25日サッカー東アジアカップ日本対オーストラリア戦が華城競技場で行われ、3対2で日本がMF斎藤、FW大迫の2ゴールでオーストラリアを振り切り国内メンバーで初勝利を上げた。試合は前半からディフェンスラインはうまくコントロールしたが攻撃陣は連携が悪く思うようにつながらないシーンの連続だったが前半26分MF斎藤がドリブルからゴールを奪い待望の先取点を上げた。前半は守備陣が上手く連携して無失点で前半を折り返した。 後半日本は11分にFW大迫が中央の間を突破してゴールを奪い2点リードを奪う。しかしオーストラリアも後半31分に選手交代して混乱する守備陣の隙を突いてFWデュークが決めて1点差とすると3分後の後半34分に途中出場のFWジュリッチに決められ同点に追いつかれた。しかしその直後日本はFW大迫がゴールを決めてリードを奪うとオーストラリアの反撃を凌いで日本は国内組で初勝利を上げた。これでザックジャパンは国内組だけで初勝利を上げたものの2試合で守備陣を決めてある選手が1人もいないまま28日の韓国戦を迎える。 ... もっと読む