オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:吉高由里子

3
「ガリレオ」は東野圭吾のガリレオシリーズをドラマ化した作品で2007年10月期に第1シリーズがドラマ化され、その後容疑者Xの献身が劇場版として公開され大ヒットした。今回はそれから6年後の湯川教授が再び新たなパートナーと共に科学で事件を実証して行く。今回はこれまでパートナーだった内海薫が異動となり、新たなパートナー岸谷美砂の交代劇から始まりガリレオの新たなシリーズが展開されていく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「横道世之介」は1987年を舞台に大学生活を送る横道世之介と出会った人たちが彼の事を思い出し、当時を振り返りながら横道世之介との付き合っていた頃を描いていくストーリーである。学生時代に出会った人たちとの想い出は人により違うだろうが、その時代に出会って付き合っていた人たちがいたから今があり、そしてその時代の事を思い出す時忘れられない人がいるかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「僕等がいた 後篇」は小畑友紀原作の「僕等がいた」を映画化した作品で転校した矢野を追いかける高橋が矢野と会えなかった空白の時間を埋めていくストーリーである。後編では高橋が知らない矢野の真実を知り、その中で2人の距離が縮まっていくが、紆余曲折を経て辿り着く結末には長い月日を経なければ解らない事も少なくないだろうという思いになるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「僕等がいた 前篇」は小畑友紀原作の「僕等がいた」を映画化した作品で高校時代に出会った青年と少女が大人になって再びその真実を知るまでの紆余曲折を描いた切ないラブストーリーである。前篇では出会ってから別れるまでの高校2年生の時が描かれており、その1年はその後に続く真実の布石となっている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ロボジー」は電機会社が社長の思い付きでロボットでPRしようとリストラ寸前の社員がロボット開発をするが直前で故障し、73歳の老人がロボットの中に入って奇想天外が行動で騒動を起こして人気になり、その嘘をつき通そうとする窓際3人組社員とそれを追っかけるロボットオタク女のドタバタストーリーである。この不況でロボット開発をできるような企業は限られるが、もしあのような動きのできるロボットがあるなら即福島第一原発に大量投入して作業に当たらすだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「私が恋愛できない理由」最終話は恵美は優とアメリカへ行く事を決意し優に伝えようとしたらひかりが一緒にアメリカへ行きたいと訴えたが優は亮一と結婚した方が良いとひかりを説得する。それを見た恵美は気持ちを伝えようか迷う。 一方咲は美鈴に拓海の事が好きだと告げるが、美鈴もその気持ちう受けつつやはり拓海が必要と咲に伝え、咲は拓海を諦める事を決める。一方真子はアルバイトを続けるレストランの正社員にならないかと誘われる。その誘いに真子は本当にやりたい事を見つける。そして咲も念願の出版社に勤務する事が決まり、恵美もやはり思い直した末にやりたい事を見つけて優にアメリカへ行けないと断る。そして3人は同居を解消しそれぞれの道を歩み出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「私が恋愛できない理由」第9話は優からアメリカへ一緒に行かないかと誘われた恵美だったが、即決できなかった。一方咲は拓海と一緒に暮らしたいと待ち合わせするも拓海が現れなかった。そんな中で真子が妊娠したのではと感じ不安になる。妊娠検査薬が怖くて使えない。そんな中真子は体調を崩して勇気を出して検査薬を使うと妊娠していない事がわかり安堵する。そんな中恵美は優と共に安室のコンサートの照明を任される事になり息の合ったコンビを見せる。そして恵美は優に気持ちを伝えようとするもそこにはひかりがいたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「私が恋愛できない理由」第7話は恵美が優が酔ったのを心配して武居の試合会場を後にしたことで武居は恵美が優に思いがある事を痛感し別れを告げられる。一方真子は山本と木崎の噂が広まり派遣契約を打ち切られてしまい失意のどん底の中であるレストランで食べた料理に涙する。一方咲は拓海と会ううちに気持ちを抑えられなくなり頻繁に会うようになる。ある日それを目撃した美鈴は目撃してしまう。一方拓海は美鈴と子供を作る事が難しいと知りショックを受けていた。恵美は美鈴から咲と会っている事を告げられどうして良いのかわからないと告げられ、その事を咲に問うが、咲もどうして良いのか解らないほどだった。そして拓海は美鈴の元から去るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「私が恋愛できない理由」第5話は恵美たちの会社でバーベキューへいく事となり恵美は武居や咲などもバーベキューに呼ぶ事となった。そんな中咲はそこで拓海が現れ美鈴の夫だと知り動揺して途中で帰ってしまう。そんな中ひかりの父が倒れたという連絡が入り、優はひかりを病院へ送り届けたのだった。そして真子は付き合い始めた山本のデートに付き合ったが、細かい事まで気にされて戸惑った。そんな数日後ひかりの父のお見舞いで優は対面するが、そこでひかりを諦めてほしいと言われてその場を去ってしまう。咲は出版社の仕事ができると思ったが、それが嘘と知り拓海はだました奴を殴った。そして恵美は武居の交際の申し込みに戸惑いながらもOKをするシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「私が恋愛できない理由」第4話は真子が妹の桃子とホテルに行った事を知りショックを受けてしまう。そんな中咲は真子に新しい恋をして失恋を癒せば良いと励まし、恵美にもまたハロウィンイベントで出会った武居から恵美に会いたいという連絡が入り、恵美は咲の後押しで武居と初デートをする事になった。最初はぎこちない恵美に武居は不器用ながら積極的にアピールし、途中で優とひかりと偶然出会って一緒に食事をすることになった。その頃真子は木崎から妹の事を告げられてさらにショックを受けたところに会社の同僚の山本と出くわし一夜を共にする。恵美は家まで武居に送ってもらい初デートは良くわからないまま終わったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
「カイジ2 人生奪回ゲーム」は2009年に公開された「カイジ」の続編で再び借金をしたカイジがかつてカジノで亡くした娘とカジノで対決したボスと結託して再び借金をカジノで返済するストーリーである。さすがに計画的な使い方ができないカイジらしいストーリーで最後は更なるいかさまの数々に心理戦というよりも物理戦という感じだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「私が恋愛できない理由」を第2話は優がひかりと結婚する事を報告された恵美はショックでそのまま立ち去った。恵美はショックでその頃を咲と真子に報告した後部屋に閉じこもってしまった。真子もまたバージンだという事が知られてしまい、その事で俊哉に重いと思われてしまうようになる。咲も就職活動中に出会った拓海に誘われるままドライブに出かけたのだった。そんな中で恵美は優がひかりがどうしても来週両親と会えないか?と言われその事で相談された。そんな中で恵美と優は照明の打ち合わせに没頭し、そこで視察したイベントでひかりと偶然会ったが、そこで優がひかりにやさしくする姿をみて寂しくなり、そこで当たった運命ゲームで咲と真子と気晴らしするシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「私が恋愛できない理由」は恋愛がなかなかできない3人の女性がそれぞれの悩みを抱えながら何とか恋愛をしようと奮闘する姿が描かれたストーリーである。3者3様というけれど、それぞれのタイプがあり、それぞれの理由がある訳だが、恋愛はやはりしようと思ってできるものじゃないのかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「探偵はBARにいる」はバーでしか依頼を受けない変わった探偵がある女性の依頼を受けて調査した案件が大きな組織が絡んでおり、次第に事件に巻き込まれていくストーリーである。今時珍しい携帯を持たない捜査をする探偵だが、そのアナログ間が実に絶妙なやりとりと裏社会の恐ろしさを引き出しているのかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「GANTZ PERFECT ANSWER」は2011年1月に公開された「GANTZ」の続編で、戦い続ける事でしか抜ける事ができない戦いの中で大切な人がターゲットにされ思い悩みながら星人と戦い続けるストーリーである。前編では謎が多かったGANTZの正体は戦い続ける事で次第に明らかになり最後の決断には争いがもたらす上で誰かが決断しなければならない選択となるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ANOTHER GANTZ」は映画「GANTZ」の描かれなかった視点から描かれるストーリーである。映画ではわからなかった部分が描かれており、映画を観た人とそうでない人でも「GANTZ PERFECT ANSWER」を堪能する事ができる内容となっている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
29日公開の映画「GANTZ  PART1」を鑑賞した。 この映画は奥浩哉の人気コミック「GANTZ」を 実写化した作品で死んだはずの人間がGANTZによって召喚され、 そこである星人と戦って100点になるまで 戦い続けるストーリーである。 どうして死んだはずの人間 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「東京DOGS」最終話神野がついに表に現れた。麻薬取引の現場を押さえるべく奏とマルオら特殊捜査班はマフィアと神野を逮捕しようと動こうとする。そんな中由岐が完全に記憶を取り戻し、約束の場所へ向かおうとしていた。神野の動きを読んだ奏とマルオは神野が向かったオペラホールへ神野を追った。そして由岐と神野は約束の場所で再開したが、神野の正体を知った由岐は奏を選び、神野は由岐を殺そうとするが、奏とマルオが由岐を守り、奏は神野に撃たれながらも17年越しの悲願であった神野の逮捕を達成した。奏はNYへ戻る事になり、マルオと由岐が見送るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「東京DOGS」第9話は神野の声で記憶を完全に取り戻した由岐は神野の似顔絵で神野の正体がついにわかる。そして奏とマルオは神野を追うべく捜査を進めるが、暴力団抗争が勃発し、それが神野が絡んでいると知る。そしてその抗争に奏とマルオらは神野に近づくために乗り込むが、神野は現れず、逆を突かれ神野は警視庁のホストコンピューターを制圧して乗り込まれたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「東京DOGS」第8話は神野の記憶を取り戻した由岐だったが、その記憶は神野が撃たれて死んだ記憶だった。落胆した奏だったが、その記憶を信じる事ができない。そんな中由岐とマルオが甲斐崎に襲われ由岐は逃げるが、由岐は捕まってしまい奏とマルオは甲斐崎を追うが、そこに神野の手下たちが現れ、神野がそこで生きている事を確信する。甲斐崎を追った奏は甲斐崎に撃たれたが、防弾チョッキで身を守り、甲斐崎を捕まえる事に成功した。そして神野から電話が掛かってくるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「東京DOGS」第7話は由岐の記憶が戻ったものの肝心の神野の記憶は戻らない。そんな中で神野絡の野球賭博に関する情報を得た奏とマルオはプロ野球球団のエースをマークする。そんな中で奏と由岐の関係が悪化しているのを見ていたマルオは仲直り作戦をしようとする。そんな中野球賭博の関係者を見つけて潜入捜査を単独で行う。潜入捜査はあわやピンチの中無事証拠を持ち出しに成功し野球賭博に関わった関係者の一斉摘発に成功した。奏とマルオは見事なコンビで撃退するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「東京DOGS」第6話は由岐が再び記憶を戻したがショックであまり話したがらない。そんな中特殊捜査課では大規模な麻薬捜査に神野が関わっている事を情報として入る。潜入捜査に入った奏はマルオも巻き込んでのおとり捜査になるが、何とか麻薬取引までこぎつける。そして事前に警察の包囲をしていた場所で組織の連中を大量逮捕に成功したが、神野はあと一歩で取り逃がしてしまう。そして後日由岐が神野の恋人だった事を知るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「東京DOGS」第5話は神野を追っている奏とマルオは神野を追う一方でまたも別件で家出少女の保護依頼を受けた。その少女はモデル事務所に所属していたが、そのモデル事務所には売春と麻薬斡旋の疑いがあった。モデル事務所に乗り込むと社長が出迎え家出少女の件に触れると知らなかったとしらを切られ奏とマルオはその場を引き上げた。しかし家出少女を家族に返そうとした時にモデル事務所の社長らが襲ってくるが奏とマルオはそれを難なく撃退した。そして奏とマルオの久しぶりの休日で由岐が再び記憶を取り戻し始めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「東京DOGS」第4話は食品毒入り事件に着手していた奏とマルオは以前の犯行の手口から舞島が追っていた田村という男が浮上した。一方で由岐は次第に記憶を取り戻そうとしていたが、もう一歩で思い出せない。そんな中奏に神野が日本に来ているらしいという情報が入る。そんな中で食品毒入り事件は大詰めを迎えて、犯人からの脅迫で指定された現金明け渡し場所を指定して犯人を追うが、田村じゃなかった。田村はある大学にいた。それを知った堀川が大学へ乗り込み見事犯人を捕まえたが、由岐の身に危険が迫っていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「東京DOGS」第3話は由岐は拳銃をつきつけられた男の記憶を思い出していたがそれ以上は思い出せないでした。そんな中由岐の姉が現れマンションにやって来た。一方マルオは暴走族時代の後輩に殺人容疑が掛かっていた。後輩を可愛がるマルオだったが、それは突然襲われる事で裏切られた。その事実を受け止められないままマルオは捜査を続けて犯人を追いつめるがマルオが戸惑っている間に奏が拳銃で撃ち抜くシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「東京DOGS」第2話はデートクラブを摘発したものの、組織への手がかりはなくガセ情報を掴まされた。その夜に由岐を警護するマンションを移した。そんな時に大物弁護士が何者かに狙われこの捜査に奏とマルオに命じる。警護しているうちに子供も警護する事になり警護するが子供がいじめられている事を知った奏は強くあるための極意を教えるのだった。そして弁護士がまたも狙われ、さらに一般市民まで巻き込むがもう1人の犯人が現れ取り逃がした。そして標的は子供に向けられ、子供を保護しようとしたが犯人に捕まり絶体絶命を奏が後ろから回り込み見事に犯人を撃退するものの組織への手がかりは掴めなかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「東京DOGS」はNYのエリート刑事と警視庁の野獣刑事がコンビを組んで麻薬組織を追っていくストーリーである。事件はNYで起きた麻薬組織の撲滅事件に関わったマルオが陣頭指揮を執っていた奏と出会う。そこで犯人を追うが犯人を逃してしまい、そこで謎の女性由岐が記憶喪失で発見され日本に送還後監視しながら記憶を取り戻す生活をさせる。そこで組織による者たちが由岐の周りをうろつき由岐を狙うが、奏とマルオによって阻止するが、これは手下に過ぎず、由岐が誘拐されそれを追うが、犯人は自殺して手がかりが途絶えるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日公開の映画「重力ピエロ」を鑑賞した。 この映画は伊坂幸太郎原作の重力ピエロを映画化した作品で 連続放火事件が多発する事件の謎を追う大学生とフリーターの青年が 事件を追ううちに家族の過去の秘密にたどり着くストーリーである。 原作は未読ながら鑑賞してい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
9月20日に全国公開された映画「蛇にピアス」(R-15指定)を鑑賞した。 この映画は芥川賞作家金原ひとみ原作の「蛇にピアス」を 映画化した作品で、19歳の少女がある日に ピアスとタトゥーをする青年と出会い、 ピアスの痛みに生きる感覚を覚えて次第に 肉体改造して ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「太陽と海の教室」最終話は履修問題が発覚し、生徒たちは補習しなければならない状況になったが、それぞれの考えで補習は必要か否か?という是非が飛び交っていた。その中で朔太郎は補習の必要性を説き、それが次第に周りに浸透し、理事長との対決でもその理念を押し切った。そして生徒たちはその答えを出すシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ