4日巨人対阪神戦が東京ドームで行われ、4×対3で巨人が実松捕手のサヨナラタイムリーで勝利した。試合は巨人先発金刃投手、阪神先発下柳投手の投げ合いで始まり、初回に阪神が4番新井貴選手の内野ゴロ、5番ブラゼルの2ランで3点を先制した。巨人は5回まで先発下柳投手の前に得点できず迎えた6回1死満塁から1番坂本選手の2点タイムリーで1点差にすると8回に4番ラミレスの内野安打で同点に追いついた。そして9回巨人は無死2塁から7番ライアルの打球をショート鳥谷選手が3塁に送球するが走者谷選手がセーフとなり、抑えの藤川投手を投入したが、途中出場した実松捕手が藤川投手のフォークを捉えサヨナラヒットで巨人が接戦を制した。これで巨人は連敗を阻止して阪神戦勝ち越しを狙う。 ... もっと読む