オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:名古屋グランパス

3
3日J1浦和レッズは元日本代表MF三都主アレサンドロの名古屋グランパスへの完全移籍が発表された。三都主は昨シーズン2季ぶりに浦和に復帰したものの、その直後ひざの怪我でほぼ1年間出場する事ができなかった。今季は怪我の完治したもののフィンケ監督の若手起用方針により出番が減っていた。名古屋グランパスは9月に川崎とACL準決勝を掛けた戦うだけに、ケネディ、ブルザノビッチに続く大型補強で一気に別チームへと変貌する事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日ACL09(アジアチャンピオンズリーグ)決勝リーグ1回戦が行われ、前回覇者ガンバ大阪はホームで川崎フロンターレと対戦し2対3で川崎フロンターレが終盤に逆転し前回覇者ガンバ大阪は1回戦で姿を消した。名古屋グランパスはホームで水原と対戦し2対1で名古屋がMF小川、FW玉田のゴールで逃げ切り8強入りを果たした。Jリーグ王者鹿島アントラーズはFCソウルと対戦し2対2で壮絶な延長戦でも決着が付かずPK戦となり7人目まで縺れたが7人目のDF内田が外しまたも決勝リーグ1回戦で姿を消した。これでACLは前回覇者ガンバ大阪、Jリーグ王者鹿島が敗れる波乱で日本勢には苦しいACL8強となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
19、20日ACL09(アジアチャンピオンズリーグ)第6節が行われ、鹿島アントラーズはアウエーで上海申花と対戦し1対1で鹿島がアウエーの洗礼を受けながらもドローに持ち込み1位突破で決勝リーグに進出を決めた。川崎フロンターレはホームで浦項と対戦し1対2でまさかの2連敗で1位通過を逃し決勝リーグはアウエーでガンバ大阪と対戦する事になった名古屋グランパスはアウエーで北京国安と対戦し1対1でドローとなり決勝リーグ進出はホームで水原三星と対戦する。ガンバ大阪はホームでFCソウルと対戦し1対2で敗れたものの宇佐美のデビュー戦ゴールで17歳14日の記録を作り稲本潤一の17歳171日を大きく更新するクラブ史上最年少デビュー記録を決めた。これで4チームとも1位突破はならなかったものの1チームは確実に8強による決勝リーグ進出を確定させた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
5、6日ACL09(アジアチャンピオンズリーグ)第5節が行われ、鹿島アントラーズはホームで水原と対戦し3対0で鹿島がアウエーのビハインドをひっくり返しアウエーゴールで水原をリードして決勝リーグ進出を決めて1位突破へ大きく前進した。川崎フロンターレはアウエーで天津と対戦し1対3でアウエーの洗礼を受けて敗れ1位突破は最終節での直接対決にもつれ込んだ。名古屋グランパスはホームで蔚山と対戦し4対1で直接対決を制して1位突破で決勝リーグ進出を決めた。ガンバ大阪はアウエーで山東と対戦し1対0でMF遠藤の退場があったものの自力で勝り1位突破を決めた。これで4チームとも決勝リーグ進出を決めて、最終節で鹿島と川崎が1位突破をかけて戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
21、22日ACL09(アジアチャンピオンズリーグ)第4節が行われ、ガンバ大阪はアウエーでスリウィジャヤと対戦し、3対0でガンバ大阪がレアンドロのACL4試合連続ゴールなどで圧勝し4連勝で1次リーグ突破を決めた。川崎フロンターレはホームでセントラルコーストと対戦し2対1でジュニーニョ、レナチーニョのACL2試合連続ゴールで1次リーグ突破を決めた。鹿島アントラーズはホームでアームド・フォーシズと対戦し5対0でFW大迫のACL3連発などで勝利し勝ち点9として得失点差で1位になり予選突破へ大きな1勝を上げた。名古屋グランパスはアウエーでニューカッスル・ジェッツと対戦し1対0で勝利して1位を死守し1次リーグ突破へ大きく前進した。これでACLはガンバ大阪と川崎フロンターレが決勝リーグ進出を決めて次節勝利すれば1位突破が決まる。鹿島と名古屋は次節勝利すれば1位突破も見えてくる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7、8日ACL09(アジアチャンピオンズリーグ)第3節が行われ、ガンバ大阪はホームでスリウィジャヤと対戦し、5対0でガンバ大阪がレアンドロの2ゴールなどで圧勝し王者の貫禄をみせて3連勝で一次リーグ1位突破に大きく前進した。川崎フロンターレはアウエーでセントラルコーストと対戦し5対0で圧勝し1位突破へ優位な状況となった。鹿島アントラーズはアウエーでアームド・フォーシズと対戦し4対1でFW大迫のACL2連発などで勝利し3チームが勝ち点6で並ぶ大混戦となってきた。名古屋グランパスはホームでニューカッスル・ジェッツと対戦し1対1でドローとなり2試合連続ドローで1位を死守したものの抜け出せず1位突破へ予断を許さない状態となった。これでACLは半分を折り返し鹿島と名古屋は1位突破へ厳しい後半戦となる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
17、18日ACL09(アジアチャンピオンズリーグ)第2節が行われ、鹿島アントラーズはホームで上海申花と対戦し、2対0で鹿島がルーキー大迫の1ゴール1アシストで勝利しチームの危機を救った。川崎フロンターレはアウエーで浦項と対戦し、1対1でドローとなり勝ち点4とした。ガンバ大阪はアウエーでFCソウルと対戦し、4対2でガンバ大阪がレアンドロのハットトリックで勝利し勝ち点6として予選1位突破へ大きく前進した。名古屋グランパスはホームで北京国安と対戦し0対0のスコアレスドローで勝ち点4とした。これでACLは2節を終わってガンバ大阪が好調、名古屋、川崎も勝ち点をキープし、鹿島はどん底を脱出し第3節で予選突破へ大きく前進したい。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10、11日ACL09(アジアチャンピオンズリーグ)第1節が行われ、10日、前回覇者のガンバ大阪はホームで山東魯能と対戦し、3対0でガンバ大阪が前回覇者の貫禄を見せつけ連覇へ好スタートを切った。初出場となる名古屋グランパスはアウエーで蔚山現代と対戦し、3対1で名古屋が前半にリードを許したものの後半に攻勢に転じて逆転に成功しアウエーで貴重な勝ち点3を手にした。11日、Jリーグ王者鹿島アントラーズはアウエーでKリーグ王者水原三星と対戦し、1対4で鹿島はアウエーの洗礼に飲まれてまさかの4失点で大敗し黒星発進となり今後に不安を残した。2季ぶりに出場する川崎フロンターレはホームで天津泰達と対戦し、1対0で川崎がFWレナチーニョのゴールを守り切り白星発進をした。これでACLは開幕し5月までの6節を2位まで過したチームが決勝トーナメントに進出する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7日ACL(アジアチャンピオンズリーグ)の予選組み合わせが行われ、ガンバ大阪がF組、鹿島アントラーズがG組、川崎フロンターレがH組、名古屋グランパスがE組となった。今回から優勝チームの予選免除がなくなり、予選リーグは32チームが参加し、各組上位2チームが決勝リーグへ進める。決勝リーグはホーム&アウエーで戦い決勝だけ中立国での1発勝負となる。日本の4チームはアジア日本勢3連覇へ挑む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
25日サッカー天皇杯準々決勝ガンバ大阪対名古屋グランパス戦が神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われ、2対1でガンバ大阪が前半の2点を守り切り、ACL出場へ望みを繋いだ。試合は前半13分にFWルーカスのゴールで先制すると、前半22分にはCLからDF中沢が決めて2点リードで折り返す。後半になると名古屋が後半25分FW杉本のゴールで1点を返すが、終始攻め続けたガンバ大阪がそのまま逃げ切り準決勝進出を果たした。これでガンバ大阪は最後のACL出場権を掛けて2試合を戦い抜く。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ