オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:南果歩

3
「ようこそ、わが家へ」最終話は健太がニット帽の男と再会し捕まえようと調べるもどうも相手に行動を読まれているらしい。そんな中で七菜がアナウンサーの試験のために静岡へ向かうが、そこでこれまでの経験を話し毅然とした態度で面接に挑んでいた。その頃太一は会社で真瀬部長の不正を暴きに掛かり、見事真瀬部長の不正を暴いて真瀬部長に対して西沢さんに謝罪するように突きつけた。一方健太は出版社が盗聴されている事を知り、そこからニット帽の男がかつて明日香と面識のある出版社の人間だった事が判明する。その男は明日香に自分の事を覚えていない事に逆恨みして健太を狙ったというくだらない理由で狙っていたのだった。しかしその直前にその男の自転車が斬りつけられており、その犯人が明日香だと自ら健太に打ち明けて明日香は警察に出頭した。そして明日香はその後この事件について綴った書籍を健太に渡して倉田家はストーカーに勝ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ようこそ、わが家へ」第9話は珪子が民子に襲われた。間一髪で健太が駆けつけて民子を取り押さえたが、一歩間違えたら家は火事になるところだった。一方真瀬部長の不正を暴こうと動いた太一だったが詰めが甘く逆に太一は出向契約を打ち切られる事になった。起死回生を狙おうと動く太一だったが、その頃健太は名無しと出くわした場所へ行って再び出会おうとするとあの時の名無しを発見し追うが逃げられた。しかし翌日名無しの仕業と思われる被害を受けてついに最終局面へと動いたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ようこそ、わが家へ」第8話は突然警察から事情聴取を受ける事になった珪子だったが、全く身に覚えのない事に戸惑いを隠せない。そんな中珪子が飲んだはずのペットボトル、そしてブローチは誰がその家に持ち込んだのかという調査をする健太と明日香だったが、明らかに陶芸家の波戸清治が怪しいというのは間違いなかった。そんな中調査をすると波戸清治はしっぽを出し始め、健太と明日香は波戸清治を追い付けて見事に警察に逮捕に至ったが、それでもまだ謎の時間が残されていた。一方太一は不渡りを出しそうな会社を調べていると既に夜逃げされていた。そんな中珪子を襲う犯人はもう1人いる事に気づき、健太は珪子に連絡するが、珪子は真犯人に襲われていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ようこそ、わが家へ」第7話はストーカーが自宅に入ろうとしたところを追った健太だったが逆に刺されて負傷して病院に運ばれた。太一の帰りが遅かった事もあり責任を感じ、七菜も自ら守られた事でショックを隠せない。そんな中珪子は連絡を受けて駆けつけるとこれまでノー天気な状況が一変した。しかし状況はここで急転直下をみせる。犯人が即逮捕されたのだ。健太を刺した犯人はなんと七菜の友人である万里江だったのだ。万里江は盗聴器を仕掛けた事、さらに七菜の元カレの元カノだった事で嫉妬して犯行に及んだのだという。しかし明日香の調べでこれまで犯行の全てが万里江の仕業じゃない事だけは確かで盗聴器ももう1つ何者かに仕掛けられたものらしい。そんな中で健太は退院して家に戻るとお祝いのパーティーが準備されていた。しかしその直後警察が訪れ珪子に事情聴取で任意同行を求められるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「ようこそ、わが家へ」第6話は防犯ビデオから犯人の足跡を追った健太と明日香だったがその人物は七菜の元カレだった。しかしその元カレは犯行は自分じゃないと否定する。そんな中で七菜の元に元カレと撮った写真が送られてきて女子アナの面接で不合格になり落ち込んだ。そこで健太は盗聴器を仕掛けられている事を逆手に犯人をおびき寄せようと企む。そして犯人にわざと旅行する嘘の情報を流して健太と七菜は待ち伏せる。一方太一は真瀬部長の妙な経理不正を指摘して真瀬部長が焦る姿を見る。そんな中犯人が侵入しようとしているのを確認した健太と七菜は後を追うが、健太が犯人に刺されるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ようこそ、わが家へ」第5話は倉田家でまたお金が紛失した。リビングに仕掛けられた防犯カメラから犯人が意外にも七菜である事を知った健太だったが、七菜は犯人の指示でやった事を知るのだった。そんな中で明日香が襲われた事で明日香の犯人捜しを行い始めた健太と明日香は犯人がある場所を通った事を突き止めて待ち伏せすると犯人が現れ、健太の活躍で犯人は検挙された。そんな中太一は在庫がないと探すも、翌日商品がある事に不自然に感じる。一方七菜もストーカーを追った健太と明日香はある人物に辿り着いたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ようこそ、わが家へ」第4話は健太は猫に付けられていた犯人のメモと防犯カメラの映像データを警察に提出するも犯人らしい姿は何処にも写っていなかった。そんな中で健太と太一は家の周りの警戒を強める。そんな状況で明日香が盗聴器が仕掛けられているのでは?と家の中を調べ始める。調べた結果リビングなどに盗聴器が仕掛けられていたが盗聴器はそのままにした。その頃太一は西沢が真瀬に脅されている事を知り、太一は1つ策を練る。そして営業会議で太一は報告の過程で健太が撮影した真瀬と西沢の写真を出す行動に出たが、この行動で西沢の就業規定違反は不問とされた。そんな中で明日香は何者かに襲われたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ようこそ、わが家へ」第3話はストーカー被害がエスカレートして行く中で健太は監視カメラを設置して状況を確認するも犯人は巧妙に段ボールで身を隠して近づいて車に傷をつけていた。そんな中で七菜は4次審査をパスして次の試験に挑む事になったが、元カレに付きまとわれており怯える日々を送る。そんな中大量のピザが倉田家に送られてきてその内容に以上を感じる。そんな中自宅の中の物が無くなる事が増えて不審に感じるようになる。一方太一は会社で西沢から真瀬部長の横領を追及してほしいと強く迫られ、追及するも決定的な証拠がありながら真瀬部長の奥の手で西沢がミスだと謝り太一も謝罪する事になる。そんな中で健太は陶芸教室の講師が倉田家の近くに車を止めていた事を突き止め追及すると健太の母珪子の事が好きだと告げて健太は驚くのだった。その夜健太が帰宅すると七菜が靴が無くなったと話すと靴が自分の部屋にあり、その部屋にいた猫の首輪にストーカーからのメッセージが記載されていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ようこそ、わが家へ」第2話はストーカー被害を受けて警察に被害届を出したものの犯人像が全く心当たりなく、唯一健太が駅で男を注意した事が原因じゃないかという位だった。そんな中花壇が再び荒らされる事になる。そんな健太は以前名刺をもらった記者の明日香を訪ねると成り行きでそこの出版社で働く事になった。その頃父太一は会社の横領について調査するが、太一が社長に報告するとまたも見当違いとされてしまい逆に謝る事になった。妹の七菜は元カレにしつこく付きまとわれている事を健太は知る。そんな中翌日監視カメラを付けたにもかかわらず車に傷を付けられ、太一は会社に出勤すると西沢と飲んでいた写真が不倫として送られているシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ようこそ、わが家へ」は池井戸潤原作の「ようこそ、わが家へ」をドラマ化した作品で、ごく平凡な家族がある日ストーカーに狙われる事になり恐怖の毎日と戦う事になったストーリーである。ほんの些細な事から始まったストーカーの嫌がらせは次第にエスカレートして収拾がつかなくなっていく過程が描かれていく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」最終話は4年生を祝う式典“二分の一成人式”が行われる事になっていたが小杉先生に書き直しを指示されてその理由を述べられない事に納得できない大和、潤一らは当日にボイコットを行う事を決める。そして当日ボイコットが実行され、小杉先生は出てくるように話すも話しを聞かない小杉先生に生徒たちは全く出てくる気配が無い。そんな状況を知った斉藤さんらは大和、潤一たちを説得しようとするがそれでも説得に応じず生徒の中では興奮して物を投げ始める生徒が現れた。それを見た斉藤さんはハシゴを使って強硬手段に出ようとするが、これを摩耶が止めて改めて生徒たちが出てくるのを待ちましょうと説得されそれに折れた斉藤さんだったが、その直後教師たちが強行突破して生徒たちを教室から出そうとするもそこで斉藤さんと摩耶は生徒たちの意見も聞きましょうと話し、生徒たちの意見を聞いた上で生徒たちに今回の事を謝罪させ、そして自分たち大人も謝罪した。そして生徒たちの提案を小杉先生を受け入れ生徒たちは自分の思った通りの言葉で両親に告げて二分の一成人式で自分の子ともが大人になっているのを実感したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第8話はこれまで玉井さんの取り巻きが突然斉藤さんに付いた事で斉藤さんは戸惑う。そんな頃斉藤さんを中傷するビラが各地で貼られていた。それを知った斉藤さんだったが必要以上に手を付ける事はしなかった。一方潤一ら子供たちは親に解ってもらえない1組の雄司の相談に乗って親に解ってもらおうと公園で籠城する事を計画する。子供たちの行動に気づかない親たちとは裏腹に斉藤さんは潤一の行動を察知して子供たちの行動を把握して決行当日に斉藤さんは子供たちの所へ行って正面から親と話して向き合った方が良いとアドバイスする。一方で摩耶と知佐子は斉藤さんのビラを配っていた犯人を突き止めてその要因が玉井が磨沙夜の父親に相談していた事で磨沙夜の父親がやっていた事が発覚し取り巻きが玉井さんを責めるも斉藤さんはコロコロ体制を変えるあなたたちの方がよほど悪いと一喝し子供たちの方が確りしていると子供たちの反乱について語ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第6話は潤一がいじめられている事を知り斉藤さんは誰にも相談できず悩んでいた。潤一も次第に大和のいじめがエスカレートしていくのに耐えられなくなっていく。そんな状況は女子生徒は確り観ていた。そんな中斉藤さんは摩耶らとの付き合いに距離を置く。そんな中で摩耶は拓海から潤一を大和といじめていた事を白状して摩耶は驚き斉藤さんが悩んでいた悩みを知る。そして潤一が学校へ行きたくないと言い出した事で斉藤さんは初めて潤一と向き合う。そして後日潤一は大和に話しかけるも大和は石を投げてくるも斉藤さんと摩耶は遠くから見守った。そして先に手を出した大和に対して潤一が向かったが大和に殴られ、さらにいじめがエスカレートする。しかし潤一が避けたところに大和がコケて腰を強打し大和はその場を去り拓海はこの機会に潤一に謝った。しかしその直後斉藤さんは玉井に呼び出しを受けて学校へ向かう。そこで斉藤さんは大和に本当の事を問うが話さない。それに助長した玉井が斉藤さんを責めるもそこに摩耶、潤一、拓海、立花さんらが来て大和のいじめを証言し言い逃れができなくなった大和はこれまでやった事を白状しその原因が玉井が斉藤さんを嫌っているから褒められたかったからだった。それにショックを受けた玉井はその場で謝罪したもののその後で斉藤さんが訪れ親の背中が確りしていないと子供は親の真似をするという一言で玉井は斉藤さんの提案でバーベキューパーティーを開催する事を了承した。しかしそこで玉井に娘の事を周りに知られ困惑するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第5話は斉藤さんの周りに摩耶や立花が集まり出した。それを快く思わない玉井らは斉藤さんの周りから次第に摩耶たちを引き離そうと画策する。そんな中で斉藤さんの息子潤一が玉井の息子大和が立花の娘知花を怪我させた事を先生に言った事で大和たちにいじめの対象とされてしまう。それを磨沙夜から聞いて知った斉藤さんは一度小杉に状況を聞いたがそれ以上はお任せすると話した。その後斉藤さんは潤一に尋ねようとするが潤一が逆切れしてしまいさらに状況は悪化する。誰にも相談できない斉藤さんは自らどうしていいのか悩むシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第4話は斉藤さんは授業参観に参加した。そこで音楽の授業で立花の娘知花がピアノを披露し注目を集める。しかし知花はピアノの練習を毎日させられておりそれがプレッシャーとなっていた。一方毎年恒例の公園のプール掃除のイベントが今年は中止と決まってしまう。掃除をしながらプールの水にいるヤゴを捕るのを楽しみにしていた子供たちはガッカリする。その中で1番ガッカリしていたのが知花だった。それを見た斉藤さんはプール掃除をできるように奔走し開催できる事になるが、これによって知花が無断でプール掃除に参加しピアノコンクールを直前で参加して散々な結果となってしまう。これに激怒した立花さんは斉藤さんのせいだと責任を取れと言うが、謝罪した上で責任は取れませんと言うのだった。これを玉井が問題視して緊急保護者会に掛ける事にする。しかしその直後知花が行方不明となり立花さんは斉藤さんを頼って探しに向かうが知花は児童クラブで見つかるもそこで知花がもうピアノを辞めたいと告げて知花の本音を知りピアノを辞めさせる事にした。しかしこれをさらに玉井は問題視し自分の考えは正しいと斉藤さんに注目するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第3話は潤一、大和ら子供たちが河川敷で花火で何者かに狙われた。当初は高校生たちが襲ったと思われたが斉藤さんは1度話しを聞こうと高校に向かうが、高校では既に生徒たちがやった事になって話しすら聞こうとしない。そんな中通報したのが玉井という事を知り摩耶は本当の犯人は誰なのかを調べ始める。一方斉藤さんも高校生に事情を聞こうとするが取り合ってくれない。そんな中摩耶が不良たちが花火の犯人と確認した直後捕まってしまい、そこに高校生が助けようとするが逆に逃げられない。そんな中斉藤さんが駆けつけて2人を助けようとするが力の差が大きくそこに警官が来てこの事態は解消された。そして斉藤さんは大人たちの決めつけを謝り花火事件は解決したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第2話は斉藤さんの息子潤一は拓海と仲良くなった。そんな中で6年生の集団に絡まれた2人はそんな中磨沙夜に助けられてから仲よく遊ぶようになった。しかし磨沙夜には不良高校生と交流しているというだけで近所の評判が良くなく悪い子というレッテルが貼られていた。そんな中摩耶は不安になり拓海を磨沙夜から遠ざけようとする。しかし斉藤さんは磨沙夜を受け入れて確り礼儀を教えてから遊ぶこそを許していた。そんなある日学校で磨沙夜がクラスに来る事に対して苦情を出す保護者が現れ玉井がクラスに近づけるな!と担任の小杉に意見し磨沙夜はクラスに近づけなくなった。それでも潤一と拓海は磨沙夜と遊んでいたがクラスの田植え会で斉藤さんが磨沙夜を連れてきた事で騒動に発展し磨沙夜を連れてきた事に対して玉井が余計な事をするなと忠告しその直後不良高校生が現れ田植え会は滅茶苦茶になってしまった。その数日後磨沙夜はムシャクシャした中で潤一と拓海に万引きを強要しこれを知った斉藤さんは潤一に厳しく叱った後で磨沙夜にも厳しく叱りどうしてこんな事をしたのかと磨沙夜の親が居ても厳しく叱った事で磨沙夜は斉藤さんは自分の事を確り接してくれた唯一の人だと告げてそれを見た摩耶の気持ちは変わる。その直後保護者会で玉井らが斉藤さんをクラス行事から追放する嘆願書を提示するが摩耶がそれを否定する発言をして斉藤さんはクラス行事から外れる事は避けられた。そして斉藤さんは摩耶と友人になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」は2008年1月クールに放送された斉藤さんの続編で、悪いものは悪いという信念を通す斉藤全子が新しい街に引っ越した。そこで繰り広げられる騒動に立ち向かっていくストーリーである。5年前から成長した息子は小学4年生となりそこで繰り広げられる新たな騒動に斉藤さんは向かっていく事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「わが母の記」は井上靖原作の作品を映画化したもので、年老いた母親を介護する事になった小説家の息子が孫たちや親せきと共に母親の介護をし、母親が亡くなるまで描いたストーリーである。誰にも介護する時を迎える事になるが、介護の時間が長くなればなるほど父親、母親の介護の難しさとそれでも変わらぬ家族の絆を観終わった時に感じる事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「阪急電車 片道15分の奇跡」は阪急電車の片道15分の路線を舞台とした作品で、婚約者に裏切られた女、恋人にDVを受ける女、孫と共に電車に乗って色々なシーンを見るおばあちゃんらが繰り広げる15分間の駅間で繰り広げられるストーリーである。わずか15分間の区間でさまざまなドラマがあるけれど、その中で人との助け合いの中でそれぞれのダメ男とめいわくおばさんたち、さらに受験に悩む女子高生、居場所を失っている少女などそれぞれがそれぞれの人たちに助けられていく姿に最後には心が温まることになるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2月5日公開の映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞した。 この映画は海堂尊の長編小説の「ジーン・ワルツ」を映画化した作品で、 産婦人科医の女医が4人の妊婦を診察する事になり、 その妊婦たちとの出産、 そして自らは不妊治療に対する 現状の医学界に対する挑戦をしてい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ