「くちづけ」映画は知的障害者のグループホームを舞台にした作品で知的障害者を持つ漫画家が余命わずかになった時に娘の今後について葛藤して最後の決断を下すストーリーである。知的障害者を持つ人には必ず来る問題であり、障害者を持つ人にとってもけして避けては通れない問題であるだけに最後の結末を見た時にどうすべきだったのかを考えさせられる事となるだろう。 ... もっと読む