オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:宮崎美子

5
7月20日公開の映画「未来のミライ」を観賞した。この映画は未来からやってきたミライちゃんがお兄ちゃんであるくんちゃんと接してくんちゃんの成長を見ていくストーリーである。 未来からどうしてミライちゃんが来たのか?そこを考える事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
13日ドラマ「正義のセ」最終話を視聴した。 今回は凛々子が衆議院議員の息子の殺人事件を担当する事になった。相手が衆議院議員という事で検察も慎重な捜査をする事になるが、圧力も掛かってくる。そんな中で凛々子は事件の真実を追っていくが、被害者の男性には非行歴があ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
9日ドラマ「正義のセ」第5話を視聴した。 今回は凛々子は不倫殺人事件を担当する事になり、容疑者を追い詰めようとするが、アリバイが成立しておりなかなか崩す事ができない。当日犯人は銭湯にいた事が証明されており、銭湯に何時からいたのかがポイントになっていた。凛々 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
25日ドラマ「正義のセ」第3話を視聴した。 今回は結婚詐欺事件を取り扱う事になった凛々子は被害者のお金を渡したという話を軸に被疑者を追求するもなかなかしっぽを出さない。色々と現場検証するも証拠になりそうな証拠も見つからない。そんな中で凛々子は優希とのデートで ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
18日ドラマ「正義のセ」第2話を視聴した。 今回は横浜に赴任してから初めての殺人事件を扱う事になった凛々子は頑張りますと張り切るも、殺人事件の被疑者の聴取に苦戦する事になる。被疑者の犯行手口並びに状況を照らし合わせてもどうも一致しない。そんな中で被疑者と接触 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
4月11日スタートのドラマ「正義のセ」を視聴した。 このドラマは阿川佐和子さん原作の「正義のセ」をドラマ化した作品で、2年目の検事が不器用だけれど一生懸命事件に取り組み成長していく姿を描いたストーリーである。 誰にも若き日の奮闘した日々があるものだけれど全て ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」は突然目の前に現れた男性を助けた事で半年間の同居生活が始まった女性が半年間の間に男性と幸せな生活を送るが、突然いなくなった事で男性を大切に思う気持ちが抑えられず探していくストーリーである。人は相手を知ってしまうと身を構えてしまうものだけれど、知らなければ知らないほど本当の彼を知りたくなるものなのだと思う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「100回泣くこと」は卵巣がんで余命わずかの女性が事故でかつて付き合っていた時の記憶を無くした男性と再び再会し残された時を過ごしていくストーリーである。がんと知った時、余命わずかと知った時果たして残された時間で何ができて何を伝えられるのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
スペシャルドラマ「チープ・フライト」は格安航空会社を舞台にしたドラマで大手航空会社から異動になったCAが素人ばかりが集まった中で安全を守る旅と徹底したコスト削減によりフライトして行く姿が描かれていく。今や格安で旅ができる時代においていかに安く移動するかがポイントとなっているだけにそのメリットとリスクを確り理解する上で見所あるドラマとなっている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「渾身 KON-SHIN」は隠岐の島に伝わる伝統の古典相撲を題材にした映画で20年に1度行われる古典相撲大会に出場する男が妻と駆け落ちして戻ってきた事で島の住民から心象が悪くその妻も病死した後残された愛娘と妻の幼馴染の再婚相手との家族の絆そして関係を修復されていくストーリーである。島に伝わる伝統行事を通じて描かれる家族の絆を深め修復して行く姿に最後は引き分けというお互いを思いやる気持ちを感じて終わる事だろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「華和家の四姉妹」最終話は竹美が離れ小島で大悟のリハビリを兼ねて移住した。それを知らない藤子、桜子、うめは家を出る準備を始めていた。しかしうめは納得がいかず克彦に助けを求めて、竹美のいる離れ小島へ向かい、竹美に謝罪し説得する。しかしそんな中克彦の会社の株価が上昇し克彦は社長解任の危機に立たされていた。それを知った竹美は漁船をチャーターして克彦の取締役会に向かい見事に竹美の人脈で克彦の解任を回避し、宮下を解任して一件落着し克彦が華和家の家を買い戻した。そして克彦は家族一緒の家が無ければならない事、そして家族じゃなければならない事を藤子、桜子、うめに伝え、それを受けた3人は竹美と大悟を迎えに小島へ行き、竹美は再び四姉妹と大悟たちとの暮らしに戻り、藤子は秋元の会社へ、竹美はこれまで通り美貌を活かした仕事を、桜子は念願だった部署へ転属し、うめはこれまで以上に作品作りに没頭し、幸子の旅行鞄からそれぞれへ向けた遺言が見つかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「華和家の四姉妹」第10話は大悟が突然倒れて、今後の事を話し合いが行われ、家を売却する事を検討される。そんな中で警察から大悟がエビの詐欺事件で被害者でもあり加害者でもある事を知った四姉妹はこれを解決させるために家を売却する事にした。そんな中桜子は大悟と面会し、そこで大悟が正三郎に何を話したか察して正三郎と別れる事を決める。そして竹美は大悟と子供たちを連れて行く当てのない先へ向かうが、その時克彦は会社を乗っ取られそうになるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「華和家の四姉妹」第9話は竹美と正三郎がキスした場面を克彦の部下に撮らせていた。それを証拠に克彦を大悟の元を訪れ嫉妬した腹いせに渡す。それを渡された大悟は激怒し竹美に詰め寄るが、竹美はそこで1番最初に結婚した夫と再婚すると宣言し、その場を一蹴し、後日1番最初の夫を読んで家族水入らずの姿を見せたのだった。一方桜子は正三郎の気持ちを知りながらも結婚の準備を進めていた。そんな中竹美は大悟に本当の気持ちを話し、それを知った大悟は正三郎の元へ行き、嘘でもいいから桜子と結婚してほしいと土下座されたが、その直後大悟は倒れ、くも膜下出血で予断を許さない状態になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「華和家の四姉妹」第8話は桜子は晴れて正三郎からプロポーズを受けた。その頃竹美は克彦からもう子供に会えないと告げられ、名字も華和にしてほしいと告げられ思い悩む。そんな中大悟が土下座をして戻ってきた。四姉妹は大悟を許すつもりはなかったが、竹美は何となく受け止めていたのだった。そんな中藤子は披露宴の日取りなどで準備するが、秋元との事を知り、結婚を断る事にし、相手の両親から散々罵声を浴びた。翌日出社するとネット上に藤子への嫌がらせの画像が送られ、それに抗議した藤子だったが証拠がない。しかしそこで現れた竹美が揺さぶり、やった事を白状させ結婚解消が成立したのだった。そして桜子は正三郎と婚約指輪を買いに出かけたが、そこで克彦を見かけた正三郎はどうしてここにいるのか問い質すと、再婚した事を告げられ、正三郎は衝動的に竹美の元へ走った。1人になった桜子は熱中症で倒れてしまう。正三郎は竹美と子供たちで遊園地で過ごしひと時の夏を竹美家族と過ごしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「華和家の四姉妹」第7話は竹美が正三郎から交際を申し込まれたが、竹美はあっさり断る。それでもあきらめられない正三郎は給料が出た時も竹美にアタックするが再度断られる。一方桜子は正三郎を取られまいと竹美に詰め寄るが、竹美は元々正三郎を眼中にないだけに桜子に自分の力で取り戻せと桜子に強く言う。そして藤子もまた婚約して結婚の準備に取り掛かっているが元不倫相手の事が忘れられない。そんな中行方不明だった大悟が大悟の家に転がり込んでいる事を知り、竹美は大悟に家に戻って線香を上げるように告げる。そんな中正三郎が再三竹美に断られた事でやけ酒を飲むが、これが発端でリンチを受けて、それを見た桜子が決死の覚悟で正三郎を助け、竹美には克彦が婚約者から二度と子供たちに会わないようにと言われた事を告げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「華和家の四姉妹」第6話は竹美が正三郎と朝帰りした事に克彦が問いただすが、竹美は夜明けの写真を撮っていただけと話すが克彦は信じられなかった。一方桜子もまた正三郎が竹美と会っている事を知って愕然とする。翌日桜子はその事を同僚に相談するが相談にならない。一方竹美は正三郎に付きまとわれて困っている状態だ。藤子は新しい出会いで秋元との事も含めて迷っていた。うめは吉安先輩に交際を申し込んだが断られてしまい、ある映像を見せる。竹美は克彦とはやり直せない事を直接告げて、克彦もまた諦めようとする。竹美は強気な自分を見せているものの、幸子の言葉を思い出し涙する。そして正三郎が突如駆けつけ、桜子がその現場を目撃するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「華和家の四姉妹」第5話は華和家の遺産相続で名義が幸子の名義となっていた事で、誰が相続するかで揉めてしまった。その頃清三郎は写真が否定された事でスポンサーの社長を怒らせてしまった。しかしそのスポンサーの社長は写真コンテストのスポンサーだった事で正三郎はある決断をする。そんな中竹美は老人フォームでお世話になったお年寄りの写真を撮ってほしいと正三郎に頼み撮ってもらう。その頃藤子も以前不倫関係にあった元上司と再会し、再び藤子の心が揺れる。そして花火大会の日に桜子は正三郎を待つが戻ってこず、藤子のところに老人フォームから正三郎が来ないという連絡を受けて、正三郎を探して、正三郎を女社長の魔の手から助け出し、約束の仕事に連れ戻し、何もない一夜を過ごして正三郎と竹美は別れたが、桜子は正三郎が竹美に心がある事を感じ、克彦も俺じゃダメなのか?と竹美に問いかけるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「華和家の四姉妹」第4話は幸子が亡くなり、四姉妹と大悟は憔悴し切っていた。そんな中で幸子の父東堂兵衛がやってきて葬儀を岡山で行うと言い出し、喪主も自らやると言い出す。それに竹美が通夜と告別式は幸子が33年間暮らしたこの町でやると譲らず、やるなら葬儀の交通費など全て負担するように突きつけ喪主を譲る代わりにこの街でやる事になった。そして葬儀には克彦、正三郎も駆けつけた。そして参列で喪主は藤子となり竹美は東堂兵衛を投げ飛ばした。初七日が空けたあと家族はそれぞれバラバラとなり、藤子は仕事に身が入らず、うめもまた先輩に作品を見せたら酷評され、そして悪い男に捕まってしまった。それを目撃した正三郎はこの件を竹美に伝え、それを知った竹美は藤子に連絡してうめの居場所を探す。うめは悪い男に捕まり、そして睡眠薬を飲まされたところにママからの携帯に出て、藤子と連絡が取れた。しかしうめは気を失いかけてところに竹美が現れ、男を殴り飛ばしてうめを救った。そして藤子も自信を取り戻して編集の仕事に間に合った。竹美は克彦から復縁を申し込まれ、桜子は正三郎に不信感を抱くシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「華和家の四姉妹」第3話は大悟の浮気が発覚して幸子はパリへ旅行に出かけたのと同時に離婚届を突きつけられた。それを知った四姉妹は大悟に理由を問い詰め、離婚の原因が浮気であった事が発覚すると桜子は家を飛び出した。しかし幸子は旅行中に事故に巻き込まれ、命に別条なしと診断され、帰国する事になり藤子とうめが迎えに行く事になった。そんな中竹美は元夫の克彦と子供たちの面会日という事で子供たちと克彦が会っていた。そんな中大悟は泣く泣く離婚届を提出し、それを見た竹美は大悟に気持ちをハッキリ伝えなければ逃げていると言われ、幸子の居そうなところを探す。帰国した幸子は藤子とうめを連れて東京タワーの前にいた。ここは大悟と幸子の思い出の地だった。会える寸前まで行ったものの、すれ違い、幸子は藤子の車の中で突然苦しみ出し、それを知った大悟は病院に駆けつけるが、時すでに遅く帰らぬ人となるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「華和家の四姉妹」第2話は竹美が帰ってきてからドタバタが続く中で、藤子の会社に転身してきた女性が藤子の下で働く事になった。しかしその女性は何かと藤子のマネをし始め、藤子は困惑を覚える。そして桜子の会社に再び竹美が現れ営業で訪れるが、前回の事がありさすがに来ないでほしいというが、その代わりに営業の飲料水を押し付けられる始末だ。そして藤子は次第にその女性に邪魔をされ、対立状況になっていく。そしてついに藤子は堪忍袋の緒が切れてしまったが、その女性はどういう訳か突然倒れる。そして数日後その女性の元を訪れた藤子はその女性が母子家庭で、子供と暮らすために再び大阪に戻ると告げられた。その直後藤子は交際していた男性にフラれたのだった。そして大悟は突然不倫相手の女性に刺され、病院に入院すると、幸子は突然パリへ飛び立ち、そこで幸子は事故に巻き込まれて華和家が騒然とするシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「華和家の四姉妹」は“モテ男” のパパと、パパの愛を疑わずに一途に愛を貫く少女のようなママ。そんな嘘のような鉄壁の夫婦が育て上げた “華和家の四姉妹” は、未婚に離婚、婚活、彼氏ナシと、なぜか呪われた男運の四姉妹。その中でも、次女の竹美は、離婚を繰り返して出戻り、かつ3人の子持ちという “問題児” が繰り広げるドタバタコメディである。4姉妹ともそれぞれの個性があり、それぞれタイプが全然違うがその中でも次女の問題児及び悪魔ぶりは何時も警察沙汰になるほどの騒動が毎回続く事になりそうだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10月22日公開の映画「雷桜」を鑑賞した。 この映画は将軍候補の男と天狗と言われて山で育った女が 偶然の出会いをして惹かれ合っていくさだめにより 結ばれないラブストーリーである。 江戸時代の1820年代を舞台に身分により結ばれる事のない 2人が ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9月11日に新潟で先行上映された 映画「おにいちゃんのハナビ」を鑑賞した。 この映画は新潟県小千谷市で続く片貝まつりの花火大会を舞台にした 実話を元に制作された映画で、 妹の病気療養のために小千谷市に引っ越してきた家族が 妹の退院してきたら兄が ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「余命」は結婚10年目で待望の妊娠をした38歳外科医が10年前に患った乳がんが再発し出産するか諦めて治療するかで悩み葛藤していく姿を描いたストーリーである。高齢出産が珍しくなくなった現代だが、乳がんも近年増加傾向にあり、結婚相手や夫婦との考え方によりさまざまな考え方がでるだろうけれど、その中でも命の尊さを感じる事ができる作品となっている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「コドモのコドモ」はさそうあきら原作を映画化した作品で11歳の少女が同級生とくっつけっこした事により妊娠し大人の誰にも言えずに小学生だけで子供を出産するストーリーである。14才の母を越える11才の母という事で内容から賛否両論を巻き起こしているが、地方の映画館主から熱い支持を受け、シネマ・シンジケートの第一回選定作品に決定するなどその命の尊さに対して真剣に向き合ってこそこの作品の重みが解る作品なのかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ