「さくらん」(PG−12指定)は江戸時代中期の吉原遊郭を舞台に1人の売られた女が花魁となって遊郭を去るまでの伝説を描かれている。今でも残る吉原だが、当時の吉原は大名やお金持ちを相手にした世界であり、一時の夢を男に尽す役割を担っていた。 ... もっと読む