オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:宮藤官九郎

3
「極悪がんぼ」第3話はさらに借金が膨れ上がった薫は開発工事の土地買収を行っているエリアで立ち退きに合意しない夫婦がいた。立ち退かない理由はぎりぎりまで立ち退きをせず立ち退き料をつり上げる目的のようだ。それに目を付けた金子らは薫にハニートラップを仕掛けるように命じる。そして潜入した薫は証拠を掴もうと探りを入れるも逆に勘付かれてしまい返り討ちにされてしまう。そんな中で写真から免許証を利用して罠に嵌めた薫は相手から入札額の情報を知り、相手を破滅へと追いやり見事に金額を手にした。そして薫の悪い癖である同情で助けようとするが逆に警察に逮捕される事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「極悪がんぼ」第2話は薫が金子の命令で予備校からテレビ、パソコンなどを倉庫に収めていた。しかしそれらは夜逃げの為の資金稼ぎで、夜逃げされた業者はたまったものではない。様子を見に行った薫はその姿にかつての自分を思い出して、何とかしたい思いに駆られる。そんな矢先にこの目に追い込んだ和磨を見つけて一発殴り飛ばした。しかし薫は和磨を使って金稼ぎをしようと目論む。そこで冬月に相談して夜逃げにあった業者の1つ印刷業者が弁護士を使って差し押さえをするように薫は動く。そして夜逃げの品の殆どを押収した直後裁判所に差し押さえに成功し印刷業者は会社を畳まずに済んだが、薫はさらに借金を重ねたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「極悪がんぼ」は裏社会で多額の借金を背負った女が裏社会で犯罪まがいの行為で多くのターゲットから金を回収して行く極悪ストーリーである。借金したくてしたい人はいないが、金銭運や男運が悪いと逃れられない状況に陥った場合裏社会で生きて行くしかないのかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「大帝の剣」は戦国時代が終わった江戸時代初期の頃を舞台に1人の浪人が3種の神器を巡って旅をしながら豊臣の残党と出会って悪党を倒すというストーリーである。内容としてははっきり言って滅茶苦茶な内容となっており並の筋書きじゃないのでストーリーとして観るよりコメディSFアクションとして観る作品になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ