オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:夏帆

5
7月3日公開の映画「MOTHER マザー」(PG12指定)を観賞した。 この映画は実際に起きた少年による祖父母殺害事件をモチーフにした作品で、その日暮らしをする生活保護を受ける母親と小さな少年がその日暮らしを続けてホストの男と出会った事によりさらに荒れた生活を送る中で次 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
15日ドラマ「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」最終話を視聴した。 今回は清春はガスマスクの男をおびき出すために南武と芝居を打っていた。そしてガスマスクの男が現れるとそのガスマスクの男は才門だった。しかし才門はガスマスクの男はもう1人いると話して、この事件の ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
8日ドラマ「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」第9話を視聴した。 今回はニッポンノワールの主要メンバーが咲良の父親のマスターである事が明らかになった。清春は何度もマスターに問い質すがまだ時ではないと語らない。一方でUSBに格納されていたファイルからある事実が明 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日ドラマ「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」第8話を視聴した。 今回は警視長官命令で収監された清春を救おうと南武たちは動き出すが簡単には抜け出せそうにない。そんな中で過去の人格を知り苦しむ宮城刑事に3A事件で一緒だった郡司刑事がやってきてあの時の記憶は真実だ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日ドラマ「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」第7話を視聴した。 今回は警察に追われる清春は次第に記憶を取り戻しつつあったが才門を失って南武が変わって協力し始めたが、そこでニッポンノワールの本当の正体が明らかになりつつあった。 そんな中で江國がニッポンノワ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
17日ドラマ「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」第6話を視聴した。 今回は警察に追われる身になった清春は才門と共に警察裏組織ニッポンノワールについて調べていく事になる。しかしそれを知れば知るほど警察が裏でやっていた事が更なるやばい事である事を知り、克喜が飲ま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
10日ドラマ「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」第5話を視聴した。 今回は才門に助けられた清春だったが、才門がガスマスクの男ではないかと疑い続ける。しかしガスマスクの男は才門ではなかった事が一緒にいるところを襲われて発覚する。 一方でベルムズと警察の癒着が徐 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
3日ドラマ「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」第4話を視聴した。 今回は才門が消えた事で南武一課長は才門の行方を追っていた。しかし南武一課長はアリバイがある日に海外出張ではなくある人物と会っていた事が判明する。そして克喜の父親は誰なのかで清春は錯綜する。最初 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
27日ドラマ「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」第3話を視聴した。 今回は本城を射殺した事でこの事件は終わったとする警察本部の見解に才門、清春らが納得できないと捜査は継続される事になった。そこで浮上したのが才門だったが、清春は才門が怪しいと才門の過去を調べ始 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
20日ドラマ「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」第2話を視聴した。 今回は10億円強奪事件に薫が何かの証拠を握っていた事を知り調べ始める清春だったが、清春の行動を察知した本城が清春を妨害し始める。 一方で警察内部の犯行である事も踏まえて清春は動き出すもそこに本 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
10月13日スタートのドラマ「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」を視聴した。 このドラマは3年A組の事件から半年後を舞台に同僚だった班長の女刑事を殺した疑いを持たれた刑事が記憶を失った期間を取り戻しながら事件の真犯人に迫っていくストーリーである。 3A事件から半年 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
13日大河ドラマ「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」第39話を視聴した。 今回は終戦4か月前に満州へ慰問する事になった志ん生はそこで五りんの父小松勝と出会いそこで志ん生は九死に一生を得る経験をする。終戦となり敗戦国となると状況は一変し、志ん生は小松勝 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
5月25日公開の映画「友罪」を観賞した。この作品は少年時代に犯した犯罪を背負う青年を追ったジャーナリストがその青年と接する事で青年の今を知ろうとするストーリーである。 少年法により更生された後の少年のその後を生きる事がどれだけ大変なのかを知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「22年目の告白―私が殺人犯です― 」は22年前に殺人を犯した殺人犯が時効があった時代に時効を迎えた事で突然現れて事件の真相を著書として出版する事で世間は大きな賛否両論が巻き起こるがその先にはこの事件の真の真相が科されていくストーリーである。この映画を観る前にやはりあの件を語らないといけないのだろうと感じる次第である。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「高台家の人々」はテレパスという人の心を読める人たちの家に嫁ごうとした女性が自分の妄想を全て読まれている事を知られて逃げ出してしまうも結婚して向き合おうとするストーリーである。人の心を読める力を持つ事が必ずしも良いとは限らないけれど、そうやって全てを見せる事ができる相手と出会えれば相思相愛になっていくだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラヴソング」第5話はチャンスが潰れてしまったさくらに再びチャンスを与えようと広平は自らの伝手を頼って奔走する。一方さくらはチャンスを潰した空一から告白を受けて動揺するもその後社内報の取材を受ける事になったさくらは真剣にその取材に答える姿がそこにあった。そんな最中広平はさくらに自ら歌う姿をYouTubeで配信してそれを空一たちが周りにアピールしていくのだが、さくらの動画は1万回を超えるのだった。そしてさくらは広平の手ほどきで再び歌う事へ向けて動き出していくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラヴソング」第4話はさくらに歌手のスカウトが来た。それは広平がかつて仕事をしたことのあるレコード会社だった。この話をさくらにするとさくらは喜んで一度話を聞く事にする。そしてその女性水原亜矢はさくらの歌声に惚れ込んだ。吃音というハンディがある事を承知しながら一度紹介する事を決意する。一方その直後にプロデューサーと面会した広平はかつてデビューした時のプロデューサーでさくらから手を引く事が条件と広平が関わると上手くいかないと決めつけていた。広平はさくらを1人で行かせる事を決意するが、空一がトラブルに巻き込まれてさくらは行く事ができなかった。それを知った広平はさくらにもう1度チャンスをと訪れるが、そのプロデューサーは過去を持ち出して断ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラヴソング」第3話はさくらがステージに立つ事となり、まず客のいない中で歌うが、緊張でなかなか言葉が出てこない。そんな中で葛藤するさくらに対して広平はさくらの緊張を解そうとしていく。そんなさくらも練習を重ねていく事で歌えるようになる。しかし本番直前に緊張から逃げ出してしまうも、広平が君のためにギターを弾くという言葉でさくらは勇気をもらいステージで最後まで歌い切ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
18日ドラマ「ラヴソング」第2話は広平はさくらが歌を歌う事で言葉にできる可能性を見出せたが、さくらはまだ歌う事よりも話す事に対して悩んでいた。そんな中でさくらは治療を兼ねて歌う事に楽しさを感じるも、夏希がライブで歌ってみない?と問いかけた事で再び心を閉ざしてしまう。そんな中真美が突然出血してしまう混乱したさくらはうまく話す事ができず救急を呼べない。何とか広平を呼んだが、吃音で話せない事でさくらはより心を閉ざしかけるも、広平が再び向き合ってきたことで広平に心を許し始めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラヴソング」は心を閉ざした少女と出会った音楽に夢破れた男が少女の声をキッカケに再び音楽の情熱を持ち少女は心を開いて歌で自分を表現していくストーリーである。心を閉ざした少女が歌えるまでどう接してそしてどう心を開いていく事になるのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「海街diary」は離婚して離れた父が突然他界し、残された3姉妹と腹違いの妹が4人で同じ屋根の下に暮らして家族になるまでの1年間を描いたストーリーである。今の時代離婚して再婚する事も珍しくない中で家族のあり方、そして家族として暮らしていく事の多様化により複雑な家庭環境で生きる息苦しさを感じる事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第10話は延暦寺の件でサブローはどうやって説明して良いのか途方に暮れるが、何とか開き直って説明するも自分を偽るような心境だった。そんな最中でサブローが信長でない事を周りが気づき始め、恒興がついにサブローが信長でない事を知る。そんな中ゆきが刺客の盾となり亡くなる。それをみた恒興はついにサブローに偽物を知っていたと打ち明け、サブローに出て行けと言い放つ。そんな状況で秀吉も半兵衛が偽者だと気づいたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第9話はサブローはキリシタンの布教を認めるが、それにより存続の仏教の寺院の反発を受けることになる。そんな中当時最大の勢力であった武田信玄率いる武田軍が上洛へ動いて織田家は揺れる。そんな中家康が先鋒を務めたがあっけなく敗れ、サブローにとって風前の灯火だったが、信玄が亡くなった事で回避された。 一方比叡山延暦寺の反乱を光秀ならぬ信長に対応を任せたが、信長は秀吉の助言により比叡山延暦寺を焼打ちにする。それを知ったサブローはショックを受けて自らの目指す天下から大きく離れて行ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第8話はサブローは商人が自由に商売できるように座を廃止し自由に商売をできるように改革した。これにより織田家の財力は向上し街も活気付いてきた。そんな中サブローは森可成に宇佐山城下の街造りを任せることにした。しかしその中摂津の三好氏と交戦していた松永久秀から援軍の要請を受けて援軍へ向かうが、その隙に浅井、朝倉が宇佐山を攻めてくる。即引き返したサブローだったが、森可成の奮戦で何とか宇佐山は守られたが森可成は戦死し改めてこれが戦国だと思い知らされるシーンがメインだった ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第7話はサブローは朝倉の罠に掛かり、浅井に裏切られた事で窮地に陥る。命からがら逃げきったと思ったが直前で撃たれて瀕死の重傷で死の淵を彷徨う。辛うじて命は取りとめたものの、自らの死の恐怖を感じた事でこれまでのサブローの方針とは違ってくる事になる。そしてサブローを撃ったのがゆきである事にショックを受けたサブローは姉川で浅井、朝倉連合軍と戦う事を決意する。そして戦は見事に浅井、朝倉連合軍に勝利したもののサブローは戦国の裏切りについて傷を負ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第6話はサブローは上洛しようとするも上洛するための作法を知らず思い悩むが、ここは家臣とした信長=明智光秀が代役を務めて難を逃れた。しかしその直後義昭との会見で天下を狙うと発言した事で義昭の怒りを買い、信長包囲網を敷かれる。これにより窮地に陥ったサブローはそれでも朝倉と同盟を結ぼうと模索するが、そこで浅井長政の協力を得て、朝倉と会見する事になったが、これが完全な罠と知りそれでも長政を信じたかったがこの現実を受け止めるしかなくサブローは戦国の厳しさをまざまざ痛感したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第5話はサブローの前に本物の信長が現れ、明智光秀と名乗っている事を知らされた。しかしその場で利家に見つかり、利家は本物の信長を連れて行った。そこで信長はこれまでとムードの違う家臣たちや帰蝶らに戸惑いながら軍議を行い、市を浅井へ嫁がせる事を了承させる。しかし信長が去ると今度はサブローがその事を知り、猛反対し直接同盟を結ぶために浅井と交渉するが納得されない。そんな状況を見た市は自ら嫁ぐと言い出すも、サブローは最後まで粘る。しかし恒興の説得で市は浅井へ嫁ぐ事になり、サブローも渋々了承して市が浅井へ嫁いだシーンがメインだった ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第4話天下を取るためにはまず美濃を通って京を目指さなければならないと言われたサブローはまず美濃の攻略へと向かうが、その前に松平元康が同盟のために訪れた。のちの家康の同盟により東の脅威は無くなった。これにより美濃攻めが可能になったが、美濃攻略は一筋縄ではいかなかった。その前に竹中半兵衛が立ちはだかり、それに対して織田軍は苦戦を強いられていた。そんな中で半兵衛が訪れてきて、サブローは半兵衛を味方に付けんと交渉するが、半兵衛は簡単には降らない。そんな中でもサブローは戦いのない世を造る理想を半兵衛に問いかけて、半兵衛はサブローの言葉に感銘を受けて、墨俣一夜城は完成して美濃攻めの足掛かりとなり美濃を攻略したが、その直後本物の信長が現れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第3話は今川義元が上洛するために尾張に攻め込んできた。4万の大軍に対してわずか3千の兵しかいない織田軍に勝ち目はない。そんな中決断を迫られたサブローは出陣か籠城か迫られたがどちらも選択する事無く逃げ出す。逃げ出したサブローだったが運悪く桶狭間の今川領へ行ってしまった。そこで落馬し村人に助けられるが信長とわかると捕まってしまい処刑されそうになる。しかし恒興が直前で駆けつけて難を逃れたが今川軍は目の前まで迫っていた。そこに村人が殺さなかった事で加勢に加わる事となり、桶狭間で奇襲する事で一か八かの賭けに出る。賭けに出たサブローは運の良いタイミングで奇襲し今川義元を討ち取りこの難局を逃れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第2話はサブローは信長として装う。しかし今度は斉藤道三と会見する事となりさすがにサブローも怖気づく。しかしサブローは覚悟を決めて学生服で道三と会見するが、その道三もまさかの現代人だった事を知らされる。しかし道三がタイムスリップしてきたのは約40年前とかなり時代が昔だ。そんな中でサブローは道三との距離が接近するも、道三は帰蝶を武田を嫁がせようとする。それは信長が偽物と知ったからであったが、そんな最中道三は義龍が謀反を起こしてその数で道三は圧倒的不利な状況で勝ち目はない。そんな中でもサブローは道三の援軍に向かい、それを知った道三はサブローに帰蝶を託す事を決断し、サブローは道三の遺言で信長として生きて行く事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ