔の左サイドからのクロスをFW高原がヘッドで決めて先制すると、前半27分にまたもFW高原がGKが動けないシュートで2ゴール目を決めると、前半42分にPKのチャンスをMF中村俊輔が決めて前半で大きくリードする。後半早々は日本がペースを握り、後半6分に相手DFの退場で1人少ない状態になったが、ここから日本は次第にペースをUAEに握られ、後半21分にカウンターから失点を許すと、後半21分にFW高原、後半25分にMF中村俊輔が下がるとUAEのカウンターの餌食にあいながらもGK川口が何とかセーブしてピンチを切り抜けた。結局このまま試合が終了し日本代表は勝ち点4と得失点差で首位になり1次リーグ突破へ大きく前進したが前半と後半で大きな課題の出た試合でもあった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
9日アジア・カップ1次リーグB組日本代表対カタール代表の試合がハノイで行われ、1対1のドローで予選突破に黄色信号が灯った。試合は前半から日本が終始中盤を支配して展開するものの、シュートチャンスがあまりなく、ロングシュートに終始したが、前半17分のFKのピンチをGK川口が弾いてピンチを防ぐ。日本は前半22分MF中村俊のシュートも壁に阻まれる。前半は支配率の高い中で終了した。後半になっても日本が終始中盤を支配し、後半15分DF今野の左サイドからのクロスをFW高原のヒールボレーで先制する。その後も日本は徹底的に攻めたが決定力に欠き、後半41分にDF阿部がファウルを与えてしまい。FKを決められ土壇場で同点にされそのまま試合終了となった。日本はベトナムのまさかの勝利により予選突破に黄色信号が灯った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
4日サッカー国際親善試合、キリン・チャレンジカップ日本対ガーナの試合が日産スタジアムで行われ、0対1で敗れた。 試合は前半は急造3バックながらガーナに対して互角に戦い、チャンスを演出するもゴールを決められない。後半も同じくチャンスを作るものの、FW陣が決める事ができず、後半28分にガーナは右クロスからMFハヌイが決めて先制する。日本も最後までゴールを目指したものの得点を挙げる事ができず敗れた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
ドイツ時間22日、ドルトムントで日本対ブラジルの試合が行われ、1対4で日本はブラジルのFWロナウドの2ゴールなど圧倒的な攻撃力の前に敗れ1次リーグ敗退が決まった。もう1つの試合クロアチア対オーストラリアは2対2で勝ち点4でオーストラリアが決勝リーグに進んだ。試合は前半からブラジルペースで進み再三再四シュートの嵐に襲われるがGK川口のファインセーブやディフェンス陣の守りで何とか切り抜ける。動いたのは前半34分MF三都主のパスをFW玉田が渾身の左足のシュートでブラジルからゴールを奪う。しかし前半ロスタイムにFWロナウドにゴールを決められ同点で前半を終了した。後半になると一方的なブラジルペースで進み、MFジュニーニョに逆転ゴールを決められると、後半14分にDFジウベルトが後半36分にFWロナウドがW杯通算タイ記録となるゴールで4失点した。試合は圧倒的なブラジルの攻撃力の前に日本は敗れたがブラジルから1ゴールを奪った事で確実に日本が進歩した事を示しジーコジャパンの4年間が終わった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ドイツ時間18日、ニュルンベルクで 日本対クロアチアの試合が行われ、0対0で日本はGK川口のファインセーブで勝ち点1を獲得し決勝トーナメント進出に望みを繋いだ。試合は前半クロアチアに徹底的に弱点を攻められ、前半21分にPKを与えるがここはGK川口がファインセーブでピンチを凌ぐ。その後も再三左サイドを攻められるが、何とかミスにも助けられて前半は無失点で切り抜けた。日本もFKのチャンスもあり、MF中田英、小笠原のミドルシュートでチャンスを活かしたがGKにセーブされて得点する事ができないで前半は終了した。後半開始早々ジーコはMF福西に代えてMF稲本を投入する。その効果が早速現れ二本は中盤から攻勢に転じる。そしてシュートを放つが決定的場面にFW柳沢が外し好機を活かせない。日本は再三のピンチを迎えるがクロアチアのミスに助けられ必死で守り切る。日本もサイド攻撃からDF加地がDF三都主がクロス、突破を計るが越える事ができない。結局両チームとも決める事ができないままドローとなった。状況は苦しいものの決勝トーナメント進出に可能性を残す勝ち点1となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ