オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:壇蜜

3
「半沢直樹」第5話は国税に寝返った未樹は黒崎と取引し東田に自ら貢いだ店の開店資金の摘発を見逃してもらう代わりに捜査協力を約束した。それを知った半沢はその頃浅野支店長から出向の辞令が明日出る事を告げられる。そんな中国税が東田の隠れ家に入り込むがそこから未樹は東田の預金通帳を預けられた。それを黒崎に渡すが、その頃半沢の手元に未樹から送られた通帳が届く。その通帳は東田と浅野支店長を結ぶ決定的な通帳だった。この通帳により半沢は5億の回収に成功し、東田に10倍返しして、さらに浅野支店長にも回収しただけでなく半沢はそれぞれの栄転を条件に出して浅野支店長はマニラに飛ばされ、半沢は復讐の為に本社に栄転になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第4話は融資事故をマスコミにリークする事と引き換えに東田の居場所を突き止めた。しかし突き止めたもののこれでは決定的な証拠にならず浅野支店長を追い込めない。そこで半沢は揺さぶりを掛けて浅野支店長から動かそうとすると浅野支店長は別の銀行に口座がある事を突き止めてその通帳はカバンに持っている事を知る。そして半沢はカバンから通帳の持ち出しに成功してさらに東田の愛人未樹を揺さぶりに掛ける。しかしなかなか未樹は揺さぶりに応じない。そこで決定的な証拠を得るために半沢は別の融資を未樹に持ち掛けるが未樹は国税庁からも揺さぶりを掛けられており、国税庁に寝返ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第3話は5億の金額を回収すべく奔走する半沢だったが寸前のところで回収できなかった。そんな半沢に次ぎに待ち受けていたのは裁量臨店と呼ばれる本部からの内部検査だった。本店から徹底追及を受ける半沢は今回提示されたリストから全て赤字会社による融資物件ばかりが並ぶ不可思議なものだった。そしてさらにあるはずの資料が紛失しており明らかに意図的なものを感じた半沢は支店長の罠だと感じ取り対策を練る。そしてその間に半沢は西大阪スチールの社長の行方を追ってマンションの所有者を訪れるが口を割らない。そして裁量臨店最終日直前に半沢が部下の中西が何かを知っていると睨みその直前にマスコミと接触した事でマスコミの力を利用する事を模索した。そして裁量臨店最終日に半沢は本来あるはずの資料が無い事に証拠を出し続けて、最後は小木曽が中西と話した内容が決定的な証拠となりこの場を凌いだ。そして半沢は西大阪スチールの社長の居所をキャッチしてその場所でまさかの人物が対面していたシーンを捉えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第2話は必ず5億を取り返すと宣言した半沢は社長の行方を追い続けていた。その頃国税庁も脱税の行方を追っていた。そして半沢は西大阪スチールの倒産直前に海外の時価5千万の別荘の存在を突き止める。これを差し押さえようと動くもなかなか周りのガードが固い。そんな中で国税庁もこの存在に気づいて動き出すが一歩の差で半沢はこの件で一歩リードした。そんな中で半沢は海外の別荘を差し押さえることに成功したが社長の所在はまたも行方を暗ませた。そしてさらに半沢は国税に差し押さえた物件をこちらの弱みに付け込み揺すり取られたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」はバブル期に入社した銀行員が大阪の融資課長として赴任するもそこで支店長の失態を押し付けられて責任を取らされようとするがそれに屈せず取り返しに奮闘して行くストーリーである。中間管理職や頼りない上司と毎日向かっている人にとってはこういう反骨心は学びたいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ