オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:岩隈久志

3
6日東北楽天の岩隈久志投手がMLBシアトル・マリナーズと1年契約で合意に達した。 岩隈投手は昨シーズンオフにポスティングシステムでMLBを目指したが、 落札したオークランド・アスレチックスと交渉が決裂して今回海外FAでMLB入りを目指していた。 一 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日プロ野球開幕戦が各地で行われ、 デーゲームで行われた横浜対中日戦は 5×対4で横浜がセットアッパー浅尾投手を 攻略してサヨナラ勝ちを飾った。 千葉ロッテ対東北楽天戦は4対6で東北楽天が 終盤で奪ったリードを守り切り星野監督現場復帰初戦を飾った。 ナ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日プロ野球東北楽天の岩隈久志投手が ポスティングシステムで落札した オークランド・アスレチックスとの交渉が 決裂し東北楽天に残留する事になった。 岩隈投手はポスティングシステムによる メジャー移籍を球団が承認しポスティング申請し 3球団の入札からオー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
16日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2009第1ステージ東北楽天対福岡ソフトバンク第1戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、11対4で東北楽天が福岡先発杉内投手をKOして圧勝し第2ステージ進出に大手を掛けた。試合は東北楽天先発岩隈投手、福岡先発杉内投手の投げ合いで始まり、初回に東北楽天が1番高須選手の先頭打者ホームランで先制すると、5番セギノールの2ランで3点を先制すると、3回には6番中島選手の2ランで杉内投手をKOした。しかし福岡も4回に5番オーティズのタイムリーなどで4点を返すが、6回東北楽天が集中打で3点を追加し、7回にも1点を追加した。投げては先発岩隈投手が5回以降安定した投球で完投し初戦を制した。これで東北楽天は第2ステージ進出に大手をかけた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日クリネックススタジアム宮城で東北楽天対巨人戦が行われ、1対7で巨人がエース岩隈投手を攻略して2連勝し交流戦の成績を2勝2敗の5割に戻した。試合は東北楽天先発岩隈投手、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、3回に巨人は1番坂本選手のタイムリー2ベースで先制すると、2番工藤選手、3番小笠原選手の連続タイムリーでエース岩隈投手から4点を奪う。先発内海投手は7回まで楽天打線を抑え、7回に巨人は4番ラミレスのタイムリーで追加点を上げると、9回には6番亀井選手の走者一掃のタイムリー3ベースで試合を決めた。投げては先発内海投手、2番手越智投手、3番手豊田投手と繋ぎ楽天打線を封じ込め、野村監督にバッカじゃルンバすら歌わせない内容で圧倒した。これで巨人は交流戦の星を5分に戻してホームでオリックスを迎え撃つ! ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
3日プロ野球セントラルリーグ、パシフィックリーグが同時開幕し、ダルビッシュ対岩隈の注目の対決となった北海道日本ハム対東北楽天は1対3で東北楽天が初回にダルビッシュを攻略して逃げ切った。阪神対東京ヤクルトは5対2で阪神が真弓監督初采配を白星で飾った。中日対横浜は4対1で中日がクリーンナップ揃踏みで先発転向して開幕を任された浅尾投手が開幕戦勝利を飾った。福岡ソフトバンク対オリックスは8対0で福岡が秋山監督初采配を白星で飾った。千葉ロッテ対埼玉西武は5対2で埼玉西武が逆転で開幕戦白星を飾った。これでプロ野球が開幕し、11月のアジアシリーズまで長き戦いが始まった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日(日本時間24日)第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝日本対韓国戦が行なわれ、延長10回イチローの決勝2点タイムリーで最後はダルビッシュが抑え29人の侍たちが韓国の野望を撃ち砕き連覇を奪い取った。試合は日本先発岩隈投手、韓国先発奉重根の投げ合いで始まり、3回に日本は1死1,3塁から5番小笠原選手のタイムリーで1点を先制する。しかし韓国も5回に5番秋信守のホームランで同点に追いつくが、7回に日本が無死1,3塁から2番中島選手のタイムリーで勝ち越しに成功し、8回にも1死2,3塁から8番岩村選手の犠牲フライで1点を追加した。しかし韓国も粘りをみせて、8回に代打李大浩の犠牲フライで1点差に迫ると、9回に日本はダルビッシュを投入するが、2死1,2塁から6番李机浩のタイムリーで土壇場で同点に追いつかれ延長戦に縺れた。しかし日本は10回に2死2,3塁のチャンスに1番イチローに韓国バッテリーは勝負を選び、イチローが追い込まれながらもセンター前タイムリーを放ち決定的な2点を入れた。最後はダルビッシュが最後の打者鄭根宇を三振に抑え日本が韓国の野望を打ち砕き連覇を奪い取った。これで日本は1回大会からの連覇を達成し、5度に渡った韓国戦で最後の最後で決着をつけて世界一の美酒に酔いしれた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日(日本時間19日)第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド1組敗者ステージ2回戦日本対キューバ戦が行なわれ、5対0で日本がキューバに2試合連続完封リレーで準決勝進出を決めた。試合は日本先発岩隈投手、キューバ先発マヤの投げあいで始まり、3回までこう着状態が続いたが、4回に日本が2死2,3塁で6番小笠原選手の打球をセンターが落球し2点を先制する。5回にも日本が3番青木選手のタイムリーで1点を追加すると、投げては先発岩隈投手が6回を無失点に抑える好投をみせる。日本は7回にイチローにヒットが出ると勢いに乗り、2番中島選手の犠牲フライで1点を追加し、9回にはイチローに3塁打が飛び出して3番青木選手の2本目のタイムリーでダメ押し点を上げた。投げては2番手杉内投手がキューバ打線を寄せ付けず、2試合連続キューバに完封勝ちの快挙で準決勝進出を決めた。これで日本は1位決定戦で勝てばアメリカ、負ければベネズエラと対戦する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
9日第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本ラウンド1位決定戦ステージ日本対韓国戦が東京ドームで行なわれ、0対1で日本は韓国投手陣の前に抑え込まれ完封負けで2位で第2ラウンドへ進む事になった。試合は日本先発岩隈投手、韓国先発奉重根の投げ合いで始まり、3回まで両チームともチャンスらしいチャンスがなく迎えた4回韓国は先頭打者に四球を与えてしまいピンチが広がると4番金泰均の3塁線を破るタイムリーで先取点を与えてしまう。日本もその裏2番中島選手のヒットと相手投手のボークで1死3塁のチャンスを掴むが4番村田選手、5番稲葉選手が倒れチャンスを活かせない。その後日本も再三のピンチを招くが2番手杉内投手、3番手馬原投手、4番手にダルビッシュを投入してピンチを防ぎ援護を待つが、日本は5回以降2アウトからのヒットや2アウトからの得点圏でチャンスを活かせず結局最後まで韓国投手陣を攻略できず日本ラウンド1位を逃した。これで日本は第2ラウンドで強敵キューバと対戦する可能性が濃厚となりいきなり正念場に立たされることになった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
28日ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)強化試合日本対埼玉西武戦が東京ドームで行なわれ、2対7で日本が西武打線に攻略され課題を残す試合となった。試合は日本先発岩隈投手、埼玉西武先発ワズディンの投げ合いで始まり、1回に2死2塁で日本は4番稲葉選手のレフト前ヒットで走者青木がホームで刺され先取点を逃すと3回に埼玉西武が1番大崎選手の2ランでまさかの2失点を許す展開!4回に日本が5番小笠原選手のタイムリー2ベースで1点を返したが、打者の小笠原が3塁を狙いアウトになるなど走塁面でミスが連発し追加点を狙えない。4回から登板したダルビッシュが5回に捕まり1死2,3塁からスクイズで得点を許すなど守備を揺さぶられ、8回には5番手で登板した小松投手が打ち込まれ4失点と炎上し完敗した。これで日本代表は本番前に課題をどう修正するのか注目される。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)強化試合日本対オーストラリア戦が京セラドームで行なわれ、8対2で日本が小刻みに得点を重ね勝利した。試合は日本先発ダルビッシュ、オーストラリア先発コックスの投げ合いで始まり、2回にオーストラリアが9番カールセンの内野安打で1点を先制するが、その裏日本が8番城島捕手の押出し、9番岩村選手の犠牲フライで逆転に成功すると、5回まで毎回得点でリードを広げた。その後日本は2番手岩隈投手、3番手岩田投手、4番手小松投手、5番手田中投手、6番手馬原投手のリレーで繋ぎオーストラリアを2点に抑えた。これで日本は調整試合の初戦を勝利し課題もみえた試合となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
21日プロ野球の表彰選手が東京都内で開催されセントラルリーグMVPに巨人の優勝に貢献したアレックス・ラミレス外野手、パシフィックリーグMVPは23年ぶりに21勝を上げた東北楽天の岩隈久志投手投手が選ばれ、新人王はセントラルリーグでは育成選手としては初受賞となる巨人中継ぎで11勝を上げた山口鉄也投手、パシフィックリーグでは2年目で15勝を上げたオリックス小松聖投手が選ばれた。巨人からは昨シーズンの小笠原選手に続いて2年連続の受賞者となり、岩隈投手は5位チームでは3度目の選出となった。これで今シーズンのオフの話題はFAの動向に移る事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
20日プロ野球人の社会貢献活動を表彰する報知新聞社制定「第10回ゴールデンスピリット賞」の表彰式が東京・丸の内のパレスホテルで行われ、東北楽天の岩隈久志投手が受賞し表彰された。ゴールデンスピリット賞は1999年に制定され、第1回受賞者松井秀喜選手から今年で10年目を迎え、日本のプロ野球球団に所属する人の中から、積極的に社会貢献活動を続けている人を表彰し、毎年1回選考委員会(委員名別掲)を開き、自薦、他薦で選ばれた候補者のから1人を選定する。MLBではロベルト・クレメンテ賞として球界での最高の賞として大リーガーのあこがれの的になっている。プロ野球選手として活躍するだけでなく社会貢献に貢献した選手を表彰する制度としてこれからも多くのプロ野球選手が社会貢献してほしい。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ