オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:山本耕史

3
3日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第26話を視聴した。 今回は頼朝が落馬して危篤状態の中次の鎌倉殿について義時らは議論していた。そんな中で時政らは阿野全成を次期鎌倉殿に推挙しようとするも、義時は政子に一任する事を提案し政子は2代目鎌倉殿に嫡男頼家を推挙して2代目鎌 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
26日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第25話を視聴した。 今回は頼朝は死が目前に迫っているところから周りの人たちを信じられなくなっていた。 そんな中で唯一信頼していたのが義時だったが、頼朝が亡くなればそれは北条の存続に関わる事態になるだけに義時も気がかりだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
19日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第24話を視聴した。 今回は曽我兄弟の乱を収めた頼朝だったが、留守の間に範頼が暫定的に鎌倉殿として祭り上げられた事に対して裏切りと判断して範頼を幽閉してします。 一方で大姫を帝の妃にしようと合作するも頼朝の思う通りに事が運ばな ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
13日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第23話を視聴した。 今回は曽我兄弟が頼朝を狙っている事を知った義時は頼朝に知られずに頼朝を守ろうと連携を図る。 そんな中で頼朝の嫡男の万寿の狩りを共にした頼朝は万寿に手柄を立てさせようとシカを討ち取ったように見せる演出すらさ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
5日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第22話を視聴した。 今回は八重を失った義時はしばらく正室を持たない事を決意する。そんな中で頼朝は後白河法皇に面会する為に大軍を率いて上洛した。そこで後白河法皇に朝廷の力が必要と説くもこの時後白河法皇の余命はわずかでその直後に亡 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
29日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第21話を視聴した。 今回は義経のいなくなった奥州藤原氏を滅ぼした頼朝はこれで戦う御家人がいなくなり地盤を固め始める。後白河法皇は頼りにしていた者たちが次々といなくなった事で対抗する手段を失い。 一方で鎌倉の地盤を固めようと様 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
5月13日公開の映画「シン・ウルトラマン」を観賞した。 この映画は1966年から1967年に放送された初代ウルトラマンを現代を舞台にした作品で、怪獣や宇宙人の侵略に人類とウルトラマンが戦っていく姿が描かれるストーリーである。 ウルトラマンと人類とのファースト ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第20話を視聴した。 今回は義経は奥州平泉へ辿り着いたが、秀衡は直後に亡くなり義経の処遇を巡り頼朝は義時に兄弟と対立させる策を考え義経を殺させよ!と命じ義時は奥州平泉へ向かった。 そこで泰衡には頼朝と戦うつもりはないと告げるも ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
15日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第19話を視聴した。 今回は義経は京から鎌倉に戻る事が叶わず何とか鎌倉に戻そうと頼朝に奔走するも、頼朝と義経を分断しようと後白河法皇が企てる。 頼朝の策は後白河法皇に尽くいいように扱われ、義時も思いもよらぬ義経による追討令が発 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
8日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第18話を視聴した。 今回は義経は平家を壇ノ浦へ追い込んだ。そして平家との最後の戦いに当時では卑怯な手であった船の漕ぎ手を狙って平家を追い詰めて安徳天皇らが入水して平家は滅亡した。 この勝利に対して脅威を感じた頼朝は義経と会おう ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第17話を視聴した。 今回は一ノ谷の戦いに勝利した義経はそこで後白河法皇から気に入られる。 一方で鎌倉では義仲の嫡男義高の処遇を巡り頼朝は殺すように命じるも、政子は殺さないでほしいと主張した事により義時は板挟みになり、逃がそうと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第16話を視聴した。 今回は頼朝は義仲を追悼するために義経に続いて範頼を追軍させた。 義仲は既に後白河法皇から見捨てられ義経軍が迫ってきた事で退路を断たれた事で北陸へ逃れようとするがその途中で討ち取られた。 一方義経軍は休む真 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
17日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第15話を視聴した。 今回は頼朝が義経に後白河法皇を捉えた義仲討伐を命じたが、坂東の武者たちはこの事に対して頼朝を排除しようと動く。 そんな中で上総広常があえて謀反側に入った事で勢いづいたが、義時が上手く抑えた事により謀反を鎮 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
10日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第14話を視聴した。 今回は義仲が京へ攻め入った事で平家は都を捨てて西国へ逃げた。京に入った義仲は京のしきたりを知らず傍若無人の態度に後白河法皇は危機感を感じ、頼朝に義仲の謀反という口実で義仲を討つように要請する。 身内同士と ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
3日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第13話を視聴した。 今回は頼朝は行家が木曽義仲を頼った事で頼朝は義仲に先を越されると感じるようになる。しかし頼朝は妾問題で坂東武士たちの不満を招いており動く事ができない。そんな中で義時が義仲への使者として向かう事になったが、そ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
27日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第12話を視聴した。 今回は頼朝に待望の嫡男が誕生した。政子が男の子を出産した事により跡継ぎは後の頼家になる事になったが、その間に亀を妾にしていた頼朝の事を知った政子は妾の亀がいた事に激怒し、亀の館を打ち壊しするように命じた事 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
20日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第11話を視聴した。 今回は頼朝は鎌倉に御所が完成した事で各有力豪族を御家人とし、自らは鎌倉殿と正式に名乗る事で鎌倉を中心に関東に政権を発足させた。 その頃清盛は病に倒れた事により宗盛に頼朝の首をわが墓前に据えよという遺言を残 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
13日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第10話を視聴した。 今回は頼朝は体制を固める為に常陸の佐竹氏との戦に向かう。出立直前には兄弟3人が集まり平家打倒へ人が集まり出した。その中で義経は初陣に出たくてたまらない。 一方で頼朝を巡る女たちの嫉妬合戦も激しくなっており頼 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
6日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第9話を視聴した。 今回は頼朝は伊東を攻める命を下した。しかし伊東には八重がおり義時は八重を救出する為に先回りする。そんな中で八重は身の危険迫っていたが何とか義時によって助けられた。八重の処遇は政子の一存で女中として頼朝を支え ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第37話西軍の敗北で徳川に降伏した信繁と昌幸は家康から蟄居を命じられる。家康にとっては既に死罪にするつもりだったようだが、信幸、忠勝の必死の助命嘆願により死罪は間逃れ高野山へ流罪ととなり幽閉が決まる。信幸はそれと引き換えに信幸から信之と改め親子と決別しなければならなかった。そして大坂で家康と最後の対談をした後に信繁は三成と吉継の最期を聞かされ、改めて2人が最後まで豊臣のために戦った事を知る。そして昌幸は妻薫を信之に託して高野山の九度山での幽閉生活に入ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第36話は徳川方と豊臣方に別れた真田家は豊臣方に付いた昌幸、信繁は沼田に向かうが、そこで稲に阻まれて入城できず上田に向かう。信幸は家康に忠誠を誓い秀忠、正信と共に上田攻めに向かう。そして真田同士の戦いを避けるために昌幸はあえて砥石城を信幸に攻めさせて与える策を講じる。そして信幸はその策通りに砥石城を攻めて入城した。そしてそこから秀忠軍を翻弄し続けていよいよ秀忠の首を獲ろうと攻めたが、秀忠軍は既に撤退していた。そしてその1月後関ケ原の合戦で三成は家康に敗れて昌幸と信繁は敗北したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第35話は上杉攻めに徳川軍に従っていた真田軍は背後から徳川を狙うタイミングを伺っていた。その頃大坂では三成が挙兵し、家康追討令を発して事を起こすも、その直前で細川忠興の妻玉が屋敷に火を放ち自害した事で形勢不利となる。一方この知らせを受けた昌幸らはここでどちらに付くべきか議論をすることになった。当初は三成側に付く事で一致するも信幸が徳川側について昌幸、信繁は三成側に付く事を提案する。この戦で勝った方が天下を獲る事を見越した信幸の発言に昌幸、信繁は同意しこれが親子3人の最後の会話となったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第34話は三成は謹慎を言い渡されたが、それでも三成の処遇に我慢できない清正、正則らは三成襲撃を企てる。それを察知した信繁はこれを回避しようと家康と掛け合う。その結果三成は謹慎処分となり、その後蟄居を命じられた。そして信繁は家康の要請を断り真田家に戻る事になった。それから1年後家康は兼続からの直江状を受け取った事で激怒し、上杉討伐のために会津へ大軍で向かうもその隙に三成が挙兵するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第33話は秀吉の遺言とは違う方向に進めている家康を暗殺しようと三成が動き出す。しかしその動きは即家康に知られるところとなり、家康はこの機会にどれだけの大名が自らに味方するのか試そうとしていた。そんな中で三成は家康討伐に急ぐが、あまりにも分が悪く多くの大名は家康に味方した。その中で三成は太刀の収め所を見失い吉継、景勝、信繁らの説得でようやく思い留まったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第32話は秀吉が死去して5大老、5奉行による合議制がスタートしたものの、秀吉で成り立っていた政権はこの時点で体をなさなくなっていた。そんな中三成は家康の暴走を止めようと暗殺を含めた動きを見せる。そんな中で吉継は三成の行動に危機感を覚えて慎むように促すも、それを聞かず、信繁は三成の行動に奔走されながら自らの行動をしていくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第31話は秀吉の死期が近づいたことで三成、家康との秀吉死後に向けたやりとりが行われていた。秀吉には既に政治する状況になく、全ては三成らが取り仕切っていたが、家康もそれに乗じて権力争いをもくろみ始めていた。そんな中で信繁は秀吉の世話をしながら今後の行く末を昌幸と共に話し始めるも、ここで昌幸は家康の暗殺を企てようとする。しかし暗殺は失敗し秀吉は死去したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第30話は大地震に見舞われ再び大坂城に戻った秀吉だったが秀吉の老化は急激に訪れていた。そんな中既に政治手腕を振るう事すら難しい事がわかる出来事が起きた事で秀吉が既に政治を行う事が難しいと周りが悟る。そんな中で家康が秀吉の容態を調べ始める。一方信繁も身近で老いていく秀吉に戸惑いを感じながらもこれから生き抜く道を考えなければならなかった。そんな中で秀吉は2度目の朝鮮出兵、上杉の会津転封という手を打ったが、秀吉の死期は目の前に迫っていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第29話は信繁は吉継の娘春を正室に迎えた。信幸は伏見城築城普請するがなかなかうまくいかない。一方できりは細川ガラシャと接点を持つようになるが、そんな中秀吉が急激に老いてきた事で政権が揺るぎ出していくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第28話は秀次が関白の座を放棄し聚楽第から逃走する。信繁は秀次を説得するが秀次は既に関白に戻るつもりはない。そんな中で秀吉から信繁に吉継の娘春との結婚を命じられる。そんな中で秀次は高野山へ向かうが、そこで自害して果てた。この自害に秀吉の怒りは頂点に達して秀次の血縁関係者諸共処刑するという暴挙に出る。その中で助かった秀次の娘は奇跡的に助かり信繁は秀次の娘を側室として迎える事を秀吉に進言したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「真田丸」第27話は秀吉に男子が誕生した事で関白となった秀次の精神状態が不安定になった。秀次は秀吉が自らを排除しようとしていると感じ、不安に苛まれる。一方信繁は秀吉から官位を授かり、当初は信繁だけだったが、兄信幸の事を考慮し1度は辞退を申し出るが、秀次の裁量で兄信幸も官位を受ける事になったが、これを知った信幸は激怒する。そんな中秀次の弟が亡くなり、これが秀吉との大きな溝となり秀次は高野山へ向かうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ