5日サッカー国際親善試合日本対ウルグアイ戦が札幌ドームで行われ、0対2でウルグアイに日本のミスを逃さず決められ世界との差を痛感してロシアを目指した戦いがスタートした。試合は一進一退で進んだ前半34分日本のバックパスを見逃さなかったウルグアイがボールを奪い、これをFWカバーニが押し込んでウルグアイが先制する。日本も攻撃を仕掛けるもウルグアイの堅い守りに阻まれ前半を折り返した。後半日本は少ないチャンスを狙うも尽くゴールを防がれた後半25分ウルグアイはFWエルナンデスに追加点を許してリードを広げられ、日本も再三ゴールを目指したものの力の差は大きく日本はウルグアイに完敗した。これで日本代表はロシアへのロードは世界との差を痛感するスタートを切り、アギーレ監督が目指すシステムと戦術をまず知る試合となった。 ... もっと読む