オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:大後寿々花

3
「明日、ママがいない」最終話はドンキが川島夫妻との縁組が決まり、ポストは朝倉家に通って瞳との親子になり切った関係を続けていた。そんな中ピア美は実の父親と一緒に暮らす事になったが、ピアノをこれからも続けなさい!そして通ってきなさいとピアノを諦めようとしていたピア美に希望を照らす。一方ボンビは念願だった東條夫妻がボンビを里子として引き取りたいと申し出るもボンビが突然拒否するが、ボンビは現実に里子になる事で不安を思えたがそれを東條夫妻が受け止めて里子になった。残ったオツボネは看護学校進学を決め、ポストは朝倉夫妻の元で瞳を演じ切っていた。しかしそれを知った魔王が朝倉夫妻の元へ行って養子縁組に署名を求めるが、そこで魔王がポストを指して瞳にこの子は本当の子供ですか?と問い、瞳は現実を受け止めた。そしてポストはオツボネ、ロッカーと共にコガモの家で暮らし続ける事になり、ポストは魔王の里子として生きていく事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第8話はポストは臨時教師の妻の娘を演じる事でその娘のようになり、ポストにとって両親がいる幸せを感じ取っていた。一方ドンキは川島夫妻とのお試しの日々を過ごすうちに本当に幸せとは何なのかに苦しんでいた。そんな中ピア美がピアノ発表会本選の日を迎えて、本番に挑む直前ポストは以前の発表会で父親が観に来ていた事告げるとピア美は会場を探し始める。そして本番になるとピア美は演奏を始めるが途中でピア美は演奏を止めてしまい突然パパと一緒がいい!と泣き出す。それでも幸せを願い会場を去ろうとする父親だったが魔王の言葉に促されてピア美の下に駆けつけて抱きしめるのだった。そんな中今度はドンキの母親がやってきて1人になったから引き取ると言い出す。ドンキは母親の言葉に従いコガモの家を出ようとした。それを知ったロッカーが川島夫妻を連れてきて最後のあいさつをさせる。ドンキの心は揺れる。そんな姿を見た魔王はドンキの母親に土下座して私はコウノトリです。この子の親をもう1度探すチャンスを与えてくださいと語り出し、叶もまた私はコウノトリですと語り、ドンキは自らの意思幸せを教えてくれた川島夫妻の下に駈け出してぬくもりに飛び込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第7話はポストのクラスに代理の教師が赴任してきて、その教師の家の手伝いに行く事になったポストはそこで病気療養している奥さんと対面するも、その奥さんはポストの事を娘の名前で呼び、ポストは驚く。一方ボンビは東條夫妻に気に入られようと髪を切って男の子のふりをしてまで頑張るも、それをドンキが告げ口して壊してしまう。ドンキはロッカーの事件以降人が変わったようになり、不審な行動をするようになる。一方でポストはその教師の妻があのようになった事情を知り、現実を受け入れられない姿を目のあたりにする。そんな中ドンキの行動を魔王が問い質すとどうしてかドンキは階段から落ちて逃げ出し、行った先が魔王の元妻香織のところだった。そしてそこで魔王が香織を助けるために子供を諦めた苦渋の過去が語られた。そしてポストは自殺しようとした教師の妻を自らその娘を演じて救ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第6話はロッカーがドンキとコガモの家へ戻る途中で女性に暴力を振るう男性を発見してその暴力を止めようと殴った事で警察に捕まってしまう。それを見たドンキはどうしてもその時の衝撃が大きく女性を助けたよりも男性を殴った事を伝える。それからポストとオツボネ以外はロッカーの事を恐怖に感じて避けるようになる。そんなロッカーはかつて暴力を振るう父親に暴力で耐える日々を送っていた。しかしその時に母親が庇っていた時に父親を突き飛ばし一見死んだと見えたが、その後ロッカーが逃げた後に父親は立ち上がりロッカーを追うつもりだった父親を母親が刺して殺したのだった。長く病気で意識を失っていた母親は意識を取戻し、そこでその真実を告げられてロッカーはこれまで自分が殺したという抱えていた気持ちを吐き出した。そんな中コガモの子供たちはロッカーに出て行ってほしいと声を上げるが、ここで魔王が子供たちに枕を抱かせて講義を始めて、子供たちに臭い物に蓋をする大人になるな!これまで信じていた人を信じてあげる事を解き、さらに可哀そうという奴が可哀そうな人と説き、世間の目を気にするような人にならないように説いた。そしてその講義は子供たちにとって今後の人生に大きく刻まれる講義になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日ドラマ「明日、ママがいない」第5話はピア美が学校である女性から声を掛けられた事により演奏会に出場する事になった。その為にポストを連れて夜の音楽室で練習するピア美だった。その頃ドンキが再び以前のお試しの家へ行く事となり、今度こそという気持ちになる。そんな頃パチが行ったお試しの家ではお菓子と大好きなシャンプーの匂いの家で楽しく過ごしていた。そしてピア美が演奏会でピアノを披露しているとピア美の父が現れ、ポストは止めるもピア美の父は一緒に暮らせないと語る。そして魔王がその理由を述べるとポストは暮らしたくても暮らせない辛さを感じてピア美に父が来た事を伝えなかった。そしてポストもまたパチが里子に行く事を決意した事によりパチを涙で送り出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第4話をはボンビがお試しに行く事になり行ったものの、そこで倒れてしまいボンビは戻ってきた。どうしてボンビが倒れてしまったのかを調べるポストはボンビが両親が死んだ事だけは知っていた。しかし本当の理由を知ろうとボンビのお試し先、さらにボンビの親戚まで向かったが、そこで知ったのはボンビの両親は遺体が見つからないまま認定死亡とされていた。そしてボンビの親戚が母親と双子であり、双子の親戚の人がどうして引き取れなかったのか?など色々と考えさせられるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第3話は年齢不問のいて座生まれが条件でいて座生まれのポストとオツボネが里親候補の夫婦の家へ行った。そこでは多忙で家にいない両親がテレビモニターを通じてこの家の車いすの子の手助けにという事で里子を探したようだ。そんなオツボネはかつて母親に殴られた時に左目を失明した過去を持ち、その目はその時に傷が残っていた。そんなオツボネは施設長から出ていけ!と言われ、捨てた母親のところへ戻る。一方ポストは1度は拒否した車いすの子と次第に距離を縮めていく。そこで車いすの子が体操の事故で車いすとなりさらに両親が離れ離れで愛情に飢えていた。そんな姿を見たポストは車いすの子が歩けるように手助けする。そしてようやく立てるまでに回復した。一方オツボネは戻ったもののそこに居場所はなかった。母親は母親じゃなく、オツボネはロッカーに助けられて再びコガモの家に戻った。そしてポストは車いすの子と仲良くなった矢先、車いすの子が両親の離婚を告げられ、絶望して足を傷つけて絶望したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第2話は新しい里親候補を見せられたポストたちはパチ、ドンキがお試しで里親候補の下へ行く事になった。そんな中でパチは何時もママの匂いがするシャンプーを手放さない。その理由は虐待を受けても忘れられない子供の本能だった。そんな中ピア美は行くはずだった里親候補のところにドンキに譲り、自らはポストと共にイケメンの御曹司のパーティーに出席した。そこでピア美は上手な腕前のピアノを披露するが、それを出席した子供たちが嫉妬しそれを見たポストが先に手を出した女の子にピア美の代わりに喧嘩するのだった。一方代わりに行ったドンキは里親候補のやさしさに涙が出てしまい、優しさゆえの辛さを感じるのだった。一方パチは里親候補のところへ行ったが、叶が里親候補にパチの生い立ちを話し、パチはパチンコ依存の母親により虐待を受けて、熱いところに死の淵まで追い込まれた過去があった。それを聞いた里親候補はその嫌な想い出を忘れさせようと張り切るが、子供の心はそんなに簡単なものでなく、それでも母親のシャンプーの匂いを忘れられないパチはシャンプーを捨てようとする里親候補の女に強制的に取り上げられた事で嫌な想い出がフラッシュバックして倒れる。嫌な予感がしていたポストたちはパチの里親候補先へ行ってそこでパチが倒れているのを見たポストが駆けつけて体を張ってパチを守ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」は児童施設に預けられた子供たちが親から捨てられ、その中で過酷な現実は子供ながらに知る事で現実を生きていくストーリーである。児童施設で3万人が暮らすという現実、そして里子になった子供たちが里親から受ける虐待などこの問題を真剣に考える事で子供たちにも選ぶ人権が必要ではないかと考えていく事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第39話は八重と襄は念願の女子教育の場となる同志社女学校が誕生したものの土地がなく運営が思うようにいかない日々が続いた。しかもその中に薩摩出身の女学生リツが八重が会津出身と知ると態度を一変させる。その頃覚馬は同志社女学校の土地を手にするために顧問の職を辞して同志社に専念する事にする。その頃八重はリツが八重が会津で銃を持って戦っていた事を知り、父はその女に殺されたと言われ八重は土下座をして謝るがその直後リツは結核で倒れる。そしてリツの看病を八重がするがリツは八重が作った食事に一切手を付けない事に八重が憎いなら食べて報復する位じゃなければならない。生きなければならないと強く言った事でリツもようやく八重も辛い気持ちの中戦っていた事を知る。そして八重はリツの看病を続けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「桐島、部活やめるってよ」は朝井リョウの原作を映画化した作品で男子バレーボール部で人気だった桐島が部活を辞めた事で周りに様々な衝撃を与えて、関わりある人も関わりない人も巻き込んでパニックになって行くストーリーである。高校時代には3年間通して部活動をした人もいれば、途中で辞めてしまった人もいるだろうけれど、誰かが辞める事で色々な事に変化をもたらしていく光景はある種のパニックシンドロームを観る事となるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「カムイ外伝」は白土三平の傑作漫画「カムイ外伝」を実写映画化した作品で、時は17世紀の徳川時代に忍として生きたカムイが忍を抜け出し、同じ忍に追われて逃げ続けるストーリーである。生きるためには戦って逃げるしかないカムイにとってその中で人間の暖かさを知ってなお戦い続けていく姿が描かれている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「おっぱいバレー」は23歳の新任女性教師が赴任した学校のバレーボール部でやる気のない部員に勝ったら何でもするという約束に部員たちが「おっぱい見せてください」というとんでもない約束をさせられ部員たちが目の色を変えて猛練習して1勝を目指すストーリーである。タイトルだけ見るとAVのようなタイトルだが、内容は青春ストーリーであり、やる気と目標を目指す上で必要な事を知っていくのでタイトル通りに入るとバレーボールの餌食となるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ガリレオ」第5話は火の玉が飛び散る死体現場でその検証と死因の経緯を知るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ