オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:妻夫木聡

3
13日ドラマ「危険なビーナス」最終話を視聴した。 今回は遺産は均等に分けられる事になりそうだったが、牧雄が登場して話は再び振出しに戻った。そんな中で伯朗は何者かに明人が誘拐されている事を公表し助け長ければ祥子の遺品にある事で実家を再び調べる事にした。 しか ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
6日ドラマ「危険なビーナス」第9話を視聴した。 今回は明人が行方不明のまま親族会が開かれる事になったが、やっぱり伯朗も元美も楓は怪しいと睨む。 そんな中で楓と勇磨が2人で現れて3人で組まないか?という事を持ちかけるも伯朗はそれを拒否する。そんな中で元美は伯朗 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
29日ドラマ「危険なビーナス」第8話を視聴した。 今回は康治氏が研究していたという資料を牧雄が探している事を知り、伯朗は死に際が目前に迫った康治氏を訪れるも何も答えてくれなかった。 そんな中で伯朗は佐代と再び話す事となり、そこで佐代から楓と勇磨が繋がっている ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日ドラマ「危険なビーナス」第7話を視聴した。 今回は実家がまだ残されている事が判明しそこで色々な事を調べていると明人が数年前にこの家に来ていた事を知る。 そこから伯朗は禎子の死を知っているのではないかと佐代を訪ねる。実は佐代は伯朗の動物病院を偵察させてい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
15日ドラマ「危険なビーナス」第6話を視聴した。 今回は明人の行方を追っていた伯朗だったが、その明人の写真の裏には何処かの鍵が隠されていた。 一方で禎子の遺品を受け取った伯朗はそこで禎子が亡くなった時の状況を改めて聞くもどうも不自然な死に方だったようだ。 そ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
8日ドラマ「危険なビーナス」第5話を視聴した。 今回は伯朗の下に康治が殺されるという手紙が届く。送り主不明のこの手紙に伯朗は楓と共に康治が眠る部屋でどうやって犯人を捜そうか考えていた。 そして思いついたのが原始的な自らベットの下に隠れる事だった。しかしこの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日ドラマ「危険なビーナス」第4話を視聴した。 今回は百合華が祥子が行方不明になった事で祥子の行方を捜す事になった伯朗だったが、調べれば調べるほど矢神家の人脈の様々な事が明らかになっていく。 そんな中で祥子の夫である隆司は看護師の長峰と不倫をしている事が判 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
25日ドラマ「危険なビーナス」第3話を視聴した。 今回は楓が何者かに歩道橋の階段から突き落とされたが、楓は軽症で済んだ。誰が楓を狙ったのかを調べ始めた伯朗と楓だったが、楓はシャンプーの匂いで犯人を捜そうとする。 そして色々な女性の匂いを調べていた楓だったが、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
18日ドラマ「危険なビーナス」第2話を視聴した。 今回は伯朗と楓は来るのを待っていた牧雄がエスカレーターから突き落とされた事を知り屋敷の誰かが犯人なのかと即屋敷に向かう。 そんな中で楓の行動が怪しいと感じた伯朗だったが、勇磨から楓のスマートフォンを取るように ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

10月11日スタートのドラマ「危険なビーナス」を視聴した。 このドラマは東野圭吾原作の「危険なビーナス」を実写ドラマ化した作品で30億の遺産を巡る争いに巻き込まれ縁を切ったはずの男が血のつながる弟が相続人となった事で相続争いに巻き込まれ、その妻と名乗る女と共に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11月22日公開の映画「決算!忠臣蔵」を観賞した。 この映画は忠臣蔵が起きるまでの予算を巡る攻防を描いたストーリーである。いざ討ち入りするにも多額の予算が必要という事を理解していかないと討ち入りはできないという事だ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
12月7日公開の映画「来る」を観賞した。この作品は澤村伊智原作の「ぼぎわんが、来る」を実写化した作品で得体のしれないバケモノがある家族を襲った事からその家族の娘を守るためにバケモノと対峙していくストーリーである。 日本最強の霊媒師でも苦戦するという相手に対し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2016年もいよいよ4日あまりとなってしまいました。今年は色々バタバタ裏で忙しくしている事もありようやく年間総括に突入する事になりました。今年は54作品鑑賞と11年連続50本以上鑑賞する事ができました。昨年で9年連続でストップした60本以上は50本以上として継続する事になりましたが映画レビューを振り返るにはこれ位の本数は観ないと振り返るのは難しいとは思います。かなり駆け込みでの年間総括となりますが映画レビュー年間総括から始めたいと思います。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ミュージアム」はある裁判員裁判で裁判員を務めた人たちを狙った連続猟奇殺人事件でその犯人を追う刑事の妻も犯人のターゲットにされている事を知り、妻を守るために奮闘するストーリーである。事件の先には様々な要因が絡んでおり1つの間違いが多くの間違いを引き起こす事になるという事を知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「怒り」は八王子で起きた凄惨な殺人事件から3つのストーリーが展開し、その事件によって翻弄される3つストーリーの登場人物たちが翻弄されていく事になるストーリーである。1つの事件で3つのストーリー展開は1つ1つ確り見つめていかないとどの時系列なのかを把握することが難しくなるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「バンクーバーの朝日」は戦前のカナダバンクーバーに実在した野球チームバンクーバー朝日の実話のストーリーである。戦前のカナダバンクーバーで差別に苦しみながらも野球を通じて戦う姿は今のスモールベースボールに繋がるし、こういう歴史は絶対に忘れてはならない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「STAND BY ME ドラえもん」は藤子・F・不二雄原作のドラえもんを3DCG作品として山崎貴監督、八木竜一監督が映画化した作品でこれまでドラえもんで感動のエピソードを取り上げて描かれたストーリーである。何時かは終わるドラえもんも長きに渡り愛され続けているけれど、その終わりはまだまだ遠い未来なのかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「渇き。」(R15+指定)は第3回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作「果てしなき渇き」を映画化した作品で、ろくでなしの元刑事が行方不明になった娘を捜索するが、その先に娘の本当の姿を知らないろくでなし親父が娘の本性を知っていき、深い闇の事件に巻き込まれていくストーリーである。事件を追った先に知る真相はあまりにも異常で常軌を逸し、常識では測れない中にそれぞれの闇を見る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「小さいおうち」は中島京子原作の作品を山田洋次監督で映画化した作品で、田舎から都会に出てきた女性が女中としてある小さなおうちに奉公し、そこで起きた出来事を亡くなる直前にノートに残したエピソードを綴っていくストーリーである。当時は都会にお金持ちの家に奉公するのが当たり前だった時代にその家で起きていた出来事に今の人たちはどう捉えどう感じるのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「清須会議」は1582年6月に本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれ、羽柴秀吉が明智光秀を討った後に織田家の家督と今後の天下統一の後見人を選ぶ戦国史上初の会議が行われた清州会議が舞台のストーリーである。織田信長の後継者として羽柴秀吉が選ばれるまでの駆け引きはまさに戦模様である事を見届けるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「黄金を抱いて翔べ」は銀行の地下にあると言われる金塊を強奪しようと計画した6人がある組織に追われながらも金塊強奪を目指すストーリーである。色々な肩書を持つメンバーが集まるものの、強奪当日を迎えるまでの道のりの方が険しく強奪そのものは警備体制の不備によるところが大きく感じるかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「愛と誠」は1974年に公開された「愛と誠」をリメークした作品で、舞台は1970年代で境遇の違う不良にお嬢様が恋をした事から2人は次第に運命に引き込まれていき、壮絶な決闘の末にある真実に辿り着くストーリーである。35年ぶりにリメークされた作品は全く別物の作品となっており、三池監督のミュージカル仕立ての演出に唖然とする事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「スマグラー おまえの未来を運べ」は役者を目指していた青年が300万の借金を背負った事で裏世界の運び屋スマグラーの仕事で借金を返す事になり、その仕事をするが、ある日ある物を運ぶのに失敗し、その変わりに殺し屋を演じるストーリーである。借金を返すのは当然だが、裏社会で返そうとすると大きな危険が付きまとうものであり、死を覚悟した一世一代の演技に最後はスカッとする事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「マイ・バック・ページ」は1970年前後に盛んだった全共闘運動時代にジャーナリストを目指した新聞記者がある男と出会い、その行動に共感してしまいある事件の引き金になる事件を描いたストーリーである。今と違い学生中心に政治に関心を持っていた時代に思想と理想の違いを十二分に理解しないで起きた事件が描かれている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9月12日公開の映画「悪人」を鑑賞した。 この映画は吉田修一原作「悪人」を映画化した作品で 先ほどのモントリオール世界映画祭ワールドコンペティション部門で 深津絵里さんが最優秀女優賞受賞した。 出会い系サイトで出会った女を誤って殺してしまった男が これま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
大河ドラマ「天地人」最終話は大坂の陣が終わり徳川の世となり平和となった米沢は兼続の改革が実を結び石高が上がり実りの秋を迎えていた。若手も次第に育ち始め、次々と意見するものを続々出始めていた。そんな中兼続の長男景明が病に倒れ帰らぬ人となった。翌年家康も死期を悟り政宗と兼続を呼び寄せてこれからの平和の世のために徳川に忠誠を誓わせ秀忠の指南役に任命した。そして家康もこの世を去るのだった。それからお船は景明を失ったショックを振り払うべく景勝の嫡子玉丸の教育係を申し出て江戸へ向かうのだった。兼続は江戸城で政宗と共に秀忠に面会後兼続は関ヶ原以前を知らない若い家臣たちに信長、秀吉、三成の事を話しそれぞれに義があった事を伝えるのだった。そして兼続は米沢初の学問所となる「禅林文庫」を創設し、政から身を引くのだった。そしてお船と共に越後を旅して20数年ぶりに故郷の母の墓参りをして越後を懐かしみ、米沢に帰還後景勝に誘われ春日山の時のような岩屋に謙信公を祭るというのだった。そして兼続は元和5年江戸で亡くなるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「天地人」第46話は大坂城攻めの前に兼続は政宗から秀忠より家康に大坂城の中止を進言してほしいと頼まれた。家康と面会した兼続はかつて家康が秀吉と約束した事を問いただすが、家康はこれを忘れたと全てを背負う覚悟を示すのだった。そして始まった大坂冬の陣は上杉軍も活躍し関ヶ原以来の汚名返上を果たすが、戦は幸村の活躍により10日でこう着状態となった。これに家康は1度停戦を申し入れて大坂城の外堀を埋めることを条件に停戦するが、家康は内堀も埋めて大坂城は裸同然となる。勝てない戦と悟った幸村は兼続に千姫を助けてほしいと最後の願いを託すのだった。そして大坂夏の陣では大坂城は炎上し、淀殿、秀頼は自害して果てたが、千姫は淀殿、秀頼、幸村らの計らいで助けた。それを兼続は助け出し、家康の元に千姫を届けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「天地人」第45話は家康は将軍職を秀忠に譲った。2代将軍秀忠の将軍職を就いた事で世は徳川のものという事を示すものだった。上杉家は秀忠の将軍職就任の祝いに上洛した。しかし唯一豊臣家だけはその祝いに馳せ参じなかった。兼続は政宗の仲立ちで秀忠と面会し、秀忠に率直な意見を述べるのだった。そしてその頃米沢では仙桃院が病に倒れ帰らぬ人になり、養子の勝吉は本多家に戻る事になった。そして家康と豊臣家を滅ぼさんと大坂の陣へ最後の戦いが起ころうとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「天地人」第44話は本多家から政重を婿入りさせた兼続だったが、政重改め勝吉は警戒から心を開こうとせずお松は苦悩する。そんな勝吉を見た兼続は上杉家の財政とその現状を包み隠さず見せるのだった。一方家康は秀忠に将軍職を譲り天下は徳川のものと示した。そんな中でお松は病で倒れ帰らぬ人になってしまい勝吉は直江家を離れようとするが、兼続は勝吉を引き留める。そして後日治水の相談で政宗と会談し生まれ変わった米沢を観て感心するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「天地人」第43話は景勝に男子が誕生するが、産後間もない側室が亡くなりお船が景勝の子を育てる事になった。そして本多家との婚儀が目前に迫ったが、実頼がその申し出を勝手に断った事で上杉家は窮地に追い込まれるが、兼続がこの混乱を丁重に収めて、実頼を高野山へ追放処分を下し、実頼に生きていれば希望もあると論すのだった。そして上杉家は米沢の開墾がようやく実ろうとするシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ