オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:千葉ロッテ

4
20日千葉マリンスタジアムで千葉ロッテ対巨人戦が行われ、11対12で巨人がノーガードの打ち合いを制して交流戦初戦を制した。試合は千葉ロッテ先発唐川投手、巨人先発尚成投手の投げあいで始まり、2回に両チーム2点ずつ取り合ったあとの3回に千葉ロッテが一挙6点を奪い尚成投手をKOして試合を優位に進めるが、巨人も4,5回に4点を奪い反撃すると、7回に同点に追いつくが、その裏千葉ロッテが2点を奪って再リードするが、8回に巨人が4番ラミレスの3ランなどで逆転し最後は抑えのクルーンが1点を失ったものの逃げ切り壮絶な打ち合いを制した。これで巨人は交流戦幸先の良いスタートを切った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
12日千葉ロッテを戦力外となっていた黒木知宏投手が現役引退を表明し記者会見を開いた。黒木投手は1995年にドラフト2位千葉ロッテに入団し、当時弱小チームだった千葉ロッテのエースとして孤軍奮闘の力投をしていた。98年には千葉ロッテが日本記録となる18連敗をした時には連敗阻止の為最後までマウンドに上がったが9回2アウトで同点2ランを浴びて号泣するエピソードもあった。99年から2001年までは松坂大輔投手との投げ合いでリーグを盛り上げるなどパリーグを代表する投手だったが、2001年に痛めた右肩の回復が思わしくなく、近年は目立った活躍ができなかった。チームの若返りなどもあり今季限りで千葉ロッテを戦力外となり移籍先を探したがどの球団からも声がかからず「悔いはない」と引退を決意した。また1人一時代を築いた投手が去っていった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
29日千葉ロッテをFA宣言した薮田安彦投手がMLBカンザスシティーロイヤルズと総額600万ドルで2年契約に合意し、30日にヒルマン新監督と入団会見を行った。薮田投手は千葉ロッテYFKの一角として千葉ロッテの優勝、WBCなどで活躍した。中継ぎとしては小林雅英投手と同等の契約を勝ち取り来季MLBでの活躍も期待される。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7日、巨人は千葉ロッテを戦力外となった藤田宗一投手と来季の契約(1年5500万)を結んだと発表した。藤田投手は千葉ロッテのYFKの一角を担って活躍し、セットアッパーとして活躍したが、今季は故障などもあり31試合の登板にとどまっていた。左の中継ぎ強化として来季の中継ぎ強化になることは間違いない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日パシフィックリーグクライマックスシリーズ第2ステージ北海道日本ハム対千葉ロッテ最終戦が行われ、6対2で北海道日本ハムがセギノールの3ランとダルビッシュの好投で勝利し2シーズン連続ポストシーズン&シーズン1位を達成した。 試合は北海道先発ダルビッシュ、千葉先発成瀬投手の投げ合いで始まり、3回に北海道が成瀬投手を攻めて、2死1,2塁から4番セギノールの3ランで先制する。その後北海道は4回に1点、5回に2点を奪い6点のリードをする。しかし千葉は6回に3番福浦選手の犠牲フライで1点を返す。しかしその後反撃ができず、最後は1点を返されたが抑えのマイケルが締めて北海道が2シーズン連続完全優勝を果たした。これで北海道日本ハムがセリーグの巨人か中日の勝者との日本シリーズで2連覇を目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
16日パシフィックリーグクライマックスシリーズ第2ステージ北海道日本ハム対千葉ロッテ第4戦が行われ、1対5で千葉ロッテが里崎捕手の逆転2ランで2勝2敗のタイに持ち込みだ。試合は北海道先発スウィーニー、千葉先発小野投手の投げ合いで始まり、序盤から0対0の攻防が続き5回に北海道が2番田中賢選手の犠牲フライで1点を先制する。しかし千葉は6回に無死1塁から5番里崎捕手の逆転2ランで千葉がリードを奪う。北海道は8回に無死1,2塁のチャンスを作るが、4,5番が凡退してチャンスを潰すと、9回に千葉が抑えのマイケルを攻めて5連打で3点を奪い最後は抑えの小林雅投手が抑えて5戦目に勝負を持ち込んだ。これで勝負は5戦目で決着をみる事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
15日パシフィックリーグクライマックスシリーズ第2ステージ北海道日本ハム対千葉ロッテ第3戦が行われ、7対0で北海道日本ハムが完封で日本シリーズ出場に王手を掛けた。試合は北海道先発グリン、千葉先発渡辺俊投手の投げ合いで始まり、4回に北海道が6番工藤選手の内野安打で1点を先制する。千葉は5回までチャンスらしいチャンスを作れない。7回に北海道が2アウトから死球を挟んで6連打で6点を奪い試合を決めた。最後は2番手武田久投手、抑えのマイケルが抑えた。これで北海道日本ハムは日本シリーズ進出に王手を掛けた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
14日パシフィックリーグクライマックスシリーズ第2ステージ北海道日本ハム対千葉ロッテ第2戦が行われ、1対8で千葉ロッテが5本のホームランで2戦目を制し1勝1敗のタイに持ち込んだ。試合は北海道先発武田勝投手、千葉先発小林宏投手の投げ合いで始まり、初回に北海道が3番稲葉選手のタイムリーで先制するが、2回に千葉ロッテが5番里崎捕手の2ランで逆転すると6番オーティズのホームランと2番早川選手のタイムリーで4点を上げた。その後千葉は5回に4番サブローのホームラン、8回に里崎捕手の2本目のホームランと最後は2番早川選手のホームランで試合を決めた。投げては千葉ロッテは5投手の継投で最後は抑えの小林雅投手が締めて2戦目を制した。これで両チーム共1勝1敗となり3戦目はより白熱した攻防が期待される。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
13日パシフィックリーグクライマックスシリーズ第2ステージ北海道日本ハム対千葉ロッテ第1戦が行われ、北海道日本ハムが5対2でダルビッシュの完投で先勝した。試合は北海道先発ダルビッシュ、千葉先発久保投手の投げあいで始まり、2回に千葉が8番ベニーの内野ゴロの間に1点を先制するが、その裏北海道が5連打で4点を奪い逆転する。3回に千葉は3番福浦選手の併殺の間に1点を返すが、北海道は5回に8番金子選手のタイムリー3ベースで1点を追加した。結局そのまま北海道は先発ダルビッシュが完投で逃げ切り初戦を制し第2ステージの主導権を握った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10日パシフィックリーグクライマックスシリーズ第1ステージ千葉ロッテ対福岡ソフトバンク第3戦が千葉マリンスタジアムで行われ、千葉ロッテが成瀬投手の完封勝利で第2ステージ進出を決めた。試合は千葉ロッテ先発成瀬投手、福岡ソフトバンク先発スタンドリッジの投げ合いで始まり5回まで両チームとも0行進を続けるが、6回に千葉が1死満塁から4番サブローの走者一掃のタイムリー3ベースで3点を先制すると、その直後5番里崎捕手のスクイズで4点目を上げた。投げては先発成瀬投手が福岡打線に隙を与えない投球で完封し千葉ロッテが第2ステージ進出を決めた。これで舞台は北海道に移して日本シリーズ出場権を掛けて戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9日パシフィックリーグクライマックスシリーズ第1ステージ千葉ロッテ対福岡ソフトバンク第2戦が千葉マリンスタジアムで行われ、福岡ソフトバンクが3対8で勝利し3戦目に決戦を持ち込んだ。試合は千葉先発小林宏投手、福岡先発杉内投手の投げ合いで始まり、初回に福岡が3番松中選手のタイムリーで先制すると、5番大村選手の犠牲フライで2点を上げる。2回には四死球などで一気に4点とたたみ掛け小林宏投手をKOした。千葉も3回に1番西岡選手のタイムリーで1点を返すが、4,5回にそれぞれ1点ずつを上げて勝負を決めた。投げても先発杉内投手が7回3失点で抑え、最後は守護神馬原投手で締めた。これで勝負は第3戦で決着を観る事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
8日パシフィックリーグクライマックスシリーズ第1ステージ千葉ロッテ対福岡ソフトバンク第1戦が千葉マリンスタジアムで行われ、千葉ロッテが8対4で勝利し第2ステージ進出に王手を掛けた。試合は千葉先発渡辺俊投手、福岡先発斉藤和投手の投げ合いで始まり、3回に福岡が3点を先制するが、その裏千葉が3点を返すシーソーゲーム4回にも福岡が1点を挙げるが、その裏千葉が2点を返して主導権を握ると、5回千葉が3番オーティズの特大ホームランで突き放すと、6、8回に1点ずつを取って引き離し、最後まで千葉先発渡辺俊投手が投げ切り先勝した。これで千葉は第2ステージ進出に大きく前進した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
20日東京ドームで巨人対千葉ロッテ戦が行われ、8対4で巨人が終盤集中打で4点を奪い対千葉ロッテ戦5割で終えた。試合は巨人先発GG千葉ロッテ先発渡辺俊投手の投げ合いで始まり、初回に千葉ロッテが4番サブローのタイムリーで先制すると、2回には6番ベニーのホームラン、3回には3番福浦選手の犠牲フライで追加点を上げてGGをKOする。巨人は4回に6番李の2ランなどで同点とし、5回には4番阿部捕手のタイムリーで勝ち越しに成功する。しかし千葉ロッテは7回に4番手林投手が1番早川選手にホームランを打たれ同点とされたが、その裏巨人は4番阿部捕手のタイムリー7番木村選手のタイムリー2ベースで4点差とした巨人は8回に6番手豊田投手、9回に抑えの上原投手が抑え対千葉ロッテ戦5割とした。巨人はなりふり構わない勝つだけの野球で千葉ロッテにようやく一矢報いた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日千葉ロッテが独立リーグ、四国アイランドリーグ(IL)4球団のうち1チームの買収を検討していることが18日、分かった。バレンタイン監督は構想を明かし、「ドラフトで30人ぐらいを取り、四国リーグへ20人前後送って育成したい」と、今秋ドラフトでの大量選手獲得の仰天プランを披露した。これにはさまざまな反応があるものの、数多くの選手にチャンスを与えたいバレンタイン構想には私自身は大賛成だが、巨人の清武英利代表は「自前で育成しなきゃいけないだろう。四国でやるよりもこっちは育成のプロだと思っている」?というFAで大量獲得してここ6年若手を大量に干している球団代表のトンチンカン発言もあり、素人経営者とプロの経営者との温度差も浮彫りになった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
19日東京ドームで巨人対千葉ロッテ戦が行われ、5対2で巨人がホームラン4発のお家芸で千葉ロッテ戦の連敗を9で止めた。試合は巨人先発木佐貫投手、千葉先発小野投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が1番由伸選手の先頭打者ホームランで先制すると、2回に7番木村選手のタイムリーで追加点を上げる。6回には4番阿部捕手、5番ホリンズのホームランで追加点を上げるが、7回に千葉ロッテが8番根元選手の2ランで2点差とする。しかし巨人はその裏2番谷選手のホームランで駄目押しし、林、豊田、上原投手のHTUリレーで逃げ切り連敗を9で止めた。これで巨人は交流戦勝ち越しを決めた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
6日千葉マリンスタジアムで千葉ロッテ対巨人の試合が行われ、8対5で千葉ロッテが序盤の集中攻撃で圧勝し対巨人13勝1敗で巨人はロッテに弱い神話を守り通した。試合は千葉ロッテ先発小林宏投手、巨人先発福田投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が1番由伸選手の先頭打者ホームランで先制するが、その裏千葉ロッテが4番サブローの2点タイムリー2ベースで逆転に成功すると、3回に4番サブローのタイムリーで追加点を上げて、4回には打者9人でサブローのタイムリーで巨人に止めを刺し試合を序盤で決めた。巨人も終盤反撃に転じたが序盤の大量失点が響き追いつかなかった。これで巨人はロッテより弱い事が完全に証明され、原監督になってからは8戦全敗と結果を出すメンバーでありながら結果を出せない以上監督責任を追及されてもしかたないだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
5日千葉マリンスタジアムで千葉ロッテ対巨人の試合が行われ、5対4で千葉ロッテが逃げ切り巨人は5連勝でストップした。試合は千葉ロッテ先発久保投手、巨人先発金刃投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手の2ランで先制するが、その裏千葉が1番TSUYOSHIのホームランと4番サブローの2ランで逆転に成功する。3回にも4番サブローのタイムリー2ベースで金刃投手をKOした巨人は4回に6番阿部捕手が死球で退場する不利な展開で反撃する機会すら得られず、8回に1番由伸選手の2ランで1点差とするが、最後は抑えの小林雅投手に抑えられ逃げ切られた。これで巨人は千葉ロッテに3年間全く歯が立たない事を改めて証明してしまった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
25日パシフィックリーグの3試合が行われ、西武対楽天は2対8で楽天が勝利し、千葉対北海道は2試合連続の引き分けとなった。福岡対オリックスは2対0で福岡が勝利し星を五分にした。これで開幕は抜け出したチームはなく、1勝1敗の4チームが同率1位で2試合連続引き分けの千葉と北海道が勝率0割で同率5位スタートとなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
29日千葉ロッテは福岡ソフトバンクを自由契約となっていたフリオ・ズレータ内野手と2年契約300万ドル(契約金80万ドル、年俸220万ドル)で契約した。ズレータは今季福岡の主力選手として活躍し、本塁打29本、打点91の成績を残したが、前年は40本以上放った実績もあり、打線に泣いた千葉ロッテにはベスト補強となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「DIAMOND」はプロ野球千葉ロッテマリーンズの公式イメージソングとなっている。このコラボレーションはご存知千葉ロッテのバレンタイン監督がDEENの大ファンという事で実現したコラボレーションである。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
第2回交流戦は千葉ロッテの2連覇で終わった。色々問題点のある交流戦だが、やはりシーズンを左右するという意味ではこれからも継続してほしいと思う。そこで第2回交流戦の総括として振り返ろうと思います。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ