オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:小柳友

5
7月20日公開の映画「BLEACH」を観賞した。この映画は人気漫画「BLEACH」を実写化した作品で霊感を持つ高校生がある日突然悪霊退治をする事になり、悪霊というバケモノを倒していくストーリーである。 悪霊を倒した先にみるのは果たして何なのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ゴーストライター」最終話はリサから小説のデータを渡された由樹だったがやはりリサの名前で出せないと断りを入れた。そんな由樹はリサの原稿を出版社に持ち込むがうちでは出せないと断られる。諦め切れない由樹はその原稿を小田に渡した。それを読んだ小田はその衝撃度に是非とも出したいと神崎に申し出るも断られ、小田は鳥飼常務にもお願いするもうちから出せないと返答を受けた。それでも諦め切れない小田は由樹に共作で出さないか?と持ち掛けてそれをリサにも持ち掛ける。そしてリサもその案を受け入れ、自主出版として出版される事が決まった。そして出版した書籍は話題性もあり50万部以上の大ヒットを記録して由樹とリサは復活し、由樹とリサそれぞれが別の小説を同時に出版する事で由樹のゴーストライターという肩書も消え2人で堂々と出版のヒットを記念したパーティーに出席した。そして由樹とリサはそれぞれ作家の道を歩み出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ゴーストライター」第9話は小説家を辞めたリサは元子の介護に専念していた。その頃由樹は小説を書きながら多忙な日々を送っていたが次々と来る出版の依頼に疲弊し始めていた。さらに由樹には元ゴーストライターの肩書が重く圧し掛かりそれが次第に由樹を追い込んでいた。一方リサはそんな中で2年以上の執筆をしていなかった事でこれまで疲弊していた想像力と推理力が再び甦ってきて再び執筆し始めた。そしてそのタイミングに合わせたように由樹から連絡が入り、引き出しが無い事に対する限界を口にした事でリサは自ら書いた何処にも出せない現行を由樹に渡して由樹はその原稿を川原由樹として出版しようとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ゴーストライター」第8話はゴーストライターの存在を認めたリサは後日謝罪会見を開く事になった。これにより由樹は一躍時の人となり、マスコミも読者も注目するようになる。一方謝罪会見を開いたリサは全て自分1人でやった事だと謝罪したが、全てを話したとは思われなかった。一方由樹はこれにより元リサのゴーストライターとして作家としてデビューする事になった。それにより追われたリサだったが、リサもまたようやく自由を手にした安堵をしていたが、それによりリサの秘書美鈴は職を失う事になった。由樹は小説を書き始めるも願った世界だったが思うように小説を書けない重圧に襲われる。そんな中でリサが間違えて由樹を刺そうとした秘書の美鈴に刺されたが命は取りとめた。そんな中リサと由樹は由樹がリサが味わってきた重圧を味わい始めていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ゴーストライター」第7話は裁判で勝訴したリサは何とか世間のバッシングを由樹に向ける事に成功したが由樹は心労で倒れてしまう。由樹は退院するも実家にはマスコミが押し寄せ、そのショックから話す意欲も無くなる。一方リサは引退を決意したが、タイミングがタイミングだけに周りは不安を覚えたが会見では引退する事を自らの口から発表した。しかしその頃由樹は小説を書こうとするもなかなか書けない。一方リサも引退を宣言したものの、孤独感に苛まれていた。そんな中リサは神崎と温泉旅行へ行くが、そこで火事に遭遇してしまいリサは死のうとするも死に切れず助かってしまう。そしてリサは裁判での証言とは異なりテレビで由樹がゴーストライターの作品を数々を述べてカミングアウトしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ゴーストライター」第6話はエターナルレシピの完成披露試写会でリサの前に由樹が現れリサのゴーストライターだという事を暴露し会場は騒然となった。しかしその場はすぐに事態の収拾に入った事で新聞紙上では掲載される事は無かったが、SNS上では遠野リサのゴーストライターの話題で持ち切りとなり、収拾させる事が困難になっていた。そんな中出版社は遠野リサがゴーストライターを使っていた事が事実となると売り上げに影響が出るだけに何としてもなかった事にしなければならなかった。そして遠野リサは川原由樹を提訴して裁判となる。そして裁判では遠野リサは徹底的に嘘を突き通して川原由樹を追い込むシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ゴーストライター」第5話はすっかりリサのゴーストライターになっていた由樹は全ての連載小説を任されていた。そんな中リサは自らの引退で由樹との関係を清算しようと考えていたが、由樹は全てを遠野リサに奉げる事を決意していた。そんな中で原作映画の完成を持ってリサの引退が決まるが、由樹には直前まで伝えず、伝えられた由樹は動揺して落胆する。そしてその直後に元恋人が結婚する事を聞かされ全ての緊張の糸が切れた由樹はある行動に動く。そして完成披露試写会でリサの前に由樹が現れ、由樹は自らの言葉でリサのゴーストライターである事を暴露したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ゴーストライター」第2話は正式に遠野リサのアシスタントになった由樹はリサにもうすぐ結婚するのでそれまでアシスタントをやりますと告げる。しかしリサは小説のプロットを書くように命じて由樹は改めてリサのゴーストライターへの道を歩み始めた。それを知った婚約者の浩康は止めようとするも由樹はリサのアシスタントを続けたいと思い始める。そんな中でリサの指導の下で由樹はプロットを書き始めるとその才能を開花させていく事になっていくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ドラマ「ゴーストライター」は人気作家がアイディアに行き詰りアシスタントとして入った作家志望の人にゴーストライターとして自分の身代わりになって書かせるが、次第に軋轢が生じてくるストーリーである。昨年ゴーストライターで世間を騒がせたが、実際のゴーストライターの存在にクローズアップしながら追っていくと色々と考えさせられる事になるかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「アオハライド」は咲坂伊緒原作の漫画を映画化した作品で4年ぶりに再会した友人に再び恋をするが、依然と違う態度に困惑しながらも再開した友人の過去を知っていくうちに好きな人に立ち直ってほしいと奮闘する青春が描かれるストーリーである。人は色々な経験をして成長して行くけれど、その過程で大きなショックを受ける出来事にあった時第3者としてどう向き合うべきなのかを考えさせられる事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「カラスの親指」は詐欺師のコンビがある日突然少女を助けた事で姉妹とその恋人との共同生活をする事となり、過去の因縁から5人は狙われてしまうが、5人は最後の大勝負を掛けて因縁の相手を騙すストーリーである。悪い奴を騙すストーリーは痛快だが、それ以上にもう1つ騙されたストーリーにも感動し、この結末を知るまで目が離せないだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ