5日横浜ベイスターズの多村仁外野手と福岡ソフトバンクホークスの寺原隼人投手のトレードが発表された。多村選手はWBC代表選手で世界一に貢献したが、今季は故障でシーズンの半分以上を棒に振ったものの、前シーズンまでは2年連続30本塁打以上をマークした主砲である。寺原投手はドラフト1位で入団したものの思うように力を発揮できずにいるが、層の薄い横浜では先発ローテーションとして期待される。それぞれの思惑が一致したトレードとなった。 ... もっと読む