オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:寺尾聡

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」最終話は如水は九州征伐へ向けて順調に進めていたが、その頃関ヶ原ではわずか1日で決着が付いたため如水はこれ以上の戦いは無意味と中津へ引き上げた。そして家康は長政に戦果を大いに評価し、筑前54万石を与える。如水は長政が筑前54万石を受けた事で長政にその時左手はどうしていた?と問い悔やむ。しかし如水は家康が戦のない世を作ると約束した。そして如水も家康が征夷大将軍になった直後の翌年に59歳でこの世を去った。そして11年後に大阪夏の陣が起こり、そこで豊臣家は滅亡し如水の願った平和な世が訪れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第49話はついに九州制覇へ向けて如水は豊後へ兵を進めた。三成は如水を封じるべく大友を派遣したが、如水は大友の敵じゃなく怒涛の攻撃で豊後を平定し大友氏は降伏した。一方三成も家康との決戦に向けて動いていたが、その間に長政が小早川秀秋、吉川広家を取り込みに成功しており、三成の調略は失敗に終わっていた。そしてついに関ヶ原の合戦の火ぶたが切られるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第48話は如水は三成が動いたという知らせを聞くや即光と栄を大坂から脱出させた。そして如水自身はここまで蓄えていた財を投げ打って兵を集め始めその数は1万にも上っていた。一方三成は秀頼に家康討伐の命を受けて毛利輝元らを総大将として西軍の兵を集め始める。それを知った家康は小山評定を開いて長政に正則に決意を固めさせようとしていたが、長政の事前の説得で正則は家康に付き、諸大名全員が家康に加算する事になった。そして家康、三成との激突が迫っている中で如水は疲弊したところを狙う漁夫の利の策に出る為九州討伐に打って出るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第47話は如水は家康が天下を狙っている事を察して自らは独自行動をする事を決意する。長政もまた当主として家康に組みして天下へと突き進む。そんな中如水は三成と会談し、家康の予想行動を三成に忠告するが、如水は三成に付かないと宣言して中津へと向かう。一方長政も家康との繋がりを重視するために糸と離縁し、栄を迎える。そして上杉に謀反ありと動いた家康の留守を狙って三成が挙兵し、如水もわずかな兵を率いて中津で兵を挙げたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第46話は秀吉の死去でいよいよ家康が動き出した。三成はそれを阻止せんとまず朝鮮から帰国した長政らを処分する沙汰を申告するが、これに反発した長政らは家康に助けを求め、家康は長政らの取り込みに成功した。一方如水は冷静にこの状況を伺っていた。そんな中利家が仲裁に入り家康と三成の激突は回避されたが、逆に家康の存在感を大きくさせた。そしてその直後に利家が死去した事で三成は窮地に追い込まれるが、家康のところへ逃げ込み、三成は隠居の処分を下される。如水はこの状況に家康が天下を狙っている事を読み切るも、如水は三成には付かず独自に動く事を宣言したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ