オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:坂本勇人

2
26日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、0対8で巨人は先発グライシンガーが打ち込まれ打線も抑え込まれ今季初の完封負けを屈した。試合は巨人先発グライシンガー、中日先発川井投手の投げ合いで始まり、初回に中日が3番森野選手、4番フランコ、6番藤井選手のタイムリーで3点を先制すると、3回、6回にも追加点を重ねられ、8回には4番フランコのホームランで止めを刺された。投げても中日投手陣の6人の継投を巨人打線が攻略できず大敗で今季初の完封負けを屈した。これで巨人は開幕カード以来の負け越しとなったが収穫のある3連戦ともなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、2対3で中日が延長10回3番森野選手のタイムリー3ベースで決着をつけて巨人は連勝が6で止まった。試合は巨人先発福田投手、中日先発山井投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が4番ラミレスの内野安打で1点を先制する。しかしその後巨人は8回までヒットすら打てず苦戦する。中日もチャンスを作るが得点できない。このまま逃げ切ると思われた8回に中日は代打立浪選手のホームランで同点に追いつき試合は延長戦に突入し、延長10回中日は3番森野選手の2点タイムリー3ベースで勝ち越しに成功すると抑えの岩瀬投手を投入するが、巨人も7番阿部捕手のホームランで1点差としたが、最後は3番小笠原選手が三振に倒れ巨人は連勝が6でストップした。これで巨人は週間勝ち越しはお預けとなり中日戦勝ち越し貯金10は厳しくなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
22日佐賀球場で巨人対東京ヤクルト戦が行われ、3対2で巨人が坂本選手の逆転2点タイムリーで逆転勝利し5連勝を飾った。試合は巨人先発内海投手、東京ヤクルト先発館山投手の投げあいで始まり、2回に東京ヤクルトは4番デントナのホームランで先制すると6回に2番川島選手の犠牲フライで追加点を上げた。しかし巨人も6回に5番亀井選手のタイムリーで1点を返すと、8回に8番坂本選手のタイムリー2ベースで逆転に成功した。最後は抑えのクルーンが抑え巨人は5連勝を飾った。これで巨人は2カード連続勝ち越しを決めて週間勝ち越しへ大きく前進した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
19日ナゴヤドームで中日対巨人戦が行われ、5対6で巨人が接戦を制してライバル中日相手に3タテをして週間3つの貯金を稼いだ。試合は中日先発山井投手、巨人先発尚成投手の投げあいで始まり、初回に巨人は先発山井投手の立ち上がりを攻めて、3番小笠原選手、7番阿部捕手の犠牲フライ、8番坂本選手のタイムリーで4点を先制する。しかし中日も2回に8番小山捕手のタイムリー3ベースで1点を返すと、3回には4番フランコの2ラン、5番和田選手の犠牲フライで同点に追いつき、尚成投手はこの回で降板し、4回には1番荒木選手のタイムリーで逆転を許した。しかし巨人は5回に7番阿部捕手の同点タイムリー2ベースに8番坂本選手のタイムリーで逆転に成功した。その後両チームとも譲らず6回から3番手越智投手、4番手山口投手、5番手豊田投手と繋ぎ、最後は抑えのクルーンが締めてライバル中日に3タテをして週間3つの貯金を確保した。これで巨人は2週連続勝ち越しを決めて着実に貯金を伸ばした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行なわれ、2対9で巨人が小刻みに得点を重ね終盤の猛攻で圧勝し3連勝で貯金生活に戻した。試合は横浜先発ウォーランド、巨人先発グライシンガーの投げ合いで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリー2ベースで先制するが、2回に横浜が4番吉村選手のホームランで同点に追いつく。しかし3回に巨人は3番小笠原選手のタイムリー2ベースで勝ち越すと、5回に7番坂本選手のタイムリーで追加点を上げて、7回に巨人は一挙4点を上げて試合を決めた。8回にも2点を追加した巨人は投げては先発グライシンガーが6回を1失点に抑え、2番手豊田投手、3番手山口投手、4番手越智投手のリレーで逃げ切った。これで巨人は横浜戦3タテで貯金生活に戻し阪神戦へ挑む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
8日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行なわれ、1対12で巨人が小笠原選手の2ホームランなどで打線が爆発し2連勝で勝率をに戻し横浜戦勝ち越しを決めた。試合は横浜先発工藤投手、巨人先発福田投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手の2ランで先制すると、3回に1点、4回には6番アルフォンゾのホームラン、5回には3番小笠原選手のホームラン、8番坂本選手の2ランで大量4点を上げて試合を決めた。投げては先発福田投手が5回に1失点をしたものの、余裕の継投で逃げ切り圧勝で巨人は勝率を5割に戻した。これで巨人はわずか2日で5割に戻し打線にもエンジンが掛かってきた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
19日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、6対4で巨人が坂本選手の3打点の活躍で勝利し阪神との初戦を制し2ゲーム差に急接近した。試合は巨人先発グライシンガー、阪神先発安藤投手の投げあいで始まり、2回に巨人が8番坂本選手のタイムリー3ベースで先制すると、4回にも8番坂本選手の2点タイムリー2ベースで3点をリードする。阪神は5回に代打葛城選手の犠牲フライで1点を返すが、その裏巨人は1番鈴木選手のホームランで突き放す。しかし6回に阪神は6番関本選手、7番林のタイムリーで1点差に迫るが巨人は7回に3番小笠原選手の2ランで試合を決定的にした。投げては先発グライシンガーが7回3失点で抑え、2番手越智投手が3番今岡選手にホームランを浴びるが、3番手山口投手が後続を抑え、最後は抑えのクルーンが締めて天王山初戦を制した。これで巨人は大事な初戦を取り阪神とのゲーム差なしまであと2勝と迫った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
17日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、2対6で巨人がお家芸の1発攻勢で勝利し阪神との直接対決に3ゲーム差で臨む事になった。試合は横浜先発三浦投手、巨人先発東野投手の投げあいで始まり、2回に巨人が8番坂本選手の2ランで先制すると、3回に4番ラミレスのソロ、7番阿部捕手の3ランで試合をほぼ決めた。6回に横浜は3番内川選手の2ランで追いすがったが7回から2番手越智投手、3番手豊田投手、最後は抑えのクルーンが締めて7連勝とした。これで巨人は阪神との直接対決に逆転優勝への臨みを繋ぐ事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
29日阪神甲子園球場で阪神対巨人戦が行われ、5対7で阪神が巨人の追い上げをかわして逃げ切った。試合は阪神先発下柳投手、巨人先発金刃投手の投げあいで始まり、初回に阪神が5番林のタイムリーで先制すると6番関本選手のタイムリー2ベースで2点を追加した。その後阪神は3回から6回まで小刻みに点を重ねたが、7回に巨人も8番坂本選手の2点タイムリー、1番亀井選手のタイムリーで1点を上げて、9回にも2点差まで追い上げたが逃げ切られた。これで巨人は大事な阪神3連戦の初戦を落とした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
25日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、6×対5で巨人が最終回に2点差を大逆転してサヨナラ勝ちを収めた。試合は巨人先発尚成投手、中日先発中田投手の投げあいで始まり、両チーム無得点で迎えた5回中日が2死満塁から2番荒木選手のタイムリー2ベースで3点を先制すると、3番李炳圭のタイムリーで1点を追加した。巨人も6回に6番古城選手のタイムリーで1点を返すと、8番坂本選手の2点タイムリーで1点差とした。しかし中日は9回に1点を追加しそのまま逃げ切ろうとしたその裏巨人は3連打で1点を返すと、4番ラミレスの併殺打でチャンスを潰したが6番古城選手のサヨナラタイムリー2ベースで巨人は劇的な逆転勝利となった。これで巨人は貯金を再び10に戻し五輪後の逆襲にかける。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、5対4で巨人がラミレスの決勝タイムリーで勝利し9連戦の勝ち越しを決めた。試合は巨人先発野間口投手、中日先発吉見投手の投げあいで始まり、初回に巨人が2番坂本選手のホームランで先制すると、2回には8番脇谷選手のタイムリー2ベースで1点を追加し、4回には1番亀井選手のタイムリー3ベースで2点を追加した。しかし中日も5回に7番李炳圭のタイムリーで1点を返すと、6回に4番ウッズの2ランで1点差とし、8回に代打デラロサのホームランで追いついた。しかし巨人は8回に4番ラミレスのタイムリーで勝ち越し、最後は抑えのクルーンが抑え連敗を阻止した。これで巨人は9連戦勝ち越しを決めて借金返済へ一歩でも近づけたいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
26日阪神甲子園球場で阪神対巨人戦が行われ、6対2で阪神が上原投手を攻略し巨人の連勝は4でストップした。試合は阪神先発岩田投手、巨人先発上原投手の投げあいで始まり、初回に巨人が5番ラミレスの3塁強襲のタイムリーで1点を先制するが、3回に阪神が犠牲フライを含む5連打で3点を取って逆転する。5回に巨人は1番坂本選手のタイムリーで1点差とするが、その裏阪神は復調しない上原投手を攻めて、5番葛城選手のタイムリー3ベースで2点を追加し上原投手をKOした。巨人は6回以降岩田投手を攻略できず、上原投手は4月勝ちなしで終わった。これで巨人の連勝は4でストップし上原投手は10年目で故障以外では初めて4月勝ちなしで終わった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
25日阪神甲子園球場で阪神対巨人戦が行われ、1対3で巨人が阪神の守備のミスを付け込んで勝利し借金返済まであとわずかとなった。試合は阪神先発安藤投手、巨人先発木佐貫投手の投げあいで始まり、3回に巨人が4番由伸選手のタイムリーで先制する。阪神は4回に8番坂選手の内野ゴロの間に同点としたが、6回に巨人が1死2,3塁で9番木佐貫投手に代えて代打谷選手を起用し、サード坂選手の野選で勝ち越し、1番坂本選手のタイムリーでもう1点追加した。その後巨人は2番手藤田投手、3番手門倉投手、4番手山口投手が抑え、最後は抑えのクルーンが締めて4連勝とした。これで巨人は週間勝ち越しを決め、早期借金返済に大きく前進した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、6対2で巨人が小笠原選手の3ラン、阿部捕手の今季初ホームラン、坂本選手の4安打で打線が繋がり今季初の同一カード3連勝とした。試合は巨人先発尚成投手、横浜先発那須野投手の投げあいで始まり、初回に巨人が無死1,2塁から3番小笠原選手の3ランで3点を先制する。横浜は4回に内野ゴロの間に1点を返すが、6回に6番阿部捕手の今季初ホームランで追加点を上げると、8回には5番ラミレスのホームランと、1番坂本選手のこの試合4安打目になるタイムリーでダメ押しした。投げても先発尚成投手が7回2失点に抑え、最後は抑えのクルーンが締めて今季初の同一カード3連勝とした。これで巨人は借金早期返済へ阪神戦勝ち越しに挑戦する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、6対2で巨人が7回に一挙4点を奪い逆転勝利で2連勝とした。試合は巨人先発グライシンガー、横浜先発寺原投手の投げあいで始まり、5回まで両投手の好投で0行進が続くが、6回に横浜が4番村田選手の2点タイムリー2ベースで2点を先制し、均衡が破れる。しかし巨人もその裏3番小笠原選手のタイムリーで1点を返すと、7回に寺原投手が突如崩れ、9番谷選手のタイムリーで同点に追いつくと、1番坂本選手の逆転タイムリーで逆転に成功し、代打木村選手のタイムリー2ベースでさらに2点を追加した。8回にも7番阿部捕手のタイムリーでダメ押しし、最後抑えのクルーンが締めて見事な逆転勝利を飾った。これで巨人は横浜に2連勝とし阪神戦前に連勝で弾みをつけたいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日広島市民球場で広島対巨人戦が行われ、1対5で巨人が若手1,2番のチャンスメークで勝利し尚成投手が今季初勝利を上げた。試合は広島先発大竹投手、巨人先発尚成投手の投げあいで始まり、4回に巨人が9番尚成投手のフライをショートとレフトが交錯して落球しラッキーな先制点を上げると、2番亀井選手が走者一掃のタイムリー3ベースで3点を先制する。広島もその裏に4番栗原選手のタイムリーで1点を返す。6回に広島は大チャンスを迎えるが、2番手西村投手が踏ん張り得点を許さないと、7回に巨人が8番古城選手のタイムリー2ベースと1番坂本選手のタイムリーで2点を追加し、その後巨人はクルーン不在の中門倉、山口、最後は豊田投手が抑えた。これで巨人は4番に由伸選手を据えて、1番に坂本選手を配置する布陣が機能し当分この打線で行きそうだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
8日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、延長12回3対3の引き分けに終わった。試合は巨人先発上原投手、横浜先発土肥投手投げあいで始まり、初回に横浜が4番村田選手のタイムリー2ベースで1点を先制する。巨人も5回に6番阿部捕手のタイムリー2ベースで同点にすると、7番坂本選手の2ランで逆転に成功するが、その裏横浜は8番相川捕手にホームランを浴び、7回には6番吉村選手にホームランを浴びて同点に追いつかれた。その後両チームとも譲らず今季初のドローとなった。巨人は調子を取り戻せないまま試合に勝つ事ができなかった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
6日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、9対1で巨人が由伸選手の250号と坂本選手のプロ初ホームランがグランドスラムで大勝した。試合は巨人先発木佐貫投手、阪神先発福原投手の投げあいで始まり、3回に巨人は1番由伸選手のプロ通産250号の2ランで先制すると、5回に連打、連打で2点を上げると、7番坂本選手のプロ初ホームランがグランドスラムで試合をほぼ決めた。投げても先発木佐貫投手が8回まで安定した内容で抑え今季初勝利を手にした。 これで巨人は借金5から巻き返しを図る。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
28日プロ野球セントラルリーグが開幕し、東京ヤクルト対巨人の試合が神宮球場で行われ6対2で東京ヤクルトが巨人の守備陣のミスに付け込み開幕を飾った。試合は東京ヤクルト先発石川投手、巨人先発尚成投手の投げあいで始まり2回に巨人が5番ラミレスのホームランで先制するが、その裏東京ヤクルトがチャンスを作り、7番飯原選手のタイムリーで1点を返すと、1死満塁から9番石川選手の内野ゴロで逆転すると1番川島慶選手、2番田中選手のタイムリーで2点を追加した。4回にも東京ヤクルトは1点を、5回にも1点をさらに追加した。巨人は7回に1番由伸選手のタイムリーで1点を返すが反撃もここまでで、最後は4番手五十嵐投手に抑え込まれ巨人は開幕戦を落とした。巨人はレフトラミレスの守備を付け込まれ開幕から守備陣の課題が浮き彫りになる苦しいスタートとなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日東京ドームで巨人対MLBオークランドアスレチックスとのオープン戦が行われ、3対4でアスレチックスが終盤の接戦を制した。試合は巨人が2回に2死1,2塁から9番加藤捕手のタイムリーで先制すると、3回には1死3塁から5番ラミレスのタイムリーで追加点を上げる。先発上原投手は2回を無失点に抑え開幕へ順調な調整をみせた。4回に2番手野間口投手が捕まり、6番クロスビーに右中間本塁打、7番ハナハンに中越本塁打を許し同点に追いつかれた。その後は両チームとも無得点で抑えた9回に5番手越智投手が捕まり2点を勝ち越された。最終回に巨人も1点を返すが及ばなかった。この試合で今季の巨人のオーダーがみえていよいよリーグ戦開幕までわずかとなった。もう1試合の阪神対レッドソックスは4対5でレッドソックスが勝利した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ