オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:小笠原道大

5
14日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、5対9で巨人が下位打線の集中打で試合を決め4カード連続勝ち越しを決めた。試合は横浜先発藤江投手、巨人先発グライシンガーの投げ合いで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手の内野ゴロの間に1点を先制するが、その裏横浜は4番村田選手の2ランで逆転を許す、しかし巨人は3回に3番小笠原選手のホームラン、8番鶴岡捕手の犠牲フライ、9番グライシンガーのタイムリーで逆転に成功すると、4回にも5番李、7番脇谷選手、8番鶴岡捕手のホームランで試合を決めた。投げては先発グライシンガーが5回に4番村田選手にホームランを許すも8回まで投げ切り、最後は抑えのクルーンが復帰戦を締めて巨人は4カード連続勝ち越しを決めた。これで巨人は4カード連続勝ち越しを決めて交流戦前最後の広島戦で5カード連続勝ち越しを目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、8対7で巨人が坂本選手の逆転2ランで接戦を制し対中日戦2度目の3タテで9連戦を7勝2敗で乗り切り貯金を12に伸ばした。試合は巨人先発東野投手、中日先発川井投手の投げ合いで始まり、初回に両チームとも1点ずつを入れて2,3回に中日が3点をリードするが、4回に巨人は6番李の2点タイムリー2ベースで1点差とすると、5回には3番小笠原選手、4番ラミレスの連続ホームランで逆転に成功する。しかし中日は7回に4番ブランコの犠牲フライで1点差とすると、8回に代打立浪選手のタイムリー2ベース、1番井端選手のタイムリーで逆転を許すが、その裏1番坂本選手の逆転2ランでリードを奪った巨人が最後は5番手山口投手、6番手マイケル、7番手越智投手で何とか逃げ切り巨人は対中日戦2度目の3タテを達成して9連戦で7勝2敗で貯金を12に伸ばした。これで巨人は貯金を2桁に乗せて交流戦前最後の6連戦で連続カード勝ち越しを目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
8日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、10対4で巨人が小笠原選手の3ランなどで中日を圧倒し今季初の貯金10へ乗せた。試合は巨人先発グライシンガー、中日先発山井投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手の3ランで先制すると、3回には6番李の2ランでリードを広げるが、4回に中日は4番フランコのホームランなどで2点を返すが、その裏巨人は4番ラミレスのタイムリーで5回には1番坂本選手の犠牲フライなどで再び突き放し、中日は6回に2点を返すも8回に巨人は6番李の2点タイムリーでダメ押しをした。投げては先発グライシンガー、2番手西村投手、3番手マイケル、4番手豊田投手と繋ぎ逃げ切った。これで巨人は9連戦勝ち越しを決めて3カード連続勝ち越しに大手を掛けた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
6日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、3×対2で巨人が坂本選手のサヨナラホームランで勝利し連敗を2で止めた。試合は巨人先発尚成投手、横浜先発マストニーの投げ合いで始まり、初回に巨人は2番松本選手のタイムリー3ベースで1点を先制すると、3番小笠原選手の内野ゴロの間に1点を追加し2点をリードする。しかし横浜も4回に3番内川選手のホームランで1点差に迫ると、5回に7番金城選手のホームランで試合を振り出しに戻し両者譲らないまま9回裏巨人は1番坂本選手がレフトへサヨナラホームランを放ち試合に終止符を打った。これで巨人は連敗を2で止めて横浜戦勝ち越しを目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
3日阪神甲子園球場で阪神対巨人戦が行われ、0対4で巨人が坂本選手の2本のタイムリーと初先発ゴンザレスの好投で完封リレーで対阪神戦11連勝に伸ばした。試合は阪神先発ジェン、巨人先発ゴンザレスの投げ合いで始まり、2回に巨人は8番坂本選手のタイムリーで先制すると、5回に3番小笠原選手の2点タイムリーで3点をリードする。先発ゴンザレスは7回を無失点に抑え、2番手豊田選手が捕まるものの、失点を許さず、3番手山口投手、4番手越智投手が抑え巨人は対阪神戦11連勝に伸ばした。これで巨人は9連戦最初のカードを勝ち越し、9連戦勝ち越しへ大きく前進した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
16日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行なわれ、6対2で東京ヤクルトが川島選手の3ランで巨人を突き放し逃げ切り、巨人は連勝が6でストップした。試合は東京ヤクルト先発館山投手、巨人先発内海投手の投げあいで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手のホームランで先制するが、東京ヤクルトは2回に8番相川捕手の内野ゴロの間に同点に追いつき、5回には2番川島選手の3ランで内海投手をKOしてリードを広げるが、巨人は6回に3番小笠原選手の2本目のホームランで2点差にするが、その裏東京ヤクルトは7番宮本選手のタイムリー3ベース、8番相川捕手の犠牲フライで追加点を上げて、東京ヤクルトは2番手五十嵐投手、最後は抑えの林昌勇を投入して逃げ切った。これで巨人は連勝が6でストップした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行なわれ、2対9で巨人が小刻みに得点を重ね終盤の猛攻で圧勝し3連勝で貯金生活に戻した。試合は横浜先発ウォーランド、巨人先発グライシンガーの投げ合いで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリー2ベースで先制するが、2回に横浜が4番吉村選手のホームランで同点に追いつく。しかし3回に巨人は3番小笠原選手のタイムリー2ベースで勝ち越すと、5回に7番坂本選手のタイムリーで追加点を上げて、7回に巨人は一挙4点を上げて試合を決めた。8回にも2点を追加した巨人は投げては先発グライシンガーが6回を1失点に抑え、2番手豊田投手、3番手山口投手、4番手越智投手のリレーで逃げ切った。これで巨人は横浜戦3タテで貯金生活に戻し阪神戦へ挑む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
8日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行なわれ、1対12で巨人が小笠原選手の2ホームランなどで打線が爆発し2連勝で勝率をに戻し横浜戦勝ち越しを決めた。試合は横浜先発工藤投手、巨人先発福田投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手の2ランで先制すると、3回に1点、4回には6番アルフォンゾのホームラン、5回には3番小笠原選手のホームラン、8番坂本選手の2ランで大量4点を上げて試合を決めた。投げては先発福田投手が5回に1失点をしたものの、余裕の継投で逃げ切り圧勝で巨人は勝率を5割に戻した。これで巨人はわずか2日で5割に戻し打線にもエンジンが掛かってきた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行なわれ、1対5で巨人が5回の集中打で試合を決めて今季初勝利を上げた。試合は横浜先発寺原投手、巨人先発尚成投手の投げ合いで始まり、4回に巨人が4番ラミレスのタイムリー2ベースで1点を先制すると、5回に3番小笠原選手、4番ラミレス、6番阿部捕手のタイムリーで一挙4点を上げて試合は完全に巨人のペースで進む。6回に1点を失ったものの、巨人はその後2番手豊田投手、3番手マイケル、最後は抑えのクルーンが抑え巨人は今季初勝利を上げた。これで巨人は開幕からの連敗を2で止めて今季のスタートを切った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
3日プロ野球セントラルリーグが開幕し、昨年の覇者巨人は広島と対戦し、3対6でグライシンガーが4回に捕まり開幕戦を飾れなかった。試合は巨人先発グライシンガー、広島先発ルイスの投げあいで始まり、初回に広島が4番栗原選手のタイムリーで1点を先制するが、巨人は3回に3番小笠原選手の2ランで逆転し、4番ラミレスの連続ホームランで3点を返す。しかし広島は4回に先発グライシンガーを捕まえ、5番シーボルの2ランで同点に追いつくと、1番赤松選手の逆転タイムリー、2番東出選手のタイムリーで一挙3点を上げてリードしグライシンガーをKOした。その後巨人は広島先発ルイスを攻略できず、最後は抑えの永川投手に抑えられ開幕戦黒星スタートとなった。これで巨人は2年連続黒星発進となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
19日(日本時間20日)第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド1組1位決定戦日本対韓国戦が行なわれ、6対2日本が韓国投手陣を攻略し1位で通過しアメリカとの決戦に挑む。試合は日本先発内海投手、韓国先発張ウォン三の投げ合いで始まり、初回に韓国が3番金賢洙のタイムリーで先制を許すが、2回に日本が6番内川選手のホームランで同点に追いつくと、2死1,3塁から9番片岡選手のタイムリーで逆転に成功する。その後先発内海投手、2番手小松投手が抑えて迎えた7回に日本は無死1,2塁のチャンスにイチローがセンターフライ、2番中島選手が併殺打でチャンスを潰すと、その裏韓国に3番手田中投手が6番李机浩のホームランを打たれ同点に追いつかれる。しかし日本は8回にこの回先頭の3番青木選手のセーフティバントで出塁すると、代打稲葉選手のヒットでチャンスを拡大し、代打小笠原選手の勝ち越しタイムリーで勝ち越しに成功すると、6番に入っていた亀井選手が送りバントを決めて、1死2,3塁から7番岩村選手の2点タイムリーで流れは完全に日本に傾いた。9回には1番イチローの2ベースから3番青木選手のタイムリーで駄目押しして、最後は抑えの藤川投手が抑えて日本は1位で第2ラウンドを通過した。これで日本は22日(日本時間23日)に前回疑惑の判定で敗れたアメリカにリベンジする事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
28日ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)強化試合日本対埼玉西武戦が東京ドームで行なわれ、2対7で日本が西武打線に攻略され課題を残す試合となった。試合は日本先発岩隈投手、埼玉西武先発ワズディンの投げ合いで始まり、1回に2死2塁で日本は4番稲葉選手のレフト前ヒットで走者青木がホームで刺され先取点を逃すと3回に埼玉西武が1番大崎選手の2ランでまさかの2失点を許す展開!4回に日本が5番小笠原選手のタイムリー2ベースで1点を返したが、打者の小笠原が3塁を狙いアウトになるなど走塁面でミスが連発し追加点を狙えない。4回から登板したダルビッシュが5回に捕まり1死2,3塁からスクイズで得点を許すなど守備を揺さぶられ、8回には5番手で登板した小松投手が打ち込まれ4失点と炎上し完敗した。これで日本代表は本番前に課題をどう修正するのか注目される。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日セントラルリーグクライマックスシリーズ2008第2ステージ第2戦巨人対中日戦が東京ドームで行われ、11対2で巨人が小笠原選手の2打席連続ホームランで圧勝し対戦成績を2勝1敗とした。試合は巨人先発上原投手、中日先発朝倉投手の投げあいで始まり、初回に中日が3番森野選手のホームランで先制するが、その裏巨人は3番小笠原選手の2ランで逆転すると、2回にも3番小笠原選手のグランドスラムで中日先発朝倉投手をKOした。4回にも巨人は4番ラミレスの2ランで引き離し先発上原投手を楽にした。先発上原投手は8回を2失点で抑えて第2戦を制した。これで巨人は対戦成績を2勝1敗と先行しCSの連敗を4で止めた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
5日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、3対0で巨人が上原投手の好投で中日に勝利し阪神との直接対決へ望みを繋いだ。試合は巨人先発上原投手、中日先発チェンの投げ合いで始まり、1回に巨人は1番鈴木選手の先頭打者ホームランで先制すると、4回には6番阿部捕手の2階バルコニー直撃のホームランで追加点を上げて、8回に3番小笠原選手のホームランで先制、中押し、ダメ押しした。投げても先発上原投手が7回無失点に抑え、2番手豊田投手も確り抑えたが、抑えのクルーンが1死満塁のピンチを招くが最後は代打ウッズを併殺打に打ち取り逃げ切った。これで巨人は阪神との直接対決で1位通過を掛けた戦いに挑む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
4日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、3対4で中日が中村紀の3ランで抑えのクルーンを攻略してCS進出を決めた。試合は巨人先発グライシンガー、中日先発山本昌投手の投げあいで始まり、2回に中日が4番森野選手のホームランで先制するが、4回に巨人が3番小笠原選手のホームランで同点に追いつく。そのまま試合は8回まで同点で迎えた9回に巨人は抑えのクルーンが捕まり、6番中村紀選手の3ランで勝ち越しに成功した。しかし巨人もその裏に8番坂本選手の2点タイムリーで追い縋ったが追いつけずそのまま逃げ切られた。これで巨人は阪神とのゲーム差を0.5に広げられ、中日にクライマックスシリーズ出場権を献上する失態を演じた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
30日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、0対3で巨人が小笠原選手、ラミレスのアベックホームランで快勝し1位通過へ踏み止まった。試合は横浜先発工藤投手、巨人先発尚成投手の投げあいで始まり、2回に巨人が4番ラミレスのホームランキング単独トップに立つ42号ホームランで先制すると、5回には2番木村選手の犠牲フライで1点を追加し、3番小笠原選手のホームランで突き放し、先発尚成投手は横浜打線を寄せ付けず、最後は抑えのクルーンで締めた。これで巨人は試合のなかった阪神に対してプレッシャーをかける事に成功し直接対決まで勝ち続ける。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
22日広島市民球場で広島対巨人戦が行われ、1対9で巨人が小笠原、ラミレスのアベックホームランで圧勝しCS進出を決めた。試合は広島先発大竹投手、巨人先発尚成投手の投げあいで始まり、初回に巨人が4番ラミレスの2ランで2点を先制すると、3回には3番小笠原選手の2ランで2点を追加し、4回には1番亀井選手のタイムリー追加点を上げた。広島も5回に8番小窪選手のホームランで1点を返したが、先発尚成投手はこの1点に抑え、巨人は6,7回に4点を上げて試合を決めた。これで巨人は19年ぶりの11連勝でCS進出を決めて阪神との首位争いを10月まで続けていく事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
20日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、9対1で巨人が3番小笠原選手、4番ラミレス、5番李のホームランで2回で試合を決めて怒涛の9連勝で1ゲーム差とした。試合は巨人先発内海投手、阪神先発下柳投手の投げあいで始まり、初回に巨人が4番ラミレスの3ランで先制すると、続く5番李のホームランで4点を先制すると、2回には3番小笠原選手の2ランで下柳投手をKOした。投げては先発内海投手が8回を1失点に抑えて阪神打線を寄せ付けなかった。これで巨人は怒涛の9連勝で1ゲーム差とし次の試合で10連勝するとゲーム差なしになる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
19日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、6対4で巨人が坂本選手の3打点の活躍で勝利し阪神との初戦を制し2ゲーム差に急接近した。試合は巨人先発グライシンガー、阪神先発安藤投手の投げあいで始まり、2回に巨人が8番坂本選手のタイムリー3ベースで先制すると、4回にも8番坂本選手の2点タイムリー2ベースで3点をリードする。阪神は5回に代打葛城選手の犠牲フライで1点を返すが、その裏巨人は1番鈴木選手のホームランで突き放す。しかし6回に阪神は6番関本選手、7番林のタイムリーで1点差に迫るが巨人は7回に3番小笠原選手の2ランで試合を決定的にした。投げては先発グライシンガーが7回3失点で抑え、2番手越智投手が3番今岡選手にホームランを浴びるが、3番手山口投手が後続を抑え、最後は抑えのクルーンが締めて天王山初戦を制した。これで巨人は大事な初戦を取り阪神とのゲーム差なしまであと2勝と迫った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
5日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ、0対8で巨人が小笠原選手のタイムリー、由伸選手の2ランなどで快勝し阪神と3.5ゲーム差まで縮まった。試合は東京ヤクルト先発川島投手、巨人先発グライシンガーの投げあいで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリー2ベースで先制し、6番二岡選手のタイムリーで2点目を上げる。5回には5番由伸選手の2ランで追加点を上げると、7回に一挙4点を上げて勝負を決めた。投げても先発グライシンガーが安定した投球をみせて14勝目を上げた。これで巨人は首位阪神とのゲーム差が3.5と縮まりいよいよ首位が見えてきた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
3日京セラドームで巨人対広島戦が行われ10対9で巨人が小笠原選手のサイクルヒットなどノーガードの打ち合いを制した。試合は巨人先発上原投手、広島先発高橋投手の投げ合いで始まり、両チームとも激しい点の取り合いを繰り広げ、8回に巨人が4番ラミレスの3ランで決めたかに思われたが9回に抑えのクルーンが自滅寸前まで追い込まれたが何とか逃げ切った。これで巨人は阪神とのゲーム差を5まで縮めてかろうじて優勝への望みがみえてきた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
28日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、7対1で巨人が初回に3番小笠原選手、4番ラミレス、5番谷選手の3者連続ホームランで圧勝し上原投手に2年ぶりの先発勝利を上げた。試合は巨人先発上原投手、横浜先発ウィリアムスの先発で始まり、初回に横浜が3番内川選手のタイムリー2ベースで1点を先制するが、その後守備の好守で追加点を許さない。その裏巨人は1死2塁から3番小笠原選手のセンターへの2ランで逆転すると、4番ラミレスのレフトへのソロで追加し、5番谷選手のライトへのソロで4点を奪った。その後5回にも追加点を上げた巨人は先発上原投手が5回1失点で抑え、その後東野、山口、林投手のリレーで逃げ切った。これで巨人は同一カード3連勝で4連勝とし甲子園に乗り込む事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
3日ナゴヤドームで中日対巨人戦が行われ、2対4で巨人が3番小笠原選手の2ランで中日に競り勝った。試合は中日先発中田投手、巨人先発グライシンガーの投げあいで始まり、初回に巨人が4番ラミレスのタイムリーで先制するが、その裏中日が3番中村紀選手のホームランで同点に追いつく、その後両チームとも得点できず迎えた7回に3番小笠原選手の2ランなどで巨人が勝ち越し、投げては先発グライシンガーが8回1失点で抑え、最後はクルーンが締めて後半戦スタートを幸先よく勝利した。これで巨人は五輪代表がいない中日相手に勝利し、貯金を10の大台に乗せた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
27日東京ドームで巨人対東京ヤクルト戦が行われ、7対0で巨人が小刻みに得点を重ねて同一カード3連勝で4連勝とした。試合は巨人先発木佐貫投手、東京ヤクルト川島投手の投げあいで始まり、初回に巨人は5番由伸選手のタイムリーで1点を先制すると、2回にも1番鈴木選手のタイムリーで追加点を上げた。5回に3番小笠原選手のタイムリー2ベースで中押しすると、6回に6番李の今季初ホームランで追加点をさらに上げ、代打二岡選手のタイムリーで試合をほぼ決めた。投げては先発木佐貫投手が6回無失点で抑え、その後西村、藤田、東野投手のリレーで完封した。これで巨人はオールスター前貯金10以上に王手をかけた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、6対7で巨人がラミレス、小笠原選手のホームランなどで逃げ切った。試合は横浜先発那須野投手、巨人先発グライシンガーの投げあいで始まり、初回に巨人が2番岩館選手の内野ゴロで先制すると、3回には4番ラミレスの特大3ランで、5回には3番小笠原選手のホームランなどで7点を奪った。しかし横浜も8回までに1点差と迫ったものの、最後は抑えのクルーンが抑え逃げ切った。これで巨人は連敗を2で止めた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
13日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、巨人が3番小笠原選手の3試合連続ホームランで勝利し横浜戦3タテを達成した。試合は巨人先発バーンサイド、横浜先発ウッドの先発で始まり、初回に巨人が3番小笠原選手の2ランで先制すると、先発バーンサイドが5回まで無失点の好投をする。6回に巨人は4番ラミレスのタイムリーで追加点を上げた巨人は上原、豊田、そして抑えのクルーンに繋ぎ完封リレーで逃げ切った。これで巨人は最下位横浜相手に確り貯金を稼ぐ事に成功した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
12日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、5対4で巨人がお家芸の空中戦を制し3連勝とした。試合は巨人先発尚成投手、横浜先発吉見投手の投げあいで始まり、初回に横浜が1番大西選手の先頭打者ホームランで先制すると、巨人もその裏3番小笠原選手、4番ラミレスの連続ホームランで逆転に成功する。3回には横浜は2番仁志選手のホームラン、その裏巨人は4番ラミレスの2ランでホームラン合戦となるが、7回に3番小笠原選手の勝ち越しホームランで振り切った。これで巨人は今季初の貯金5として貯金を重ねてきた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
6日ナゴヤドームで中日対巨人戦が行われ、7対3で巨人がラッキー7の猛攻で逆転に成功し中日戦勝ち越しを決めた。試合は中日先発チェン、巨人先発木佐貫投手の投げあいで始まり、4回に中日が8番谷繁捕手のタイムリー2ベースで2点を先制すると5回にも2番小池選手のホームランで追加点を上げた。巨人は6回に4番ラミレスのホームランで1点を上げると、7回に3番小笠原選手のグランドスラムで逆転に成功し、9回にもダメ押しの追加点を上げた。投げては木佐貫投手が6回3失点で抑え、上原、豊田、クルーンのリレーで逃げ切った。これで巨人は2カード連続勝ち越しに成功し貯金を3とした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
5日ナゴヤドームで中日対巨人戦が行われ、7対2で巨人が序盤の猛攻で中日を圧倒し連敗を阻止した。試合は中日先発小笠原投手、巨人先発尚成投手の投げあいで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリー2ベースで先制すると初回に4点を先制するが、その裏中日も4番ウッズ、6番中村紀選手のタイムリーで2点を返すが、2回に巨人は3番小笠原選手の2ランでリードを広げた。6回途中から上原投手がリリーフで登板しピンチを凌ぐと、その後中日の反撃を許さず勝利した。 これで巨人は中日戦の連敗を4で止めた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
3日東京ドームで巨人対東京ヤクルト戦が行われ、5対1で巨人がグライシンガーの復活投球と小刻みに得点を重ね勝利した。試合は巨人先発グライシンガー、東京ヤクルト先発加藤投手の投げあいで始まり、初回に5番谷選手の内野ゴロで1点を先制すると、5回に3番小笠原選手のホームランで追加点を上げて、6回に6番阿部捕手、8番坂本選手のタイムリーで2点を追加した。8回に1番由伸選手の2ランで止めを刺した巨人は交流戦後初の勝ち越しに成功した。これで巨人は貯金2に増やして敵地名古屋、大阪へと乗り込む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ