オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:向井理

3
「S -最後の警官-」最終話はテロリストに有力者10名を拉致された事でSATが出動する事となり、NPSは待機となったが、その間にテロリスト正木がゆづるを襲おうとしている事を知り一號が駆けつけるも逆にカウンターを受けて気絶してしまう。正木は人質を取ったが、それ以外でもテロを計画していた。演奏会場のホールで6人の人質を取った正木らは今度は6人を殺すと宣言する。SATが不在の間にNPSがSATの支援なしに人質と犯人確保へ向かわななければならなかった。そこで無理を承知でNPSは作戦を決行するもある程度の作戦を立てて向かう。催眠ガスで犯人らを眠らせたが、正木らテロリストらはこれを読んでおり、NPSは窮地に陥る。しかし一號は最後まで諦めずこの状況を必死で耐えるが、そこにこの状況を察したSATが到着してNPSは窮地を脱して正木を追い込むも、あと一歩のところで逃がして正木は行方不明となり、NPSは正木の火種を抱えたまま事件は映画に持ち込まれる事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第9話はNPSに蘇我に代わるメンバーとして元陸上自衛隊の女性隊員だった林イルマが配属される。配属初日に刃物を持った犯人が女性を人質にして地下の洞道に逃げ込んだ事でNPSに出動命令が下る。出動したNPSは犯人を追い込み、犯人確保に成功するが、その人質が犯人を殺そうとしそれをイルマと蘇我がナイフを撃って一號を救ったのだった。しかしこの件でイルマが確保した犯人に銃口を向けて始末書を書かされることになった。その後イルマはかつて一號とゆづるを救った警官の娘である事を告げられ、一號はゆづるの両親の仏壇に供養し、イルマの父がそれ以来罪悪感に駆られている事を知る。それ以来イマルは急所を外して狙撃する腕を磨きその点では蘇我と違った考えを持っていた。そんな中再び正木が現れ、大物政治家などを人質にとって正木がゆづるを人質にとったと連絡してきた事で一號はゆづるの下へ駆けつけるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第8話は誘拐事件を追うNPSは誘拐事件の重要参考人に速田の恋人が重要参考人として疑われる。捜査を重ねるうちにSITは犯人が速田の恋人と断定し逮捕状を取って連行する。何かの間違いだと感じた速田は捜査を再度洗い直すも、NPSは捜査から外される。一方NPSは再度捜査をやり直し、そこで再捜査した結果犯人は別にいる事を突き止めたNPSは犯行現場を押さえて速田の恋人の無実を証明した。しかし警察は何も責任すら取らないシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第7話はバスジャックで元妻と息子を人質に捕られた古橋は自ら説得に向かうが、犯人はそれに応じようとしない。その間に犯人の要求通りバスを用意し、乗り換えようとする時に犯人は古橋の息子を人質にしてバスは走り出した。そして犯人の父親が途中で説得に向かうも既に関係が壊れた中では説得するのは困難であり、バスは再び走り出すも、SATの作戦で突入したものの犯人が爆弾を起動させ、その間に人質を救出したが、バスに残った犯人を一號がバスから引きずり出して爆弾をはぎ取って蘇我の射撃で爆弾を空中で爆破させ犯人を確保したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第6話は離婚して別れた息子が突然山梨から訪れてきた古橋はどう向き合って良いのかわからず一號とゆづるのところを訪れて遊び相手になってもらう。離婚した原因がNPSになった事により家庭に戻る機会が無くなったことによるものだった。程なくして離婚した元妻が訪れて息子と共に山梨に戻るバスに送る古橋たちだったが、そのバスがバスジャックされて元妻と息子と乗客らが人質となってしまう。これにより現場に向かう一號と古橋だったが、犯人の犯行はエスカレートし次第に人質が殺傷されていく。そんな中バスがパンクで止まり、犯人は爆弾と共に自爆しようとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第5話はある女子高生が睡眠薬で自殺を図ったと連絡が入る。ここ最近この関連の事件でMが使用した銃弾が残されている事からMとの関わりを疑う。その頃ゆづるの病院に自殺未遂した女子高生が入院している事を知った一號らは自殺未遂した原因が神父と名乗る人物だと知り、その人物がある心療内科の医師だった。NPSはMとの関わりを考慮してその人物の家に突入するも気配がなく、その頃その人物は警察に自首していた。自首して事情聴取する一號らはその人物が自殺から救おうとした事を証言されるが16人中11人は救えたが5人を死なせたと話しの見解でこの判断が分かれる。そして警察から検察へ送検されようとした当日犯人は愉快犯に刺されて命を落とそうとしたが一號の懸命の処置で意識不明の重症ながらベットの上で命を終える結末を迎えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第4話は予行練習中に国際テロリストに横川が拉致され、非公表のまま横川救出作戦を実行する事になった。そこで横川救出のためにNPSとSATが合同で救助に向かう。しかしテロリストたちは一號だけで来いと告げてくる。拉致されている横川の居場所を掴んだNPSとSATはテロリストをが潜む倉庫に向かうとそこで銃撃戦となる。突撃した一號だったが、相手の罠にハマり、一號の機器に蘇我らが援護射撃するが、一號はテロリストを逃がして事件は未解決のまま非公表となったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第3話はNPSの存在を周知してもらう目的でマスコミにNPSを公表した。そこで部隊のモデルとして一號が取材を受けるがこれをしらされていなかったゆづるは複雑な気持ちになる。そしてSATにとってもこれは面白くない。そこでSATとNPSどちらが日本を守る組織かを示すための模擬戦をやる事となった。そこで模擬戦が始まるが長年訓練慣れしているSATに対してNPSは結成したばかりで思うような行動が当初取れない。しかも豪雨の中でNPSは苦戦を強いられる。しかしSATに次第に追いつき始めた。その中でSATのメンバーが誤って崖に転落し救助するか?そのまま進むか?の決断を強いられ、SATはこのまま進んだが、NPSは転落したSATメンバーを救出を選択した。この判断は国防に置いて迷われる部分のある判断で両者とも正しい判断だったとも言えるがそんな中で模擬戦2日目で人質役だった秋が国際テロリストに本当に拉致されてしまうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第2話はデパートで起きた爆破事件で動く事となったNPSは加入したばかりの一號に出動命令が下る。出動を待機していたNPSだったが、その間に銀行が占拠され多数の人質を取られてしまった。NPSはSATと共に人質救出に出るが、それぞれの方針の違いからなかなか噛み合わない。そんな中他のビルで爆発が起こり、一刻の猶予もならない状態になった。そこで先に先鋒対としてNPSの一號とSATの蘇我を先に潜入させる。そこで状況を把握したNPSだったが、人質が銃で撃たれる直前だと感じた蘇我は先に飛び出して銃を撃とうとするも、その直後に一號が照明弾を放ち、犯人を4人まで確保したが、5人目はスマートフォンで起爆するように仕組んでいる事を宣言するも、事前に爆弾処理班に処理が完了していたおかげで爆破せず、最後のボタンも防ぎ切り、事件は犠牲者なしで終わった。その数日後一號に蘇我がお前は認めないと告げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」はSATの機動力とSITの捜査力を併せ持ち、国内すべてを管轄とする警察庁直轄部隊で犯人を生かしたままの確保を目指す警察庁特殊急襲捜査班通称NPSが事件解決に奔走する姿を描いたストーリーである。SATは狙撃で相手を確保するが、NPSは生きたまま犯人確保を目指す部隊として犯人確保に果たして生かしたまま犯人確保がどれだけ難しいかを知る事になっていくだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「劇場版 SPEC 〜結〜爻ノ篇」は「劇場版 SPEC 〜結〜漸ノ篇」の続きとなっており当麻はシンプルプランの発動から人類滅亡の予言を阻止するために戦っていく。果たしてこの当麻の戦いの結末とは一体どんなものなのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「劇場版 SPEC 〜結〜漸ノ篇」 は2010年に連続ドラマ化され、2012年に劇場公開されたSPECの続編で、今回は最終章として公開され、スペックホルダーの殲滅に動き出したシンプルプランを阻止すべく当麻と瀬文が挑んでいくストーリーである。今回の前篇では前作で謎の白い男と白い女が登場し、シンプルプラン発動していく過程が描かれており、果たしてこのストーリーの結末とは一体・・・ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
スペシャルドラマ「チープ・フライト」は格安航空会社を舞台にしたドラマで大手航空会社から異動になったCAが素人ばかりが集まった中で安全を守る旅と徹底したコスト削減によりフライトして行く姿が描かれていく。今や格安で旅ができる時代においていかに安く移動するかがポイントとなっているだけにそのメリットとリスクを確り理解する上で見所あるドラマとなっている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「きいろいゾウ」は小説家の夫と幼い時に病気をして動物や植物の声を聞ける妻との生活を描いた映画で夫が忘れられない女性の事を小説で書いているが、妻はその事を知らず暮らしていたがある日に夫宛に届いた手紙で夫婦の関係がギクシャクしていくストーリーである。それぞれ結婚前にあった出来事を知らないまま暮らしている事も多いが、過去を受け入れられるか?そしてその過去とどう向き合うかでその後の夫婦生活が変わってくるのかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「新しい靴を買わなくちゃ」は脚本家北川悦吏子監督作品の第2弾でパリに来た兄妹がそれぞれパリで別行動をする事になり、兄がパリ在住の女性に助けられた事で意気投合し、妹は恋人に会うために来たが3日間でそれぞれの想いが交錯する72時間ラブストーリーである。わずか72時間の間の時間で繰り広げられるラブストーリーは世代間によるギャップもあれば、短い時間でもそれぞれ解り合う事の出来る時間でもある事を教えてくれるストーリーでもあり、気持ちを振り切るための別れも描かれておりラブストーリーの神様の真骨頂を観る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」最終話は小山の手術中に心停止になったものの、速水の適切な処置で心拍が戻り手術は無事成功した。そして稜ヶ岳診療所の閉鎖前日に入院中の小山以外がそれぞれ集まり診療所での出来事を振り返る。そこに閉鎖を決めた沢口教授も駆けつけて診療所を開設した時の事を語る。そして稜ヶ岳診療所の閉鎖日に倉木が明慶大学病院を辞めたことを皆に告げてフリーの医者として診療所を続けると宣言し、診療所存続が決まる。そして速水はドイツへ3年の留学へと向かった。そして1年後の夏再び稜ヶ岳診療所が開設されそこにドイツへ行っていたはずの速水が現れ夏の間だけ診療所で働けるように頼んで働けるようにしてもらっていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」第9話は速水の最後の訴えで望みを掛けた診療所存続は1000人を超える廃止賛成で反対はわずか27票という結果で閉鎖が決まった。その頃小山は山で倒れている事が連絡が入り、速水は小山を救いたいと倉木と共に小山を救うために東京の病院への搬送を決める。しかし沢口がルールだからという理由で松本の病院へ搬送するように話すが倉木があの時のように後悔したくないと訴え、ルール外の東京への搬送が決まる。そして東京に搬送された小山は最新鋭の機器で心臓バイパス手術が必要と判断され、手術に挑むが手術中に心拍数0を指し危険な状態になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」第8話は速水は診療所存続のために沢口との話し合いのために下山する。出発直前に倉木が小山に診療所閉鎖について告げていた。そんな中遥も下山して診療所存続のためにこれまで診療所で診療を受けた患者の署名を集める事にした。そして臨時学会で速水は診療所存続の答弁をするが反対意見が根強かったが遥が1人の患者の手紙を持ってきた事で形勢は逆転するムードになり投票される事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」第7話は倉木から診療所の閉鎖を聞いて揺れる速水と遥はその事をみんなに言えずにいた。一方2学期が始まるために早く下山する事になったあかりと桃花だったが、その直前に桃花の父親が登頂してくるもあかりは離婚を決意していた。下山前にピクニックに行こうとしていたが桃花がパパも一緒でなければ嫌だと言い出す。そんな中遥は父にも閉鎖の話しを言い出そうとするが言い出せない。そんな中閉鎖の話しを知った高井がその事を電話で井上に話した事で閉鎖の話しがみんなに知られる。それを問われた速水は閉鎖はすべきじゃないという自らの意見をみんなに話したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」第6話は倉木が診療所の存続の事を告げようと山を登ってきた。そんな頃木野が1人で薬で登山客を治療しているのを見た速水は医者の資格のない者がやると違法行為になると警告するが、こんなところでたいした治療ができない中では優秀な医者の意味がないし、地上で多くの患者を救った方が良いと言う。それを言われた速水は言い返す言葉があまり見つからなかった。そんな中で木野は下山前に最後に遥が山を見ていってほしいと告げられた。そんな翌日風が強く翌日にした方が良いと言われたが木野は村田と真子と共に山へ向かったが途中で木野が突風で滑落して木が突き刺さる重傷を負った。その報告を受けた速水と倉木は共に木野を救助に向かうが、そこで刺さった木を抜くために各所に麻酔を打つが、刺さった木が取れ切れず開口して速水と倉木は取り除いた。そして倉木は医者が命を粗末にするなと木野、村田、真子に一喝して倉木は過去の出来事を語ったのだった。そして倉木は速水と遥を呼んでこの診療所を閉鎖するつもりだと告げたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」第5話は診療所に速水の婚約者の光香が運ばれてきた。光香は速水のためにドイツ留学のパンフレットとその真意を確かめに来たのだった。そんな中桃花が突然行方不明となり全員で探すと、桃花が発見して速水は桃花が怪我をした箇所を遥の適切なアドバイスで軽傷で済んだ。そんな中遥はかつての恋人野村から電話があり、会えないか?という問いに迷ったが光香の下山と共に会いに行く。そして恋人野村と会った遥だったが価値観の違いに戸惑いその場を去ってしまった。その頃倉木は診療所の存続を沢口から一任されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」第4話は再び山小屋の診療所に戻った。その中で速水は井上から山に慣れるには登山が良いとチャレンジして慣れようとする。そんな姿勢を観た遥は次第に速水の事を見直す。そんな中で山小屋に男性客2人が訪れ、その2人はかつて井上が働いていた不動産業者の同僚だった。山小屋ではトップセールスマンと豪言していたが実はリストラされたのだった。そんな中で2人は登山することになるが、1人が登山道から足を滑らして落下し診療所に運ばれるも今すぐに縫合しなければならなかったが、麻酔がなく麻酔なしで縫合する事を決断した速水は全員に抑え込むように指示して見事に縫合手術を成功させる。そしてその頃速水が知らないところで倉木が沢口に呼び出され診療所を廃止する事を告げられる。そんな中で診療所に速水の婚約者光香が運ばれてくるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」第3話は母悦子の容態が予断を許さない事を知った速水は引き継ぎの医師が来る前に下山してしまった。その間に来た患者は医師不在で薬の処方箋すら出せずできる事が限られた。下山した速水は一か八かの手術を自らの手でやりたいと申し出て自ら手術を執刀する。そして速水は手術を成功させるが、翌日速水の母悦子の容態が急変して亡くなった。一方その事を知った遥は自ら速水に言った言葉が言い過ぎたと感じて速水に電話するが素直になれず薬を持ってきてくださいと告げるだけだった。速水にはドイツ留学の話を受けるが、初めて看取った患者が自身の母だった事もあり、もう一度医者としてやり直したいという思いから再び遥のいる診療所へ戻ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」第2話は稜ヶ岳に登山客8人とガイド1人の山岳ツアーがやってきた。その中には1人風邪気味のツアー客がおり、その診察をして風邪と診察し風邪薬を処方して翌日予定通りツアー一行は出発したが、それを知った遥はその行為に対して山を何も知らない愚かな行為と速水に罵声を浴びせる。そんな中で速水の母が予断を許さない状態である事が検査でわかり速水を呼び戻そうとするが、そんな時にツアー客の1人が行方不明となり捜索に向かうが、そのツアー客は速水が診察した患者だと知り、自らの診察で招いた責任を痛感していた。そんな中で限られた医療機器を使って負傷したツアー客の治療をするが、速水は太陽の光を用いて通常10分以上掛かる作業を10分以内に終わらせて何とか危機を脱する。そんな中母が予断を許さない状況であることを知り、交代の医師が戻る前に下山してしまったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」は標高2500メートル以上にある山岳診療所を舞台に都会の最新医療病院から派遣されてきた優秀な外科医が設備のない診療所で様々な現実と困難に直面しながら本当の医者としての有り方と山岳医療の現実を痛感していくストーリーである。標高2500メートル以上という場所は気圧が高く平地とは違った条件でもあり、医療体制も殆ど整わない診療所で重症患者はドクターヘリが来るまで1日でも長く命を延ばす医療の現実に直面する事になり山岳医療の難しさを知っていく事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆最終話は家康の死去で秀忠はこれまで以上に徳川幕府の基礎を固めるために数々の国替えやお取り潰しなどで徳川の力を示し、朝廷との繋がりも強める。そんな中で江は秀忠に隠し子がいる事を知り動揺するが、初らの言葉から江は隠し子である保科正之と面会する。それに驚いた秀忠だったが、江はこれから離れ離れに暮らさないために大奥を創設し、その取り仕切りを福に任せる。そして元服した家光に家督を譲り、江は秀忠とこれまでの事を振り返りながら静かに激動の人生の生涯を終えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第45話は竹千代が化粧をしていた事を秀忠と江は竹千代に問うが竹千代は答えなかった。一方駿府の家康の容態が良くないと知り駿府へ向かった秀忠はそこでこれまで話せなかった事を腹を割って話し始める。後日江も合流しこれまでの事を詫び、これまでの生涯を振り返り、家康は秀忠と江に徳川のこれからを託して逝った。江戸に戻った秀忠と江は再び竹千代と腹を割って話しはじめ竹千代は戦のない世を江が望んでいる事でもありますと答え、福から竹千代が化粧をしたのは江が恋しかった事を知り、それを知った江は竹千代を抱きしめたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第44話は大坂夏の陣を終えてようやく徳川の世になったものの、それを聞いた江は喉が通らないほど落ち込んでいた。そんな中竹千代が福と共に勝利の宴を模様していた。それを見た江は誰を討ったのか解るか?と問い、それを咎めた福を江は打った。一方千は初についていたものの、秀忠の決断を恨み、秀忠もまたそれを受け入れる覚悟はできていた。そんな中で秀忠は江戸に戻り、江に自らの覚悟とこれで終わりにしたいという気持ちを告げる。武家諸法度を交付した秀忠はこれにより戦いのない世へ導こうとした。一方江は千と再会し心の傷を慰め合ったが、世継ぎの問題で竹千代との思いが届かぬシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第43話は大坂冬の陣で和議を結び大坂城を裸同然にした家康は豊臣家を滅亡させるために更なる条件を提示する。国替えに応じるか?それとも浪人を追い払うか?淀はどちらも飲まないとなり、再び大坂夏の陣が始まった。裸同然の城で籠城しても勝ち目がない豊臣軍は幸村軍の捨て身の攻撃の玉砕しいよいよ追い詰められた淀と秀頼はここで自害して果てる事を選び、初と千を秀忠のところへ返し、それを見届けた秀忠は自ら苦渋の決断を下し大坂城に火を放ち、鉄砲を淀と秀頼に向けて豊臣家は滅亡したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第42話は家康は豊臣を滅ぼすためについに大坂冬の陣を始めた。徳川20万に対して豊臣12万で最初こそ押したものの、真田幸村が構えた真田丸の前に尽く跳ね返され大坂城の攻略に手間取る。そして家康は恐怖心を与えるために大砲を放ち大坂城へ打ち込み、これには淀もさすがに和睦を受け入れるしかなく受け入れた。しかし家康はそれを良い事に全ての堀を埋めてしまい、秀忠は危険を顧みず秀頼を説得するが、秀頼はこの戦いで死に場所はここだと悟ったと秀忠に伝え、秀頼は秀忠の忠告を断り大坂城で最後の戦いを挑む事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ