「天国からのラブレター」は2007年9月14日に公開された映画で、原作は光市母子殺害事件の被害者である本村洋さんが妻の本村弥生との出会いから1999年4月14日までの日々を綴った「天国からのラブレター」が原作で、殺害された妻弥生さんと娘さんの幸せな日々が綴られている。社会的にも注目された事件でもあり、幸せな日々を奪った死刑囚に対する抗議的な意味での出版、映画化となった原作だが、実話だけにこの幸せを奪う権利などない事を客観的に感じる事になるだろう。 ... もっと読む