オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:北海道日本ハム

5
3日プロ野球日本シリーズ巨人対北海道日本ハム戦の第3戦が東京ドームで行われ、7対4で巨人が壮絶な空中戦を3番小笠原選手の勝ち越し2点タイムリー2ベースでリードして北海道の反撃を振り切り2勝1敗で先勝した。試合は巨人先発オビスポ、北海道先発先発糸数投手の投げ合いで始まり、初回に北海道が3番稲葉選手のホームランで先制すると、2回にも6番小谷野選手のホームランで2点リードするが、その裏巨人は6番李、7番阿部捕手の連続ホームランで同点に追いつくと3回に3番小笠原選手のホームランで勝ち越すが、5回に北海道が1番田中選手のホームランで再び同点に追いつく。しかし巨人はその裏3番小笠原選手の2点タイムリー2ベースで勝ち越す。このまま逃げ切りかと思われた8回に北海道も反撃に転じて、ファースト李のエラーで1点を返されたが3番手山口投手が踏ん張り、その裏巨人が7番阿部捕手の2点タイムリーでダメ押しした巨人が最後は抑えのクルーンが締めて第3戦は巨人が制した。これで巨人は2勝1敗と先行して第4戦を迎える。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
1日プロ野球日本シリーズ北海道日本ハム対巨人の第2戦が札幌ドームで行われ、4対2で北海道日本ハムがエースダルビッシュの緊急先発の前に攻略できず先発内海投手が3番稲葉選手のホームランなど5連打で4失点して敗れ対戦成績を1勝1敗の5分となって東京ドームに舞台を移す。試合は北海道先発ダルビッシュ、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、緊急登板したダルビッシュは3,4割の力しか出ない中で確り組み立てて巨人に付け入る隙を与えない。北海道は3回に3番稲葉選手のホームランで均衡を破ると、5番スレッジ、7番糸井選手のタイムリーで内海投手をKOした。巨人も4回に1死1塁から5番亀井選手の2ランで2点差として追撃するが、6回まで投げたダルビッシュを2死満塁まで追い込むも3番小笠原選手が三振に倒れ追いつけない。両チーム共得点できず9回に北海道は抑えの武田久投手を投入して逃げ切った。これで巨人は対戦成績を1勝1敗とされて本拠地東京ドームに戻る事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
31日プロ野球日本シリーズ北海道日本ハム対巨人の第1戦が札幌ドームで行われ、3対4で巨人が1番坂本選手の勝ち越し2点タイムリーと代打李のタイムリーでリードした得点をリリーフ陣が守り切り初戦を制した。試合は北海道先発武田勝投手、巨人先発ゴンザレスの投げ合いで始まり、2回に巨人が6番谷選手のホームランで先制するもその裏北海道は5番スレッジのホームランで同点に追いつく。両チームとも譲らず迎えた5回に巨人は2死2,3塁から1番坂本選手のタイムリー2ベースで2点を勝ち越す。しかし北海道も6回に先発ゴンザレスを攻めて2番手山口投手から代打二岡選手のタイムリーで1点差とするが、巨人は7回に代打李のタイムリーで突き放すと、3番手越智投手も抑えて迎えた9回に巨人は抑えのクルーンを投入するが、1点を返されなおも2死1,2塁も最後は6番小谷野選手を三振に打ち取り巨人は接戦を拾った。これで巨人は日本一へ先勝して第2戦を戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2009第2ステージ北海道日本ハム対東北楽天第4戦が札幌ドームで行われ、9対4で北海道日本ハムが2年ぶりの日本シリーズ進出を果たした。試合は北海道先発藤井投手、東北楽天先発藤原投手の投げ合いで始まり、初回に北海道が5番スレッジの犠牲フライで先制すると、2回には2番森本選手の3ランで4点リードする。しかし東北楽天も4回に集中打で1点差と迫るが、北海道は7,8回に2点、3点を奪って勝負を決めた。最後は抑えの武田久投手が締めて北海道が2年ぶりの日本シリーズ進出を果たした。これで北海道は3年ぶりの日本一へ向けて日本シリーズを戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
23日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2009第2ステージ北海道日本ハム対東北楽天第3戦が札幌ドームで行われ、2対3で東北楽天がエース田中投手の好投で北海道の王手を阻止して辛うじて望みをつないだ。試合は北海道先発八木投手、東北楽天先発田中投手の投げ合いで始まり、2回に北海道が4番高橋選手のホームランで1点を先制するが、東北楽天は4回に2番渡辺選手のホームランで同点に追いつくと、6番中島選手、8番草野選手のタイムリーで2点を追加しリードした。北海道は8回に2番森本選手の犠牲フライで1点を返したが最後まで投げた田中投手が北海道打線の反撃を振り切り辛うじて大手を阻止した。これで東北楽天はエースを使い果たして残った戦力での総力戦に挑む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
22日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2009第2ステージ北海道日本ハム対東北楽天第2戦が札幌ドームで行われ、3対1で北海道日本ハムが東北楽天エース岩隈投手を攻略して勝利し3勝0敗として日本シリーズ出場に大手を掛けた。試合は北海道先発糸数投手、東北楽天先発岩隈投手の投げ合いで始まり、3回まで無得点で迎えた4回東北楽天は5番セギノールのホームランで先制するが、その裏北海道は6番小谷野選手のタイムリー2ベースで同点に追いつく。その後5,6回無得点で迎えた7回北海道は2死満塁から4番高橋選手の2点タイムリーで岩隈投手は力尽き、北海道は2番手宮西投手、3番手金森投手と継ぎ最後は抑えの武田久投手が抑え北海道が3勝として大手を掛けた。これで北海道日本ハムは2年ぶりの日本シリーズ進出に射程圏に捉えた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
21日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2009第2ステージ北海道日本ハム対東北楽天第1戦が札幌ドームで行われ、9×対8で北海道日本ハムが脅威の粘りを見せて5番スレッジの逆転満塁サヨナラホームランで劇的な勝利を上げて対戦成績を2勝0敗とした。試合は北海道先発武田勝投手、東北楽天永井投手の投げ合いで始まり、初回に北海道が4番高橋選手の犠牲フライで1点を先制するが、2回に東北楽天が7番草野選手のタイムリーで同点に追いつくと4回には7番草野選手の犠牲フライ、8番リンデンのタイムリーで2点勝ち越すと、7回に4番山崎選手の走者一掃のタイムリー2ベースで3点を追加した。しかし北海道も8回に3点を返したが、9回に東北楽天が2点を追加して勝負あったかと思われた9回裏北海道は驚異的な粘りで1点を返してなおも1死満塁で5番スレッジが劇的なサヨナラ満塁ホームランを放ち北海道は劇的勝利で2勝目を上げた。これで北海道日本ハムはエース不在を打線がカバーして2勝先行し優位に立った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
6日札幌ドームで北海道日本ハム対埼玉西武戦が行われ、5×対4で延長12回金子選手のサヨナラ犠牲フライで勝利し、2位東北楽天が敗れたため2年ぶりのリーグ優勝を果たした。これでパシフィックリーグは1位が確定し、クライマックスシリーズで北海道日本ハム、東北楽天、福岡ソフトバンクが日本シリーズ出場権を争う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
20日札幌ドームで北海道日本ハム対巨人戦が行われ、6対5で北海道がグライシンガーを攻略され交流戦2連敗を屈した。試合は北海道先発スウィーニー、巨人先発グライシンガーの投げ合いで始まり、2回に巨人は5番李のホームランで1点を先制するが、その裏北海道は6番二岡選手が繋いだチャンスを7番糸井選手、8番鶴岡捕手のタイムリーで逆転に成功する。しかし巨人も4回に6番亀井選手のタイムリーなどで3点を奪って逆転に成功する。北海道は5回に1点を返すと、6回に2番手林投手が巨人の反撃を抑え、その裏北海道は5番高橋選手、6番代打ヒメネスの連続ホームランで再び逆転に成功した。7回に巨人は代打大道選手のタイムリー2ベースで1点を返したが、最後は北海道抑えの武田久投手に抑えられ交流戦2連敗を屈した。これで巨人は交流戦優勝へ大きく躓く2連敗を屈した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
19日札幌ドームで北海道日本ハム対巨人戦が行われ、16対6で北海道日本ハムが二岡選手の逆襲で巨人投手陣がボコボコにされ今季最多失点で大敗した。試合は北海道先発八木投手、巨人先発尚成投手の投げ合いで始まり、3回に9番木村選手のホームランなどで先制するが、4回に6番二岡選手の犠牲フライで北海道打線に火がつき、一気に逆転に成功すると、5回にも6番二岡選手のタイムリーなどで一挙6点を上げた。巨人も7回に7番亀井選手、8番阿部捕手の連続ホームランなどで3点を返したが、8回に北海道が一挙6点の猛攻で巨人をボコボコにして巨人は今季最多失点で敗れた。これで巨人は交流戦初戦で大きく躓いた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2009パシフィックリーグは昨年同様戦国模様になりそうなぐらい予想が難しいです。WBCの主力になった選手の多くはパシフィックリーグに在籍しているだけにこちらはどの球場もWBCの英雄に注目したいところですね。それではパシフィックリーグの順位予想をしようと思います。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
14日巨人の二岡智宏内野手が林昌範投手と共に巨人から北海道日本ハムへ守護神マイケル中村投手、工藤隆人外野手との2対2のトレードで移籍する事になった。 二岡選手は1998年逆指名で巨人に入団し1年目からレギュラーを獲得し不動のショートストップとして活躍した。2000年には優勝を決める劇的なサヨナラホームラン、2002年の日本シリーズではMVPを獲得し、2006年には2打席連続満塁ホームランのプロ野球記録も作った。しかし今季は開幕から故障で離脱して19歳の若手坂本選手に定位置を奪われ、7月には山本モナとの密会で野球以外でのスキャンダルを起こしていた。北海道は2季連続12球団最低チーム打率を記録し打線強化が急務だった事もあり絶対的抑えのマイケルを放出してでも二岡選手獲得に動いていた。これで二岡選手は事実上巨人を追放され新天地で0から出直す事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
22日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2008第2ステージ第5戦埼玉西武対北海道日本ハム戦が西武ドームで行われ、9対0で埼玉西武が圧倒的な破壊力で北海道を圧倒し4年ぶりにCS制覇を果たし日本シリーズ進出を決めた。試合は埼玉西武先発涌井投手、北海道先発グリンの投げあいで始まり、2回に埼玉が6番後藤選手のホームランで先制すると、3回に3番中島選手のタイムリー、6番後藤選手の2点タイムリーなどで4点を奪い主導権を握った。先発涌井投手は6回までパーフェクトピッチングを展開し、7回にヒットを許したものの大量得点に守られ余裕の投球をみせ、終盤に突き放した埼玉が4年ぶりにCSを制して日本シリーズ進出を果たした。これで埼玉西武はパシフィックリーグ覇者として日本シリーズでセントラルリーグ覇者と対戦する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
19日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2008第2ステージ第3戦埼玉西武対北海道日本ハム戦が西武ドームで行われ、4対7で北海道が序盤の大量得点で逃げ切り対戦成績を2勝2敗のタイに持ち込んだ。試合は埼玉西武先発帆足投手、北海道先発武田勝投手の投げあいで始まり、2回に3塁中村選手のエラーで北海道が先制すると、3回には5番スレッジの3ランなどで4点を追加し優位に試合を進める。埼玉は5回に9番赤田選手のタイムリー2ベースで2点を返すと、6回に5番中村選手の犠牲フライで1点を返したが、8回に北海道が3番田中選手のタイムリー3ベースで、9回に代打飯山のスクイズ安打で1点を追加し、最後は抑えのマイケルが1点を失ったものの逃げ切り対戦成績を5分に戻した。これで北海道は2勝目を上げて埼玉にアドバンテージの1勝がなくなり4戦目から5分5分の戦いが展開される。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2008第2ステージ第2戦埼玉西武対北海道日本ハム戦が西武ドームで行われ、0対5で北海道がエースダルビッシュの完封で勝利し2勝1敗に持ち込んだ。試合は埼玉西武先発岸投手、北海道先発ダルビッシュの投げあいで始まり、3回に2番森本選手のタイムリーで1点を先制すると、4回に9番金子選手の2ランなどで一挙4点を上げて、先発ダルビッシュは5点のリードを最後まで守り抜き埼玉打線に付け入る隙を与えなかった。これで北海道は埼玉の王手を阻止して2勝1敗に持ち込み5分へ持ち込みたい。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
17日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2008第2ステージ第1戦埼玉西武対北海道日本ハム戦が県営大宮球場で行われ、10対3で埼玉西武が中島選手の2打席連続ホームランなど大量得点で北海道を圧倒し先勝した。試合は埼玉西武先発涌井投手、北海道先発グリンの投げあいで始まり、初回に埼玉西武が3番中島選手のホームランで先制すると、3回にも3番中島選手2打席連続ホームランで突き放し、4回に4番後藤選手の3ランでグリンをKOし試合を決めた。北海道も5回以降追い上げたものの序盤の大量失点が響き埼玉西武は7回以降4人の継投で逃げ切った。これで埼玉西武はアドバンテージの1勝をプラスして2勝目を上げて圧倒的優位でシリーズを進めることになった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
12日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2008第1ステージ第2戦オリックス対北海道日本ハム戦が京セラドームで行われ、2対7で北海道日本ハムが圧倒的な経験の差を見せつけ第2ステージ進出を決めた。試合はオリックス先発小松投手、北海道先発藤井投手の投げあいで始まり、2回に北海道が7番坪井選手のタイムリー2ベースで先制すると、9番金子選手の内野安打で追加点を上げる。オリックスも4回に4番ローズのタイムリーで1点を返したが、5回にショート後藤選手のエラーで追加点を献上し、7回に7番坪井選手の2点タイムリー2ベース、8番ボッツの2ランで試合をほぼ決めた。投げては先発藤井投手が経験を活かした投球で6回途中まで好投し、最後は抑えのマイケルが抑えて北海道が第2ステージ進出を決めた。これで第2ステージはリーグ1位の埼玉西武とリーグ3位の北海道日本ハムの対戦となり、北海道は3位から日本シリーズを目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2008第1ステージオリックス対北海道日本ハム戦が京セラドームで行われ、1対4で北海道日本ハムがダルビッシュの好投で逃げ切り初戦を制した。試合はオリックス先発近藤投手、北海道先発ダルビッシュの投げ合いで始まり、2回に北海道が4番スレッジのホームランで先制すると、6回に5番高橋選手のタイムリー、6番小谷野のタイムリー2ベース、8番鶴岡選手の犠牲フライで一気に3点を追加した。オリックスも8回に1点を返したが、投げては先発ダルビッシュが14奪三振の好投で逃げ切り初戦を制した。これで北海道は3年連続第2ステージ進出に王手を掛けた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1日パシフィックリーグはクライマックスシリーズへ進出を掛けていた北海道日本ハムが東北楽天に17対0で勝利し、争っていた千葉ロッテが埼玉西武に5対9で敗れたため北海道日本ハムの3位が確定しパシフィックリーグは1位埼玉西武、2位オリックス、3位北海道日本ハムに確定した。これで11日から第1ステージは京セラドームでオリックス対北海道日本ハムが3回戦制(2勝勝ち抜け)で戦い、17日から第2ステージで埼玉西武(アドバンテージ1勝)対第1ステージ勝者の6回戦制を戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
12日札幌ドームで北海道日本ハム対巨人戦が行われ、3対2で北海道日本ハムが序盤のリードを守り抜き、巨人は3度目の貯金挑戦に失敗した。試合は北海道先発多田野投手、巨人先発バーンサイドの投げ合いで始まり、初回に北海道が3番田中選手のホームランで先制すると、5回には1番糸井選手のタイムリー2ベースで追加点を上げる。巨人も6回に1点を返すが、その裏北海道は6番小谷野選手のタイムリーでダメ押しされた。最後は抑えのマイケルから1点を奪ったものの抑え切られ巨人は3度目の正直はならなかった。これで巨人は5割の壁に再度跳ね返された。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日札幌ドームで北海道日本ハム対巨人戦が行われ、0対1で巨人がラミレスのホームランを守り切りダルビッシュから勝利をもぎ取った。試合は北海道先発ダルビッシュ、巨人先発野間口投手の投げあいで始まり、5回まで両チームともチャンスを作る事ができず迎えた6回に巨人が4番ラミレスのホームランで待望の先制点を上げると、その後巨人は2番手山口投手、3番手藤田投手の小刻みな継投で繋ぎ最後は抑えのクルーンが抑えて再び5割に復帰した。これで巨人はダルビッシュから勝利を奪い、今季初の貯金に3度目の挑戦に挑む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
26日東京ドームで巨人対北海道日本ハム戦が行われ、4対3で巨人が野戦病院のチーム状態を乗り切り再び交流戦勝ちが先行した。試合は巨人先発バーンサイド、北海道先発グリンの投げ合いで始まり、初回に巨人が3番木村選手の2ランで先制するが、4回に北海道が5番高橋捕手のタイムリーで1点を返す。しかしその裏巨人は9番バーンサイドのタイムリーで1点を返すと、5回にも1点を追加した。その後巨人は北海道の反撃を5人の継投で逃げ切り、最後は抑えのクルーンが締めた。これで巨人は交流戦4勝2敗で勝ちが先行した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
25日東京ドームで巨人対北海道日本ハム戦が行われ、6対4で巨人が終盤に4番ラミレスのホームランなどで勝利した。試合は巨人先発木佐貫投手、北海道先発藤井投手の投げあいで始まり、5回まで両チームとも激しい点の取り合いをするが、6回に巨人が勝ち越すと、8回に4番ラミレスの看板直撃のホームランで試合に決着をつけた。最後は抑えのクルーンが抑えた。これで巨人は再び交流戦勝ちが先行した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
20日プロ野球パシフィックリーグが開幕し、開幕戦で北海道日本ハム対千葉ロッテは1対0で北海道がダルビッシュの完封で勝利し、福岡ソフトバンク対東北楽天は9回に柴原選手の逆転サヨナラ3ランで劇的な勝利を手にした。埼玉西武対オリックスは2対1でオリックスが接戦を制した。1点差の効ゲームで今季を激戦を予感させた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
11日プロ野球東京ヤクルトスワローズと北海道日本ハムファイターズとの間で3対3の大型トレードが成立した。ヤクルトは2001年最多勝投手の藤井秀悟投手、坂元弥太郎投手の2投手と三木肇内野手、日本ハムが橋本義隆投手、押本健彦投手の2投手と川島慶三外野手とのトレードとなった。パリーグを制覇した日本ハムと最下位に沈んだヤクルトとのトレードは日本ハムには美味しいトレードとなり、ヤクルトにはさらなる先発不足が深刻になるトレードとなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1日2007日本シリーズ第5戦が中日対北海道日本ハム戦がナゴヤドームで行われ1対0で中日ドラゴンズが27人パーフェクトリレーで53年ぶりの日本一に輝いた。試合は中日先発山井投手、北海道先発ダルビッシュの投げ合いで始まり、2回に中日が7番平田選手の犠牲フライで先制する。中日は先発山井投手が北海道打線に対して1人の走者も出さす8回までパーフェクトピッチングをするが9回に落合監督が勝負に徹して抑えの岩瀬投手を投入し、岩瀬投手が3人をピシャリと抑え最後はセカンドゴロで日本シリーズ史上初のパーフェクトリレーを達成し53年ぶりの栄冠に輝いた。中日はこれで来週から始まるアジアシリーズでアジア王者を目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
31日2007日本シリーズ第4戦が中日対北海道日本ハム戦がナゴヤドームで行われ4対2で中日が接戦を制し53年ぶりの日本一へ王手を掛けた。試合は中日先発小笠原投手、北海道先発吉川投手の投げ合いで始まり、初回に中日が1死2,3塁から4番ウッズのサードエラーで先制し、6番李の併殺崩れの間に1点を上げて2点を先制した。しかし北海道も4回に7番金子選手のタイムリー2ベースで1点差にすると、5回に7番金子選手が押出しの四球で同点に追いついた。しかし中日はその裏満塁から吉川投手の暴投で勝ち越すと、7回に北海道セットアッパー武田久投手を攻めて、5番中村紀選手のタイムリーで1点を追加した中日が7回から平井、岡本投手と繋ぎ、最後は抑えの岩瀬投手が抑えシリーズ制覇へ王手を掛けた。これで北海道は5戦目でダルビッシュが北海道への切符を取り戻すために背水の陣を敷く事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
30日2007日本シリーズ第3戦が中日対北海道日本ハム戦がナゴヤドームで行われ9対1で中日が初回怒涛の7連打で7点を奪い圧勝して2勝1敗とリードした。試合は中日先発朝倉投手、北海道先発武田勝投手の投げ合いで始まり、初回に中日が四死球から4番ウッズのタイムリーで先制すると勢いが止まらず初回で7点を奪うと2回にも2点を奪って序盤でほぼ勝負を決めた。北海道も2回に5番工藤選手のタイムリーで1点を返したがその後反撃できなかった。中日は5人の継投で余裕の逃げ切りをした。これで対戦成績は中日が2勝でリードした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
28日2007日本シリーズ第2戦が 北海道日本ハム対中日戦が札幌ドームで行われ、1対8で中日が投打で北海道を圧倒して対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。試合は北海道先発グリン、中日先発中田投手の投げ合いで始まり、初回に中日が1,2番の連続ヒットでチャンスを掴み、3番森野選手の犠牲フライで1点を先制する。中日中田投手は3回までチャンスを与えず無失点と好投する。4回に中日は連続四球で満塁として6番中村紀選手の2点タイムリー2ベースで2点を追加し、押出しの四球でさらに1点を追加した。その裏北海道は4番セギノールのホームランで1点を返すが、その後反撃する事ができず、中日は6,7回にそれぞれ2点づつを追加し勝利した。これで舞台はナゴヤドームに移して第3戦を戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
27日2007日本シリーズ第1戦が北海道日本ハム対中日戦が札幌ドームで行われ、3対1で北海道日本ハムが4番セギノールの3ランの一振りとダルビッシュの完投で初戦を制した。試合は北海道先発ダルビッシュ、中日先発憲伸投手の投げ合いで始まり、北海道が初回に先頭打者の1番森本選手が四球で出塁し、2番田中賢選手が犠打で送り、3番稲葉選手四球のあと4番セギノールの3ランホームランで3点の大きなリードをダルビッシュにプレゼントした。先発ダルビッシュは自慢の豪速球で中日打線を沈黙させるが、6回に1番荒木選手にヒットを浴びると2番井端選手の当たりで1塁走者の荒木選手が3塁を陥れた。3番森野選手の大飛球をセンター森本選手がキャッチして犠牲フライの1点に抑えると、そのままダルビッシュは9回133球で完投し初戦を制した。これでシリーズは北海道日本ハムが主導権を握って進む事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ