オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:奥田瑛二

5
9月28日公開の映画「散り椿」を観賞した。 この映画は藩の不正を暴こうとしたために藩を追われた武士が亡き妻の願いを受けてかつて友だった武士を助けに藩に戻り不正の真実に迫っていくストーリーである。 不正の真実を知った先にみる結末はあまりにも切ないものとなるだろ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
18日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」最終話を視聴した。 今回は死刑囚となった人が再審請求の依頼にきた。8年前に妻を殺害した罪で建造物放火及び殺人罪で死刑判決を受けていたのだが、息子は両親とは仲が良く父が母を殺す訳がないという事で深山と尾崎は自分たち ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
4日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」第7話を視聴した。 今回は佐田が顧問弁護をしていた社長が失踪した事で検察庁に呼び出されて逮捕されるという事態が起きた。佐田は当然心当たりがなく深山が調べ始めるが、社長が失踪した経緯が不透明のままだった。調査を重ね ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
25日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」第6話を視聴した。 今回は尾崎の弟が逮捕された事で尾崎はかつて弟を助けられなかった自責の念と再び向き合う事になった。事件は尾崎の弟がやっていない事を立証するために様々な検証をしていくうちに尾崎がかつて関わったある ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
4日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」第4話を視聴した。 今回は刑事事件の相談に来た女性が夫は殺人をやっていないと主張して深山がこの事件を最初から検証し始める。佐田はこの案件には乗り気でなかったが深山のペースに乗ってしまいまたも民事で失態を犯してしま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
28日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」第3話を視聴した。 今回は人気ロック歌手があるジャーナリストの殺人容疑とその目撃者の殺人未遂容疑で逮捕された。当初は佐田が弁護を担当したが大失態により事態が悪化してこの仕事は深山に回ってきた。 深山はこの事件は目 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
21日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」第2話を視聴した。 今回は深山の父が逮捕された事件証拠から手掛かりが見つかり再び26年前の事件と向き合う。当初この事件は物的証拠が乏しく検証は難航したが、あるお守りから手掛かりを探り出した。そしてわかったのは当時送 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1月14日スタートのドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」を視聴した。 このドラマは2016年4月に放送された99.9-刑事専門弁護士-の続編であり、99.9%有罪とされた事件に深山大翔が挑んでいくストーリーである。新たなるパートナーと共に再び99.9%の事件に深山大翔は挑む ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」最終話は深山は連続殺人事件の容疑で逮捕された被告の弁護を担当することになった。逮捕された被告は無実を訴えるが、髪の毛が現場で見つかっておりまずアリバイを崩さなければならなかった。そんな中深山は偶然見つけた2つの殺人事件の内容が今回の内容と瓜二つである事に着目してそちらの詳細も調べ始める。そんな中で深山はこの事件の共通点が5年前に同じ病室で一緒だったという共通点が確認された。そしてその病院に被告も3か月前に人間ドックを受けていた事も判明し、そこから調べていくと当時主治医を務めていた人物がセクハラをしていた事が生き残った1人によって判明し、そして深山らは当時の主治医を問い詰めて事件は冤罪である事が確定したが、深山はこの事件が検察の冤罪行為である事を最後まで追求していく意思を示したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第9話は深山らは資産家会長の殺人事件の弁護を担当する事になった。連絡を受けた深山、佐田、立花は現場に駆けつけると既に会長は死んでおり、殺害したのは介護していた3男の妻だった。残る6人のうち5人は自宅にいたがまずそれぞれの事情聴取を取る事にした。事情聴取したものの、全員が凶器とされたネクタイの色を普通ならオレンジ色というところを朱色という不自然な供述をした。そして更にワインの跡が残っていなかった事を不審に思う。そんな中調査をすると佐田は会合に出席したという会で長男が途中で抜け出していた事を確認すると、長男の犯行が明らかとなり、3男の妻は無実が証明されたものの、一族全員が罪を被った事になり全員に相続権を失う事になろうとしたが、3男の妻は妊娠しており、まさかの計画的犯行という事態が明らかになってしまったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第8話は突然深山が逮捕されてしまった。経緯もわからずおどおどする立花たちだったが、当然深山の弁護を佐田と立花でする事になる。事件の詳細は深山が会っていた相手が突然倒れて亡くなった事による殺人容疑だった。深山はその時かけたドレッシングに毒物が入っていたからという証拠だった。その証拠は不確定要素が多く、佐田と立花は深山の指示を受けながら経緯を辿ると深山の父親が殺人容疑で有罪判決を受けて控訴中に亡くなった過去を知る。その過去が引き金になっている事は明らかだった。そしてその筋から調べると深山がかつて扱った事件の相手が有罪判決を受けており、その判決による恨みによる事件という筋があったが、そこでその筋を辿ると現場にいた男との接点がわかり、佐田と立花が聴取すると犯行を認めて法廷に証言する事を約束する。そして法廷で深山は自らの主張で矛盾を話し、その上で証人が現れ、承認がこの事件の経緯を話した事で深山の無罪が確定したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第7話は完全犯罪で殺害した副社長だったが、その事件で逮捕されたのは同社専務取締役だった。当初は容疑者である専務の弁護人となり、専務がまったく見に覚えがないという証言からこの事件を検証する深山たちは副社長の証言に違和感を感じていた。そして色々調べていくと凶器となった花瓶を再度検証すると花瓶にはある仕掛けがされている事が判明し、裁判でその証拠を突き出した事で専務の無実が証明され副社長は逮捕されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第6話は18年前の事件を検証することになった深山は当時事件に関わっていた佐田も巻き込んで事件解決に奔走するが時代が立ちすぎてなかなか証言を得られない。そんな中で当時の交流関係から聞き込みをすると不可解な証言を得ることに成功した。しかし問題はこの証言を検証できるかにかかっていたが、もう一度18年前と同じように検証すると今の技術でバイクに映っていた人物の身長が175cmであり、捕まった犯人とされた人物が165cmだった事で大きな矛盾が生じて不可解な証言をした人物に再度その事を聞き込むと事件の内容が明らかとなり真犯人を突き止めた。これにより18年前の犯人の無罪が証明され、アリバイした人物もアリバイが崩れ逮捕される方向になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第5話は暴行事件の弁護をする事になった深山は立花と共に謁見するが容疑者がその場で倒れてしまう。このまま死亡すると被疑者死亡のまま不起訴か起訴されて書類上の処理で終わる。しかし深山はこの事件の真実を追い求めて検証を開始すると頭を打った原因はハッキリしたが、容疑者が言っていたお前が殺したんだという言葉の意味を捜査した。そうすると18年前に容疑者の父親が自殺と扱われた事件があり、その事件と同じ日に資産家令嬢殺人事件が発生し多くの捜査員はそちらに向けられていた。そんな中当時関わった元刑事との接触に成功しこの事件は自殺ではないと感じていたと語る。そこで深山は容疑者の父の手帳から殴られた社長がかつて容疑者の父に融資を申し出ていた事を掴んだ。そしてそれとアリバイを掴んで追及したがその社長は何故か強気な発言をする。そして深山はこの事件と当時起きた令嬢殺人事件に接点がある事に気づき、当時担当弁護をした佐田を引っ張り出すシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「世界から猫が消えたなら」は川村元気の小説「世界から猫が消えたなら」を実写化した作品で、脳腫瘍で余命わずかの30歳の郵便局員が生きるために大切なものと引き換えに1日の命が与えられるというストーリーである。大切なものとは何か?そしてその大切なものがあったから自分がいるという事に気づかされる事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第4話は痴漢で現行犯逮捕された研究者を弁護する事になった深山たちは状況証拠を探すために色々と再現する事にしたが、痴漢された女性は男をおんぶしたと話したが女性の体格では逮捕場所まで45分かかり30分で到着する事は出来ない。そこから矛盾を探っていたが研究者が示談を申し出た事で弁護は1度終了する。しかし腑に落ちない深山は独自に調査をしていたが痴漢された女性と飲んでいたバーの店長が実は恋人同士である事が判明し研究者は冤罪に巻き込まれた事が間違いなくなる。その直後研究者が無実を証明したいと申し出てきたものの既に示談した案件は事件として解決済みとなっておりやり直しが利かない。しかし詐欺罪で告訴すれば無罪を勝ち取る事が可能という逆転発想で深山は佐田にこの案件は騙されたと囲い込み佐田も示談した事を後悔し、詐欺罪で告訴に持ち込もうとする。そして女性とバーの店長を同時に呼び出して供述に矛盾がある事で2人を白状させた後この犯行を主導した同じ会社の社長を呼び出し社長の犯行が明らかになったところで社長を告訴し無罪を勝ち取ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第3話は深山が弁当の調味料を話している中で新たな案件が舞い込む。その案件は建設会社の金庫から非常用資金1000万園が盗まれた事件だった。その事件で逮捕されたのが経理をしていた女性事務員だった。女性事務員の家から1500万円が発見され、それで容疑として起訴されそうになっていたが、女性事務員はそのお金の事を全く話そうとしない。そんな中で担当となった立花は話を聞こうとするも証言を拒否する。どうして拒否するのか首をかしげる立花と深山は女性事務員の生い立ちを調べると依頼人の母親は実は15年もあった事がなく、母親との接点はないと判断し、盗まれた金庫を調べ、さらに女性事務員の日常を調べると女性事務員は事務職とは別に夜の仕事をしている事を突き止める。しかしそれでも拒否をする。しかし母親の手紙を見せた事で状況は好転するが、ここで建設会社の社長がある取引をしている事を突き止め、そして金庫の番号のからくりを知った深山と立花はこの証拠を裁判で検証して見事に女性事務員の無実を証明したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第2話は正当防衛を主張する容疑者を弁護することになった深山は佐田の忠告を聞かずに事件の真相を追う事に没頭する。そんな中状況証拠の中で容疑者は2回刺したと証言しているものの、その後の検証で5回刺している事がわかり、証言の矛盾を調べ始める。そんな中殺された被害者はかつて傷害事件を起こしており、その事件の後に自殺した女性の婚約者が容疑者の男性だと判明し、事件はその時の事件からの流れだと知る。そして事件を調べるとその時の目撃者がいる事が判明し、その目撃者はホームレスだった。そして待つ事数日ようやく表れたホームレスが容疑者は2度刺したが、その後現れた男が3度刺して口止め料としてお金を貰ったと証言した事で犯人はもう1人いる事が分かり、もう1人の犯人を追うと、深山は心当たりある店の店長を思い出し、その店長は決定的な証拠画像と口止め料として渡された封筒が決定的な証拠となり殺人容疑で逮捕され、容疑者は殺人未遂として起訴されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」は刑事専門弁護士が0.1%の無罪の可能性を信じて真実を追求するドラマである。冤罪事件もある中で被疑者の無罪をどう証明していくのか注目したい。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第43話は前原が萩で反乱を起こして美和は萩へ戻るが素彦は寿の具合が悪く東京へ向かった。しかし萩の乱はわずか10日で鎮圧され、前原は処刑され、叔父の玉木文之進は切腹した。止められなかった美和と素彦は悲しみの中再び群馬の混乱に身を投じていくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ベトナムの風に吹かれて」はベトナムで日本語教師をしている女性が父親の死により母親を引き取りベトナムで暮らしながら母親を介護するストーリーである。誰もが訪れる両親の介護と向き合う時に何処で暮らすのか?海外で暮らす事は可能なのかを考える機会になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日大河ドラマ「花燃ゆ」第8話は出獄した寅次郎は自宅で謹慎の身となった。文はそんな寅次郎の為に塾を開く事を提案し、塾生を集めようとするが囚人だった寅次郎を敬遠する動きばかりだった。そんな中文はかつて黒船を見に行った久坂玄瑞から手紙が届く。それをキッカケに文は久坂玄瑞に手紙を届けるようになるが、その中で寅次郎は久坂玄瑞を挑発する。その意図が解らない文は謝罪文を書くように促すが応じる気配はない。そして文は久坂玄瑞を直接寅次郎と対面させるために連れてこようとするがそこで文は久坂玄瑞の禁句を話し、それに怒った久坂玄瑞は寅次郎のところへ殴り込むが、そこで寅次郎は久坂玄瑞の志を賞賛し、自らこの場を語り合う場にしようと説得して久坂玄瑞は翻意し寅次郎は塾を開設したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第7話は寅次郎を牢から出そうと文たちは色々な手段を考えていた。そんな中久子の助言で男衆たちを取り込む事でその道が開けると助言された文は寅次郎の意見書を伊之助に渡してそれを桂小五郎らを通じて寅次郎を牢から釈放するような流れとなっており外部からも圧力をかけてもらう事に成功し、寅次郎は敬親の寛大な決断により牢から自宅蟄居に決まる。しかし寅次郎は牢から出る事を拒んだ。それ故文らは再び寅次郎を牢から出るように説得し、囚人たちが寅次郎を牢から出てここで学んだ事を活かしてほしいと別れの句を読んで寅次郎を説得し寅次郎は牢から出る決意を固めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第6話は寅次郎の頼みで女囚・高須久子の頼みで文は久子の娘糸に会えるように頼み文はしぶとく通い続ける。何度も門前払いを受けた後糸は覚悟を決めて久子と面会するが、そこで久子がどうして牢に入れられたのかを語る。そんな中で文は糸に久子の覚悟を伝えると、糸も覚悟を決めて久子と最後の対面をしたのだった。そしてそんな中で寅次郎は文の差し入れによって活気づいた牢の囚人たちに学問を教え始めるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日大河ドラマ「花燃ゆ」第5話は寅次郎が牢獄に入れられて寅次郎はその間に本を読んで学問を学ぶ意欲に向ける。一方その頃江戸では伊之助が文から受けた手紙通り寅次郎が読みたがっている本を探していた。そんな中寅次郎と密航しようとした金子重輔が病に掛かり危篤状況の中で重輔の母と文は面会した。しかし文は何とかしようとするも何もできずに重輔は亡くなった。それを文から聞かされた寅次郎は自分の無力を呪ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第4話は寅次郎がペリーの船に乗り込もうとして密航を企てたとして捕えられてしまう。それを知った文は何とかしたいと思うが何もできず、今できる事をせよと言われて今できる事をする事にする。そんな中寿が男の子を出産し、伊之助は父親になる。そんな中で捕えられた寅次郎の処遇を巡って長州藩は揉めていたが、幕府が蟄居を命じただけだった事を踏まえて幽閉の処分を下した。そんな寅次郎は牢屋に入れられている時に外国の脅威を説いて牢人たちを説き伏せた。そして寅次郎は萩に戻され牢屋に幽閉されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第3話は文は密かに隠れ家で打ち合わせしている久坂玄瑞の事を知る。文は久坂玄瑞らが異国船を実際に戦うための事を話していたが、他の者たちは怖気づいていて行動に起こさない。そんな中寅次郎が長崎でロシアの異国船を確認するために1度長州に戻っていた。しかし寅次郎はそれが叶わず再び江戸へ向けて旅立つ。そんな直後文は久坂玄瑞らが異国船を観ようとしている事を思い出し、自らの目で異国船を見ようと動くが、そこには久坂玄瑞しかおらずそれに駆られるように文は久坂玄瑞を連れて海の高台へと向かうが異国船がおらずに空振りとなった。その頃寅次郎は異国船に乗り込もうとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第2話は伊之助と寅次郎は江戸で厚く議論を交わしていたが、寅次郎が東北視察への通行手形が届かない事にしびれを切らして脱藩して東北視察へ向かってしまい、寿の縁談は破談となり、杉家は窮地に立たされる。しかしそんな中でも杉家の人たちは気丈に構え、寅次郎が視察を終えて藩に戻されると叔父玉木文之進にこっ酷く説教されるのだった。そんな中文は寅次郎から届いた手紙を伊之助に見せて、伊之助は寅次郎が寿と一緒になる事を進めていた事を知り伊之助は寿との縁談を受け入れるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」は吉田松陰の妹杉文の視点から明治維新から日露戦争へ向けて激動の時代を観て行くストーリーである。大河史上ここまで無名の人物を描く事も珍しいが、多くの人がどうやって見て行けば良いのか困惑しながらのスタートとなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第11話は会津が長州軍の標的となり、それに加担した佐久間象山が尊皇攘夷派の不逞浪士に暗殺されてしまう。一方会津では三郎が都への部隊に志願するも権八からの許しが得られない。それを見た八重は三郎から少しでも変えていかなければならないという言葉を聞いて覚馬と同じ道を辿ろうとした。それに権八から認められる。一方京都では会津藩を標的にした長州軍の都総攻撃が迫っていた。それに朝廷は長州を討て!という勅命を下して会津は長州との戦さになるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ