オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:勝村政信

3
「斉藤さん2」最終話は4年生を祝う式典“二分の一成人式”が行われる事になっていたが小杉先生に書き直しを指示されてその理由を述べられない事に納得できない大和、潤一らは当日にボイコットを行う事を決める。そして当日ボイコットが実行され、小杉先生は出てくるように話すも話しを聞かない小杉先生に生徒たちは全く出てくる気配が無い。そんな状況を知った斉藤さんらは大和、潤一たちを説得しようとするがそれでも説得に応じず生徒の中では興奮して物を投げ始める生徒が現れた。それを見た斉藤さんはハシゴを使って強硬手段に出ようとするが、これを摩耶が止めて改めて生徒たちが出てくるのを待ちましょうと説得されそれに折れた斉藤さんだったが、その直後教師たちが強行突破して生徒たちを教室から出そうとするもそこで斉藤さんと摩耶は生徒たちの意見も聞きましょうと話し、生徒たちの意見を聞いた上で生徒たちに今回の事を謝罪させ、そして自分たち大人も謝罪した。そして生徒たちの提案を小杉先生を受け入れ生徒たちは自分の思った通りの言葉で両親に告げて二分の一成人式で自分の子ともが大人になっているのを実感したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第8話はこれまで玉井さんの取り巻きが突然斉藤さんに付いた事で斉藤さんは戸惑う。そんな頃斉藤さんを中傷するビラが各地で貼られていた。それを知った斉藤さんだったが必要以上に手を付ける事はしなかった。一方潤一ら子供たちは親に解ってもらえない1組の雄司の相談に乗って親に解ってもらおうと公園で籠城する事を計画する。子供たちの行動に気づかない親たちとは裏腹に斉藤さんは潤一の行動を察知して子供たちの行動を把握して決行当日に斉藤さんは子供たちの所へ行って正面から親と話して向き合った方が良いとアドバイスする。一方で摩耶と知佐子は斉藤さんのビラを配っていた犯人を突き止めてその要因が玉井が磨沙夜の父親に相談していた事で磨沙夜の父親がやっていた事が発覚し取り巻きが玉井さんを責めるも斉藤さんはコロコロ体制を変えるあなたたちの方がよほど悪いと一喝し子供たちの方が確りしていると子供たちの反乱について語ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第6話は潤一がいじめられている事を知り斉藤さんは誰にも相談できず悩んでいた。潤一も次第に大和のいじめがエスカレートしていくのに耐えられなくなっていく。そんな状況は女子生徒は確り観ていた。そんな中斉藤さんは摩耶らとの付き合いに距離を置く。そんな中で摩耶は拓海から潤一を大和といじめていた事を白状して摩耶は驚き斉藤さんが悩んでいた悩みを知る。そして潤一が学校へ行きたくないと言い出した事で斉藤さんは初めて潤一と向き合う。そして後日潤一は大和に話しかけるも大和は石を投げてくるも斉藤さんと摩耶は遠くから見守った。そして先に手を出した大和に対して潤一が向かったが大和に殴られ、さらにいじめがエスカレートする。しかし潤一が避けたところに大和がコケて腰を強打し大和はその場を去り拓海はこの機会に潤一に謝った。しかしその直後斉藤さんは玉井に呼び出しを受けて学校へ向かう。そこで斉藤さんは大和に本当の事を問うが話さない。それに助長した玉井が斉藤さんを責めるもそこに摩耶、潤一、拓海、立花さんらが来て大和のいじめを証言し言い逃れができなくなった大和はこれまでやった事を白状しその原因が玉井が斉藤さんを嫌っているから褒められたかったからだった。それにショックを受けた玉井はその場で謝罪したもののその後で斉藤さんが訪れ親の背中が確りしていないと子供は親の真似をするという一言で玉井は斉藤さんの提案でバーベキューパーティーを開催する事を了承した。しかしそこで玉井に娘の事を周りに知られ困惑するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第5話は斉藤さんの周りに摩耶や立花が集まり出した。それを快く思わない玉井らは斉藤さんの周りから次第に摩耶たちを引き離そうと画策する。そんな中で斉藤さんの息子潤一が玉井の息子大和が立花の娘知花を怪我させた事を先生に言った事で大和たちにいじめの対象とされてしまう。それを磨沙夜から聞いて知った斉藤さんは一度小杉に状況を聞いたがそれ以上はお任せすると話した。その後斉藤さんは潤一に尋ねようとするが潤一が逆切れしてしまいさらに状況は悪化する。誰にも相談できない斉藤さんは自らどうしていいのか悩むシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第4話は斉藤さんは授業参観に参加した。そこで音楽の授業で立花の娘知花がピアノを披露し注目を集める。しかし知花はピアノの練習を毎日させられておりそれがプレッシャーとなっていた。一方毎年恒例の公園のプール掃除のイベントが今年は中止と決まってしまう。掃除をしながらプールの水にいるヤゴを捕るのを楽しみにしていた子供たちはガッカリする。その中で1番ガッカリしていたのが知花だった。それを見た斉藤さんはプール掃除をできるように奔走し開催できる事になるが、これによって知花が無断でプール掃除に参加しピアノコンクールを直前で参加して散々な結果となってしまう。これに激怒した立花さんは斉藤さんのせいだと責任を取れと言うが、謝罪した上で責任は取れませんと言うのだった。これを玉井が問題視して緊急保護者会に掛ける事にする。しかしその直後知花が行方不明となり立花さんは斉藤さんを頼って探しに向かうが知花は児童クラブで見つかるもそこで知花がもうピアノを辞めたいと告げて知花の本音を知りピアノを辞めさせる事にした。しかしこれをさらに玉井は問題視し自分の考えは正しいと斉藤さんに注目するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第3話は潤一、大和ら子供たちが河川敷で花火で何者かに狙われた。当初は高校生たちが襲ったと思われたが斉藤さんは1度話しを聞こうと高校に向かうが、高校では既に生徒たちがやった事になって話しすら聞こうとしない。そんな中通報したのが玉井という事を知り摩耶は本当の犯人は誰なのかを調べ始める。一方斉藤さんも高校生に事情を聞こうとするが取り合ってくれない。そんな中摩耶が不良たちが花火の犯人と確認した直後捕まってしまい、そこに高校生が助けようとするが逆に逃げられない。そんな中斉藤さんが駆けつけて2人を助けようとするが力の差が大きくそこに警官が来てこの事態は解消された。そして斉藤さんは大人たちの決めつけを謝り花火事件は解決したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第2話は斉藤さんの息子潤一は拓海と仲良くなった。そんな中で6年生の集団に絡まれた2人はそんな中磨沙夜に助けられてから仲よく遊ぶようになった。しかし磨沙夜には不良高校生と交流しているというだけで近所の評判が良くなく悪い子というレッテルが貼られていた。そんな中摩耶は不安になり拓海を磨沙夜から遠ざけようとする。しかし斉藤さんは磨沙夜を受け入れて確り礼儀を教えてから遊ぶこそを許していた。そんなある日学校で磨沙夜がクラスに来る事に対して苦情を出す保護者が現れ玉井がクラスに近づけるな!と担任の小杉に意見し磨沙夜はクラスに近づけなくなった。それでも潤一と拓海は磨沙夜と遊んでいたがクラスの田植え会で斉藤さんが磨沙夜を連れてきた事で騒動に発展し磨沙夜を連れてきた事に対して玉井が余計な事をするなと忠告しその直後不良高校生が現れ田植え会は滅茶苦茶になってしまった。その数日後磨沙夜はムシャクシャした中で潤一と拓海に万引きを強要しこれを知った斉藤さんは潤一に厳しく叱った後で磨沙夜にも厳しく叱りどうしてこんな事をしたのかと磨沙夜の親が居ても厳しく叱った事で磨沙夜は斉藤さんは自分の事を確り接してくれた唯一の人だと告げてそれを見た摩耶の気持ちは変わる。その直後保護者会で玉井らが斉藤さんをクラス行事から追放する嘆願書を提示するが摩耶がそれを否定する発言をして斉藤さんはクラス行事から外れる事は避けられた。そして斉藤さんは摩耶と友人になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」は2008年1月クールに放送された斉藤さんの続編で、悪いものは悪いという信念を通す斉藤全子が新しい街に引っ越した。そこで繰り広げられる騒動に立ち向かっていくストーリーである。5年前から成長した息子は小学4年生となりそこで繰り広げられる新たな騒動に斉藤さんは向かっていく事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「クロユリ団地」は老朽化したクロユリ団地で奇妙な事件に遭遇する若い女性が次第に自らの過去とこの団地で起きた事件に呪われていく姿が描かれたホラー作品である。リングの中田秀夫監督による作品として注目されているものの内容的には10年前の「仄暗い水の底から」と同じテイストに感じる作品であるだけに怖さよりどうしてこうなってしまったのかを注視した方が良いだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「聖なる怪物たち」最終話は健吾は優佳を問い詰めようとしたが、警察に連行されあと一歩で問い詰められなかった。しかし健吾はすぐに釈放される。その理由は敏雄の口添えで警察から解放されたのだった。だが健吾は本間から三恵の子は本間の子である事を告げた後で、健吾にその子供を引き取りたいと話、健吾は何とかして取り戻したいと思う。その頃優佳は圭子に三恵の子は敏雄の子でもないと告げられ、圭子はさらに頑なになる。しかし翌日健吾は大久保院長が圭子からフランスへ旅立つから往診してほしいと連絡が入り、健吾は圭子の自宅へ向かうが、そこに華江、敏雄、大久保院長が訪れ、そこで健吾は三恵のDNA鑑定の結果を公表し、三恵の子を引き取ろうとしたが、圭子が健吾を刺そうとした時優佳が身を張って止めて、優佳は瀕死の重傷を負うが、健吾らの処置のおかげで一命を取り留め、三恵の子は本間に引き取られ、敏雄を圭子と家を出て新しい事業をやり始め、優佳は病院を去り、健吾は再び大久保記念病院に戻ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「聖なる怪物たち」第7話は三恵の血液型が特殊だと知った健吾はそれを優佳に問い質すもも知らぬ存ぜずを通される。瑤子にもその事を尋ねるもやはり同じ回答が回ってくる。一方そんな行動に優佳は敏雄の協力で多額の口封じを実行し、健吾は病院を謹慎処分となる。一方圭子はついに華江に代理出産の事を告げて納得させ、日向家を完全に手中に収めていた。その頃瑤子は健吾の熱意と罪悪感から健吾の三恵の血液を提供し、三恵の子供の髪の毛を採取していた事もありDNA検査で三恵とその子供の母子である事を確認した。さらに健吾は三恵の不倫相手だった本間にDNA検査を依頼し、そこで三恵は本間の子供である事が判明した。以前の約束で要次郎の手術を執刀した健吾はその直後に要次郎から優佳が血液のラベルを張り替えていた場面を目撃していたと聞き、それを優佳に突きつけるも、志郎の通報で警察に連行されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「聖なる怪物たち」第6話は三恵の死の真相を知ろうと健吾は三恵を調べ始めるが、三恵の住所は架空の物であり、医院長からもこれ以上蒸し返すな!と一喝される。そしてある雑誌で敏雄の事を知った健吾はあの時引き取ったのを思い出し、健吾は敏雄を問い詰めに行くが、敏雄は警備員を呼んで追い返す。その直後健吾は突然大久保記念病院から突如慶林大学病院へ呼び戻される。突然の出来事で不信感を拭えない健吾は慶林大学院長との対面の隙に圭子のカルテを見て、そこで初めて圭子は子宮摘出を受けており、圭子は妊娠できない事を知った。そして再び敏雄と圭子に近づくが、その直前で優佳に止められ、そこで更なる真実を聞かされたのだった。一方圭子は三恵の子に慶と名付けるが、姑の華江と対立を深めていく。そんな中健吾は三恵の事をさらに調べそこでかつて三恵と不倫していた男性と出会い、そこで三恵が特殊な血液型である事を知ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「聖なる怪物たち」第5話は階段から落ちた三恵を見て気が動転した圭子は優佳に連絡してどうしたら良いのか聞くも圭子は正常な状態では聞く事ができなかった。しかし優佳の冷静な指示により圭子は三恵を車に乗せて大久保記念病院へ向かった。到着した圭子は三恵を病院の前に落として優佳の指示で病院を後にし、優佳は駆け込み妊婦のフリをするように三恵に指示し、優佳は瑤子と共に手術室へ運び入れた。当直だった健吾は帝王切開の経験もない中で帝王切開以外に胎児と母体を救う手段はないという事になり、優佳のアシストで三恵から子供を取り出す事に成功し、胎盤を閉じようとしたら突然三恵の容態が急変し、懸命の処置も実らず三恵は帰らぬ人となった。原因がわからず動揺する健吾は駆けつけた医院長に止められるまで蘇生を止めなかった。優佳はこの事態で病院が潰れないようにするように仕向け、医院長を警察に通報せず遺族に連絡するように告げ、瑤子にはこの事実を瑤子の弱みで口封じをしたがその姿を要次郎がミタのだった。そして生まれた子供は敏雄に渡され、健吾はやり切れない日々を送るが、要次郎からある一言で患者のカルテを医院長から見せてもらうもカルテには死因は書かれておらず、医院長から未経験で良くやったと丸められてしまった。一方優佳は密かに三恵の遺体を荼毘に伏して証拠隠滅を図り、健吾は要次郎の言葉から三恵を調べ始めるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「聖なる怪物たち」第4話は三恵が妊娠8か月となり圭子もそれに見せかけていた。しかし次第に隠し通せる状況になくなってきているのも事実だった。そんな中三恵は自分の子供に名前を付け始め、圭子は神経質になり出すも、それが次第にエスカレートしていた。そんな中健吾は毎日の診察に追われていた。そんな中瑤子に良からぬ噂を同僚から聞くもそれを問質すも聞き出せなかった。そんな中圭子が優佳に三恵を見てほしいと頼まれ、三恵を監視するが、三恵は逃亡したものの、居場所を見つけて、そこで三恵から優佳は三恵の子は体外受精による妊娠ではないと告げられ、敏雄にその事実を迫り、お互い圭子に嘘をつき通す事を確認した。しかしその直後三恵は階段から落ちて危険な状態に陥ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「聖なる怪物たち」第3話は優佳が圭子と敏雄の体外受精により三恵が妊娠した。それに喜んだ圭子は次第に想像妊娠をするようになり敏雄は困惑する。一方そんな事は全く知らない健吾は新たな患者が訪れていた。その患者夫婦は妻が待望の妊娠をしたものの、体調が思わしくなく調べた結果初期の食道がんとわかりがん治療を優先する方向を取ろうとした健吾は良二の反対を受けるも、母体と胎児の両方を救える方法を考え、ギリギリの選択肢として妊娠24週目で帝王切開をしてそこから食道がんの摘出を選択した。そして手術当日、帝王切開で胎児は無事出産したものの、食道がんの進行は進んでおり、声帯を失う結果となるも患者の妻は胎児が出産できたことに感謝した。その頃圭子は三恵の恐ろしい企みを知る事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「聖なる怪物たち」第2話は代理出産をして圭子の子を産ませる事を決意した優佳は圭子に代理出産の説明を圭子にした。そこで圭子が優佳が自身が子供を産めないからだという事を知らされ、優佳が圭子の子を産みたくても産めない事でほかの手段を考える。その頃圭子の幼稚園で児童のアレルギー事故が起きて、三恵がその責任を追及され、幼稚園を退職する事を決意する。一方健吾は病院の紹介で訪れた患者の診察をしてすい臓がんである可能性を示唆するが、最新機器が無いために手術をしないと判断できない状態だった。そんな頃圭子は三恵がの血液型を聞いて代理出産に最適な人物だと優佳に相談して、三恵を自分の家で働かせて、敏雄に優佳が代理出産の決意を迫る。その頃健吾は患者の手術をしてすい臓がんの摘出に成功した。そして三恵は圭子の代理出産を承諾し、敏雄も優佳の説得に折れて代理出産のする決意を固め、三恵は敏雄と圭子の子を妊娠するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「聖なる怪物たち」は河原れん原作の「聖なる怪物たち」をドラマ化した作品である嵐の日に1人の妊婦が飛び込みで運ばれてきた。その妊婦を執刀した外科医は懸命の治療もなく死亡し、子供だけが生き残った。その出来事は偶然ではなく必然であり、多くの事実が明らかになっていくストーリーである。この事件は1年前に起きた出来事が発端となっており、その出来事を利用された外科医が真実を暴いていく。その事実が暴かれた時一体何が残るのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9月25日公開の映画「君に届け」を鑑賞した。 この映画は椎名軽穂原作の漫画「君に届け」を映画化した作品で、 見た目は暗く「貞子」とあだ名が付けられて 周囲から怖がられている少女がクラスの人気者に想いを寄せて、 友達ができて、次第に周りの誤解が解け ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ