オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:小日向文世

3
13日ドラマ「危険なビーナス」最終話を視聴した。 今回は遺産は均等に分けられる事になりそうだったが、牧雄が登場して話は再び振出しに戻った。そんな中で伯朗は何者かに明人が誘拐されている事を公表し助け長ければ祥子の遺品にある事で実家を再び調べる事にした。 しか ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
6日ドラマ「危険なビーナス」第9話を視聴した。 今回は明人が行方不明のまま親族会が開かれる事になったが、やっぱり伯朗も元美も楓は怪しいと睨む。 そんな中で楓と勇磨が2人で現れて3人で組まないか?という事を持ちかけるも伯朗はそれを拒否する。そんな中で元美は伯朗 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
29日ドラマ「危険なビーナス」第8話を視聴した。 今回は康治氏が研究していたという資料を牧雄が探している事を知り、伯朗は死に際が目前に迫った康治氏を訪れるも何も答えてくれなかった。 そんな中で伯朗は佐代と再び話す事となり、そこで佐代から楓と勇磨が繋がっている ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日ドラマ「危険なビーナス」第7話を視聴した。 今回は実家がまだ残されている事が判明しそこで色々な事を調べていると明人が数年前にこの家に来ていた事を知る。 そこから伯朗は禎子の死を知っているのではないかと佐代を訪ねる。実は佐代は伯朗の動物病院を偵察させてい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
15日ドラマ「危険なビーナス」第6話を視聴した。 今回は明人の行方を追っていた伯朗だったが、その明人の写真の裏には何処かの鍵が隠されていた。 一方で禎子の遺品を受け取った伯朗はそこで禎子が亡くなった時の状況を改めて聞くもどうも不自然な死に方だったようだ。 そ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
8日ドラマ「危険なビーナス」第5話を視聴した。 今回は伯朗の下に康治が殺されるという手紙が届く。送り主不明のこの手紙に伯朗は楓と共に康治が眠る部屋でどうやって犯人を捜そうか考えていた。 そして思いついたのが原始的な自らベットの下に隠れる事だった。しかしこの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日ドラマ「危険なビーナス」第4話を視聴した。 今回は百合華が祥子が行方不明になった事で祥子の行方を捜す事になった伯朗だったが、調べれば調べるほど矢神家の人脈の様々な事が明らかになっていく。 そんな中で祥子の夫である隆司は看護師の長峰と不倫をしている事が判 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
25日ドラマ「危険なビーナス」第3話を視聴した。 今回は楓が何者かに歩道橋の階段から突き落とされたが、楓は軽症で済んだ。誰が楓を狙ったのかを調べ始めた伯朗と楓だったが、楓はシャンプーの匂いで犯人を捜そうとする。 そして色々な女性の匂いを調べていた楓だったが、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
18日ドラマ「危険なビーナス」第2話を視聴した。 今回は伯朗と楓は来るのを待っていた牧雄がエスカレーターから突き落とされた事を知り屋敷の誰かが犯人なのかと即屋敷に向かう。 そんな中で楓の行動が怪しいと感じた伯朗だったが、勇磨から楓のスマートフォンを取るように ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

10月11日スタートのドラマ「危険なビーナス」を視聴した。 このドラマは東野圭吾原作の「危険なビーナス」を実写ドラマ化した作品で30億の遺産を巡る争いに巻き込まれ縁を切ったはずの男が血のつながる弟が相続人となった事で相続争いに巻き込まれ、その妻と名乗る女と共に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7月23日公開の映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」を観賞した。 この作品は2018年4月期に放送され、2019年5月に公開された劇場版の続編となる作品で、シンガポールを舞台に10兆円を超えるお宝をゲットする為に侵入するが、そこでは数多くの困難な状況が待ち構えてい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7月26日公開の映画「アルキメデスの大戦」を観賞した。 この映画は戦艦大和の建造を阻止したい山本五十六たちが戦艦大和の建造の見積りに違和感を感じてその見積り根拠を見破る為に天才数学者を引き入れて戦艦大和建造を阻止しようとするストーリーである。 戦艦大和の建造 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1月18日公開の映画「マスカレード・ホテル」を観賞した。 この映画は東野圭吾原作の長編ミステリーを映画化した作品でホテルに殺人予告を受けた事により潜入捜査をする事になった刑事がホテルのフロントクラークの指導を受けながら事件を追い犯人を突き止めていくストーリー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1月27日公開の映画「祈りの幕が下りる時」を観賞した。 この映画はドラマ新参者シリーズの最後となる作品で自らの過去と向き合う事になった加賀恭一郎は腐敗して見つかった女性の殺害事件を追っていくうちに自らの母の最期を知っていくストーリーである。日本橋で長年離れな ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
12月1日公開の映画「鋼の錬金術師」を観賞した。 この映画は荒川弘原作の人気漫画鋼の錬金術師を実写化した作品で等価交換錬金術を用いて亡くなった母親を取り戻そうとした兄弟が弟の体を持っていかれてしまい残された兄が弟の魂を宿した鎧と共に自分たちの体を取り戻しに行 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7月8日公開の映画「メアリと魔女の花」を観賞した。 この映画は米林宏昌監督3年ぶりの新作で、7年に1度しか咲かない魔女の花を手にした少女が魔法を使えるようになり力を知らずに使ってしまうがその魔女の花は恐ろしい力を秘めている事が明らかになっていくストーリーであ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「サバイバルファミリー」はある日突然原因不明の停電により全ての電気が使えなくなった世界で現代の普通の家族が生きる為に繰り広げられるサバイバル生活が描かれるストーリーである。電気が使えるようになって1世紀以上になるが改めて今の生活が電気により成り立っている事を知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「杉原千畝 スギハラチウネ」は日本の外交官として活躍していた杉原千畝が1939年に欧州のリトアニア・カウナスに赴任した際にユダヤ人難民を救うために政府の命に背きながらも4000人を超えるユダヤ人難民に命のヴィザを発行し多くの人たちをドイツの大量虐殺から救った真実のストーリーである。第2次世界大戦下の欧州において自らの地位を捨てる覚悟で多くの人の命を救った杉原千畝の行動は改めて命を救うのに人種は関係ないという事を教えられる事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」第8話は副院長の蓮見の視力が落ちている事に気づいた倫太郎は重大な事故になる前に休養して治療に専念するように促すが、倫太郎の診療を拒否する。しかし自らの症状を自覚している蓮見は次第に倫太郎の診療を受ける方向に傾く。そして倫太郎は蓮見がどうして目が見えなくなっていったのかを知る中で以前手術した患者に障害が残った事がキッカケだと知り、倫太郎はその患者の出来事を乗り越える必要があるという事だった。そんな中で明良の治療を進める中で明良の母親るり子が伊久美から5千万もらえる事で明良を捨てる決意を固めた。しかし明良は動揺し、その報復に倫太郎と以前撮られたキス写真を週刊誌に掲載させたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」第7話は薫の息子深也がサヴァン症候群の自閉症である事で倫太郎は向き合う事になった。サヴァン症候群は特定の能力に対して芸術的な才能を発揮する事があるのだが、深也あ美術展でグランプリを取った事から他の医師から是非研究対象にさせてほしいと薫は頼まれる。しかし倫太郎はそれを拒否し、薫も拒否した。そんな中で倫太郎は深也と向き合った事で深也が自らの強さで乗り越えようとしている事を感じ取り、薫に深也は強い子ですと告げるのだった。そんな中で明良と夢乃の人格と向き合う事になった倫太郎だったが夢乃の凶暴な人格に振り回される事になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」第6話は精神的に不安定な患者が相談に来る。その患者はストーカーに狙われているという妄想意識になっており、縋る思いで倫太郎に相談しにきたが、倫太郎はすぐには受け入れなかった。そんな中葉子が倫太郎に対する態度が何時もと違うと感じた倫太郎は百合子に変わりないかを確認するが特に変わった様子がない。そんな中明良が行方不明となり、さらに弥助が行方不明になり家まで荒らされていた。しかし程なくして弥助とあきらが発見され、明良は夢乃の人格に苦しめられていた。倫太郎は明良に伊久美と同行して治療するように告げて翌日葉子から倫太郎に好きですと告白されるが、倫太郎は断り、吹っ切れた葉子は患者に対してこの未練を断ち切る気持ちを寄り添って患者の気持ちを包み込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」第4話はバレエのプリマドンナの患者が診察中に医師の宮川からセクハラされたと訴えられる騒動が起きた。映像では突然患者が乱したところに宮川がなだめに行ったところだった。そんな中でその患者の娘が行方不明になるが、患者の娘は夢乃と一緒に観覧車に乗っていたところを発見される。倫太郎はこの患者が娘を叱る姿に解離性同一障害の疑いを持つ。そして話を聞いているうちにその患者の過去には辛い事があった事を知った倫太郎は娘が踊る姿が患者にとって辛い事を自覚させて治療に専念する事を諭した。一方夢乃は母親から多額のお金を要求されている事に苦悩していた。そして夢乃のまた解離性同一障害である事が判明するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」第3話はDVの疑いがある患者が救急搬送されてきた。運ばれた本人はDVを否定するもDVの可能性は高いと倫太郎は感じるもそれ以上追及せず、逆に研修医に川上葉子がDVを疑い倫太郎に診療を強く推し進める。そんな中で倫太郎に夢乃から700万円貸してほしいという連絡が入ったが倫太郎はまずどうして夢乃が700万貸してほしいのか話を聞く必要があった。そんな中で患者の夫に問題があるのではないかと倫太郎は医者である夫と共に当直をすると夫が無意識に叫んでいる症状を確認し夫が極度のストレスで患者の妻に当たっている事を確認し、夫を楽にさせたが、それは妻が夫を守るために耐えていた事を知る。そして妻は夫から送られた花に花言葉で諭すシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」第2話は小説家の診療する事になった倫太郎だったが、倫太郎のやり方では時間が掛かり過ぎると担当医から外れるも、倫太郎はその小説家の症状に疑問を持っていた。そんな中夢乃からお金が必要と言われて雪乃の口座を渡される。そんな中で倫太郎は小説家の秘書は実は自分の娘だと知った中で小説家の症状はその娘が原因である事を突き止めた。そして倫太郎はその症状の原因を小説家にハッキリさせるために娘との対面で症状を自覚させた事で自らの症状の原因を自覚させた事で小説家の症状は改善させる事に成功したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「Dr.倫太郎」は精神科医の男性が心の病んだ人たちに寄り添って心の治療を行っていく医療ドラマである。精神的に病んでいる今の社会にとってこのドラマは色々な面で向き合えるドラマになるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「舞妓はレディ」は地方から舞妓になりたいとやってきた少女が舞妓になるために様々な厳しい修行を経て舞妓になっていくストーリーである。昨今の人手不足により伝統芸能の存続危機に瀕している中でどういう人が後継者に相応しいのかを考えて行く必要はあるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」最終話は殺人容疑で送致されていた被疑者を久利生は冤罪の可能性がありながらもそれを承知で起訴して裁判に持ち込まれた。しかし肝心の事件を起訴した元検事は証言を求めても拒否し続け決定的な証拠を得られない。そんな中で始まった裁判は当初は久利生の不利で始まった裁判は久利生は追起訴という形で裁判を継続する。しかし世間、マスコミは警察の冤罪を追及されるが、久利生は真実を追求した結果起訴したと牛丸次席は説明する。そんな中で元検事を説得しようと田村検事、馬場検事、宇野検事が行くも尽く門前払いを食ってしまうも、そこに末次事務官がこのままで本当に良いんですか?と問い掛ける。しかし法廷に現れたのは被告人の証人としてだった。しかし久利生はそこで元検事に質問を問いかけて法廷の場はどんな場所なのか?という事を問いかけると元検事は自ら下した起訴は間違いだったと認め、これにより裁判は逆転で被告人の無期懲役が言い渡され、久利生は見事に事件を解決して見せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」第10話は久利生と麻木が特捜部の応援で東京地検へ向かう。特捜部では現職大臣と建設会社の贈収賄を裏付けるための証拠固めが行われていた。久利生が任されたのは運転手に調書にサインさせるという何の根拠もない起訴だった。疑問に感じた久利生は運転手の再度聴取しそこで運転手は当時休みで寝ていて映画館で映画を観ていたと証言し、状況証拠集めを開始する。そして証言通り映画館のチケットが見つかり、さらに聴取すると芸人を見てこけたという証言を立証するため芸人に会うと、今度は芸人が会って話し、その場にいたタクシーのドライブレコーダーで写っている事が判明し運転手はシロとなったが、久利生は特捜部の手伝いをクビになった。一方城西支部では殺人容疑で捕まった被疑者が以前にも発生した通り魔事件の容疑者である可能性が浮上し、更にその1件が容疑者が逮捕され既に実刑判決を受けて死亡していた。これは冤罪事件ではないかという事が浮上して久利生らは真実を追求しようと起訴に踏み切るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」第9話は麻木が注文したDVDが届かない事をぼやいていたが、そんな中仲間ひとりを集団で暴行して死なせてしまった事件で4人の大学生が暴行致死容疑で連行されてきた。4人ともそれぞれ黙秘を続けて取り調べが進まない中久利生は自ら大学生が通う大学、そして食堂、さらに殺人現場となったトイレの現場検証を行った。そして久利生ら4人の検事が大学生の証言を次第に崩してきてトイレの殺害現場で大学生4人とは別の人物の諮問が検出され、その人物に任意同行してもらう事にした。そして久利生はその人物に対して大学生が次第に証言を崩していくさまから追及して行き、ついに久利生はその人物を緊急逮捕し、この事件が詐欺グループのリーダーによる殺人事件だった事を立証したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「HERO」を第8話は暴力団幹部襲撃事件で殺害したとされる被疑者が送検されてきて暴力団員との抗争という事を各検事が敬遠し、久利生がこの事件を担当する事になった。取り調べないようを読み上げると被疑者は全てを認めてこのまま起訴されるはずだったが、久利生は身代わりになって出頭したと感じ、自ら現場検証と聞き込みを開始する。しかしその前に顧問弁護士が立ちはだかり、その顧問弁護士は宇野検事が司法修習生の時の先生だった。しかし久利生にはそれは全く関係なく検証を進めると、再度被疑者に問い質す。しかし問い質した中で久利生はこの被疑者を起訴するだけの証拠がないと不起訴を決めた。しかしこれに顧問弁護士が反発し、暴力団も圧力を掛けてくるが、久利生は屈する事無く最後まで検事として示した判断の正しさを示したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ