オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:吹石一恵

5
28日歌手の福山雅治さんと女優の吹石一恵さんが結婚した事双方の事務所が発表した。福山雅治さんは1990年にデビューして1993年にドラマひとつ屋根の下で俳優としてブレイクすると歌手としてもブレイクしてその後20年以上に渡り大河ドラマ主演、映画、ドラマ主演で活躍し続け歌手としても数多くの名曲を送り出している。吹石一恵さんは1997年に映画デビューするとその後数多くのドラマ、映画、出演して主演も助演問わず演じられる女優として活躍している。福山さんはデビュー25年の区切りに吹石さんの誕生日に結婚を決意するけじめをつけた。この結婚で世間の男女は悲鳴を上げ寝込む人が続出するほどだったが結婚を祝福してファンとしてのけじめをつけたいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」は2014年1月に放送された連続ドラマ「S-最後の警官」の続編で再びテロリストの主犯がが動き出した日本でバスジャック、輸送船強奪で日本が核燃料により崩壊するピンチにNPS、SAT、SITがテロリストの野望を阻止に挑むストーリーである。連続ドラマから1年半の間に日本は自国を守るためにはどうすべきなのかを問われているが、国を守るというのは非常に難しいという事を痛感する事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「神様のカルテ2」は2011年8月に公開された神様のカルテの続編で、大学時代の同期だった優秀な内科医が赴任するも、当時とは印象が大きく変わった事に戸惑う。しかしその事情を知る事で次第に理解し合い、勤務先の病院の恩師が末期のガンで余命数数か月の時を過ごす中で家族とは何なのかを考えさせられるストーリーである。今回はイチさんとハルさんに待望の第1子が誕生し、イチの同期だった内科医がある事をキッカケで思い悩む姿に本当に医者が目指すべきものは何なのかを考えさせられていく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「銀の匙 Silver Spoon」は進学校で挫折した少年が逃げるようにして全寮制の農業高校に入学してそこで夢もないまま過ごしていたが、次第にやりたい事を見つけて行くストーリーである。農業高校は農業を生涯の就職にしていくために入る人が殆どだが、その先には厳しい現実と私たちの食生活を考えて行く事になるストーリーもあり、色々と考えさせられる事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」最終話はテロリストに有力者10名を拉致された事でSATが出動する事となり、NPSは待機となったが、その間にテロリスト正木がゆづるを襲おうとしている事を知り一號が駆けつけるも逆にカウンターを受けて気絶してしまう。正木は人質を取ったが、それ以外でもテロを計画していた。演奏会場のホールで6人の人質を取った正木らは今度は6人を殺すと宣言する。SATが不在の間にNPSがSATの支援なしに人質と犯人確保へ向かわななければならなかった。そこで無理を承知でNPSは作戦を決行するもある程度の作戦を立てて向かう。催眠ガスで犯人らを眠らせたが、正木らテロリストらはこれを読んでおり、NPSは窮地に陥る。しかし一號は最後まで諦めずこの状況を必死で耐えるが、そこにこの状況を察したSATが到着してNPSは窮地を脱して正木を追い込むも、あと一歩のところで逃がして正木は行方不明となり、NPSは正木の火種を抱えたまま事件は映画に持ち込まれる事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第9話はNPSに蘇我に代わるメンバーとして元陸上自衛隊の女性隊員だった林イルマが配属される。配属初日に刃物を持った犯人が女性を人質にして地下の洞道に逃げ込んだ事でNPSに出動命令が下る。出動したNPSは犯人を追い込み、犯人確保に成功するが、その人質が犯人を殺そうとしそれをイルマと蘇我がナイフを撃って一號を救ったのだった。しかしこの件でイルマが確保した犯人に銃口を向けて始末書を書かされることになった。その後イルマはかつて一號とゆづるを救った警官の娘である事を告げられ、一號はゆづるの両親の仏壇に供養し、イルマの父がそれ以来罪悪感に駆られている事を知る。それ以来イマルは急所を外して狙撃する腕を磨きその点では蘇我と違った考えを持っていた。そんな中再び正木が現れ、大物政治家などを人質にとって正木がゆづるを人質にとったと連絡してきた事で一號はゆづるの下へ駆けつけるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第8話は誘拐事件を追うNPSは誘拐事件の重要参考人に速田の恋人が重要参考人として疑われる。捜査を重ねるうちにSITは犯人が速田の恋人と断定し逮捕状を取って連行する。何かの間違いだと感じた速田は捜査を再度洗い直すも、NPSは捜査から外される。一方NPSは再度捜査をやり直し、そこで再捜査した結果犯人は別にいる事を突き止めたNPSは犯行現場を押さえて速田の恋人の無実を証明した。しかし警察は何も責任すら取らないシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第7話はバスジャックで元妻と息子を人質に捕られた古橋は自ら説得に向かうが、犯人はそれに応じようとしない。その間に犯人の要求通りバスを用意し、乗り換えようとする時に犯人は古橋の息子を人質にしてバスは走り出した。そして犯人の父親が途中で説得に向かうも既に関係が壊れた中では説得するのは困難であり、バスは再び走り出すも、SATの作戦で突入したものの犯人が爆弾を起動させ、その間に人質を救出したが、バスに残った犯人を一號がバスから引きずり出して爆弾をはぎ取って蘇我の射撃で爆弾を空中で爆破させ犯人を確保したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第6話は離婚して別れた息子が突然山梨から訪れてきた古橋はどう向き合って良いのかわからず一號とゆづるのところを訪れて遊び相手になってもらう。離婚した原因がNPSになった事により家庭に戻る機会が無くなったことによるものだった。程なくして離婚した元妻が訪れて息子と共に山梨に戻るバスに送る古橋たちだったが、そのバスがバスジャックされて元妻と息子と乗客らが人質となってしまう。これにより現場に向かう一號と古橋だったが、犯人の犯行はエスカレートし次第に人質が殺傷されていく。そんな中バスがパンクで止まり、犯人は爆弾と共に自爆しようとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第5話はある女子高生が睡眠薬で自殺を図ったと連絡が入る。ここ最近この関連の事件でMが使用した銃弾が残されている事からMとの関わりを疑う。その頃ゆづるの病院に自殺未遂した女子高生が入院している事を知った一號らは自殺未遂した原因が神父と名乗る人物だと知り、その人物がある心療内科の医師だった。NPSはMとの関わりを考慮してその人物の家に突入するも気配がなく、その頃その人物は警察に自首していた。自首して事情聴取する一號らはその人物が自殺から救おうとした事を証言されるが16人中11人は救えたが5人を死なせたと話しの見解でこの判断が分かれる。そして警察から検察へ送検されようとした当日犯人は愉快犯に刺されて命を落とそうとしたが一號の懸命の処置で意識不明の重症ながらベットの上で命を終える結末を迎えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第4話は予行練習中に国際テロリストに横川が拉致され、非公表のまま横川救出作戦を実行する事になった。そこで横川救出のためにNPSとSATが合同で救助に向かう。しかしテロリストたちは一號だけで来いと告げてくる。拉致されている横川の居場所を掴んだNPSとSATはテロリストをが潜む倉庫に向かうとそこで銃撃戦となる。突撃した一號だったが、相手の罠にハマり、一號の機器に蘇我らが援護射撃するが、一號はテロリストを逃がして事件は未解決のまま非公表となったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第3話はNPSの存在を周知してもらう目的でマスコミにNPSを公表した。そこで部隊のモデルとして一號が取材を受けるがこれをしらされていなかったゆづるは複雑な気持ちになる。そしてSATにとってもこれは面白くない。そこでSATとNPSどちらが日本を守る組織かを示すための模擬戦をやる事となった。そこで模擬戦が始まるが長年訓練慣れしているSATに対してNPSは結成したばかりで思うような行動が当初取れない。しかも豪雨の中でNPSは苦戦を強いられる。しかしSATに次第に追いつき始めた。その中でSATのメンバーが誤って崖に転落し救助するか?そのまま進むか?の決断を強いられ、SATはこのまま進んだが、NPSは転落したSATメンバーを救出を選択した。この判断は国防に置いて迷われる部分のある判断で両者とも正しい判断だったとも言えるがそんな中で模擬戦2日目で人質役だった秋が国際テロリストに本当に拉致されてしまうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第2話はデパートで起きた爆破事件で動く事となったNPSは加入したばかりの一號に出動命令が下る。出動を待機していたNPSだったが、その間に銀行が占拠され多数の人質を取られてしまった。NPSはSATと共に人質救出に出るが、それぞれの方針の違いからなかなか噛み合わない。そんな中他のビルで爆発が起こり、一刻の猶予もならない状態になった。そこで先に先鋒対としてNPSの一號とSATの蘇我を先に潜入させる。そこで状況を把握したNPSだったが、人質が銃で撃たれる直前だと感じた蘇我は先に飛び出して銃を撃とうとするも、その直後に一號が照明弾を放ち、犯人を4人まで確保したが、5人目はスマートフォンで起爆するように仕組んでいる事を宣言するも、事前に爆弾処理班に処理が完了していたおかげで爆破せず、最後のボタンも防ぎ切り、事件は犠牲者なしで終わった。その数日後一號に蘇我がお前は認めないと告げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」はSATの機動力とSITの捜査力を併せ持ち、国内すべてを管轄とする警察庁直轄部隊で犯人を生かしたままの確保を目指す警察庁特殊急襲捜査班通称NPSが事件解決に奔走する姿を描いたストーリーである。SATは狙撃で相手を確保するが、NPSは生きたまま犯人確保を目指す部隊として犯人確保に果たして生かしたまま犯人確保がどれだけ難しいかを知る事になっていくだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「永遠の0」は2004年に祖母を亡くした孫の娘と息子がかつて祖母の夫であった祖父の太平洋戦争での足跡調べていく事でかつて祖父がどんな人物であり、何を託して行ったのかを知っていくストーリーである。もうすぐ戦後70年を迎えようとする今当時の事を語れる人も少なくなり、70年の時を経て今の平和である事が幸せな時代である事、当時は許されなかった事を知っていく事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「とんび」最終話はヤスが積荷の下敷きとなって病院に運ばれたがヤスは検査の結果無事だった。そんなヤスに東京転勤の話しとなり、ヤスは頑なに断るもアキラの根回しで東京へ行く事になった。そしてそこでヤスはアキラの家に泊まりアキラはヤスに一緒に暮らさないか?と話される。しかしヤスはそれも断るが、会社の同僚がリストラとなり時代の厳しさを痛感させられる。そして1度は東京勤務を決意するもヤスにとって東京に居場所が無く再び地元に戻って会社を辞めてたえ子の店を手伝う事になった。そんな中アキラからケンちゃんがいなくなったという連絡を受けてヤスはケンちゃんを探すがたえ子の店の前にいた。翌日アキラはケンちゃんをぶってから抱きしめ家族の愛を教えた。それを見たヤスは自らは立派な父親の役目を果たしたと感じたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「とんび」第9話は由美を連れて故郷に戻ったアキラだったが、ヤスが美佐子に似ていない事を気に食わず、さらに7歳年上、さらに子持ちという事でさらにヤスの態度をこじらせてしまう。アキラは何度も説得するもどうしてもヤスを説得できない。そんなアキラを見て由美は自らヤスに結婚を認めてもらおうと自らヤスを説得するも今度はさらにヤスの態度が頑固になるばかりだった。そこでたえ子や照雲はヤスをたえ子の店に由美を呼んで、さらにアキラも呼び寄せた。そしてそこでヤスを説得しに掛かるもヤスは頑固で応じない。そんな中照雲がアキラにこの結婚は反対だと言い出して聞いていたヤスは次第に照雲の言葉で本当の気持ちを言い出し、そこで照雲が芝居をしていた事を明かしてアキラは由美との結婚を認められた。そしてアキラと由美は結婚するもその直後にヤスが葛原の子供を庇おうと荷の下敷きになるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「とんび」第8話はヤスの父親が生きていた事を知り、ヤスはアキラと交わした事で上京する事を拒否していた。しかしどうしてもという事になりヤスは東京へ仕事で強引に行く事にした。そしてそこでヤスは父親との再会を果たし、ヤスの父親がヤス同様の事をしていた事を知る。そしてその足でアキラに会おうとするも取材で会えず、ヤスのその間に就職試験で受けた作文を読んだヤスはそこでヤスがついた嘘を知っており、そこでヤスは母親の死の真実をアキラが知っていた事を知るのだった。そしてアキラは由美にプロポーズをしてヤスに由美を紹介する事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「とんび」第7話はアキラが上京してから1人暮らしを送っていた中でアキラから電話が掛かってきて雑誌の編集者になりたいという電話にヤスは法学部に入ったんだから弁護士になると思っていただけに認めないと頑固になる。それを察したアキラは帰郷せずに編集部のバイトに励む。しかしそんな中アキラは仕事中に事故で骨折してしまいヤスは癌後になってしまった手前照雲が代わりにアキラの見舞いに向かう。そこでアキラはヤスに認めてもらうために帰らない事を誓う。そしてアキラは編集部のバイトで年を越し、ヤスはラーメン屋で年を越した。そんなヤスにある1本の電話が来る事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「とんび」第6話は高校受験を控えたアキラはヤスに早稲田を受験したいと話すが、ヤスは東京へ出たいというアキラの言う事を全く耳を貸さない。そんなアキラは一度家を出て勉強に集中しようとヤスと距離を置く。ヤスは次第に自暴自棄となり仕事仲間を殴ったりするほど荒れていたが、ある日栄養失調で倒れて再びアキラは家に戻る決心をする。そこでヤスはアキラに早稲田を受験しろと告げて受験する事にしたアキラは見事に一発合格をして東京へ出る事になった。そしてアキラはヤスとの最後の日にヤスはアキラに素直な言葉を言えずに見送ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「とんび」第5話は年号が平成となりヤスは毎日のように海雲の見舞いに病院に通う一方でアキラは高校の野球部でレギュラーを決めるテストを控えていた。ある日ヤスは海雲の見舞いに来るようにアキラに話すもアキラは高校の練習を休めないと断る。そんな中ヤスはアキラの高校へ行ってアキラが後輩にバットで尻を叩く姿を目撃し、思わずヤスはそこでアキラを殴ってしまう。その後バットで叩いた後輩の親が野球部を辞めるように押しかけてくるが、そこでヤスは何とか説得してその場を抑えたがどう接してよいのかわからずヤスは思い悩む。そんな中海雲の容態が急変しヤスとアキラは海雲の最期を見届けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「とんび」第4話はアキラがどうして母美佐子が亡くなったのか?と照雲や社長らに聞きまわっていた。それを知ったヤスはいよいよ真相を話さなければならないと決意を固める。そして2人でお風呂に入ったところでヤスはアキラに真相を話し出したら説明が下手なヤスはアキラに嫌われてしまった。その数日後たえ子の元夫肇と娘泰子が訪れ一目で良いからたえ子に会いたいと頼まれヤスは娘泰子を偶然会った客という事で店に一緒に入り、そこでたえ子から母親になるとはどういうことなのかを聞かされたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「とんび」第3話はアキラが11歳となり野球をやるようになるが、ヤスは野球ができない為に拒む。そんな中アキラは選抜チームのピッチャーの座が危ないという話を知る。それを知った照雲はアキラの練習相手となって練習に励むが、ヤスは父親らしいことができない。そんな中アキラが肘を痛めて投げられなくなると、それはアキラが自らやった事だと照雲を庇う。そんなアキラを見てヤスは不器用に励ます事しかできなかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「とんび」は1972年に生まれた青年が母親の死によって父子の2人で育って来た過程と今の自分を見つめていく家族の物語である。幼き時に母を自らの不注意で失い父子2人で生きていた過程でそれぞれのターニングポイントがあり、そのターニングポイントで1つのドラマが起きていく事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「映画 ひみつのアッコちゃん」は漫画家故赤塚不二夫氏の大人気漫画「ひみつのアッコちゃん」を実写化した作品で、11歳の少女アッコちゃんがある日鏡の精から魔法の鏡を貰い、その鏡に魔法の呪文を唱える事で22歳の大人のアッコちゃんになり、大人になったアッコちゃんが大人の世界で色々感じながらも子供の頭脳でアッコちゃんなりに大人の騒動を考えて行くストーリーである。大人気漫画の実写化という事で色々な設定の違うはあるものの、頭脳は子供、体は大人のアッコちゃんが大人の世界を子供の目線から見た時私たち大人は子供目線も馬鹿にできない事を痛感する事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」最終話は瞳子が何者かに捕われて警察に捜査を依頼するが警察は動かない。そんな中瞳子の携帯からメールが届き、そこに手帳を渡すように脅迫してくる。それに乗った駿太郎たちは手帳にGPS機能をつけて追跡するがそこは船の中だった。瞳子救出のために向かった駿太郎と飛鳥は潜入し、瞳子を救出しようとするも途中で囲まれ駿太郎も追い込まれるが、そこに輝が現れ、このピンチを救う。輝からの情報で黒幕は八神コーポレーションでかつて瞳子の父が関わった住民運動の相手だった。そして手帳から決定的な証拠と場所を見つけ、そこで八神コーポレーションに潜入捜査をする事になった7人はそこで八神コーポレーションでの決定的な証拠となる鍵を見つけて、そこで八神コーポレーションの談合が明らかとなり瞳子の事件は解決したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」第9話は16年前の事件について輝が気づいた事に瞳子は16年前の事件を知られるのを気にしていた。そんな中駿太郎はストーカーのボディーガードをする事になった。最初は何もなく過ぎたものの、その間に淳平が由貴に呼び出され、16年前の事件について聞かれる。そんな中瞳子は部屋が荒らされた事を感じて16年前の事件をが動いている事を感じるも駿太郎、淳平、飛鳥には伝えなかった。そんな中駿太郎はボディーガードをしていた女性がストーカーに襲われ、駿太郎は犯人を取り逃がすも、後日女性と再会した直後女性が事務所に忍び込んでいる所を尾行して取り押さえたが、ストーカーだった女性の仲間が現れ、格闘になるも見事に撃退したが、瞳子が連れ去られるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「ラッキーセブン」第7話は昔の恋人が幽霊で出るということで調べてほしいという老女の依頼が来たものの、さすがに幽霊の調査はできないと最初は断る。その頃淳平がお見合いをする事になりそれを尾行した駿太郎と飛鳥はお見合いを妨害し、お見合いは破断する。しかし翌日その事を謝罪しに伺った淳平は再度アタックする。その話の中で駿太郎は老女の依頼を思い出していた。事務所に戻った淳平は瞳子から老女の依頼はさすがに酷だろうと依頼を断りましょうと言われる。しかし淳平はそんな事を受けて老女の依頼を自費で受ける事にした。その調査で老女の恋人の所在がわかり報告に向かう淳平と駿太郎はそこで多額の通帳を見せられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」第5話は輝が指名手配され、ラッキー探偵社が営業停止に追い込まれそうになっていた。輝がどうして逃亡したのかを調べ出した瞳子たちは依頼主であった人物がかつて探偵事務所をやっていた事を知る。その証拠を探し始めた中でついに流失ルートが携帯カメラだという事が判明し、調査の結果週刊誌とのやり取りはメールだけで人物の顔は全く見ておらず輝が犯人じゃなく、その人物が実は週刊誌に売り渡した犯人だという事が判明し行方を追うが行方が全く掴めない。瞳子は週刊誌のターゲットとなった事務次官に輝が何を言ったのかを確認しに行ったが、瞳子は16年前の事件に何か絡んでいるという事だけが描かれた。事件は突然警察が犯人を逮捕したものの、犯人はただ操られていただけで黒幕は全く掴めず、ラッキー探偵社は営業停止処分は避けられ、輝も指名手配が解かれた。ただ輝はこれを機会に事務所を去り、駿太郎に後を任せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブン」第4話は輝が張り込みをして依頼主の調査をしていた。そんな中輝が撮ったと思われる写真が週刊誌に掲載され、その事がキッカケにターゲットの屋敷から盗聴器が見つかった事でラッキー探偵社が家宅捜索を受けて開店休業状態になる。輝が指名手配された事で動揺する駿太郎たちはどうして輝がこのような行動をしたのか思い当たる節が無い。そんな中輝が発見され駿太郎が輝を追うが駿太郎は輝の真意を聞き出せなかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ