オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:吉沢悠

3
3日ドラマ「半沢直樹Ⅱ エピソードゼロ 狙われた半沢直樹のパスワード」を視聴した。 このドラマは2013年7月に放送された半沢直樹の続編に当たる作品で今回はセントラル証券に飛ばされた半沢直樹のパスワードを巡り過去に犯罪に巻き込まれた天才プログラマーが事件と向き合 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「サクラダリセット 後篇」はサクラダリセット 前篇の続きとなり特殊能力を持つ者たちが集まる咲良田で相麻すみれが復活した事で新たなる予言者を排除しようとする者たちと浅井ケイと春埼美空たちは阻止すべく戦っていくストーリーである。前篇では明かされなかった咲良田の秘密が明かされる事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「サクラダリセット 前篇」は河野裕原作の作品で咲良田だけで能力を発揮する特殊能力でリセットという最大3日前に戻れる人と記憶を忘れない人が組んで様々な現象と向き合っていくストーリーである。最大3日戻れる能力をどう活かすかで流れが変わっていく展開から目が離せない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「アイアムアヒーロー」(R15+指定)は花沢健吾原作の漫画を映画化した作品で、正体不明の感染によりゾンビと化した人間たちが街の人たちを襲いパニックになるなか生き延びようとする平凡な男が女子高生らを守って生き抜こうとするパニックストーリーである。人は生き延びるためにどうやってこの窮地を乗り切っていくべきなのかを考えさせられることになるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「さよならドビュッシー」は第8回「このミステリーがすごい!」の受賞作品を映画化したもので、幸せに暮らしていた2人の少女がある日の火事で1人だけ生き残ったものの全身やけどで皮膚の移植手術で何とか元の体に戻るも苦しいリハビリを経ながらピアニストを再び目指すも、その途中で不可解な事件に巻き込まれながらコンクール出場を目指すストーリーである。仲の良かった2人の少女は火事を機に運命が変わってしまい、多額の財産を背負うとともに同じ夢を目指した中で約束の曲を伴奏するためにステージに立つ事を目指していく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第42話は鹿ヶ谷の山荘で後白河法皇は成親・西光と共に平家打倒に動き出す。後白河法皇はまず比叡山を標的と比叡山の明雲を捕獲するが、流罪にされる直前に比叡山に取り返される。一方その頃清盛はこれまでにない後白河法皇の振舞に疑問を感じ上洛する。清盛は後白河法皇の振舞に当面様子見とするが、情報は意外なところから漏れ出し、成親・西光は捕えられ、西光は清盛の本性を暴いて引き回しの上に処刑された。その頃頼朝は打倒平家へ向けて政子からの後押しで立ち上がる事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第41話は滋子を失った事で均衡が破れた清盛と後白河法皇はそれぞれ戦力を削ごうと策略を繰り広げる。後白河法皇が官位で冷遇すれば、清盛は比叡山と手を組み西光の二人の息子を陥れ強訴で息子二人を失脚させた。その頃伊豆では頼朝が政子から決起するように促されるがまだ決断できずにいた。そして義経もまた決断の時が迫っていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第40話は大輪田の泊が完成し日宋貿易を本格化した。清盛はそれに先立ち厳島神社に後白河法皇と滋子を招きっ自らの威厳を示すのだった。しかしその頃平家の横暴に西光と成親は不満を抱き、東国に流されていた頼朝の元で集う豪族たちも頼朝に立ち上がってほしいと抱いていた。そんな中滋子は清盛と法皇の均衡を保っていた。そんな中で後白河法皇の50の宴が盛大に模様され、清盛と法皇はこれからも共にそれぞれが目指す世を作ろうと語り合うが、その後滋子が病に倒れて亡くなり保っていた均衡が崩れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第7話はタロ、ジロたちを置いたまま宗谷に戻った岳志たちだったが、予想以上の悪天候にセスナすら飛ばせずこのままでは宗谷も脱出できない状況に追い込まれていた。岳志は何とか犬たちを救おうと願い出るが、白崎隊長は苦渋の決断で宗谷を沖まで避難する事を決断する。しかし燃料がわずか1日しか持たないと知り最後の望みに掛けるも悪天候のために苦渋の決断で救助を断念して帰国するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第6話はボツンヌーテンの帰還途中に遭難した岳志たちはリキ、タロ、ジロを放ち救助を待つ事にした。もうだめかと思われた時に鮫島、内海が雪上車でリキ、タロ、ジロたちを発見して間一髪命を救われた。そして越冬が終わろうとした中で今度は宗谷が遭難し、これ以上自力での接岸は無理と救助を要請して何とか接岸した。しかしブリザードが酷く上陸が困難とセスナを飛ばして岳志たちは救助したもののリキ、タロ、ジロたちは残していく事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第5話は越冬から半年が経過した南極越冬隊は岳志が悲願だったボツンンヌーテンへの登頂を目指して犬ぞりだけで目指す事にした。最初は氷室も反対していたが、過去を決別するために同行する事を決める。一方日本では再び第2次観測隊が向かうために宗谷改造などを目指していたが想像以上に作業が難航する。一方南極では岳志がボツンンヌーテンを目指したものの途中でブリザードに襲われるなど厳しい気象環境に遭遇してしまう。数日遅れでボツンンヌーテンに到達し登山に成功したものの帰還中に再び遭難して生死寸前になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第4話は南極で越冬を始めた岳志たちはそれぞれの研究テーマを掲げる事になった。その中で犬塚はオーロラの研究をする事になる。しかしその研究も元々自分が中途半端で何をやっても父に認められなかった過去があり、それから逃げるために南極大陸行きの志願をしたと岳志に話す。そんな犬塚に岳志はここへ来るのに中途半端な気持ちで来た奴はいないし、お前も同じだというのだった。そしてオーロラの研究の最中にベックが腎臓病で亡くなるというアクシデントがあり、悲しみに暮れる。オーロラの研究に没頭していた中で犬塚は眠ってしまったところにストーブの火に紙が引火してしまいカブースを全焼してしまう。その責任を痛感した犬塚は落ち込むが、岳志が提案した南極ラジオ放送で犬塚の父親からのメッセージがあり、再び立ち直るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第3話はようやく南極に辿り着いた第1次南極観測隊は1度は行き先を断たれそうになったものの、ようやく接岸できる場所に辿り着く。そこで基地の場所となるところで基地の建設が始まるが、その作業日数はわずか半月しかなかった。そんな中で作業が進められるが、途中で氷河が溶け出して荷物が流されるという事態に遭遇し3か月分の荷物を流されてしまう。そんな中で今度はブリザードが発生して基地完成直前で向かおうとした典章らが途中で燃料切れを起こして凍死寸前に追い込まれるが、岳志の犬ぞり隊が到着して危機を脱すると基地の修復に奔走し、ようやく基地が完成し、昭和基地として越冬が始まろうとするシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第2話は日本を旅立った宗谷は東シナ海からインド洋へ抜ける航海を続けていた。そんな中で乗組員の諍いが起きてその都度騒動に発端する。しかしそんな中台風で想像を絶する船酔い、さらには低気圧に巻き込まれて船内が浸水状態になった中でタロ、ジロが逃げ出して救出するなど様々な困難を経て南極圏に辿り着いた時には1つに纏まり、越冬を決意するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
4月24日公開の映画「てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜」 を観賞した。 この映画は世界初のサンゴの養殖に成功した 金城浩二さんの実話を映画化した作品で、 海が好きな男がある日サンゴの養殖を始めたが、 その養殖成功まではさまざまな困難と障害の壁にぶ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ