オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:大泉洋

3
「ラッキーセブン」第9話は16年前の事件について輝が気づいた事に瞳子は16年前の事件を知られるのを気にしていた。そんな中駿太郎はストーカーのボディーガードをする事になった。最初は何もなく過ぎたものの、その間に淳平が由貴に呼び出され、16年前の事件について聞かれる。そんな中瞳子は部屋が荒らされた事を感じて16年前の事件をが動いている事を感じるも駿太郎、淳平、飛鳥には伝えなかった。そんな中駿太郎はボディーガードをしていた女性がストーカーに襲われ、駿太郎は犯人を取り逃がすも、後日女性と再会した直後女性が事務所に忍び込んでいる所を尾行して取り押さえたが、ストーカーだった女性の仲間が現れ、格闘になるも見事に撃退したが、瞳子が連れ去られるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「ラッキーセブン」第7話は昔の恋人が幽霊で出るということで調べてほしいという老女の依頼が来たものの、さすがに幽霊の調査はできないと最初は断る。その頃淳平がお見合いをする事になりそれを尾行した駿太郎と飛鳥はお見合いを妨害し、お見合いは破断する。しかし翌日その事を謝罪しに伺った淳平は再度アタックする。その話の中で駿太郎は老女の依頼を思い出していた。事務所に戻った淳平は瞳子から老女の依頼はさすがに酷だろうと依頼を断りましょうと言われる。しかし淳平はそんな事を受けて老女の依頼を自費で受ける事にした。その調査で老女の恋人の所在がわかり報告に向かう淳平と駿太郎はそこで多額の通帳を見せられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」第5話は輝が指名手配され、ラッキー探偵社が営業停止に追い込まれそうになっていた。輝がどうして逃亡したのかを調べ出した瞳子たちは依頼主であった人物がかつて探偵事務所をやっていた事を知る。その証拠を探し始めた中でついに流失ルートが携帯カメラだという事が判明し、調査の結果週刊誌とのやり取りはメールだけで人物の顔は全く見ておらず輝が犯人じゃなく、その人物が実は週刊誌に売り渡した犯人だという事が判明し行方を追うが行方が全く掴めない。瞳子は週刊誌のターゲットとなった事務次官に輝が何を言ったのかを確認しに行ったが、瞳子は16年前の事件に何か絡んでいるという事だけが描かれた。事件は突然警察が犯人を逮捕したものの、犯人はただ操られていただけで黒幕は全く掴めず、ラッキー探偵社は営業停止処分は避けられ、輝も指名手配が解かれた。ただ輝はこれを機会に事務所を去り、駿太郎に後を任せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」第4話は輝が張り込みをして依頼主の調査をしていた。そんな中輝が撮ったと思われる写真が週刊誌に掲載され、その事がキッカケにターゲットの屋敷から盗聴器が見つかった事でラッキー探偵社が家宅捜索を受けて開店休業状態になる。輝が指名手配された事で動揺する駿太郎たちはどうして輝がこのような行動をしたのか思い当たる節が無い。そんな中輝が発見され駿太郎が輝を追うが駿太郎は輝の真意を聞き出せなかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」第3話は結婚詐欺を疑う男性がラッキー探偵社に訪れ、早速調査を開始する。しかし対象の女性の警戒心が激しく尾行すら撒かれてしまう。そんな中駿太郎は犬の世話をしていると、10歳の子と親しくなり、その母親が調査対象の女性だった。それがわかり身元があっさり発覚したものの、その事情を知るにつれ駿太郎は悩むが、瞳子のお互い理解する事が必要だと言われた事で駿太郎はその子を依頼主として母親のやった事を解決してほしいと頼まれ、駿太郎は見事にそれを解決して見せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」第2話はバイオ研究をしている会社から研究者の素行調査をしてほしいという依頼を受けて輝が研究室への潜入捜査を開始した。最初は変わり者の研究者というところだったが、次第にライバル企業との密会がわかり報告する。しかしその研究者は金で動く人じゃないと感じた輝たちは奥さんに直撃するもそこで依頼人と研究者の関係を知り、輝は再調査すると、その真実は依頼者に報告すべきと瞳子が語り、輝は駿太郎と一緒に依頼者へ研究者の報告をして、依頼者と研究者は再び打ち解けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」は探偵事務所ラッキー探偵社に入社した1人の男が探偵として数々の事件の調査をして事件を解決して行くストーリーである。自由人をしていた男が突然スカウトされ、そこで出会った探偵たちとタックを組んで事件を解決して行く展開には月9にないスリリングな展開となる事だろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「探偵はBARにいる」はバーでしか依頼を受けない変わった探偵がある女性の依頼を受けて調査した案件が大きな組織が絡んでおり、次第に事件に巻き込まれていくストーリーである。今時珍しい携帯を持たない捜査をする探偵だが、そのアナログ間が実に絶妙なやりとりと裏社会の恐ろしさを引き出しているのかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
映画「もしドラ〜もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』読んだら〜」は昨年大ベストセラーになったももし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらを映画化した作品で、女子高校生が親友の頼みで高校野球のマネージャーをやる事になり、マネージャーの事を知ろうとして買った本がドラッカーのマネジメントだった事がキッカケに マネジメントから高校野球にイノベーションを起こし、組織に様々な改革をしながら甲子園を目指すストーリーである。一見マネジメントを難しく考えてしまいがちだが、一種の経営=運営として捉え、スポーツのチーム編成に当てはめて考えると今まで違った視線で物事を観る事ができるようになるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
15日ドラマ「黄金の豚」最終話を視聴した。 今回は総理の不正を被せられた優は絶望して遺書を持ちながら街を彷徨う。 そんな中芯子は優の自殺を止めた。 そして総理以外の黒幕に久留米検査官がいる事を知った 芯子たちはその不正を暴こうと地下通路を使って総理官邸に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
8日ドラマ「黄金の豚」第8話を視聴した。 今回は久留米の推薦で優が総理秘書官に抜擢され、 ともに戦ってきた芯子たちの敵となった。 そんな中で久留米から調査の指令が下り、 その指令は総理が力を入れているタマリアへのODAだった。 毎年3億ドルの援助がなされ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日ドラマ「黄金の豚」第7話を視聴した。 今回は前アブダビ大使が絵画横領疑惑を調査し始めた。 調査を続けた結果アブダビ大使が月給以上の 経費を使っていた事の根拠を探しに芯子たちは調査を開始し、 明らかに収入以上の経費を使っている事がわかった。 そこで芯子 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日ドラマ「黄金の豚」第6話を視聴した。 今回は科学研究費の不正を調査する事になった 芯子たちは早速東京国立大学の遺伝子工学の教授を調べるが 怪しいと思われた領収書も研究費のバイト代という事で 不正が見つからない。 そんな中5人の学生が教授を守っている ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
17日ドラマ「黄金の豚」第5話を視聴した。 今回は国会への報告書作成でドタバタした日々を送っていた中で 小学校の耐震工事費が60人しかいない小学校に 800人分の教室を改修していた。 そこに6億円もかけている事をあやしいと踏んだ芯子だったが、 安全のため ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
10日ドラマ「黄金の豚」第4話を視聴した。 今回は清杉村の護岸工事で不正があるとの投書を受けて 初の出張となった芯子たちは清杉村の豪華すぎる接待に疑惑を感じていた。 しかしこういう接待は良くある事だというが、 そこが怪しいと芯子は動き出した。 しかしこの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
3日ドラマ「黄金の豚」第3話を視聴した。 今回は国立病院の多額の投資支援がされている事に 芯子たちはターゲットに調べる事になった。 そこでこの病院が院長より天下りの事務局長の方が 権力があるという事がわかり、 その実態は事務局長が国立病院を支配している実 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
27日ドラマ「黄金の豚」第2話を視聴した。 今回は東京警察署で機密費の流用疑惑があるという話があり、 調査を開始する。 しかし芯子は仮釈放中の身のためなかなか乗り気じゃない。 そんな中芯子は過去の新聞記事を観て奮起し 調査をする事を決意しかつて世話になっ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
20日スタートのドラマ「黄金の豚」を視聴した。 このドラマは詐欺師の女がある日会計検査官兼長官の目に留まり スカウトされて会計監査課の調査官になり、 税金の無駄遣いを見抜き暴いていくストーリーである。 税金は私たちの働いたお金を国に納めているものだが そ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日大河ドラマ「龍馬伝」第34話を視聴した。 今回は軍艦を手に入れた亀山社中はその足で 軍艦と武器を長州へ薩摩名義で運んだのだった。 そこで晋作と小五郎に龍馬の働きが認められ、 長州が薩摩との同盟へ向けて一歩前進した。 しかしその支払で薩摩、亀山社中名 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
15日大河ドラマ「龍馬伝」第33話を視聴した。 今回は西郷から長州との密約である軍艦と武器の調達を取り付けた 龍馬はその趣旨を小五郎と晋作に打診し、 2人ともその件に乗る事にした。 龍馬たちは軍艦の調達に奔走するが なかなか軍艦の売り手が見つからない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
18日大河ドラマ「龍馬伝」第16話を視聴した。 今回は加尾の話しを聞いて江戸に向かった龍馬は 4年ぶりに佐那と再開する。 しかし佐那の気持ちとは裏腹に龍馬の頭には 勝麟太郎に会う事しか頭になかった。 龍馬は千葉道場の人脈を利用して 越前藩の幕府政事総裁職 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「龍馬伝」第8話は江戸で学問修行をしていた弥太郎は父瀕死の知らせに急ぎ土佐へ引き返した。そこで知ったのは奉行所の弥太郎の父の一方的な罪だった。その奉行所の裁きに納得のいかない裁きに意を唱えるが下級武士では何も相手にしてもらえない。そんな中龍馬は吉田東洋に直訴する事を弥太郎に告げる。そして直訴に成功するが力のない者には何もできないと一喝されてしまった。そこで弥太郎は奉行所の門に落書きをするが、それが見つかり投獄されてしまうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
9日ドラマ「赤鼻のセンセイ」最終話は院内学級が廃止される事を受けて院内学級で勉強した生徒たちの卒業式を行う事にした。その中和田の症状は悪化の一途をたどっていたが、その中でも卒業式をする事で和田に勇気を与えようと和田もクリーンルームで卒業式に参加した。その中1つの朗報と共に参太朗の卒業式も行われるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「赤鼻のセンセイ」第9話はあと1か月で院内学級は閉鎖となる中で生徒たちは受け入れ、参太朗と絹も残り1か月で何ができるのかを見つめる。そんな中和田の病状が次第に悪化しベッドサイド授業すら難しい状況となっていた。和田は「明日なんて言わないでよ」と言いどう接するか参太朗たちは考えさせられた。それでも命わずかな和田のために参太朗は授業を続けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ドラマ「赤鼻のセンセイ」第8話は桜山の兄幸一が帰国して、最新の小児医療器械を導入するために今の院内学級の閉鎖を桜山に告げる。それを知った参太朗は院内授業を幸一に見せるが、それでも幸一の考えは変わらず参太朗はクビにされた。それを知った八重樫らは院内学級をなくさないためにある行動を起こすシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「赤鼻のセンセイ」第7話は参太朗が腹痛で倒れた。原因は急性虫垂炎で緊急手術をする事になったが不安になる。その頃和田の症状が日に日に悪化しており、七瀬は絹にその現状を話すのだった。入院した参太朗は病室の隣に漆原という患者と同室になり、参太朗に面白い話をしてほしいと頼まれるが、なかなか面白い話ができない。そして数日後その患者は容態が急変して亡くなった。元気な姿を見ていた参太朗は信じられない気持ちになったが、絹の話を聞いて、より院内授業に対する重要性を感じたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「赤鼻のセンセイ」第5話は夏休みとなり院内学級にも夏休みで一時帰宅する生徒たちもいる中で、八重樫と和田らは家に帰らない子もいた。そんな中2人は些細な事で喧嘩してしまい、病院でのストレスが原因でさらには参太朗のギャグもストレスの原因とダメ押しされてしまう。そんな中課外授業をする事になり参太朗は企画するが、和田の病状が深刻でとても課外授業をする事ができそうもない。それでも課外授業を行う事を決めた参太朗と絹だったが、和田は病気に悪化でいけず、その代わりに八重樫らが和田の代わりに和田の行きたかった場所へ行く事になるが、今度は八重樫の病状が悪化してしまう。その中で参太朗は和田の観たかった花を取ってくるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「赤鼻のセンセイ」第4話はゴキブリと勘違いした絹が参太朗にゴキブリ退治をお願いしたらクーラーを壊してしまい院内学級を合同授業する事になった。そんな中田中が突然窓からマンガ本を投げ、これが院長に当り七瀬にまたもガッチリ起こられてしまう。何故田中が怒ったのか真相を確かめようとした参太朗はかつて田中がソフトボールでバリバリ活躍していた事を知り、当時の仲間たちが田中を励ますが逆に田中から人は死ぬんだと言い放たれてさすがの七瀬もショックを受ける。そんな中で田中は転院を申し出て、これを止めようと参太朗は田中とソフトボールで対決して勝ったら転院と参太朗の首、負けたら残る事を条件に対決する事になり、この対決に七瀬も許可し、参太朗とソフトボール対決するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「赤鼻のセンセイ」第3話は入院してきた小児糖尿病の少女森村千佳が小児学級に入ってきた。千佳はしっかり者で自分で食事も注射もできる子だった。そんな千佳を歓迎しようと張り切る参太朗だったが、七瀬にここは歓迎するところじゃなくすぐに病気を治して行くところと一喝されるがKYな参太朗はお構いなしに歓迎会を進めるが、絹にも反対され止められた。そして八重樫、和田が千佳を案内するように参太朗が2人に命令するが、そこで千佳は病院の売店でお菓子を眺め、そこで参太朗がお菓子を買ってあげた事で千佳はお菓子を食べてしまい血糖値が上がってしまい七瀬に命の危険を犯したと徹底的に咎められ、絹のあまりに解らない参太朗に千佳と同じ事をやらせて千佳の苦しみを経験させた。そして千佳と接したがさらに参太朗は千佳に危険な目に逢わせてしまい事の重大性を思い知る。そんな中でも八重樫、和田らが自ら千佳の歓迎会をやりたいと申し出て七瀬も反対せず歓迎会を行い千佳を元気付けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「赤鼻のセンセイ」第2話は入院していた少女に恋をした和田が週1回の大事な検診をすっぽかして遥華は看護士たちに激しく叱責する。しかし事情を知った参太朗は和田の恋を応援しようと張り切るが和田は自らの病気で遠くから見ているだけで良かったと参太朗のKYな行動に怒るのだった。しかし参太朗は恋を諦めるなと説き伏せ絹の理解などもあり、和田の背中を押してあげるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ