オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:山本耕史

3
大河ドラマ「真田丸」第37話西軍の敗北で徳川に降伏した信繁と昌幸は家康から蟄居を命じられる。家康にとっては既に死罪にするつもりだったようだが、信幸、忠勝の必死の助命嘆願により死罪は間逃れ高野山へ流罪ととなり幽閉が決まる。信幸はそれと引き換えに信幸から信之と改め親子と決別しなければならなかった。そして大坂で家康と最後の対談をした後に信繁は三成と吉継の最期を聞かされ、改めて2人が最後まで豊臣のために戦った事を知る。そして昌幸は妻薫を信之に託して高野山の九度山での幽閉生活に入ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第36話は徳川方と豊臣方に別れた真田家は豊臣方に付いた昌幸、信繁は沼田に向かうが、そこで稲に阻まれて入城できず上田に向かう。信幸は家康に忠誠を誓い秀忠、正信と共に上田攻めに向かう。そして真田同士の戦いを避けるために昌幸はあえて砥石城を信幸に攻めさせて与える策を講じる。そして信幸はその策通りに砥石城を攻めて入城した。そしてそこから秀忠軍を翻弄し続けていよいよ秀忠の首を獲ろうと攻めたが、秀忠軍は既に撤退していた。そしてその1月後関ケ原の合戦で三成は家康に敗れて昌幸と信繁は敗北したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第35話は上杉攻めに徳川軍に従っていた真田軍は背後から徳川を狙うタイミングを伺っていた。その頃大坂では三成が挙兵し、家康追討令を発して事を起こすも、その直前で細川忠興の妻玉が屋敷に火を放ち自害した事で形勢不利となる。一方この知らせを受けた昌幸らはここでどちらに付くべきか議論をすることになった。当初は三成側に付く事で一致するも信幸が徳川側について昌幸、信繁は三成側に付く事を提案する。この戦で勝った方が天下を獲る事を見越した信幸の発言に昌幸、信繁は同意しこれが親子3人の最後の会話となったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第34話は三成は謹慎を言い渡されたが、それでも三成の処遇に我慢できない清正、正則らは三成襲撃を企てる。それを察知した信繁はこれを回避しようと家康と掛け合う。その結果三成は謹慎処分となり、その後蟄居を命じられた。そして信繁は家康の要請を断り真田家に戻る事になった。それから1年後家康は兼続からの直江状を受け取った事で激怒し、上杉討伐のために会津へ大軍で向かうもその隙に三成が挙兵するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第33話は秀吉の遺言とは違う方向に進めている家康を暗殺しようと三成が動き出す。しかしその動きは即家康に知られるところとなり、家康はこの機会にどれだけの大名が自らに味方するのか試そうとしていた。そんな中で三成は家康討伐に急ぐが、あまりにも分が悪く多くの大名は家康に味方した。その中で三成は太刀の収め所を見失い吉継、景勝、信繁らの説得でようやく思い留まったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第32話は秀吉が死去して5大老、5奉行による合議制がスタートしたものの、秀吉で成り立っていた政権はこの時点で体をなさなくなっていた。そんな中三成は家康の暴走を止めようと暗殺を含めた動きを見せる。そんな中で吉継は三成の行動に危機感を覚えて慎むように促すも、それを聞かず、信繁は三成の行動に奔走されながら自らの行動をしていくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第31話は秀吉の死期が近づいたことで三成、家康との秀吉死後に向けたやりとりが行われていた。秀吉には既に政治する状況になく、全ては三成らが取り仕切っていたが、家康もそれに乗じて権力争いをもくろみ始めていた。そんな中で信繁は秀吉の世話をしながら今後の行く末を昌幸と共に話し始めるも、ここで昌幸は家康の暗殺を企てようとする。しかし暗殺は失敗し秀吉は死去したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第30話は大地震に見舞われ再び大坂城に戻った秀吉だったが秀吉の老化は急激に訪れていた。そんな中既に政治手腕を振るう事すら難しい事がわかる出来事が起きた事で秀吉が既に政治を行う事が難しいと周りが悟る。そんな中で家康が秀吉の容態を調べ始める。一方信繁も身近で老いていく秀吉に戸惑いを感じながらもこれから生き抜く道を考えなければならなかった。そんな中で秀吉は2度目の朝鮮出兵、上杉の会津転封という手を打ったが、秀吉の死期は目の前に迫っていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第29話は信繁は吉継の娘春を正室に迎えた。信幸は伏見城築城普請するがなかなかうまくいかない。一方できりは細川ガラシャと接点を持つようになるが、そんな中秀吉が急激に老いてきた事で政権が揺るぎ出していくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第28話は秀次が関白の座を放棄し聚楽第から逃走する。信繁は秀次を説得するが秀次は既に関白に戻るつもりはない。そんな中で秀吉から信繁に吉継の娘春との結婚を命じられる。そんな中で秀次は高野山へ向かうが、そこで自害して果てた。この自害に秀吉の怒りは頂点に達して秀次の血縁関係者諸共処刑するという暴挙に出る。その中で助かった秀次の娘は奇跡的に助かり信繁は秀次の娘を側室として迎える事を秀吉に進言したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第27話は秀吉に男子が誕生した事で関白となった秀次の精神状態が不安定になった。秀次は秀吉が自らを排除しようとしていると感じ、不安に苛まれる。一方信繁は秀吉から官位を授かり、当初は信繁だけだったが、兄信幸の事を考慮し1度は辞退を申し出るが、秀次の裁量で兄信幸も官位を受ける事になったが、これを知った信幸は激怒する。そんな中秀次の弟が亡くなり、これが秀吉との大きな溝となり秀次は高野山へ向かうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第26は秀吉は朝鮮出兵を開始し朝鮮を攻める。信繁も拠点となる名護屋城に滞在し、昌幸、信幸も滞在する。そんな中で秀吉の思惑通りにいかず朝鮮出兵は膠着状態となる。一方きりは秀次から側室の打診があったものの結局断る。秀吉は気分晴らしで仮装大会を行うも、結局秀吉を立てるだけのご機嫌取りにしかならない。そんな中昌幸の母とりが最期の時を迎え信幸、信繁のこれからの真田家を託したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第25話は北条滅亡後秀吉に悲劇が襲う。その直前に弟秀長が亡くなり、利休を切腹に処して直後に今度は嫡男鶴松に重い病で危篤状態になる。何とか医者の診察をしてもらうももう長くない。そんな中で家康、昌幸は嫡男死去後の秀吉政権が長くない事を想定して先を予測しているシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第24話は氏政説得のために乗り込んだ信繁だったが、氏政は首を縦に振らない。信繁は城の外の現状を話して生き延びる事を進言する。その直後官兵衛が氏政らを説得して降伏することになった。この結果氏直は高野山へ送られる事になったが、氏政は切腹になった。一方この戦で政宗が秀吉に下った事でこの戦は終焉し天下統一が果たされた。そこで信繁と政宗は対話したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第23話は秀吉が北条攻めを決めた事で采配を三成に任せた。この状況では誰が振るっても勝ち戦になる事は間違いない状況だったが長引けば兵糧問題も出てくるだけに短期決戦にしたいところだが、まずは小田原城を包囲するところから始まった。北陸軍は前田、上杉、真田の3軍で南下し、秀吉本軍は高みの見物となった。これでも氏政は降伏せずと考えを変えず、氏直らはどうする事もできない状況だった。一方関東では忍城が落ちず三成自ら乗り出したが逆に苦戦する。一方信繁は氏政説得を正信、江雪斎から託されるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第22話は沼田城を巡る裁定が行われ、信繁、江雪斎、正信の3者による論戦が始まった。それぞれ主張をして一進一退の議論が尽くされるも、最後の議論で徳川が真田と北条と交わした文言が焦点となり、真田は領土を安堵するとしたのに対して、北条には勝手に切り取ってよいと記されていた。それにより沼田は真田領と1度は認められるも三成の説得で沼田城の3分の2は北条に明け渡す事で決着を見る。しかしその後北条が残る3分の1を攻めた事で秀吉は北条攻めの口実ができた事で北条攻めが決まったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第21話はタイオブの嫡男が誕生した秀吉は残る相手である北条氏政に上洛を迫る。家康もここは形だけでも頭を下げて臣従した方が良いと促すも氏政は聞こうとしない。最もこの時代は既に九州を平定し、あの島津ですら降伏した以上北条が秀吉に対抗できるだけの力は残されていない事は明白だった。ただ北条と戦になればそれだけの戦力を必要とするだけに戦で疲弊する事はどの大名も避けたいというのが本音だった。そんな氏政も沼田を譲ってもらえるなら上洛するという条件を出したが、これに昌幸が全く譲らない。そして秀吉もこの条件を良しとしなかった。そんな中で信繁、正信、江雪斎の3者会談に挑むシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第20話は信幸は側室に本多忠勝の娘稲を正室として迎え、正室だったこうは世話役として残るというまさかの展開になる。一方秀吉は茶々に懐妊した事で大喜びしていたが、その最中城下に秀吉を揶揄する落書きが発見され、その犯人探しに秀吉が命じ発見次第犯人並びに親族縁戚らをはりつけせよ!と命じた事で信繁らは動揺する。その中で犯人と思わしき番人を発見し話すとその番人は字が書けない事を知る。犯人探しが振出しに戻ったが秀吉の激怒は収まらず秀吉は番人たちをはりつけに処した。これ以上犠牲者が出ては民が不安を覚えると感じた三成らは信繁の発案で亡くなった番人を犯人として扱い秀吉に報告したがそれでも収まらない。しかしそこでねねと茶々が登場して秀吉を止めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第19話は茶々が信繁を気に入っている事で信繁は茶々に振り回される事になる。そんな中で信繁は茶々に蔵を見せてほしいと武器倉庫を見せる事になる。そこで茶々のこれまで苦しい中生きてきた本音を聞く事になるのだった。そんな中で駿河では信幸と本多忠勝の娘稲との政略結婚が成立する。一方聚楽第が完成した事で茶々はそちらに移り住む事になったが信繁も同行する事になる。そこで内緒で蔵に同行した事が発覚し信繁は覚悟するがこの事で茶々自ら誘った事を述べた事で信繁は助かり茶々は側室として秀吉に嫁ぐシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第18話は家康が上洛した事で昌幸もついに秀吉に臣従する事を決意した。真田のような小さな大名が生き残るには従うしかない運命だった。しかし上洛したもののなかなか秀吉との面会が叶わない。ようやく面会できるとなったが秀次が対応し、昌幸は屈辱に耐えるしかなかった。しかし信繁が茶々を通じて秀吉を説得し、秀吉は信繁の話でようやく重い腰を上げる。そして領土こそ安堵されたが、家康の与力になる事を告げられ、昌幸は従うしかなかった。しかしその直後記憶喪失の松に対して昌幸、信幸が対面するも思い出せない。しかしある出来事で松は記憶を取り戻し、ようやく家族との再会を果たしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第17話は秀吉が家康に真田討伐を認めた事で信繁は何として止めなければと奔走するも、その直後1度出兵の許可は出すが、その直後中止させると秀吉、三成が言い出して釈然としない。そんな中行方不明になっていた松が秀吉の前で踊っているところを目撃し、確認するが、松は藤と名乗り全く知らないそぶりを見せる。一方家康は秀吉から秀吉の母なかを人質に出してきた事で上洛する事を決断し、そこで秀吉は家康に忠誠を誓った芝居をしてほしいと頼み込み、大名たちを納得させたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第16話は景勝は秀吉から真田を支援するなというお達しを受けて苦悩しながら越後に戻った。信繁は秀吉の馬廻衆となり、秀吉に仕える事になった。そしてそこから秀吉の色々な情報を知ることになるが、信繁は真田を守るためにどうすべきか苦悩していた。一方家康は真田攻めの準備を始め、秀吉の許可を願い出ていた。信繁は茶々に関わった者たちは尽く殺されている事を知り、慎重に行動する。そんな中秀吉は家康に真田攻めの許可を出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第15話は大坂城で秀吉と対面した信繁は秀吉に付き添い様々な事に翻弄される。それを三成が冷静に対応するが、秀吉のいい加減さを三成がまとめているという感じだったが、信繁はここで初めて秀吉に気に入られるようになる。一方昌幸は信長の時の失敗と北条との対立で上洛が難しい状況で上洛が困難だった。そんな中景勝と面会した信繁だったが、秀吉は昌幸が上洛してこない事を逆手にとって景勝に真田を見限れと無理難題を突き付けてくる。一方信繁は秀吉に取り入ろうと秀吉に付き添うシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第14話は昌幸は家康との第1次上田合戦を制していた中家康が秀吉に服従し、景勝もまた秀吉に服従していた。そんな中で昌幸は北条と対峙していることを理由に上洛の依頼を断る。しかし景勝の上洛に信繁が同行する事となり、信繁が先に京へ上洛を果たす事になる。ここで信繁は三成と初対面し、そして後に運命を賭ける茶々と出会い、秀吉とも出会うシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
「ギャラクシー街道」は三谷幸喜最新作品で西暦2265年の宇宙のギャラクシー街道を舞台に全員宇宙人という設定である日常の出来事を描いていくストーリーである。コントとしては面白いかもしれないけれど、ストーリーの意図となると果たしてどうなんだろう?という作品になるかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第22話は保元の乱で崇徳上皇派は敗れてそれぞれ敗走するも、頼長は矢で負傷を負い、父忠実を頼るも面会を断られ絶望し自ら舌をかんで自害した。一方為義、忠正はそれぞれ源氏、平氏の兵に捉えられ、それぞれの屋敷に匿われた。そしてそれぞれの処遇について評定が行われ、崇徳上皇を流罪、忠正、為義にそれぞれ死罪を言い渡されるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第21話は後白河天皇側と崇徳上皇側に分れて始まった保元の乱が幕を開けた。軍議で義朝、為朝の両軍はそれぞれ夜討ちを進言するが、崇徳上皇側の頼長は採用せず、後白河天皇側の信西は採用した。その結果夜討ちを敢行した後白河軍が戦況を有利に進めるも、為朝の活躍でなかなか突破できず、清盛も忠正が立ちはだかり、義朝もまた為義が立ちはだかった。しかし義朝の火矢を打ち込む事が採用され、崇徳上皇軍は総崩れとなり後白河軍の勝利に終わったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第20話は鳥羽法皇の崩御で後白河天皇と崇徳上皇の2つの派閥に分裂し、それぞれどちらにつくのか迫られていた。源氏は父為義は崇徳側に、義朝は天皇側に付き完全に源氏は2分した。一方平氏は一族の結束でどちらにも組まないと決めたが、後白河天皇に清盛の腹を読まれ、清盛は自ら這い上がるために天皇側に付く事を一族に告げる。しかしその中で弟・頼盛は反発し崇徳側に付こうとするも、母池禅尼に制止される。それを見た忠正は清盛を認めていない事もあり、頼盛には清盛側に残るように告げて自らは崇徳側に付き平氏もまたお家を2分する戦いを強いられるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第19話は後白河天皇のまさかの誕生で朝廷は大混乱に陥っていた。そんな中で清盛は何とか鳥羽院と崇徳院の和解を模索するが手段が見えないままだった。そんな中歌会で崇徳院が後白河天皇の祝い唄で鳥羽院憎しという歌を歌った事で後白河天皇は激怒し、もう鳥羽院の力は及ばぬものとなっていた。その頃源氏では義朝の子義平が義朝の弟義賢を討ち棟梁の証しである友切の太刀を奪い返し、父為義と完全対立する。そして平家もまた天皇側に味方するか?それとも上皇側に味方するかで清盛は悩んでいたが、鳥羽法皇の崩御により清盛は現実的な選択として後白河天皇側に味方する事を決めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第18話は近衛天皇の容体が悪化し後継者争いが水面下で進んでいた。そんな中清盛は冷静に対処しあくまで鳥羽院に付くとキッパリ答える。そんな中藤原家成が亡くなり、それに乗じて崇徳院は清盛を説得するも清盛は動じる事はなかった。そんな中で鳥羽院は今後の権力を考慮して後継者を誰にするか議論し合ったがなかなか決まらない。そんな中である男が浮上する。それは雅仁親王だった。鳥羽院とは対立せず、実権を握っていられるという理由だった。そんな中清盛は一門に対して鳥羽院と崇徳院の仲を取り戻させると一同に宣言したのだった。そして近衛天皇が崩御し、次の帝に雅仁親王が即位する事になり後白河天皇が誕生したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ